カテゴリ:diary( 329 )

ゴールデンウイーク後半の4連休がスタートしました。

e0242504_18353798.jpg
と、いってもゴールデンウイーク前の週間予報では、低気圧の影響で、3~4日は大荒れの天候という話だし、谷間の二日も出勤して、ゴールデンウイーク明けも重たい仕事が待っているので、遠出しようといった気にもならず、とりあえず4連休初日の3日はとくに変わったことはせず、普段の土曜日のような生活をしようと考えてました。

ふたを開けてみると大荒れの天候も朝のうちで収まったので、まずは図書館へ。

e0242504_18363458.jpg
借りていたものを返却し、右のようなラインナップを借りました。

Christopher Crossの"Another Page"は日曜日ぐらいに突然「忘れじのローラ」を聴きたくなり、ネット予約したものだ。

「空飛ぶ広報室」はずっと読みたいと思っていたので、在庫があってラッキー。

e0242504_18404738.jpg
図書館から江古田方面をうろうろし、昼食用にジャンゴのパンを購入。

家に帰って、ちょっと早めにジャンゴのパンで昼食にして、いつもの土曜日のように筋トレフルメニュー+有酸素運動をするつもりで、スポーツクラブへ。

e0242504_18472843.jpg
筋トレエリアは土曜日だと12時から1時前後が空いているので、いつもその時間を狙っていくんだが、今日は土曜日より混んでるなあと思ったら、1時半を過ぎたら急にすいた。

やっぱいつもの土曜日とはみなさんの行動パターンが違うんですね。

そういえば、スポーツクラブの更衣室で小型のトランク広げてた人いたけど、直に旅行に行くのかねえ。

e0242504_18501357.jpg
このスポーツクラブにも入会して1年1ヶ月が経過したんだが、今月から入会の特典が消えてしまい、ウエアやタオルなどの無料レンタルができなくなった。

札幌や名古屋では普通に持って行ってたんだけど、一度楽になると荷物が重く感じます。

それと、スポーツクラブで筋トレしたあとに飲んでるプロテインを今月アマゾンで買った→

安かったんで初物をオーダーしたけど、そんなにまずくないし、これならOKだ。
札幌のインストラクターが言ってたみたいにときどききな粉を併用してみるかなあ(実際単身赴任中は生活費ねん出のために併用してた)。

予定どおりのメニューをこなして、風呂にも入り、4時前にスポーツクラブを撤収。

e0242504_19011497.jpg
スポーツクラブのあとはクリーニング屋。

この前の週末に冬物のスーツなどを出してた。

仕上がり日から3日以内に取りに行くと割引券がもらえるので、しっかりゲット。

こんな感じで、ほんとにいつもの土曜日のように4連休初日を過ごしました。

図書館、ジャンゴ、スポーツクラブなんかの写真は単身赴任中はよく使ってたけど、最近ルーティン化して使ってなくて、こうやって並ぶのは久しぶりだな。

《What's The Title?》

e0242504_18332612.jpg
Another Page/Christopher Cross

タイトルは図書館で"Another Page"を借りるきっかけになった「忘れじのローラ」。
1980年にアルバム「南から来た男」でデビューして、大ヒットを連発した上に、グラミー賞まで総なめにする大活躍だったChristopher Cross。
1981年には映画主題歌「ニューヨークシティセレナーデ」までNo.1になり、ものすごいプレッシャーの中で出されたのが、このセカンドアルバムでした。
待望のファーストシングル"All Right"はなんとHot100で29位に初登場しましたが、伸び悩んでTop10入りを逃し、次の"No Time For Talk"も33位で討ち死にし、不発に終わってしまいました。
このアルバムからTop10ヒットはなしかと思っていたら、この「忘れじのローラ」がテレビドラマ(何のドラマでしたっけ?)に使われて、アルバム発表の1年後にヒット。辛うじてTop10入り。
でも、まさかこの曲が彼の最後のTop40ヒットになるとは思いませんでした。

[PR]
今週は飲み会が多かった。

まずは月曜日。

会社で年2回のイベントがあり、そのイベントで集まった同期連中と飲み会。
イベント自体も飲み会付きなんだけど、そっちは立食でさっくり終わり、二次会ってことになるんだが、まだ月曜だし、生のあとはハイボールを数杯でフィニッシュ。

