カテゴリ:diary( 329 )

この週末はいい天気でしたね。
今年は夏から低温続きだったけど、温かくて過ごしやすかったですね。

e0242504_19043877.jpg
土曜の朝はいい天気なんで写真撮っちゃいました→

この週末はいろいろ懸案事項を片付けることにした。

その1 眼科

名古屋で病気が発覚して以来、月1ペースで検査していて、前回が10月14日だったので、ぼちぼち一度行っとかなきゃなあというところで、土曜日の朝の開院時間に行って、30分ほどで済ませてきた。

e0242504_19104578.jpg
最近金曜日はお酒を飲むパターンが多くて、今週も色々疲れたので、24日の金曜日も在庫の出羽桜(写真左)を飲もうと思ってたんだけど、よくよく考えたら、眼科の診療のときって、ドクターが結構顔に近づいてくるので、酒臭いと迷惑じゃないかと気づき自重し、酒は飲まずにスポーツクラブへ。

名古屋では仕事で深酒した翌日なんかにも気にせずに眼科の診察を受けてました。
数値が悪くなる方ばかり心配してたけど、酒臭くて申し訳なかったなあ。

その2 図書館

予約していたノーベル文学賞作家カズオ イシグロの「わたしを離さないで(Never Let Me Go)」が来たので、眼科の帰りにとりに行く。

e0242504_19215992.jpg
ついでに本やCDをあれこれ物色して、こんなラインナップ→で借りてみました。

さて、カズオ イシグロですが、今のところさっぱりおもしろくないです。
50ページほど読んだんですが、ほとんどストーリー展開はなく、昔を懐かしんでるだけど、とにかくくどい。

考えてみたら、川端康成や大江健三郎など日本人作家を含めて、ノーベル文学賞を受賞した人の作品って読んだことがない。

こういうのがノーベル文学賞の世界なんだろうか。

今後のストーリー展開に期待だが、挫折せずに読めるか心配だ。

e0242504_19264454.jpg
その3 スポーツクラブ

これはルーティンだけど、日曜日はこれから書く事情で行けないので、筋トレと有酸素をみっちりやりました。

娘2号が風邪をひいて家で静養中なので、土曜恒例の外食は中止し、家で在庫の出羽桜を飲んで、スポーツクラブで消費したカロリーはチャラ。

その4 娘1号のお迎え

e0242504_19353016.jpg
娘1号が金曜から1泊旅行に行っていて、土曜の夜の飛行機で帰ってくるんだが、いつも遅い飛行機を予約している上に、さらに飛行機が遅れて、帰りが遅くなる。

今までも前科があったので、酒を飲んで気持ちよくなったが、ちょっと仮眠してスタンバイし、日付が変わる徳前に新江古田駅へ。

ほとんどが明るい道だからそこまでする必要もないっちゃないんだが、土曜夜ということで、泥酔して道で立ちしょんなどをしている酔っぱらいおっさん集団とかいたので、とりあえず行っておいてよかったかな。

その5 クリーニング

ここからは日曜日。
これもルーティンでした。

その6 音楽ファイルのバックアップ

パソコンが突然死したら困るので、単身赴任中から使っているパソコンに保存している音楽ファイルを練馬の自宅にあるパソコンにバックアップしました。

その7 実家へ

e0242504_19385978.jpg
実家に届けなきゃいけないものがあったので、いつものように池袋でランチを買って実家へ。

娘どもを連れて行くと喜ばれるんだが、1号は帰宅直後でお疲れ、2号は風邪で欠場。

まあ、届けなきゃいけないものがあるから仕方ない。

実家では老父からパソコンが動かない、携帯電話(ガラケー)で時計が見たいという相談を受ける。

ガラケーは待ち受け画面に時間が出ていることを教えて、パソコンはぼちぼち古くなってるから寿命かと思いつつ立ち上げたが、普通に立ち上がり、インターネットもDVDも普通に作動。

年寄あるあるの世界だなあ。

とりあえずやらなきゃいけないことはだいぶ片付いたので、よしとしよう。

《What's The Title?》

e0242504_19464349.jpg
Blonde On Blonde/Bob Dylan

この週末はノーベル文学賞作家の作品に初挑戦ということで、昨年のノーベル文化賞受賞者に敬意を表してBob Dylanの一番好きな曲をタイトルにしました。
実はBob Dylanはあまり好きじゃないので、あまり聴いてないんですよね。
やっぱ日本人なんで歌詞が直接響かないというのが大きいかなあ。
それほどいいメロディを書くわけじゃないので、音だけ聞いても、それほどアピールのあるミュージシャンじゃないと思いますからねえ。
そんななかでは”I Want You"は適度に力が抜けていて、さらっと聴けるところが好きですね。
収録アルバムの”Blonde On Blonde"ですけど、私がこの熟語を知ったのは同じ名前のちょっとキワ物っぽい女性2人組のグループの名前が先でした。

[PR]
我々サラリーマンにとって、スーツは戦闘服であり、消耗品だ。

外回りでは自転車に乗ることも多くて、ズボンがすり切れてダメになることが多かったので、かなり前からツーパンツスーツを買っていた。

大阪勤務の時には、西田辺駅近くの元阪急でサンテレビ解説でおなじみに福本に似たおっちゃんがいる洋服屋で買っていたし、弘前、名古屋で買ったときは、某チェーン店。

スーツ屋はなぜか2着買うと2着目は半額とかいうサービスが多いんで、ついつい2着まとめ買いしてしまう。

4月に東京に戻ったときに、大阪以来使い続けてきた冬のスーツがいよいよダメになってきたので、買い替える話をかみさんにしたら、もういい歳で窓際なんだから、チェーンの量販店のスーツはやめた方がいいと忠告された。

言われてみれば、それもそうだな。

ちゅうことで、かみさん同伴で、我が家御用達の池袋東武でカード会員特典のつくサンクスフェアの時にスーツを2着買った。
そのときにツーパンツにするか迷ったけど、やめた。
もうスーツで自転車に乗る機会はないだろうし、冬のスーツは出番も減ったからなあ。

