<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

一昨日の木曜日。

先週の怒涛の送別会ラッシュから一転して今週は送別会のない平穏な日々。

e0242504_05221703.jpg
そんじゃ久しぶりに後輩KennyくんがDJをやるKenny's Nightに顔を出そうかと思ってたら、ニャロメさんから連絡があり、彼も行くそうなので、四谷三丁目の焼き鳥とワインの店(値段ははったがうまかった!)で待ち合わせて一杯やってから荒木町へ。

今回のお題はウエストコーストミュージック。

なんでもリスナーの方からのリクエストによる企画だそうだけど、これって面倒だ。

e0242504_05271208.jpg
80年代には結構もてはやされてた言葉ですけど、ウエストコーストって言われても、誰が該当するかって難しいですよね。

e0242504_05285442.jpg
我々の世代でパッと浮かぶのは、EaglesとかThe Doobie Brothersとかだし、有名どころではCrosby, Stills, Nash & Youngなんかが代表格なんですかね。

パッと浮かぶあたりでテキトーに曲をかけていくならなんとかなるけど、そこはマニアックなKennyくんで、これをアーティストごとの集計ものにしたから大変。

そうなるとその人の出身地やバンドの出自を調べないといけない。

出身地はある程度分かるとして、バンドはどこに帰属するかって法人登記がされてるわけじゃないので難しいですよね。

BostonとかKansasみたいに地名がついてりゃ簡単だけどw

e0242504_05402271.jpg
このエントリを書くんで、手元にある比較的アーティストのプロフィールを詳しめに書いてるチャート本(写真左)でざっくりと調べてみると意外なことがわかる。

まずウエストコーストを太平洋に面してるワシントン、オレゴン、カリフォルニアの各州とすると(これもネットで地図を見て調べた)、AからNまでで該当しそうな主なアーティストは以下の人たち(赤字はKenny's Nightでとりあげられてました)。

Herb Alpert(LA)
Ambrosia(LA)
The Association(LA)
Bangles(LA)
The Beach Boys(ホーソン)
Stephen Bishop
(サンディエゴ)
Bread(LA)
Lindsey Buckingham(カリフォルニア Kenny's NightではFleetwood Mac
The Byrds(LA)
Belinda Carlisle(ハリウッド)
e0242504_05571096.jpg
Kim Carnes(LA)
Cher(エルセントロ)
Natalie Cole(LA)
C.C.R.(エルセリート)
The Doobie Brothers(サンホセ)
The Doors(LA)
Eagles(LA)

Earth, Wind & Fire(LA)
5th Dimension(LA)
Grass Roots(LA)
Heart(シアトル/ワシントン州)
Jefferson Airplane(Starship)(SF)
Journey(SF)
e0242504_06061275.jpg
Kenny Loggins(エバレット/ワシントン州)
Johnny Mathis(SF)
Metallica(SF)
The Monkees(LA)

といったところ。

オレゴン州ってどこにあるかよくわからなくて、地図で見て西海岸なんで驚いたというレベルなんだけど、やっぱマイナーなところみたいで、この本でもそこの出身のアーティストって「ルイルイ」をヒットさせたThe Kingsmen(ポートランドで結成されたそうです)ぐらいしか見当たりませんでした。

Earth, Wind & FireとかCher、Natalie Coleあたり出身地だけでウエストコーストにするのって抵抗ありますよね。

でも、この本を見て海外のバンドってどこで結成されたかってクレジットがちゃんとされているのには驚きました。

日本ではあまり気にしてないですよね。
グループでパッと浮かぶのPerfumeぐらいかなあ。

Kenny's Nightでは音的にはウエストコーストっぽいけどとか自信ないけど的な感じで取り上げられてたアーティストもいましたけど、逆に本によれはウエストコーストじゃなくて驚く人たちというと

Marty Balin(オハイオ)
Jackson Browne(生まれはドイツだそうです)
e0242504_06265075.jpg
Christopher Cross
(テキサス 「南から来た男」ですからね。Kennyくんもわかっててかけてました)
Glenn Frey(デトロイト)
Don Henley(テキサス)
The Mamas & The Papas(NY)
Nicolette Larson(モンタナ州)
Linda Ronstadt(アリゾナ)