お次は水曜日。

e0242504_04391132.jpg
小学校以来の友人Hくんが仕事で東京に来るというので、丸の内oazoの初代豚屋で。

Hくんとは熊本勤務時代以来だから、ほぼ10年ぶり。

e0242504_04431219.jpg
お互いの近況やHくんの20kgオーバーのダイエットなどいろいろな話に花を咲かせつつ、あまり飲めないHくんを尻目に、アル中おじさん(今これを言うと社会的に厳しい批判を浴びそうだが、とりあえず未成年に悪いことはしていない)は、生中、ハイボール、日本酒の利き酒セット(写真左上の三種だったが、写真右のおちょこだったので、ちょっと量が足りなかったなあ)、赤ワインとちゃんぽん。

e0242504_04492047.jpg
Hくんにはおみやげまでいただく。

我々が小学校時代を過ごした福岡県飯塚市のさかえ屋の「なんばん往来」。

このお菓子自体は初めてだが、ここのお菓子屋さんのケーキが好きで昔はよく買っていたし、当時からあった餅入りのもなか「すくのかめ」も健在のようで何より。

e0242504_04505271.jpg
いただいた「なんばん往来」は家族にも好評で、水曜の晩に右の写真のような売れ行き。

Hくんは鉄道ファンで、水曜日の夜行特急サンライズ出雲に乗って帰るということで、一軒だけで終了。

Hくんの話を聞いてたら、九州に遠征したくなってきたなあ。

また会おう。

今週三度目の飲みは木曜日のKenny's Night。

e0242504_05001803.jpg
四度目の参戦で、舞台である四谷三丁目にもだいぶ慣れてきたので、まずは夕食兼時間調整で一度行ったことがあるガストへ。

ここで考えを巡らせて、「まずはビール」をやめて、いきなり赤ワインのデカンタを注文。

ビールだとそれなりのペースで飲まないと温まって味が落ちちゃうってことであまり時間はつぶせないし、あとでトイレも近くなるし、一杯だけでは我慢できなくなるから、チャレンジしてみた。

e0242504_05070329.jpg
食事中からちびちび飲み始め、食べ終わってからも、重松清を読みながら、ちびちびやり、デカンタ1杯(公称500cc)で1時間半ほどの時間調整に成功。

一人で時間調整するときはこの手は使えるな。

8時頃、ガストを出て、会場の荒木町を目指す。

e0242504_05092178.jpg
相変わらずディープな町並みで、ちょっと気になる店もあったりする。

時間によってはこっちの店もチャレンジしてみるかな。

今回もニャロメさんといっしょで、オリコン洋楽チャートというエグい企画

意外な曲が上位にいたりして(なんだかんだ言って、70年代は洋楽のシングル売れてたんですね)、予想に反してかなり上品な選曲で、また楽しませてもらいました。

会場の1929では、ハイボールとハーパーのロック。

週三日の飲みで、スポーツクラブには火曜日しか行けてないので、着実に太って、金曜朝には体重が74㎏台に突入してしまったので、ゴールデンウイーク前半は、まずは運動だな。

《What's The Title?》

e0242504_05185863.jpg
Bridge Over Troubled Water/Simon & Garfunkel

タイトルは木曜日のKenny's Nightで登場した日本で売れた洋楽の中からサイモンとガーファンクルの「コンドルは飛んでいく」。
そういえば、アルバムタイトルの「明日にかける橋」は出てこなかったけど、こっちの方が売れたのかなあ。
おなじみのアンデス民謡(でしたっけ?)をフォーク調にアレンジした曲ですけど、こういう哀愁の世界は日本人の感性には合うんでしょうね。
当日も日本人は「悲しき天使」とか「悲しき鉄道員」みたいなマイナー調の曲が好きだというのも話題になりました。
そういえばこの曲でポールサイモンはちゃっかり印税を稼いでいるとか「サウンドオブサイレンス」に勝手にエレキギターとドラムを入れてアレンジされてポールサイモンが激怒したとかいった話も出ましたねえ。

[PR]
18日水曜日。

懸案の仕事が一段落し、来週は大変だが、今週は動かないことが確定し、19日のスケジュールがぽっかり空白。

そうなるともとより仕事は嫌いだし、会社からは年間に一定の日数休暇を取るように言われているので、休んじゃおうかという気になり、昨日午後手続きして、急遽今日は休み。

休むにあたって、かみさんのスケジュールを確認したら、午後は空いているというので、ちょっと帰りは遅くなるが今旬のイベントを空いてる平日に見に行こうという話がまとまる。