お値段的には某チェーン店の3倍ぐらいしたけど、それが年相応ってところなんですかね。
かみさんはオーダーにした方がいいと言っていたが、いきなりそこまでの踏ん切りはつかない貧乏おやじ。

例年になく気温が低くなり、コートが恋しくなってきた昨今。

コートもかなり前にバーゲンで買った裏地着脱可能なバーバリーと弘前のユニクロで買った雪よけが主眼のハーフコートを併用してきたんだが、ぼちぼちバーバリーがヘタってきた。

とくにクリーニングに出すたびに、「袖口がすり切れてますのでご確認ください」と指摘されていたので、その話をかみさんにして現物を見せたら即捨てられてしまった。

e0242504_06312367.jpg
ちゅうことで、日曜日にまたまた池袋東武でかみさんと物色。

←買っちゃうました。

かみさんは値段を見ずに、これがいいんじゃないかと、あれがいいんじゃないかと、勧めてくるので、そのうち店員が寄って来て、あれこれおすすめを試しているうちに結構値の張るものを試着する羽目になる。

私一人なら、まず値札からはいるので絶対買わなかっただろうなあ。
e0242504_06400365.jpg

まあ着てみたら軽くて着心地もいいからOKかな。

お財布的にはダメージ大だが、いい歳なんだし、通勤用のコートを買うのもこれが最後になるかもしれないから、そういうことは言わないことにしよう。

昨日の朝寒かったので、さっそく登板させました。

温かいし、スーツの上に着た感じもOK。
生地的に通勤バッグのストラップがすべるのが難点といえば難点だけど、それも慣れるだろう。

新しい相棒とこの冬に挑みます。

《What's The Title?》

e0242504_06044208.jpg
At Budokan/Cheap Trick

タイトルは、かみさんにいい歳して安物を着てると恥ずかしいと言われたので思い出した”Ain't That A Shame"。
今我が家には、Fats Domino、Pat Boone、The 4 Seasons、John Lennonのバージョンもあるんだけど、この曲を初めて聴いたのは実はCheap Trickなので、彼らで。
1978年から日本では大人気だったCheap Trickですが、1979年にこのライブアルバムがアメリカで大人気になり、アメリカでもスターになっちゃいました。
この”Ain't Tha A Shame"は「甘い罠」につづくセカンドシングルで、Fats Dominoのオリジナルを大胆にロックにアレンジしてかっこいい仕上がりになってますよね。
当時の「ミュージックライフ」によるとこのアルバムはかなりスタジオで手を加えているそうで、原形を残しているのは「ロビーン」とか「トムー」とか金切り声を上げてる日本の女の子の歓声だけだったという話でした。
そういわれてみると、ギターの音とか分厚いですよね。

[PR]
早朝、まだ暗い時間に話し声や足音が聞こえる。

浅くなっていた眠りを覚まされ、手元にあったスマホを見ると4時。

しかし、廊下の電気はついているし、明らかに複数の人間が起きているようで話し声がしている。

リビングに行ってみると、全員が起床。
そういえば、朝寝坊の娘2号が今日はフィールドワークに出かけたいから4時に起きると言ってたなあ。
珍しく有言実行かあ。

全員起きたので、めちゃ早い時間に朝食し、娘2号は本気でフィールドワークに行くらしく、支度を進めている。
でも、自転車で行くので、暗い時間に出るのはよくないということになり、6時スタートの方向で時間調整。

私は早く起きてとりあえずやることもないので、パソコンを見ながらひまつぶし。

すると6時前にかみさんが突然、娘2号のフィールドワークについて行ってやったらどうだと言い出す。
突然のご指名で驚いたが、たしかにわりと遠くまで自転車で行くから危ないよなあ。

e0242504_16203556.jpg
物事はきちんと予定しないと動けないA型の私としては、めちゃ不本意だが、慌てて支度をして外に出る。
手袋を持ってこなかったがめちゃ寒い。
でも、午後から雨の予報だし、できるだけ早く出た方がよかろうとそのまま自転車で出撃。

娘2号のフィールドワークのテーマは新河岸川。
e0242504_16214129.jpg

6時過ぎに家を出て、氷川台、平和台、光が丘、成増を経由して、和光市の荒川そばのポイントに到着。

わが愛車ママチャリ号(写真右)だが、熊本にいるときに買って以来、私と行動を共にして、熊本県、東京都、青森県北海道愛知県岐阜県と走ってきて、埼玉県で7都道府県目になる。
ママチャリとしてはよくがんばってきたよなあ。

そこから川の様々な様子を写真に収めながら上流方面に向かうんだそうだ。

e0242504_16222988.jpg
和光市のポイントからしばらくは荒川と並行に流れているので、荒川の土手から新河岸川を観察しながら進んでいく。

あちこちで写真を撮りながら走るので、進んでは止まりを繰り返し、ロスタイムが多く、止まっている間はFacebookに投稿してひまつぶし。

朝霞市に入ったあたりで、新河岸川は荒川から離れていく。
当然我々も荒川の土手を離れ、新河岸川に沿った道を進む。

e0242504_16231483.jpg
新河岸川は荒川に比べると小さな川なので、立派な土手があるわけでもなく、川沿いの道はあぜ道のようなところもあれば、きちんとしたサイクリングロードになってるところもあり、さまざまだ。

娘の希望としては、富士見市かふじみ野市あたりまで行きたいという話だったが、早く出た甲斐があって9時ごろには志木市に入る。

e0242504_16234783.jpg
今日は予報もよくなくて、雨の心配もあったんだが、寒いものの雨はほとんど降らずにフィールドワークは進む。

荒川付近では汚かった新河岸川も徐々にきれいになってきたようで、志木のあたりでは水鳥が観られるようになり、富士見市に入るあたりではカワウもたくさんいて、潜って魚を獲る様子も見られました。

e0242504_16242369.jpg
ところどころ川越街道ともクロスしながら進み、富士見市を過ぎ、ふじみ野市に入り、いよいよ川越市に突入。
このへんまで来ると新河岸川もすっかり田舎の川だ。

