Walk Like An Egyptian

サッカーワールドカップ始まりましたね。

e0242504_04301085.jpg
今大会は私がご贔屓にしているオランダが出場を逃してしまってかなりモチベーションは低かった。

日本国内をみても、サッカー協会が直前にハリルホジッチ監督をクビにして、ベテラン中心のチーム構成にするという暴挙に出て、完全に盛り上がりを欠いたままの開幕となった。
日本が出場したワールドカップで、これだけ世間が盛り上がってないのって初めてですよね。

しかも14日の開幕カードが、出場国の中で世界ランキングがブービーとブービーメイカーの対戦という興味を惹かないカード。
木曜の午前0時試合開始で、生で見れば絶対翌日の仕事に差し障るし、家に帰ってきてしまい(前回のブラジル大会は北海道で見てたんだなあ)、テレビも自由に見られないので、録画しても見るのに難儀するしということで、開幕カードは完全にスルー。

e0242504_04442770.jpg
15日金曜日夜、ウルグアイーエジプト戦は午後9時開始という見頃な時間帯で、たまたま我が家のテレビも空いていたので生で見たんだが、堅守速攻のチーム同士でしまったゲーム。
セルヒオラモスの暴挙(あれはひどかった)で絶対的なエースサラーが故障してしまったエジプトでしたけど、サラーをベンチに入れて、出すぞ出すぞとカードをちらつかせながら上手く試合を運んでいたけど、終了間際のセットプレーから試合巧者の南米ウルグアイが決勝点をもぎ取るという見ごたえのある試合内容で(スアレスは相変わらずの悪童ぶりだけど、カバーニはいい選手になったなあ)、おじさんの心に火がついちゃいました。

もともとはこのブログでも順位予想をするぐらいの熱はあるので、火がついてしまうと始末が悪い。

ウルグアイーエジプト戦を見たあと、11時半ぐらいに寝たんだが、睡眠障害な私は翌朝4時頃一旦目覚める。

二度寝すれば眠れた感じだったが、ポルトガルースペインという豪華なカードをやっていることを知っていたので、起きることにして、後半途中からだったが、両チームの3点目は生で見ることができた。
どっちもすごいゴールでしたね。

おかげで土曜日は一日中眠かったけど、ワールドカップあるあるだ。

土曜夜も家族を拝み倒してフランスーオーストラリア戦を観戦。
引き分けで御の字だったオーストラリアもよく守ってたけど、ゴール前で不用意なハンドをしてPKで追いつかれたフランスがここ一発での集中力を発揮して勝ちきる。
フランスはエムパペをはじめとした若い力が魅力的なチームですね。
今大会から採用されたビデオ判定やゴールラインテクノロジーの威力も感じられた試合でした。

やっぱワールドカップはいいねえ。

《What's The Title?》

e0242504_04384329.jpg
Different Light/Bangles

古豪ウルグアイ相手に善戦して、あわやサラー抜きで引き分けかという試合運びをしたエジプトに敬意を表して、エジプト関連のタイトルということで、Banglesの”Walk Like An Egyptian"をタイトルにしました。
1986年に"Manic Monday"が大ヒットしてスターダムにのし上がったガールズバンドBanglesですけど、その前に市場開拓したThe Go-Go'sと同路線でしたけど、ビジュアルも音楽もThe Go-Go'sより洗練されていたように思います。
この曲は彼女らにとって最大のヒット曲になるわけですけど、大嫌いなPrince作だったけど大好きだったデビューヒット”Manic Monday"やもう1曲のNo.1ヒット"Eternal Flame"と比べるとかなり落ちるというのが私の評価です。
結局プロモでやってたヘンテコなエジプシャンダンスがハマったイロモノ的なヒットじゃないですかねえ。

[PR]
by falling7813 | 2018-06-17 05:05 | football | Comments(0)