休み当日。
かみさんのスケジュールに合わせて、午前中にスポーツクラブに行って、7kmちょっと走り、4kmほど歩いて、風呂に入って12時前に帰宅。

かみさんと昼食して、出撃。

最寄りの新桜台駅に着いたが、なぜか駅入り口にチェーンが。
工事でもやってるのかと思ったら、練馬駅で人身事故があって、西武有楽町線が止まっているとな。

え~

今日の行き先はちと遠いので、ネットで現地までの乗り換え時間を調べ上げて、満を持してこの時間に来たんだが・・・

ここから小竹向原に歩き、スマホで次善策を検索することもできるんだが、二人ともここで気持ちが折れてしまい、帰宅。

e0242504_17275452.jpg
家への帰り道に、かみさんと話をして、ある願掛けをしに神社に行きたいという話になり、ネットで検索した結果、飯田橋の東京大神宮に行くことにした。

再度出撃し、小竹向原から有楽町線で飯田橋へ行き、2時過ぎに東京大神宮へ。

e0242504_17311184.jpg
伊勢神宮の東京のお社だそうですけど、大神宮という割には小さな神社でした。

しっかり願掛けしましたけど、ご利益はどうでしょうねえ。

e0242504_17360705.jpg
飯田橋駅に戻る途中に、青森県のアンテナショップあおもり北彩館を見つけたので立ち寄ってみる。

県のアンテナショップって、熊本もそうですけど、銀座とか日本橋に頑張って出してますけど、青森県の飯田橋って商売っ気なさすぎるよなあ。

県に予算がないのかなあ。

弘前時代に目にしてきた懐かしい品々が並ぶ中、日本酒コーナーを覗いたら、なんと豊盃がある!

e0242504_17430234.jpg
入荷量が少ないんで、1人1本までだそうで、1升瓶にするか迷ったんだけど、かみさんが横で白い眼で見ているので、四合瓶で我慢。

かみさんに理解があれば、1升と四合をそれぞれ並んで1本ずつ買うんだがなあorz

それでも先代社長との思い出のある鰺ヶ沢の名酒安東水軍の赤ラベルも合わせて買ってハッピー!

メンバーズカードも作っちゃいました。
また来ますね。

まだ時間も早いので、神楽坂の方にも行ってみました。

弘前へ転勤する前は茅場町に通っていたので、飯田橋は乗換駅で毎日通っていたのに、全然町は歩いてなかったんですよね。

e0242504_17504647.jpg
でも飯田橋駅から神楽坂を上るとおもしろそうな店がたくさんありますね。

今日は坂の入り口の「のレン」を眺めて、五十番で肉まんを買って、パン屋を冷かして、のどが渇いたので、椿屋に入って水出しアイスコーヒーをいただくという駆け足コースでしたけど、おもしろそうな店が多いし、とくによさそうな飲み屋があるので、ゆっくり時間をかけて歩きたいところですね。

ちゅうことで、当初予定とは大幅に変わってしまいましたが、それなりの収穫があった突然の休日でした。

《What's The Title?》

e0242504_17573366.jpg
Difficult To Cure/Rainbow

せっかく遠出のプランを立てたのに、ここで電車止まるかーということで、タイトルは"Can't Happen Here"。
このアルバムからは日本では”I Surrender"が大ヒット。
ポップ路線に寄せてわかりやすい曲だったですからねえ。
つづいて日本でシングルカットされたのがこの"Can't Happen Here"で、"I Surrender"の余勢をかってそれなりに話題になりました。
これもわかりやすい曲で、曲だけ聴いたら当時はやっていた産業ロックとかわらんよなあ。

[PR]
早いもので4月になり、久しぶりの東京の自宅生活も2年目に突入した。

毎朝のルーティンとか、スポーツクラブの曜日ごとのメニューとか、それなりに生活ペースはできてきたかな。
家族がいる生活は久しぶりなので、気ままに何でもやれる感はないですねえ。

そんな4月だが、わが社でも新年度の人事異動があったんで、さっそく歓迎会がスタート。

3月の送別会はなぜか3月19日の週に集中したんだが、歓迎会の方は、4月3日〈火〉にスタートし、そこから6日(金)、9日(月)、12日(木)と3の倍数の日に中2日で続くローテーションになった。

そんな歓迎会第二弾の6日(金)は、いつも二次会付きでディープにやるメンバーで、丸の内の居酒屋を二軒はしごしてディープに終了。

e0242504_15360294.jpg
ということで、土曜日はしっかりアルコールが残り、体重も73㎏と酒太り。

昼頃にはすこしアルコールも抜けてきたので、スポーツクラブへ行って、土曜のルーティンの筋トレと有酸素。

e0242504_15413080.jpg
夕方にはビールぐらい飲めそうな体調だったけど、自重。

日曜日は午前中にスポーツクラブに行き、有酸素のみ。

桜は終わったけど、いろいろな春の花が咲き誇り春爛漫という感じですね。

天気がいいし、ちょっとこまごまとした用事もたまっているので、午後から江古田方面へちょっと出撃。

iPhoneにヘッドフォンを差し込んで、春のプレイリストを聴きながらのお散歩。

e0242504_15450192.jpg
まず図書館で本とCDを返却し、コンビニで娘2号の年金を支払う。
1年分払うとインパクト大の金額だが、分割で払うと忘れそうで面倒だからなあ。