しかし11時近くになり、空模様は徐々に悪くなってきて、いよいよ予報どおりに雨も降るかなといった様子。

娘が目標と言っていたふじみ野市も走破したし、そろそろターンするかという話をしたんだが、娘はここまで来たんだから川越市内の水源まで向かうと言って聞かない。

不器用だし、先の見通しをしながら行動するのが大の苦手なので、天気の様子や帰りの所要時間などを説明し、説得を試みたが、頑固なところは私に似てしまった娘は頑として折れず、最後は、「フィールドワークの邪魔だから帰ってくれ」と言われてしまう。

e0242504_16254328.jpg
そこまで言うなら仕方ないと、そこで袂を分かち、私は最短ルートをたどろうと川越街道を目指す。
するとすぐにコンビニが。

実は新河岸川に沿って上ってくると、周囲にはお店などは少なく、袂を分かつ前に娘がトイレに行きたがっていたのだ。

ここは武士の情けと、コンビニがあることを知らせてやると案の定やってきて、トイレを済ませ、ついでに娘の昼食とほっとドリンクを調達し、イートインコーナーでいただく。

食後にコンビニ前であらためてお別れ。

e0242504_16262714.jpg
そこからは川越街道ひたすら都心へ向けて走りました。

ほとんどのところは歩道付きで走りやすかったですけど、新河岸川沿いとは違い結構アップダウンがあって疲れました。
帰りはだいたい25kmぐらいだったと思うだけど、たっぷり2時間かかっちゃいました。

あとでキョリ測で行程を測ってみたら、全部で54kmあり、久しぶりの長距離サイクリングになりました。

ちなみに、途中で私の随行を断った娘2号は、案の定というか、帰り道で道に迷い、予定よりだいぶ遅れて、真っ暗になった6時前に帰ってきました。

まあ、予報に反してそれほど雨が降らなかったのだけは救いでしたが。

《What's The Title?》

e0242504_16082583.jpg
More Songs About Buildings & Food/Talking Heads

タイトルは突然新河岸川に連れていかれたので、Talking Headsの”Take Me To The River"。
彼らにとっては初のTop40ヒットで、たしかAl Greenのカバーでしたよね。
Talking Headsって評論家の評価がものすごく高くて、レコードを出すたびに絶賛されたんだけど、当時この曲を聴いたときはどこがいいのかさっぱりわからん状態で、やっぱ私の音楽趣向は評論家とは相いれないことを痛感したわけですが、今聴いていると好きって程ではないですけど、ヒットした当時よりは受け付けるようになってきて、悪くはないかといった評価になってきました。これが大人になるってことですかねえ。

[PR]
久しぶりのサークルのOB会から一夜明けた日曜日。

前日そこそこ飲んだのに5時間ほどの睡眠で目覚めてしまう。
二度寝できそうにないので、OB会のネタでエントリを書いて過ごす。

日曜ということで家族の始動は遅く、9時過ぎに朝食。
朝食後、ちょっと胃がむかむかする。
大事をとって横になってたら寝入ってしまい、目が覚めたら12時半。

半日無駄にしちゃったなあ。

昼食後、かみさんが練馬に寝具を買いに行くというので、荷物持ちとしてお供。
ついでにスーツなどをもってクリーニング屋に寄る。

練馬では西友やらプラザトキワに寄り、予定のもの+αの買い物終了。

プラザトキワというのは中高年向きの衣類や雑貨を売っているお店で、客層は50代より上のおばさま方がほとんどなんだが、我々が入店した時のBGMがBlondieの"The Tide Is High"で、次がなんとThe Jamの”In The City"。

確かに私と同世代でこういうのが好きな人もいるはずだよなあ。

e0242504_20171216.jpg
感動したんで、ジーンズの後ろのポケットからスマホを出して写真を撮って、Twitterに投稿。

そのあと帰り道に近所のスーパーによって食材も確保して帰宅。

家で荷物を整理していたら、クリーニング屋のカードがない。
クリーニング屋に寄ったときにカードはスマホと同じポケットに入れたような気がするので、さっきプラザトキワでスマホを出したときに落としたかなあ。

失意のまま、とりあえずスポーツクラブへ行く支度をして、クリーニング屋のカード探しの旅に出る。

クリーニング屋付近を探したが落ちてないので、一応行った道に落ちていないかたどりつつ、一番怪しいプラザトキワへ。

たどり着いたときのBGMはアメリカの「金色の髪の少女」で、今日は洋楽路線ですかね。

さっきスマホを出したところの最寄りのレジにはお客がいなかったので、レジ係のおばさまに落し物はなかったかと尋ねると、届いていた。
なんでもお客さんが拾ってくれたそうで、さすが中高年は優しいねえ。

e0242504_23275448.jpg
そのまま練馬からスポーツクラブへ行って、さすがに4時を過ぎたので、軽いメニューで上がり、風呂に入って帰宅の途についたんだが、ふと、あかすりタオルや水を入れたボトルをリュックに入れた記憶がないことが気になり、確認してみたら、案の定一式忘れてきてた。

家までの道を3分の1ほど歩いたところで気づいたので、スポーツクラブに戻り、洗面所やらロッカー室に置いたままになっていた荷物を回収。

とりあえずどっちも自分で気づいてリカバーできたので事なきを得たが、いよいよボケ始めたかと心配になってきた。

《What's The Title?》

e0242504_18422002.jpg
Hearts/America

タイトルはプラザトキワに捜索に行ったときに流れていたこの曲。
もともと好きな曲でしたが、今日の安堵の瞬間に流れていてますます好きになりました。
この曲のイントロはすごく印象的で、たぶん洋楽を本格的に聴き始める前にどこかで聴いたことがあったんだと思います。
この曲を「金色の髪の少女」と認識して聴いたのはNHK FMの「軽音楽をあなたに」の全米No.1特集だったと思うけど、妙に懐かしく感じて一発で気に入り現在もヘビロテです。
邦題も座りがいいと思ったんですが、今思うと「亜麻色の髪の乙女」のパクリなんでしょうね。