といったところ。

The Mamas & The PapasはKennyくんもランキングに入れちゃってましたけど、「夢のカリフォルニア」って曲もあるし、時代的にも雰囲気的にも西海岸っぽいですよね。

e0242504_07392245.jpg
Lindaなんか西海岸の女王ってイメージだもんね。

ウエストコーストサウンドというとアコギを使ったさわやかなサウンドというイメージで、そういう意味ではAmerica(イギリスで結成)やOrleans(NY)なんかは該当しそうですけどね。

そういえばKenny's Nightでは音のイメージだとAir Supplyの”Lost In Love"もそうだってことでplayしてましたけど、たしかにね。

そんな感じで、いじりどころ満載のランキングでしたが、そこはたいへんなのはみんなわかるし、大人の対応で、いじりどころに話の花が咲いてチャートオタクの心をくすぐられた夜でした。

《What's The Title?》

e0242504_05145782.jpg
Starland Vocal Band/Starland Vocal Band

この日はウエストコースト三昧ということで、カリフォルニアネタが多かったので、タイトルは”California Day"。
全米No.1ヒットである"Aftrernoon Delight"は日本のポップスベスト10にもランクインしていて、結構オンエアされていて、その勢いで続くシングルであるこの曲もちょくちょくオンエアされてましたけど、アメリカではさっぱりだったんですね。
美しいハーモニーがフィーチャーされていて悪くない曲だったって記憶はあるんですけどねえ。

[PR]
3月最後の日曜日。

e0242504_18531959.jpg
昨日予約していたEd Sheeranの”×"が来たので図書館に取りに行ったんだが、その時に図書館のそばの桜がかなり満開に近かったので、今朝は近隣では最大の桜の名所である石神井川に見に行ってみた。

満開ではないけど8分咲きといったところですかね。

e0242504_18555152.jpg
ここの桜は川面にせり出してるんですよね。

引越して来てからチャンスがあれば見にきてるけど、単身赴任中はなかなかタイミングが合わなかったんだよなあ。

この時期は花粉症でつらいんだけど、頑張って見に来る価値はあります。

プチ花見の後は、娘2号が買い物に行きたいというので、かみさんと3人で入間のアウトレットへ。

最近入間へ行っても不発が多くて、アウトレットに用事があるときは越谷に行くことが多くなってきていて、不発だった7月以来の入間遠征。

e0242504_19044647.jpg
まあ今回は娘が洋服を買いたいということで、洋服のアウトレット店は入間の方が多いので、入間にしたわけです。

いつもは開店時間に間に合うように出かけるんだが、今日は10時半ごろ現地に到着し、すでにかなり混雑している状態。

e0242504_19101357.jpg
とりあえずちょっとだけ買い物して、レストランがオープンする11時にはレストランに移動。

我が家御用達のビュッフェレストランBuffet the Forrestへ。
e0242504_19122834.jpg
今日の混み具合だと早めにいかないとまずそうだと思って11時過ぎに行ったんだけど、案の定すぐにウェイティングになりました。

前回品川プリンスで食べすぎたのを教訓にやや抑えめにいただきましたが、これでまた太っちゃうかなあ。

昼食後は本格的に買い物。

婦人服の店は狭いところが多いけど、女性でごった返して居心地が悪いので、服選びはかみさんと娘に任せて、店の外で待つことが多い。

ここのクレジットカードは私名義なので、支払いの時だけは私が入るという繰り返し。
もっともアウトレット内の買い物はサインレスなので、私じゃなくてもいいのかもしれないけど・・・

e0242504_19184592.jpg
いつものごとくかみさんと娘の買い物がほとんどだったけど、最近通勤用の靴がくたびれてきたので、ちょっとリーガルにもよらせてもらう。

入間に来るとリーガルによることが多かったけど、サイズがそろってなくて空振りすることも多かったが、今日はいつも通勤に使ってるタイプの靴があったので、即ゲット。

今日はちょうど決算セールをやっていて、2足買ったらさらに割引だったんだが、革靴は重いし、ほかにはこれといったものもなかったので、1足だけにしたが、それでもデパートで買うのに比べたら5~6,000円ぐらい安いので、これだけで三人分の交通費は元が取れちゃいました。