その後、まいばすけっとに寄って買い物して、江古田駅の方へぶらぶら。

e0242504_15470359.jpg
だいぶ店も入れ替わったよなあ。

そういえば、かみさんがお茶っ葉を買いたいと言っていたのを思い出し、江古田市場通りの方を通ってみたが、日曜日はほとんどの店がお休み。

そうだったけかなあ。

そういえば、市場通りの名前の由来になった江古田市場もなくなって久しいなあ

市場通りからハックドラッグへ回り、トイレットペーパー、箱ティッシュ、花粉用マスクを買ったが、トイレットペーパーと箱ティッシュはシールのみで袋に入れないということで、荷物が両手いっぱいになってしまい、ぶらぶらするにはちとつらくなってきたので、そのまま帰宅。

ちょっと風は冷たかったけど、いい散歩だったかな。
これで花粉が飛ばなきゃいいんだけどなあ。

《What's The Title?》

e0242504_15331922.jpg
Change Of Heart/Eric Carmen

タイトルは今日の散歩に使った春のプレイリストから"Hey Deanie"。
作ったのはEric Carmenですけど、先にこの曲を世に出したのはShaun Cassidyで、彼にとっては2枚目のTop10ヒットになりました。
ちなみにその前のヒット”That's Rock'N'Roll"もEric Carmenの作品でした。
いかにもアイドルポップという感じの明るく軽快な曲で、ヒットするのも納得ということで、私も大好きです。
Eric Carmenのバージョンは1978年の終わりに発表されたこのアルバムに収録されましたけど、アカペラでビーチボーイズ風のコーラスをかぶせて特徴を出してます。
どちらのバージョンも春におススメです。

[PR]
3月最後の日曜日。

e0242504_18531959.jpg
昨日予約していたEd Sheeranの”×"が来たので図書館に取りに行ったんだが、その時に図書館のそばの桜がかなり満開に近かったので、今朝は近隣では最大の桜の名所である石神井川に見に行ってみた。

満開ではないけど8分咲きといったところですかね。

e0242504_18555152.jpg
ここの桜は川面にせり出してるんですよね。

引越して来てからチャンスがあれば見にきてるけど、単身赴任中はなかなかタイミングが合わなかったんだよなあ。

この時期は花粉症でつらいんだけど、頑張って見に来る価値はあります。

プチ花見の後は、娘2号が買い物に行きたいというので、かみさんと3人で入間のアウトレットへ。

最近入間へ行っても不発が多くて、アウトレットに用事があるときは越谷に行くことが多くなってきていて、不発だった7月以来の入間遠征。

e0242504_19044647.jpg
まあ今回は娘が洋服を買いたいということで、洋服のアウトレット店は入間の方が多いので、入間にしたわけです。

いつもは開店時間に間に合うように出かけるんだが、今日は10時半ごろ現地に到着し、すでにかなり混雑している状態。

e0242504_19101357.jpg
とりあえずちょっとだけ買い物して、レストランがオープンする11時にはレストランに移動。

我が家御用達のビュッフェレストランBuffet the Forrestへ。
e0242504_19122834.jpg
今日の混み具合だと早めにいかないとまずそうだと思って11時過ぎに行ったんだけど、案の定すぐにウェイティングになりました。

前回品川プリンスで食べすぎたのを教訓にやや抑えめにいただきましたが、これでまた太っちゃうかなあ。

昼食後は本格的に買い物。

婦人服の店は狭いところが多いけど、女性でごった返して居心地が悪いので、服選びはかみさんと娘に任せて、店の外で待つことが多い。

ここのクレジットカードは私名義なので、支払いの時だけは私が入るという繰り返し。
もっともアウトレット内の買い物はサインレスなので、私じゃなくてもいいのかもしれないけど・・・

e0242504_19184592.jpg
いつものごとくかみさんと娘の買い物がほとんどだったけど、最近通勤用の靴がくたびれてきたので、ちょっとリーガルにもよらせてもらう。