[PR]
11月11日という1並びの土曜日。
私が学生時代所属していた全米TOP40のサークルのOB会が行われた。

Facebookを中心に情報が流通していたそうで、去年始めたばかりの私には知る由もなく、そもそも地方暮らしが長かったので、なかなか縁がかなった。

去年もこの時期に開催されたのを教えてもらったんだが、単身赴任中ということで、年末調整の関係で保険控除関係の書類を家にとりに帰らなきゃいけないので、文化の日近辺に家に帰るのはmustで、そうなると単身貧乏には続けて帰宅する財力はないのでパスせざるを得ない。

そういえば、一昨年も誰かにOB会でやる企画を教えてもらって、曲選びをしたなあ。

出席するのって、12~13年ぶりぐらいで、大阪OB会のネタを書いたけど、KMさんが亡くなられた直後以来だ。

e0242504_05274113.jpg
会場は銀座で夜6時スタートということで、午前中にスポーツクラブへ行って、ちょっと早めの3時過ぎに家を出る。

行きはまだ元気があるので、貧乏性な私は定期が使える東京駅から歩く。
風が強いので地下道を歩き国際フォーラムから地上に出る。
e0242504_05315361.jpg

たぶん国際フォーラムの中に入るのは初めてのような気がするが、こんなかっちょいい建物だったんですね。

銀座では何ヶ所か寄りたいところはあったんだが、まずは懐が寒かったので、銀行を探そうと銀座通りへ。

e0242504_05351773.jpg
そしたら歩行者天国をやっていた。

田舎者で、歩行者天国は大好きで、とくに銀座の歩行者天国はいかにも都会という雰囲気でテンションが上がる。

「歩行者天国終了」という紙を持った人がうろうろしていたので、5時で終わるのかな。
終わる前にここを歩けてラッキー。

e0242504_05363470.jpg
松屋と三越の間に銀行を見つけて、無事にお金をおろして懐の温度も上がったところで、道の反対側の山野楽器を見たら、クリスマスツリー。
e0242504_05393936.jpg
しかも色が変わる。
もう来月はクリスマスかあ。
早いなあ。

クリスマスツリーといえばミキモトだと思って、隣のミキモトを見たけど、建物が建て替わってツリーのスペースがない。

帰宅して家族にその話をしたら、みんな知っていて、2~3年前になくなったようですね。

地方暮らしの間に銀座も変わってるんですね。

e0242504_05451071.jpg
懐が温かくなったところで、まずは復興支援で、銀座熊本館へ。

いろいろ悩んだんだけど、あまり荷物が増えてもつらいので、米焼酎の名品鳥飼だけを購入。
5月に来た時より値上がりしてたけど、それでも2,160円は安い。

e0242504_05525553.jpg
そのあとGINZA SIXへ。

相変わらずの混雑でしたけど、ここも5月に来たときに、大体雰囲気はわかっているので、迷わず地下2階に降りて、あれこれ眺めた後、千年こうじやへ。

e0242504_05561621.jpg
我が家でブームになりつつある甘酒を見たんだが、近所のスーパーで売ってるタイプと同じものだったのでパスして、近くの発酵酢屋庄分酢へ行き、ちょっと高いけど、前回買って好評だったドレッシングなどをお買い上げ。

ぼちぼちいい時間になってきたので、会場の資生堂パーラーを目指す。

爆買い時代よりは少なくなったって言われてるけど、中国人観光客がやたら多い。

なかには、周囲を気にせず写真を撮ってる人とか、歩道に座り込んでたり、マナーの悪い連中もいて、なんだかなあ。

資生堂パーラーの会場に着いたら、受付からHTさん、NIさんという懐かしいメンバー(どっちも苗字変わってるけど、慣れてないのでこのイニシャルで)。
たぶんお二人とも20年以上あってなかったかも。

e0242504_06094184.jpg
会費を払って、もうドリンクが出ているので、赤ワインを飲みつつ、去年大阪で再会したかめさんや彼と大阪OB会をやっていたKTくん、facebookではつながってたけど会うのは超久しぶりのNGさんやHWさん、そのほか20年以上ぶりの人も多数いる懐かしい顔と話をしながら、会場のモニターから流れる音楽系のビデオを見る。

最近のOB会にはラジオ番組「全米TOP40」のメインパーソナリティだった湯川れいこさん(最近日経の「私の履歴書」にも登場されたそうで、周囲の皆さんは「湯川先生」と呼んでたけど、私は慣れてないので「湯川さん」で)も参加されていて、すでに会場に到着されていた。

ほどなく会はスタート。

e0242504_06254532.jpg
乾杯のあいさつから長々との”Sgt. Pepper's"の話が出るあたりいかにもな感じだ。
乾杯の後は歓談タイムで、立食のつまみをいただきながら赤ワインを飲む。

しばらくして湯川さんのあいさつ。

周りの人に聞いたら結構な年齢だそうだが、全然それを感じさせない話っぷりで、Jackson Browneのライブ、「私の履歴書」やTaylor Swiftを絡めた女性のステイタスの話、Carole Kingを題材にしたミュージカル「ビューティフル」(日本版には湯川さんが関与してたんですね)などなど20分ほど立ったまま面白い話をしていただいた。

湯川さんの話は素直におもしろかったんだが、会場に入ってからずっと気になったのは、湯川さんの周りにいる見知らぬ人々。

サークルのお仲間でも年代が違って顔がわからない人もいるんだけど、どうもそうではないらしく、サークルとは無関係の人たちらしく、いろいろしがらみがあって、彼らと一緒に会をやってるらしい。

私は湯川さんにそれほど強い思い入れはないからいいけど、周囲と交わることなく(中にはうちのサークルの人とつながりのある人もいたようだが)、ずっと湯川さんに付きまとってる彼らを見てると、昔を懐かしみたいおじさんからするとかなり目障りだ。

