Island Magic


ゴールデンウイーク後半の4連休は遠出をしないと決めたんだが、さりとて家でじっとしてるだけではもったいない。

4日(金)は午後から娘2号のスケジュールが空いていたので、二人で実家に顔を出す。
両親も歳なのでねえ。

そして、4連休3日目で天候的にも一番よさそうな5日土曜日、かみさんをどこにも連れ出さないのもなにかなあと思い、ネットでイベントを検索。

この時期混雑するイベントはNGなので、なるべく混雑しなさそうな穴場的なイベントを探し、試しにかみさんに提案したところ、意外にもOKが出たので、出撃となった。

e0242504_20064770.jpg
そのイベントとは、夢の島マリーナで行われるハワイ&タヒチフェスティバル

私もそうなんだが、かみさんもハワイ好きなのがOKの要因だろう。

最寄り駅が新木場なんで、有楽町線沿線の我が家としても行きやすいのもいい。

予報どおり好天に恵まれたので、10時前に我が家を出て、新木場駅から15分ほど歩いて会場の夢の島マリーナへ。

e0242504_20115203.jpg
そこそこ人はいるけど、出店しているショップはゆっくり見て回れるぐらいの人出で、穴場イベントということでは正解だ。

e0242504_20314549.jpg
ハワイ系のものを売る店(レディースファッションが多かった)、ハワイ系の飲食店、まったく無関係の飲食店(富士宮やきそばや沖縄料理など)など、たくさんの屋台が出ていて、中央のステージや屋内ステージでは、ハワイアンミュージックに合わせたフラダンスなどのショーが行われていた。

天気もいいし、まったりした雰囲気は私好みだったんだが、せっかちで現実主義のかみさんは、早々に見終わって帰ろうかと言い出す。

e0242504_20333894.jpg
展開によっては、ここでハワイらしいランチも選択肢にはあったんだが、こうなるとかみさんに合わせるしかないので、とりあえずお願いして撤収を引き延ばし、KONAビール(600円)をゲット。

季節限定のカイルアフィートに(写真左)しましたけど、パッションフルーツの果汁がはいっていて、ほんのり香ってなかなかまいう~でした。
お値段は張りましたけどw

たしかにショーをやっているのは素人集団のようで、中身もゆるかったし、売っているものも安くはなかったけど、天気はいいいし、スカイツリーも見えるなど景色もいいし、ハワイアンミュージックに癒されつつ、ビールやいろいろなつまみをいただきつつ、まったり過ごせば2~3時間はイケそうなイベントでしたが、かみさんの指令でやむなく撤収。

マリーナから植物園が見えたので、帰り道だし、ついでに寄ってみることにした。

e0242504_04445786.jpg
夢の島ってもともとゴミで埋め立てられた島だと思うけど、今でもゴミ処理場があって、そこからの熱供給を受けて植物園の温室を維持しているようだ。

e0242504_04500140.jpg
入場料は250円だし、植物の種類はかなりの数があって、値段相応って感じで、ゴールデンウイークだけど、そんなにコドモがいるわけでもなく、混んでもいないし、穴場感はありました。

ただ締め切られた温室の中ではさまざまな植物の花粉が飛んでいたようで、ちょっと目がかゆくなったので、花粉症にはあまりよくない施設かも。

e0242504_04535161.jpg
出口付近にちょっとしたレストランがあり、ちょうど昼近かったし、窓際は植物園の水辺がきれいに見えていい感じでかみさんが興味を示してたんだが、あいにく窓際は全席埋まっていて、かみさんは窓際以外は嫌だというのでパス。

e0242504_04561138.jpg
屋外にもハーブ園があったので、それも見て見学終了。

植物園から夢の島公園の中を通って新木場駅に戻りましたけど、植物園の斜め向かいの敷地に東京オリンピックのアーチェリー会場を作っているようでした(右の写真の道の左側のフェンス)。

ここならうちから見に来るには便利だけど、アーチェリーってえのは見るにはビミョーな競技だなあ。

e0242504_05034714.jpg
結局新木場駅に着いたらちょうど昼時で、そこそこおなかも空いたので、駅付近で店を物色したんですが、新木場なんでこれといった店もなく、消去法でカレーうどんにする。

千吉というチェーン店でしたけど、かみさんがセレクトしたトマトカレーうどんは当たりだったようです。
私はかき揚げ丼セットの黒カレーバージョンにしましたけど、かき揚げ丼が塩入れすぎだなあ。

結局、かみさんの評価は、カレーうどん>植物園>ハワイアンフェスという残念な結果で、私としては、かみさんを連れてきたのを後悔する展開になりましたけど、どこも混雑とは無縁でしたんで、余計な疲れはなく過ごせたのは良かったかも。

新木場駅から乗った有楽町線は西武線直通で、始発で座って乗り換えなしで最寄り駅まで帰って、最後までのんびりのプチお出かけでした。

《What's The Title?》

e0242504_20030282.jpg
Mahalo/Quino & Friends

夢の島でハワイ系のイベントがメインでしたので、タイトルはハワイ系で島をテーマにした曲ということで、Quino & Friendsの”Island Magic"。
Quinoっていうのは、ピーターフランプトンの「君を求めて」のカバーを大ヒットさせたBig Mountainのボーカリストで、このアルバムではアーティスト名どおりいろいろなアーティストとコラボしています。
Quinoの独特のボーカルはハワイアンにも結構ハマって、気持ちいいアルバムになってまして、タイトルの曲も心地いいハワイアンレゲエです。

[PR]
by falling7813 | 2018-05-06 05:21 | diary | Comments(0)