そういう計算ばっかりしてるんで、家族には貧乏くさいって言われちゃうんだけど・・・

そんなこんなでクレジットカードを駆使してがっつり買い物してしまいました。

請求月が怖い。

《What's The Title?》

e0242504_18473682.jpg
×/Ed Sheeran

今日のタイトルは図書館に予約して借りたEd Sheeranのアルバムから一番ヒットした曲"Thinking Out Loud"をタイトルにしました。
最近TVKの”Billboard Top40"を見てますけど、Ed Sheeranが今のアメリカで大ヒットを飛ばしてるのって不思議に感じます。
この曲も極めてシンプルなポップチューンで、違う時代ならそれなりにヒットするのもわかりますが、なぜ今ウケてるのかなあ。
歌詞も普通のラブソングだし、ビジュアルがそんなにかっこいいわけでもないしなあ。
ちなみにEd Sheeranという名前を聞くとどうしても昔の「ハゼドン」というアニメとそのテーマソングを思い出すんですよね。
♪シーラン、プーヤンどどんとこい どどんとハゼドン、ハゼハゼドン♪

[PR]
今週は送別会ウィーク。

わが社は4月に人事異動があるので、3月に送別会をやるわけだが、なぜか今年は最終週に送別会はなくて、今週は火・木・金と営業日ベースで行くと三連投。

で、一発目の火曜日は、大手町だけで三軒はしごしてしまい、水曜日はアルコールがディープに残っている状態。

休みでよかった。

e0242504_05475147.jpg
水曜日はスポーツクラブも定休日だったので、かみさんと懸案の買い物をしようという話をしていた。

みんな起きるのが遅くて、10時頃遅い朝食をとり、昼頃出かける。

外へ出たら3月とは思えない冷たい雨。
これじゃ咲き始めた桜も寒かろうに。

買い物は我が家御用達の池袋東武へ。

最大の懸案は姪っ子への就職祝いだったんだが、これを最初に片付け、次に先日のハワイ旅行で娘がトランクを破壊してしまったので、後継機を見に行ったんだが、店員さんにいろいろ聞いていたら、ちょうどサンクスフェアやらお得な特典やらがあるのがわかって衝動買い。

いつかは使おうと思っているので、お得に手に入ってよし。

e0242504_05551333.jpg
そのあとトランクと同じフロアで火曜日に酔っぱらってなくしてしまったので、私用のかさを買い、8階の催事場へ。

パン展と春のお弁当展というのをやっていたんだが、天気が悪いし、週の真ん中の祝日ということもあって、すごい人出。

いたるところに長蛇の列ができてました。
やっぱ東京はすごいねえ。

e0242504_05574875.jpg
ここで夕食用の佐世保バーガーやら朝食用に京都のデニッシュ食パンなどを購入。

ついでも家からそう遠くない上板橋においしそうな(ちょっと値段は高そうだが)サンドイッチ屋があることも発見。

ここはいつでも行けるから、今度直接店に行ってみよう。

3時ごろにはひととおり買い物を終えて、帰路につきましたが、最寄り駅を降りると外は雪が降ってました。

3月なのに、弘前みたいだねえ。

《What's The Title?》

e0242504_06034648.jpg
Anthology Of Bread/Bread

昨日はパンをたくさん買いましたんで、タイトルはBreadの曲から、私が最初に彼らを知ることになった「愛のかけら」。
この曲は1977年に彼らにとっては最後のTop40ヒットとなったわけですけど、あとから彼らの歴史をたどってみると、この曲を出す前に一度David Gatesはソロになったりしてるんですよね。
たしか当時は再結成みたいなことも言われてたかなあ。
結局この曲はヒットしたけど、その後Bread名義のヒット曲はなく、翌年にはまたDavid Gatesがソロでヒットを出すというわけのわからん展開になりましたが、この曲はじつにBreadらしい繊細で美しいポップチューンでした。

[PR]
娘2号はハワイから帰って10日ほどで、また旅に出て(これ以外に月内にあと3回旅に出るハードスケジュール)、今日は娘1号も帰りが遅い。

そんじゃ面倒だから夕食は済ませてきてとかみさんの指令。

e0242504_20451259.jpg
今週は仕事でちょっと頑張ったし、ほんとは木曜日休むつもりだったのが流れたり、いろいろあったので、今日の夕食は自分へのご褒美で一人酒することにした。