それはさておき、いかにもうちのサークルらしく途中からマニアックなイントロクイズが始まり、あっさりつまみがなくなり、飲みホと思っていた酒もなくなり始め(銀座だから仕方ないかな)、立食で3時間はきついなあと思っていたところで、2時間であっさりパーティー終了。

なんか話したりない感じもしたけど、HTさんほか何人かとLINEでお友だちになったし(おじさんはLINEやり方がわからなくて難儀したが)、Facebookでもつながってる人も何人かいるから、東京にいれば会える機会もあるだろう。
そういう意味では便利な世の中になったなあ。

e0242504_06521376.jpg
集合写真も撮り終え、予定より早いから二次会があるんなら行ってもよかったけど、誰も仕切らずウダウダと動かないという昔のサークルそのまんまの光景。

みんな社会に出てそれなりにもまれていると思うんだが、変わらないねえ。

学生時代はそういうのをのんびり見ていられる寛容さがあったんだが、そんなものはどこにもないおじさんはとっととエレベーターで降りて家路につきました。

いろいろ思うところはあったけど、懐かしさ無限大のイベントでした。

《What's The Title?》

e0242504_04593355.jpg
Tapestry/Carole King

タイトルは湯川さんの話の中にも出てきたミュージカルの話にちなんでCarole Kingの"Beatiful"。
湯川さんが、もともと作詞はだんなに任せて曲だけ作ってきた彼女が自作で歌詞をのせ始めたので、音に比べて歌詞が少なくて訳詞が難しいという深い話をしていたのが印象的でした。
私がちゃんとCarole Kingを聴くようになったのは社会人になってからで、年をとらないとわからない渋みがありますよね。
"Tapestry"も今では愛聴盤ですけど、学生時代は何とも思わなかったですからね。
タイトルにした"Beautiful"はそれほど好きな曲じゃないんだけど、湯川さんの話を聞いてからだと、違う聴こえ方がしそうだなあ。

[PR]
三連休二日目。

かみさんと出かけました。
行き先は上野の森美術館
各地でやたらと宣伝している怖い絵展を見に行きました。

正直絵にはそれほど興味はないんだけど、おもしろそうだし、かみさんの趣味に付き合っておかないと先々見放される恐れがありますから、今からぬれ落ち葉しています。

e0242504_20363685.jpg
かみさんによれば混んでいるという話なので、9時オープンよりちょっと早めにつくように家を出て、8:40頃現地に着いたら、すでに長い列ができていた。

しかもその列は切符を持っている人の列だそうで、切符は時間前だとファミマで買えるというので、公園下のファミマに向かったら7~8人の行列。

e0242504_20415403.jpg
しかも私の前の人からなぜかファミマの端末では「怖い絵展」のチケットが買えなくなってしまい、美術館に戻って窓口で切符を買う。

その頃には列はさらに伸びて、130分待ちに。

結局我々が入場したのは10時前で、しかも中に入ってから、さらに音声ガイドを借りるのに10分ほど待たされました。

e0242504_20451729.jpg
かみさんから音声ガイドを借りた方が絵の意味を深く知ることができていいと言われて借りたんですが、解説には書かれていない情報がいろいろ聞けてよかったし、吉田羊の語りもgoodで大正解。

e0242504_20474181.jpg
場内もかなり混んでいて、ゆっくり鑑賞するという雰囲気ではなかったのですが、ところどころ胸をうつ絵があったし、なんといっても宣伝にも使われている「メリージェーングレイの処刑」(写真右)は一見の価値ありですね。