入間に来るとリーガルによることが多かったけど、サイズがそろってなくて空振りすることも多かったが、今日はいつも通勤に使ってるタイプの靴があったので、即ゲット。

今日はちょうど決算セールをやっていて、2足買ったらさらに割引だったんだが、革靴は重いし、ほかにはこれといったものもなかったので、1足だけにしたが、それでもデパートで買うのに比べたら5~6,000円ぐらい安いので、これだけで三人分の交通費は元が取れちゃいました。

そういう計算ばっかりしてるんで、家族には貧乏くさいって言われちゃうんだけど・・・

そんなこんなでクレジットカードを駆使してがっつり買い物してしまいました。

請求月が怖い。

《What's The Title?》

e0242504_18473682.jpg
×/Ed Sheeran

今日のタイトルは図書館に予約して借りたEd Sheeranのアルバムから一番ヒットした曲"Thinking Out Loud"をタイトルにしました。
最近TVKの”Billboard Top40"を見てますけど、Ed Sheeranが今のアメリカで大ヒットを飛ばしてるのって不思議に感じます。
この曲も極めてシンプルなポップチューンで、違う時代ならそれなりにヒットするのもわかりますが、なぜ今ウケてるのかなあ。
歌詞も普通のラブソングだし、ビジュアルがそんなにかっこいいわけでもないしなあ。
ちなみにEd Sheeranという名前を聞くとどうしても昔の「ハゼドン」というアニメとそのテーマソングを思い出すんですよね。
♪シーラン、プーヤンどどんとこい どどんとハゼドン、ハゼハゼドン♪

[PR]
今週は送別会ウィーク。

わが社は4月に人事異動があるので、3月に送別会をやるわけだが、なぜか今年は最終週に送別会はなくて、今週は火・木・金と営業日ベースで行くと三連投。

で、一発目の火曜日は、大手町だけで三軒はしごしてしまい、水曜日はアルコールがディープに残っている状態。

休みでよかった。

e0242504_05475147.jpg
水曜日はスポーツクラブも定休日だったので、かみさんと懸案の買い物をしようという話をしていた。

みんな起きるのが遅くて、10時頃遅い朝食をとり、昼頃出かける。

外へ出たら3月とは思えない冷たい雨。
これじゃ咲き始めた桜も寒かろうに。

買い物は我が家御用達の池袋東武へ。

最大の懸案は姪っ子への就職祝いだったんだが、これを最初に片付け、次に先日のハワイ旅行で娘がトランクを破壊してしまったので、後継機を見に行ったんだが、店員さんにいろいろ聞いていたら、ちょうどサンクスフェアやらお得な特典やらがあるのがわかって衝動買い。

いつかは使おうと思っているので、お得に手に入ってよし。

e0242504_05551333.jpg
そのあとトランクと同じフロアで火曜日に酔っぱらってなくしてしまったので、私用のかさを買い、8階の催事場へ。

パン展と春のお弁当展というのをやっていたんだが、天気が悪いし、週の真ん中の祝日ということもあって、すごい人出。

いたるところに長蛇の列ができてました。
やっぱ東京はすごいねえ。

e0242504_05574875.jpg
ここで夕食用の佐世保バーガーやら朝食用に京都のデニッシュ食パンなどを購入。

ついでも家からそう遠くない上板橋においしそうな(ちょっと値段は高そうだが)サンドイッチ屋があることも発見。

ここはいつでも行けるから、今度直接店に行ってみよう。

3時ごろにはひととおり買い物を終えて、帰路につきましたが、最寄り駅を降りると外は雪が降ってました。

3月なのに、弘前みたいだねえ。

《What's The Title?》

e0242504_06034648.jpg
Anthology Of Bread/Bread

昨日はパンをたくさん買いましたんで、タイトルはBreadの曲から、私が最初に彼らを知ることになった「愛のかけら」。
この曲は1977年に彼らにとっては最後のTop40ヒットとなったわけですけど、あとから彼らの歴史をたどってみると、この曲を出す前に一度David Gatesはソロになったりしてるんですよね。
たしか当時は再結成みたいなことも言われてたかなあ。
結局この曲はヒットしたけど、その後Bread名義のヒット曲はなく、翌年にはまたDavid Gatesがソロでヒットを出すというわけのわからん展開になりましたが、この曲はじつにBreadらしい繊細で美しいポップチューンでした。

[PR]
歳はとりたくないもので、最近テレビを見ていても露骨なお涙頂戴的なものにも引っかかって、涙することが多くなってきた。

e0242504_15554178.jpg
昨日も録りだめしてた番組を見たんだが、2週前の「99.9」の木村文乃の弟の話にもあっさり引っかかってしまったし、「激レアさん」でも甲子園7戦連続初戦敗退の監督の話でも最後はウルっときてしまった。