ちゅうことで、帰り道で一番選択肢がありそうな池袋で、食べログで一人酒におすすめという条件で調べたふくろという飲み屋へ。

外からのぞいた感じで、常連さんで満員という雰囲気だったが、2階も3階もあり、おひとり様歓迎ということだったので、勇気を振り絞って入店し、2階に上ったら、まだわりと空いてて、余裕をもってカウンターに陣取る。

まずは生大(620円)に揚げ出し豆腐(380円)と刺身の盛り合わせ(850円)。

刺身は、左手前から時計回りで、ぶり、たい、まぐろ、さよりで、見た目がイマイチで心配したんだが、味はまいう~。

e0242504_20533591.jpg
周囲には結構一人客も多い。

酒のメニューがビール、日本酒と焼酎系で、しかも焼酎系はすべて甲類の焼酎とハイレモンやホッピーを自分でブレンドするシステム。

こじゃれた飲み物は皆無で、1階、2階を見渡す限り客は100%男性。

e0242504_20581959.jpg
これはおじさんには心地よい世界だ。

生大を飲み終えて、選択肢に迷ったが、ドリンクは生酒(600円/300cc)にして、つまみに本日もおすすめのまいたけの天ぷら(380円)と焼きたらこ(480円)をオーダー。

e0242504_21002774.jpg
生酒は大関かあ。

まあ、こういう店だから贅沢は言えないなあ。

焼きたらこがでかいんでびっくり。
痛風持ってたら絶対食えんなあ。

まいたけ天ぷらはまいう~でした。

焼きたらこを持て余し気味だったけど、頑張って平らげて、ここでフィニッシュ。

結局2ドリンクで3,600円だったけど、全般的にコスパはいいので、もう少し酒とつまみの選択を考えれば安く飲めそうだし、これはリピートありかもしれないなあ。

次回は刺身などは頼まずに、380円ぐらいのつまみ中心で攻めてみるのもありかな。

e0242504_21061490.jpg
そんな感じで池袋を撤収して、とりあえず小腹が空いたので、帰りに新桜台のコンビニに寄ったら、おにぎり100円セール中。

あまり食べすぎるのもなんなので、おにぎりを1個だけ買って、Tポイントで支払ったら、店員さんから当たりが出たので商品と取り替えますかと尋ねられる。

何で当たったのかなあ?

そんじゃお願いしますと答えると、出てきたのは新製品の第三のビール。

おにぎり1個で100円のお会計でこんなのもらえちゃってラッキー。

最後に得した感もあって、気分良く週末を締めくくりました。

《What's The Title?》

e0242504_21163157.jpg
Time Exposure/Little River Band

池袋といえば待ち合わせ場所としてもふくろうが有名だし、今日のお店も「ふくろ」ですので、タイトルは"The Night Owls"。
1976年からアメリカでコンスタントにヒットを放って、80年代のオーストラリア勢の大活躍の先兵的な役割を果たしてきたLittle River Band。
このアルバムあたりが彼らのアメリカでの活躍の最後のピークって感じですかね。
"The Night Owls"はこのアルバムからのファーストシングルですけど、アメリカで数々のヒットを放ってきてるので、もうツボは心得てるって感じの余裕すら感じさせるポップチューンですよね。
こういうのには私は弱くて、当時めちゃ好きで、今でもヘビロテです。

[PR]
by falling7813 | 2018-03-16 21:22 | food | Comments(0)
昨日の3.11で思い出したこと。

当日の金曜日も大変だったが、その後も大変だった。

震災から1週間ぐらいで、まず我が家のトイレットペーパーや米の在庫が切れたんだが、気付いたときにはどこも品薄になってた。

土日に練馬の西友に行ったら、食品売り場がほとんど空だったもんなあ。
結局、米については、近所の米屋に行ったら、5㎏の袋があって、それでなんとか急場をしのいだ。
トイレットペーパーは高いやつをどこかで買った記憶がある。