まず絵の大きさに圧倒されるし、あのサイズでこの構図を隅々まで見ると、いろいろな思いが交錯します。

吉田羊が語るこの絵の数奇な運命もさらに感動を盛り上げて、この絵を生で見られるだけでも価値ある展覧会ですね。

ただ、我々が入場する10時頃には160分待ちになっていて、3時間近く並ぶかと言われるとちょっと考えちゃいますけど。

e0242504_20523169.jpg
1時間ちょっとで美術館での鑑賞を終え、ちょっと早いけどランチ。

昨日ネットでいろいろ調べて、美術館から近いさくらテラスへ行って、かみさんと協議の結果、Oyster Tableへ行くことにしました。

牡蠣を食べるのにはいいシーズンなので、いろいろな食べ方を楽しめるペアランチ(二人で3800円+税)にしました。

e0242504_20572791.jpg
まずはサラダと一緒に生牡蠣が出ましたが、新鮮でまいう~!
釜石産だそうですけど、シーズンの醍醐味ですね。

付け合わせのスープも当然の牡蠣テイスト。

続いては、カキフライと香草ガーリックバター焼き。

e0242504_21020649.jpg
昼だからアルコールは自粛したんだけど、これは生ビールでも白ワインでもめちゃうまかっただろうなあ。

ちなみに私は生牡蠣にもカキフライにもレモンはかけない派で、カキフライにはタルタルソース派です。

e0242504_21035648.jpg
つづいては、カキとポテトのグラタンと選べるパスタ。パスタはかみさんの希望で牡蠣と帆立のトマト味にしました。

この二つのメニューは二人分としてはやや少なめな印象でしたけど、それぞれ大きな牡蠣が二個ずつ入っていて、牡蠣をたっぷり堪能できて、まいう~でした。

11時半には満席になりウェイティングが出てましたから、早く来て正解でした。

e0242504_21110124.jpg
食後はアメ横を散歩。

いいものがあったら娘どもに土産に買って帰ろうと思ってたんですが、とにかく混んでるし、店の構成も変わって、やたらと露天に座席を突き出した屋台が多い。

外国人観光客も多くて、台湾当たりの市場のような雰囲気で、10年以上前に上野で仕事をしていた頃のアメ横とは別世界になっていました。

e0242504_21154062.jpg
あまりに混んでいて掘り出し物を探せる雰囲気じゃないので、かみさんの希望のスポーツショップへ向かう。

アメ横内にある店舗と線路東側の別館にも行ってみたけど、あまり値段は安くないようで、アメ横では何も買わずにフィニッシュ。

この雰囲気では日本人の買い物客はだんだん来づらくなるんじゃないですかねえ。

そんな感じでアメ横では1時間と持たずに駅に引き上げて上野を撤収しました。

グルメ的にはまだよさそうな店がありそうなので、博物館とかで何かイベントがあればまた来てみたいところです。

《What's The Title?》

e0242504_21190407.jpg
Aftermath/The Rolling Stones

今日のお出かけでは、「レディージェーングレイの処刑」が非常に印象的でしたので、タイトルはStonesの"Lady Jane"。
"Mother's Little Helper"のB面として発表されたバラードですけど、私はこの曲は好きでないです。
私個人の評価としては、Mick Jaggerはバラードを歌うのはヘタだと思いますね。
そもそも歌がうまいと思ったことはないんだけど、ロック系の曲の独特のノリは他の追随を許さないものがあるし、ソウルフルな曲も味のある歌を聴かせるんだが、バラードはなんかアラが目立つし、ダメな印象なんですよね。
この曲とか”Angie"とかどこがいいのかさっぱりわかりません。

[PR]
よく降りますね。
今年は異例に雨が多いんじゃないですかね。

e0242504_16205650.jpg
おかげでこのブログのエントリのタイトルも3回続けて雨がらみ。
このままだとネタが切れちゃうよ。

雨が続いて例年になく肌寒い10月ですけど、ハロウィンが近づいてきたので、我が家もハロウィンモード。

e0242504_16243519.jpg
そしてハロウィンとは縁のある私ですが、このブログのプロフィールに使ってるぐーたらハロウィンくんにつづいて、私っぽい飲んだくれハロウィンくん(写真右)を石神井公園で見つけたので、仲間に加えました。

昨日は私のちょっと早い誕生会だったわけですけど、最近はといえば、仕事の方は相変わらずで、あれやこれやと懸案が次々に持ち上がり、火曜日と金曜日は窓際族の私も帰りがちょっと遅くなるような展開で、スポーツクラブに行けず。

もっとも金曜日はそうでなくてもくじけてしまうことが多い昨今ですが・・・

そして今日も断続的に雨が降り続き、スポーツクラブは断念。

先週も今日と同じように台風が接近していて一日雨で同様にスポーツクラブをパスしたんで、二週連続で日曜休み。

e0242504_16305651.jpg
天気予報を見て、昨日は筋トレと有酸素運動をがっつりやったし、最近は体重も何とか低レベルで抑えられているので、やむなしかな。

そういえば、昨日朝パソコンを見てたら、Last.fmのページに、"Using iTunes 12.7 on Windows?"というメッセージが出てた。

e0242504_16382890.png
我が家のパソコンはまさにiTunesを12.7にバージョンアップした途端にLast.fmに反応しなくなったので、ちょっと期待して、クリックして、更新プログラムをDLしたらめでたくiTunesとのシンクロが復活しました。

単にiTunesのバージョンアップに対応できてなかったってことなんですかねえ?

1ヶ月以上ダメで、今年からは毎年恒例にしてたLast.fmの1年間の振り返りもダメかなあと思ってたんだけど、なんとかなりそうだ。

昼前にちょっと近所のライフまで買い物に出た以外、今日はおこもりになりそうなので、今はiTunesで雨のプレイリストをプレイしつつ、Last.fmの履歴が増えていくのを見てニンマリしながら、このエントリを書いてます。

《What's The Title?》

e0242504_16450637.jpg
Lifelines/Andrea Corr

タイトルは今日聴いていいる雨のプレイリストから、Andrea Corrの"Tinseltown In The Rain"。
このアルバムはThe CorrsのリードボーカリストであるAndrea Corrのソロで、John Lennonの"#9 Dream"やRoy Orbison、Linda Ronstadtでおなじみの"Blue Bayou"などいろんな曲をとりあげたカバーアルバムです。
The Corrsを聴きまくっていて、彼女の声は好きなんで、かなり期待して買ったんだけど、全般的にもう一息な曲が多くて、ちょっと期待外れ気味で、さすがに彼女にはぴったりのTracy Ullmanの"They Don't Know"と並んで、好きなのがこの”Tinseltown In The Rain"です。
オリジナルは知らないので(なんでもThe Blue Nileというアーティストらしい)、先入観なしで聴けるんですが、Tinseltown=金ぴかの街ということでラスベガスという意味らしいんだけど、そこへやってきた男女を描く曲にAndrea Corrの声が非常にマッチしていて、いろいろ情景が膨らみます。



[PR]
今年は雨が多いですね。

おかげで阪神は田んぼのような甲子園で敗戦を喫して、結局ベイスターズに下克上を許した。

その後セカンドステージは、コールドゲームも、似たような雨で中止もありなのに、なぜだと疑問を残しつつ始まった1週間。

久しぶりに月~金フル出勤。
夏休みが流れたりした影響でずっと週休3日制だったんですよ。

振り返ってみると
10月9日(月)祝日
10月4日(水)年休
9月27日(水)夏休み
9月18日(月)祝日
9月15日(金)夏休み
9月5日〈火〉夏休み
と、8月最終週以来の週休二日だった。

やっぱ疲れたなあ。

そんな久しぶりに働いた週の週末。
土曜朝から雨が続く。

e0242504_08273545.png
9月からiTunesにシンクロしなくなったlast.fmは相変わらずで、もう1ヶ月になる。
仕方ないので、たまにlast.fmのプレイヤーで再生して、実績は作ってるけど、相変わらず変なのが出てくるので、そうは続かない。