そして、今の季節花粉症でも涙を流すことが多い。

ぼちぼち梅もいい感じで咲いてきたから、これから桜の季節まではつらい花粉症生活だなあ。

そんなわけであまり外に出たくないシーズンを迎えたんだが、娘2号がハワイ旅行で実家にも土産を買ってきたので、娘2号を連れて実家へご機嫌伺いに。
私一人で行くより、孫を連れて行った方が圧倒的に機嫌がいいですしね。

e0242504_16062703.jpg
いつものように池袋でランチを買ってから向かうって話をして、図書館に用事があるんで先に出て合流する話にして出かけたんだが、よく話を聞いていなかった娘が最寄り駅から逆方向に乗るチョンボをしてロスタイム。

結局池袋で待ち合わせて、美濃吉の弁当といちご大福を買って実家へ。

e0242504_16433428.jpg
正月以来の孫の訪問に両親は喜び、それだけで親孝行した感じですね。

今日は3月11日ということで、テレビでは震災についての番組も多くて、いろいろ思い出して、これまた涙腺に来ました。

震災の日、中学生で学校まで迎えに行った娘も大学4年だもんなあ。

ランチをしながら2時間ほど実家に滞在し、帰路へ。

家へ戻る西武線の元町中華街行きは、14時46分発。

偶然だけど、ちょうどあの時間かあ。

娘とそれを話しながら家に帰りました。

《What's The Title?》

e0242504_15582360.jpg
No Brakes/John Waite

この週末は花粉症やら何やらで涙を流すことも多かったので、タイトルは単純に"Tears"。
1977年になんとラジオ関東の全米トップ40で邦題を募集するという企画で「恋のチャンス」という邦題をひっさげてデビューしたThe Babys。
「恋のチャンス」はTop40入りはしなかったけど、次のアルバムからは「愛の出発」がTop40入り。
その後も何曲かヒットを飛ばし、晩年にはのちにJourneyに加入するJonathan Cainも在籍するなどそれなりに話題になった。
デビュー当時結構ビジュアルもよかったんで、「ミュージックライフ」でもアイドル的な取り上げ方をされてました。
そのリードボーカルJohn Waiteだが、なんとソロになって"Missing You"がNo.1に。
当時は映画とのタイアップが多かったけど、この曲はそういうのなしですからね。
ただ大ヒットしたポリスの「見つめていたい」にそっくりでしたけど。
”Tears"は”Missing You"に続くシングルで、ぬるい前作に比べると、かっこよくロックしていて、私はこっちの方が好きだったんですが、あまりヒットはしませんでした。
彼も大ヒットは一発だけかと思ったら、なんとこのあとBad Englishでも成功をおさめます。
John Waite侮れません。

[PR]
無謀な旅行に出ていた娘2号が昨日帰ってきた。

海外旅行に出るにあたって、我々夫婦が使っていたトランクを貸してやったんだが、車輪や取っ手を破壊するというお約束芸をやって...

e0242504_18472837.jpg
成田から運ぶのが困難な状態だったそうで、トランクは今日宅配で家に届いて、おみやげをもらっちゃいました。

行き先はハワイだったので、Tシャツをオーダーしてたんだけど、素直にオーダーどおり。
1枚はABCストアで買ったそうで、そのあたりがいかにも娘2号らしい。

でも、娘のおみやげというだけでありがたさはmaxだ。

ありがとね。

無事に帰ってきたので、今日のランチは、娘2号も大好きで、我が家の定番になりつつある石神井公園の美登利寿司

e0242504_18564312.jpg
ランチに出かける前にスポーツクラブでちゃんとトレーニングしてきたので、回転寿司にビールもつけちゃいました。

今日のおすすめの炙りトロ(右の写真の赤い皿)、しまあじ(下の写真の緑の皿)をいただきつつ、定番のいわし(右の写真の白い皿。100円という驚きのコスパです!)、あじ、しめさばなどをいただき、あいかわらずのまいう~。
e0242504_19095118.jpg

娘2号も大喜びでした。

ちゅうことで、無事に帰ってきたのはいいんだけど、やっぱり生まれついての天然振りは健在のようで、荷物をチェックしたら、みやげの買い忘れがあったそうで、罰当たりなことに、今日すし屋から帰って通販で手配してました。

