Come On/Let's Go

昨日横浜でPaul Wellerがライブをやった。
そして友人のVandebilt氏がそのライブを見に行った。

e0242504_06352849.jpg
私はThe Jam時代からのPaul Wellerのファンだ。

e0242504_06363049.jpg
しかし、好きの度合いで行くと、The Jam>The Style Council>Paul Wellerの順で、時代を追うごとに渋くなるPaul Wellerにはややついて行けていない。

音源的にもPaul Wellerがソロになってからは、スタジオ盤では、”Paul Weller"(写真左上)、"Heliocentric"(写真右上)、"Studio 150"(写真右下)そしてタイトルに使った"As Is Now"しかもっていない。
e0242504_06374909.jpg
その中で一番好きなのは、カバー集である"Studio 150"という不謹慎さ。

e0242504_06445063.jpg
ライブ盤"Catch-Flame!"(写真左)なんかを聴いていると、The JamやThe Style Council時代の曲もやっていて、当時からのファンにとってはうれしい限りなのだが、その時点のPaul Wellerの好みにアレンジされていて、私の好みから外れる方向だ。

そういったもろもろの事情で、Van氏がPaul Wellerのライブに行くことは知っていたが、特に悩むことなく見送った。

セットリストを見ても、興味深い曲もあるけど、最近のフォロー不足で守備範囲外の曲も多くて、仮に行っていたとしても、困ってしまっていたような気もする。

ただVan氏のSNSでの発言を見ると、渋い選曲だったけど、今のPaul Wellerを見られたのがよかったということだ。

確かにそういうものかもしれないよなあ。

私は洋楽は好きだが、チャートマニアになってしまい、ヒット曲を広く浅く追っかけるようになって、学生時代から金さえあれば音源集めにつぎ込んで、ライブは二の次という生活だった。

ちゅうことで、長年洋楽ファンをやっているが、海外アーティストのライブはまだ8回(このエントリに書いた6回The Beach Boys in 札幌Def Leppard in 名古屋)しか行っていない。

最初にライブを見たEngland Dan & John Ford Coleyが1978年だから、もう40年のキャリアになるので、5年に1回というペースか。

e0242504_07090409.jpg
社会人になって最初は運よく実家通勤だったので、金回りがよくなった時代があったんだが、そのときもHMVなどでLPやCDをせっせと買っていて、CDの在庫はめちゃくちゃ増えたけど、ライブの回数増にはそれほどつながらなかった。
ライブ1回見送ったらCD2~3枚買えますからね(中古盤ならもっとだった)。

そうこうしてるうちに、扶養家族が増えていき、あれやこれやで可処分所得は減る一方だし、地方勤務で海外アーティストを見るチャンス自体なくなるし、などでどんどんライブとは疎遠になって現在に至っている。

8回なんてVanさんの1年分にも満たないんじゃないかなあ。

で、時は流れて、現在の東京暮らし。

少なくともライブを見るチャンスはふんだんにある。

単身赴任中に比べると金回りはましになっている(なんだかんだ言いながら、単身赴任中に3回もライブに行っているんだがw)。

最近はTVKでやってる中村真理さんの”Billboard Top40"を録画して見ていて、CMタイムにJackson Browneなんかの来日公演のCMがはいると心が動いたりする。

今までの8回のライブはどれも大満足だったしなあ。

ライブが高くなりすぎてるのは難点だけど、せっかくチャンスなんだから、ちょっとガードを下げてもいいかななんて思ったりしている。

《What's The Title?》

e0242504_06140602.jpg
As Is Now/Paul Weller

タイトルはPaul Wellerのソロの中で、カバー曲以外で一番好きな曲にしました。
実際Paul Wellerはソロになってからつまらない曲も多いんだよなあと言い訳を続けたりします。
でもこの曲は文句なくかっこいいロックです。
このアルバムの前が"Studio 150"で、みごとなPaul Weller流カバーを見せたんだから、もうちょっとこういうのをやってほしいと思うんですけどね。
他のアルバムを聴けば、こういう曲がもっとあるのかなあ。
ちなみにこの曲も"Studio 150"の収録も大阪でも横浜でもセットリストには入っていないので、そういう意味で今回のツアーへの抑止力になってるところです。
この曲なんカナまで見たらかっこいいだろうなあ。
おじさんもタイトルどおりおいでおいでされちゃうなあ。

[PR]
by falling7813 | 2018-01-21 07:26 | music | Comments(2)
Commented by vandebilt at 2018-01-21 08:04 x
正直なところを言えばソロの曲は一部を除きフックが足りなくて地味な曲が多いのは事実です。ただ、嫌いなグルーブではないのでわりと心地よく聴けて退屈しませんでした。ライブは一期一会ですので少しでも気になるのなら行ってもよいのではないのでしょうか。行かなくて後悔するなら行って後悔せよということで(笑)。
Commented by falling7813 at 2018-01-21 08:39
そうですね。
たしかにライブならではの醍醐味がありますよね。
Paul Wellerは曲を聴くより、目の前で動く彼を見ることの価値は大きいですね。
不謹慎だけど、Dan Sealsが亡くなったときも生で見ておいてよかったと思いましたからねえ。
8回しか行ってないけど、1回も後悔してないし
今回のPaul Wellerの東京公演はスケジュール的にも無理そうですけど、興味のあるライブには挑戦したいと思ってます。
よろしくです。
海外じゃないけど、松たか子なんかも見たかったりしてw