そういうわけで、気分的にもすっきりしない週末で、かみさんにつきあって後楽園にバーゲンに行って、スポーツクラブへ行って、クリーニング屋とか靴磨きとか細かな仕事をこなして土曜日は終了。

e0242504_08304932.jpg
日曜日はさらに雨が強くなってる。

台風が接近してるから、これからひどくなる一方だろうと、まずは今日のmustである選挙に。

外に出たら、風はさほどではないが雨はほんとに強くて、サンダルで出たことを後悔しながら、iPod nanoで雨のプレイリストを聴きながら、投票所である小学校を目指す。

e0242504_08330756.jpg
途中児童公園にポスターがあったので、候補者をチェック。

これまで不在者投票ばかりだったので、正規の投票所である小学校に行くのは久しぶりだが、たしか小学校にはポスターの掲示板はなかったはずだ。

e0242504_08360731.jpg
うちの選挙区には6人も出てたのね。
全然選挙カー来なかったなあ。

小学校に着いたら、校庭には水が浮き、まさにCS第二戦の甲子園のようだ。

また、サンダルで来たことを後悔する。

台風接近ということで、雨がひどくなる前に選挙を済ませようと思った人が多いのか、朝7時過ぎでしたけど、結構人が来てました。

それでもそんなに混み合うこともなく、さっくりと投票を済ませ、帰宅。

ズボンのすそががっつり濡れて、サンダルもびしょびしょ。

このあと、タイミング悪く予約したCDが来てしまったので、図書館にも行かなきゃいけないんだが、サンダルはなしだな。

《What's The Title?》

e0242504_08433148.jpg
Come On Over/Olivia Newton-John

タイトルは、今日選挙に行ったときに聴いていた雨のプレイリストの中から、Oliviaの"Blue Eyes Crying In The Rain"。
今日は悪天候で、浮動票は減るでしょうから、泣いてる人はいるでしょうねえ。
青い目じゃないでしょうけどw
これは75年にWillie Nelsonがヒットさせた曲のカバーで、どカントリーなアレンジで、さわやかに歌ってます。
もともとカントリー系の曲もやってきた人なので、違和感なく歌ってて、いい感じです。
でも、こういうどカントリーな曲をやるのもこの曲が最後ぐらいになっちゃいましたよね。
このアルバムは邦題が「水の中の妖精」でしたけど、まさにタイトルで、Oliviaの美しさに魅了されたものです。
この5年後にレオタードを着て踊りまくるとは思いませんでしたけど。

[PR]
私が通ってるスポーツクラブティップネス氷川台店は水曜日が定休日。
ちゅうことで、仕事が立て込んだときは水曜日にやるようにしている。
ちょっとデスクワークがあったんで、11日の水曜日も頑張ろうかとちょっと早めに行って、気合を入れてやったら、意外と早く終わる。

e0242504_21040747.jpg
木、金は早く帰るつもりだったが、どっちも予定外の仕事でお残りになってしまい、先週に続き、水~金スポーツクラブ三連休。

e0242504_21050336.jpg
しかも仕事で疲れたので、家に帰ってから、夕食の時にサッポロ黒ラベル(いつもは第三のビールなんだけど、自分へのご褒美)やら秘蔵のアップルブランデー弘前なんかを飲んでしまい、アップルブランデー弘前はついに飲み干してしまった。

ちゅうことで、火曜日までに減らした体重はまた増加に転じてしまった。

冷たい雨が降る週末。

例によって、早起きしてネットをあれこれ眺めていて、You Tubeで最近TVKのBillboard Top40を見ていて気になっていた”Despacito"のプロモを見てたら、音源がほしくなって、iTunes Storeで購入。

昔は音源がほしいと、レコード屋に行って、500円とか600円とか払ってシングル盤を買っていたのに比べて、家に居ながらにして1曲250円とかで手に入ってしまうので、かなりハードルが下がっちゃう。

iTunes StoreでAAAの西島&宇野がデュエットする「美女と野獣」がチャートに入っていて、これもYou Tubeで見たらいい感じだったので、ついでに購入。

e0242504_21074150.jpg
そんな感じで始動した後、まずは1ヶ月に1回は行かなきゃいけない眼科へ。
天気もイマイチなんで来週に回そうかと思ったりしたんだが、行ったら来週土曜は休みだそうで、今日行っておいてよかった。

大混雑で半日仕事の名古屋の病院と違い、同じ検査が30分ほどで終了。

e0242504_21114776.jpg
帰りは図書館に寄ってから、ランチの調達。

いつもはベーカリージャンゴに行くことが多いんだが、今日は趣向を変えて、図書館の近くで、食べログで人気のまちのパーラーへ。

さすがに人気店だけあって、10時半という中途半端な時間なのに5~6人の行列。
e0242504_21153799.jpg
キッシュやらベーグルやらタルトやらを買い、4人分で4,000円近くといういい値段しましたが、味はなかなかのものでした。
パンもいろいろ売っているようなので、次はほかのものも試してみますかね。

ランチを終えて、午後はスポーツクラブでみっちり筋トレをやって、ランニングマシンを10kmちょっと歩きました。

土曜恒例の外食は、今日は娘2号も加わり3人体制。

e0242504_21235401.jpg
娘2号のリクエストでぶどうの根っこへ。

私は今年の2月以来二度目だ。

相変わらずの人気で、予約席だらけで、空席があまりなく、ぎりぎりで入店できた。

e0242504_21253871.jpg
まずは生中と梅酒とワインカクテルで乾杯して、料理をつまんでいく。

二度目だけど、どのつまみもおいしくて、ここの満足度は高いなあ。

e0242504_21285745.jpg
いつも予約がたくさん入ってて混んでるのもうなずけます。

最初はサラダとか生ハムとか、地鶏のカルパッチョとか食べて、季節もので、ナスとモッツァレラチーズの炙り焼きバルサミコソースなんていうメニューを食べつつ、私はとりあえず生のあとはハウスワインのデキャンタにしました。
デキャンタの形が徳利だよなあ。