そして無謀な連続旅行が終わったばかりですが、月内に泊りの旅行を3本と、日帰り旅行を1本予定しているそうだ。

無謀は終わらない。

《What's The Title?》

e0242504_18442498.jpg
Absolutely The Best/The Zombies

タイトルは娘が帰ってきたので、そのまんま"She's Coming Home"。
"Time Of The Season"やSantanaのカバーでもヒットした"She's Not There"、Juice Newtonもカバーした”Tell Her No"の大ヒットを持つ彼らですけど、この曲は65年に58位までしか上がらなかったということで、かなりB級色の濃い曲です。
ヒットした3曲に比べるとまったくおもしろみのない曲で、これじゃヒットしないよなあ。

[PR]
最近我が家の話題の中心は娘2号の無謀な連続旅行。

なにしろ運転免許合宿から帰った翌日に海外旅行に出るというむちゃくちゃな日程。

しかも免許合宿の地は真冬の山形。
当然西の方にも候補地はあったらしいが、動き出しが遅くて山形しか空いてなかったという話。

同じ山形県で合宿免許を取りに行って(ちなみに私は真夏)、卒検で落ちて3日ほど延泊させてもらった私としては大いに気をもんだが、なんのことはなく、仮免も卒検も一発合格して、予定どおりに月曜日に帰ってきた。

会社でランチの時にみなさんと交わした会話によれば、今は少子化で教習所の生徒も少なくて、教官も親切で、あまり落ちる人もいないらしい。

もし落ちてれば、運転免許の実地免除か海外旅行かどっちかパーになるところだったので、とりあえずホッとした。

娘は現地で温泉宿に宿泊し、地元の人にも親切にしてもらって、すごく楽しかったそうだ。

それはそれでいいんだが、山形に出かける前に、海外旅行の準備が皆無であることが判明。
結構フォローが大変だった。

① クレジットカード手続き:私が付き添い

② トランクの準備:かみさん

e0242504_19555411.jpg
③ ESTA手続き:かみさんと私

④ ドルへの両替:私

⑤ 変圧器購入:かみさん

⑥ 海外傷害保険手続き:かみさんが調べて本人に手続させる

⑦ もろもろの買い出し:かみさんと私

などなど、われわれがフォローしなければ、旅行に行くことはできなかったはずだ。

そんな我々の苦労はどこ吹く風の娘だが、山形の土産に地酒を買ってきた→
それもちゃんとリサーチしてうまい酒を買ってきたそうだ。

さっそく娘が帰ってきた月曜の夜と今日の夕食でいただきました。

純米酒なので、大吟醸のような淡麗な切れ味はないけど、フルボディで日本酒らしい味わいのあるおいしい日本酒でした。

旅行準備に対してはいろいろ不満はあったわけですが、お酒一本ですっかり機嫌を直してしまったダメおやじ。

娘は昨日無事に海外へと旅立ち、LINEによれば無事に現地に着いたようだけど、果たしてどうなることやら。

《What's The Title?》

e0242504_19415625.jpg
Third Stage/Boston

娘の旅行でしたけど、あれこれかみさんと二人で準備しましたんで、タイトルは"We're Ready"。
1976年に衝撃的なデビューを飾ったBoston。
のちの産業ロックのさきがけのようなサウンドに私はコロッとやられて、めちゃ好きで、1枚目と2枚目のアルバムは文字通りすり切れるほど聴いたんですが、このサードアルバムまでが長かった。
なにしろ曲の途中のギターソロから聴くと℃の曲かわからないぐらいのワンパターンでしたから行き詰っちゃったんでしょうね。
で、結局8年ほどのブランクを経て届けられたこのサードアルバムですけど、ワンパターン路線は踏襲してるけど、ちょっと違う的な中途半端なサウンドで、少なからず失望しちゃいましたが、なぜかファーストシングルの"Amanda"が彼らにとって初のNo.1シングルになりました。
"We're Ready"はつづくセカンドシングルで、彼らとしては初の1枚のアルバムから2枚目のTop10シングルという快挙になりましたけど、私個人の好みとしては不満のある"Amanda"よりも落ちるかなあといったところで、このアルバムからのシングルでは次の"Can'tcha Say (You Believe In Me)/Still In Love"が一番好きだったりします。

[PR]
週の初めから始まった体調不良でKenny's Nightをパスした木曜日から一夜明けて、金曜日は休み。

わが社はホワイトなので、1年間に取らなきゃいけない休みというのがあって、年度末が近づいてきてまだ残っているので、仕事の谷間で休みを取ったわけだ。

ほんとは12日(月)が祝日で、3日出勤してまた休んじゃうと、仕事嫌いな私は出勤意欲を大きく減退させてしまうから、金曜日は休みたくなかったんだけど、ここでえり好みをしてると先々選択肢が狭まってしまうので、やむなし。