そして、当時私には弘前への転勤の内示が出ていた。

震災が起こった直後に引越し業者から電話があり、東北方面への引越しは配送のめどが立たないので、当面凍結と言われた。

引越ができないんじゃ転勤もできないんじゃないかと、担当部署に聞きに行ったら、そんなのは関係なく予定どおり赴任しろと冷たい答え。

e0242504_15280962.jpg
震災の影響で東北新幹線は不通だったので、慌てて飛行機のチケットを手配した。

当時青森空港にはJALしか飛んでなかったなあ。

震災の年は4月1日が金曜日で、弘前には3日の日曜日の夜に入った。

引越荷物が送れないので、スーツを着て、持てるだけの洋服を手荷物でもって、めちゃ重い荷物のまま肌寒く、薄暗い弘前駅前に降り立った時は不安だったなあ。

e0242504_19395273.jpg私の前任者は弘前から福島県への異動で、彼も引越荷物が出せず、私は前任者が置いて行った家財でしばらく暮らした。

その後、私の荷物が来たのは4月18日で、前任者の荷物を搬出したのは4月の終わりだった。

弘前の家はだだっ広かったので、単身者二人分の荷物なんて余裕で置けちゃいましたけどね。

結局、前任者は、最低限必要な家財だけを搬出し(ちなみに私が荷造りしました)、冷蔵庫、電子レンジ、たんすや食器など多くの家財を残して行った。

e0242504_17034211.jpg
そのあと、私は弘前、札幌、名古屋と6年間の単身生活を続けるわけだが、それらの家財のほとんどは名古屋までお供して行ったんですよね(←名古屋の家にいたたんす)。

彼らも震災で運命が変わったのでした。

着任後も、4月第1週にあいさつ回りの途中で泊まっていた五所川原のビジネスホテル(その後定宿になって、こんなときも泊まった)で、夜11時ごろ余震で停電した。

五所川原自体は震度3ぐらいだったと思うが、仙台の方の揺れが大きくて、電気の供給が止まったのだ。

その後会合でよく一緒になった東北電力の弘前営業所長に弘前の電気がどれだけ宮城県の発電所に依存してたかを教えてもらったっけなあ。

翌日は信号が消えた道路を予定のあいさつ回りを中止して弘前に戻ったが、途中で車がガソリンスタンドに列をなしてたなあ。
震災直後はガソリンが手に入らなくて難儀したそうで、その後遺症だったんでしょうね。

そんな感じの弘前着任でしたけど、このブログを始めたころは震災から半年を経て、だいぶ落ち着いてたんですね。

いろんな意味で忘れられない思い出です。

《What's The Title?》

e0242504_18101473.jpgInvisible Touch/Genesis

今回のネタは震災後の混乱で、どこもかしこも「混迷の地」でしたので、タイトルはGenesisの"Land Of Confusion"。
Phil Collinsのソロ活動が絶好調の時代にリリースして、アルバムからTop10シングル5枚という大ヒットを記録したアルバムで、この曲もTop10入りしましたけど、この曲は曲の出来よりもプロモなんでしょうね。
たしか当時テレビで人気だった「スピッティングイメージ」の人形が出てくるやつでしたよね。
プロモがなかったらTop10はムリだったと思いますけど、当時はそういうヒット曲結構ありましたよね。


[PR]
歳はとりたくないもので、最近テレビを見ていても露骨なお涙頂戴的なものにも引っかかって、涙することが多くなってきた。

e0242504_15554178.jpg
昨日も録りだめしてた番組を見たんだが、2週前の「99.9」の木村文乃の弟の話にもあっさり引っかかってしまったし、「激レアさん」でも甲子園7戦連続初戦敗退の監督の話でも最後はウルっときてしまった。

そして、今の季節花粉症でも涙を流すことが多い。

ぼちぼち梅もいい感じで咲いてきたから、これから桜の季節まではつらい花粉症生活だなあ。

そんなわけであまり外に出たくないシーズンを迎えたんだが、娘2号がハワイ旅行で実家にも土産を買ってきたので、娘2号を連れて実家へご機嫌伺いに。
私一人で行くより、孫を連れて行った方が圧倒的に機嫌がいいですしね。

e0242504_16062703.jpg
いつものように池袋でランチを買ってから向かうって話をして、図書館に用事があるんで先に出て合流する話にして出かけたんだが、よく話を聞いていなかった娘が最寄り駅から逆方向に乗るチョンボをしてロスタイム。