締めというか本来の目的の食事用に、最後にチーズリゾットとクリーム系のパスタを頼みましたが、これもまたまいう~でした。

コスパも悪くないし、味もいいということで、今後もごひいきになりそうなお店でした。

ちゅうことで、午後にスポーツクラブで消費した分をがっつり補給してしまった感じですが、おいしかったから、とりあえずしょうがないかな。

《What's The Title?》

e0242504_17320751.jpg
Despacito & Mis Grandes Exitos/Luis Fonsi

タイトルは今朝衝動買いした"Despacito"にしました。
私はラップは基本的に嫌いなので、今のTop40ものを聴いていてもほっとんどいいとは思わないんだけど、この曲はプロモが楽しそうだし、ラテンのノリでなんかキモチいいんですよね。
Ricky Martinあたりにも近い気がします。
Gipsy KingsとかSergio Mendesとかラテン系の人で好きなアーティストはいるし、ラテン色が強ければ今のヒット曲でも大丈夫なのかもしれない。
ちゅうことで、iTunes Storeで1曲だけ衝動買いしただけなので、Luis Fonsiさんがどういう人かは全く知りません。
それにしてもいかにもラテン系の濃ゆい顔だなあ。

[PR]
三連休もあっという間に三日目。

土日ともに家からあまり離れずにすごして、ちょっともったいないなあということで、今日はかみさんとちょっくらお出かけ。

e0242504_18451953.jpg
行き先は池袋で、目的は手帳の調達。

いつもこの時期になると来年の手帳を売り出すんだけど、あまり遅くに行くと、かみさんが好きなデザインのものが売り切れてしまうものも出るので、なるべく早めに買いに行っている。

私は毎年東急ハンズ製の同じデザインの手帳を買っているし、品ぞろえが多いので、二人で東急ハンズへ。

私の東急ハンズ製の手帳は去年は東武百貨店のHands beで買ったんだけど、9月につぶれてしまったので、サンシャインのハンズまで行かないと買えない。

どっちにしてもかみさんの手帳は本家のハンズに行かないと見つからないから仕方ないか。

e0242504_18523906.jpg
手帳、カレンダーコーナーが特設されてすっかり年末モードに突入したハンズで、二人とも手帳をゲット。

私の手帳は今年はブルーとグレーの迷彩柄ですが、来年はシンプルにブルーにしました(っていうか今日は単色しかなかった)。

見本を見ると月ごとにわかりやすいように切れ込みが入ったインデックスが入るなどマイナーチェンジ。

お値段も1,900円+税で、また値上がりしたんじゃないかなあ。

e0242504_18572594.jpg
ハンズでほかにも買い物をして、お昼近くなったので、かみさんからずっとリクエストを受けていたTGI フライデーズへ。

実は去年の3月大阪のユニバーサルスタジオに泊りがけで行ったときに、夕食をここで食べたらかみさんが気に入ったんですよね。

e0242504_19034457.jpg
店内はいかにもアメリカンな内装にハロウィン飾り。

11時半ごろ入店したんでわりと空いてましたけど、30分もするとどんどん人が入ってきましたんで、タイミングはラッキーでした。

とくに中学生みたいな男女10人ぐらいの集団が後から入ってきましたけど、どう見てもマクドがお似合いの雰囲気でしたけど、ここはドリンクつけると2,000円前後になるんだが、お値段的に折り合ったのかなあ。

かみさんはアボカドベーコンバーガー、私はチキンフィンガーBLTをそれぞれ注文し、バカでかいアメリカンサイズのグラスでお替り自由のソフトドリンクをつけて、私はペプシNEXからのアイスコーヒー。

かみさんがバーガーをカットしてくれとオーダーしたら、両方ともカットされてきたので、半分ずつシェアしました。

e0242504_19154215.jpg
ハンバーガーは5日前に横須賀で食べたばかりだったので、私は違うタイプにしたんですけど、横須賀のバーガーと比べてもそれほど劣らない味だったので(バンズが横須賀の方がおいしかった)、かみさんは喜んでいたのでOKだ。

TGI フライデーズは、お会計もテーブルでやるアメリカ方式で、チップを渡さなきゃいけないかなって思っちゃいますね。

がっつりアメリカンフードを食べて満腹になったところで、娘どもに何かお菓子でも買って帰ろうかということになったんだけど、さすがに洋モノはもういいかなって気分だったんで、東武で和菓子を買いました。

なかなか秋らしいデザインですよね→

家には2時過ぎに着いたので、一休みしてからスポーツクラブへ。

先週後半の三日間で4㎏超の酒+ハンバーガー太りから、ようやくこの二日で1.6㎏戻したところなのに、今日は1皿で1,000カロリーをはるかに超えそうなのを食べちゃったからなあ。

e0242504_19245305.jpg
スポーツクラブではランニングマシンを10kmほど傾斜をつけて歩いて、今日のハンバーガーはチャラにしたぐらいの体重に収めてきました。

家に帰り、夕食。

ハンバーガーの腹持ちは抜群で、運動してきても全然腹は減らず。

夕食を終えて、和菓子タイム。

私は左の写真のハロウィンくんを選びました。
まあ私の化身みたいなものですからね。
見かけどおりかぼちゃあんをベースにした和菓子でした。

ちゅうことで三連休はあっさり終わり、明日から仕事だなあ。

テンション上げていきますかね。

《What's The Title?》

e0242504_18423673.jpg
Eye Of The Tiger/Survivor

今日のランチはどっぷりとアメリカンテイストでしたんで、なんとなくこの曲がタイトルに浮かびました。
"Poor Man's Son"という情けないタイトルのスマッシュヒットだけだったSurvivorでしたが、「ロッキー3」に"Eye Of The Tiger"が使われたことで、大した曲じゃないのにNo.1を獲得。
その勢いで、"American Heartbeat"もTop20ヒットになっちゃいました。
どっちも大したことなかったけど、その後にヒットさせた”High On You"とか”I Can't Hold Back"なんかはなかなかよくできた曲だと思うので、それなりに実力はあるバンドなんだと思います。
”American Heartbeat"で思い出すのは、ちょうど日本ではTVドラマ「スチュワーデス物語」が放送されている頃で、あの教官役の風間杜夫がドラマの中でこの曲をカバーして歌ってたんですよね。
♪踊ろよハートビート♪とか♪100℃でハートビート♪みたいな歌詞だったと思いますけど、テーマソングの麻倉未稀の「フラッシュダンス」の完成度には遠く及ばないトホホなカバーでした。

[PR]