結果的には体調不良でおなかに違和感があるので休んでよかったかな。

休みの金曜日、12月、1月とKenny's Nightに参加してみて、「Rod Stewartのランキング」「Phil Collinsのランキング」「最高位11位の曲のランキング」なんてネタを聴いてると、だんだん悪い虫が騒ぎだしてきた。

もともと私はヒットチャートオタクで、チャートのデータを集計してランキングを作るのも好きで、学生時代はヒマに任せて手作業でちまちまやっていた。

社会人になりたての頃、エクセルが全盛になってきて、手作業でやっていた計算やソートがあっという間にできちゃうのがうれしくて、今はなき銀座の洋書屋さんイエナやアマゾンでチャート本を買ったりして、エクセルでデータベースを作ったこともあったが、仕事やら単身赴任やらで、最近はそういう世界とは無縁になっていた。

e0242504_06164310.jpg
部屋の隅の本棚にあったそれらのJoel Whitburnさんの洋書を引っ張り出してみる。

どの本も重いので、最近は単身赴任先にも写真右側のAnnualしかもって行ってなかったなあ。
そういう意味では、大阪に遊びに行ったとき、かめさんにいただいたCDロムは役に立ってました。
あらためてthanksです。

e0242504_06245808.png
かみさんと調整しないで休みを取って家で一人だし、体調不良でがっつりスポーツクラブへ行くわけでもないし、時間があるということもあって、眺めているとどんどんオタク心が刺激されてきて、ついにエクセルにデータを入力し始めてしまった。

あらためてBillboardのチャートデータを見てると目が衰えたことを痛感。
70年ごろのチャートはメガネをかけてもアーティスト名が見えない。

e0242504_06332323.jpg
ちゅうことで、この三連休は平昌オリンピックそっちのけで(ところどころ見てますけど)、チャート三昧な日々。

スポーツクラブの方は、風呂替わりということもあるので、軽めのメニューをやって風呂に入って帰ってくる。
行き帰りに町を歩いてると日差しはだんだん強くなってきて、梅が開いてきましたね。

土曜の朝は、無謀な免許合宿+海外連続旅行の第一弾で、今東北で雪の中教習中の娘2号の海外旅行の方に手続しなきゃいけない話が持ち上がり、かみさんと二人でバタバタ。

段取り悪すぎ。
ESTAなんて手続き初めて知りました。

土曜夜は恒例の外食だが、夕方から風が強くなってきて寒そうなので、家の近くで気になってたけど、ネットにも情報がなくて謎の松乃実へ行ってみることにした。

e0242504_06434770.jpg
ビルの半地下のような立地で店内も見えなかったんだが、入ってみるとカウンター5席ほど+4人掛けの小上がり二つと意外と狭い店内。

長崎県の島原に縁があるのか、長崎や島原関連のメニューがあったりするし、家庭的なメニューも多い。

e0242504_06480086.jpg
ほうれん草とリンゴの白和えや、いわし明太、カキフライ、レンコンまんじゅう、さばの竜田揚げといったメニューをいただいたがなかなかまいう~。

e0242504_06521532.jpg
店が狭くて、普段はそれほどお客が来ないのか、親子三代と思しき三人だけでオペレーションしてるんだが、なぜか昨日は我々含めて三組もお客が入ってしまい、てんてこ舞いのようで、オーダーが出てくるのに時間がかかってしまいました。

しめは皿うどん。

ちゃんとウスターソースと酢がオプションでついてくるのも長崎風でした。
具だくさんでまいう~。

寒かったし、体調もイマイチだったので、生中の後、麦焼酎のお湯割りをちびちびやったこともあってお勘定もリーズナブルで、これならリピートもありだな。

《What's The Title?》

e0242504_05584349.jpg
Double Vision/Foreigner

この週末はチャートオタクの血がヒートアップしちゃったので、タイトルは”Hot Blooded"。
1977年に「衝撃のファーストタイム」(時代を感じさせる邦題だなあ)でデビューしたForeigner。
適度にポップでわかりやすいロックというのがウケて、大ヒットを飛ばした後のセカンドアルバム。
デビュー作の延長線上で無難にやったらちゃんとヒットするという王道パターンで、しかも手を抜かずそれなりのクオリティの曲をそろえたのがヒットの要因で、この曲も彼らにとって初のTop3入りになりました。
この曲もわかりやすいロックという路線は健在で、ヒットも納得というところですね。

[PR]