結局池袋で待ち合わせて、美濃吉の弁当といちご大福を買って実家へ。

e0242504_16433428.jpg
正月以来の孫の訪問に両親は喜び、それだけで親孝行した感じですね。

今日は3月11日ということで、テレビでは震災についての番組も多くて、いろいろ思い出して、これまた涙腺に来ました。

震災の日、中学生で学校まで迎えに行った娘も大学4年だもんなあ。

ランチをしながら2時間ほど実家に滞在し、帰路へ。

家へ戻る西武線の元町中華街行きは、14時46分発。

偶然だけど、ちょうどあの時間かあ。

娘とそれを話しながら家に帰りました。

《What's The Title?》

e0242504_15582360.jpg
No Brakes/John Waite

この週末は花粉症やら何やらで涙を流すことも多かったので、タイトルは単純に"Tears"。
1977年になんとラジオ関東の全米トップ40で邦題を募集するという企画で「恋のチャンス」という邦題をひっさげてデビューしたThe Babys。
「恋のチャンス」はTop40入りはしなかったけど、次のアルバムからは「愛の出発」がTop40入り。
その後も何曲かヒットを飛ばし、晩年にはのちにJourneyに加入するJonathan Cainも在籍するなどそれなりに話題になった。
デビュー当時結構ビジュアルもよかったんで、「ミュージックライフ」でもアイドル的な取り上げ方をされてました。
そのリードボーカルJohn Waiteだが、なんとソロになって"Missing You"がNo.1に。
当時は映画とのタイアップが多かったけど、この曲はそういうのなしですからね。
ただ大ヒットしたポリスの「見つめていたい」にそっくりでしたけど。
”Tears"は”Missing You"に続くシングルで、ぬるい前作に比べると、かっこよくロックしていて、私はこっちの方が好きだったんですが、あまりヒットはしませんでした。
彼も大ヒットは一発だけかと思ったら、なんとこのあとBad Englishでも成功をおさめます。
John Waite侮れません。

[PR]
無謀な旅行に出ていた娘2号が昨日帰ってきた。

海外旅行に出るにあたって、我々夫婦が使っていたトランクを貸してやったんだが、車輪や取っ手を破壊するというお約束芸をやって...

e0242504_18472837.jpg
成田から運ぶのが困難な状態だったそうで、トランクは今日宅配で家に届いて、おみやげをもらっちゃいました。

行き先はハワイだったので、Tシャツをオーダーしてたんだけど、素直にオーダーどおり。
1枚はABCストアで買ったそうで、そのあたりがいかにも娘2号らしい。

でも、娘のおみやげというだけでありがたさはmaxだ。

ありがとね。

無事に帰ってきたので、今日のランチは、娘2号も大好きで、我が家の定番になりつつある石神井公園の美登利寿司

e0242504_18564312.jpg
ランチに出かける前にスポーツクラブでちゃんとトレーニングしてきたので、回転寿司にビールもつけちゃいました。

今日のおすすめの炙りトロ(右の写真の赤い皿)、しまあじ(下の写真の緑の皿)をいただきつつ、定番のいわし(右の写真の白い皿。100円という驚きのコスパです!)、あじ、しめさばなどをいただき、あいかわらずのまいう~。
e0242504_19095118.jpg

娘2号も大喜びでした。

ちゅうことで、無事に帰ってきたのはいいんだけど、やっぱり生まれついての天然振りは健在のようで、荷物をチェックしたら、みやげの買い忘れがあったそうで、罰当たりなことに、今日すし屋から帰って通販で手配してました。

そして無謀な連続旅行が終わったばかりですが、月内に泊りの旅行を3本と、日帰り旅行を1本予定しているそうだ。

無謀は終わらない。

《What's The Title?》

e0242504_18442498.jpg
Absolutely The Best/The Zombies

タイトルは娘が帰ってきたので、そのまんま"She's Coming Home"。
"Time Of The Season"やSantanaのカバーでもヒットした"She's Not There"、Juice Newtonもカバーした”Tell Her No"の大ヒットを持つ彼らですけど、この曲は65年に58位までしか上がらなかったということで、かなりB級色の濃い曲です。
ヒットした3曲に比べるとまったくおもしろみのない曲で、これじゃヒットしないよなあ。

[PR]