Close To The Edge

1月は飲んだくれの月となった。

1ヶ月で飲んだ日が17日。
そのほとんどが外飲みで、ディープな飲み会も多かった。

e0242504_18180020.jpg金曜日は会社のみなさんとお疲れ様的な飲みで、9時過ぎに解散したんだが、エンジンがかかってしまい、家に帰ってからも、マックスバリュで半額セールで買ってきたつまみで赤ワインを飲んでしまった。

翌日、毎日朝食後にやっている体重測定をしたら…

ショック!体重激増!

この水準となると、4年前に札幌でスポーツクラブへ通い始めた頃の水準だ。
まじで元に戻りつつあるリバウンド症状!

やばい!

土曜日は、JR東海のさわやかウォーキングに行こうと思っていたんだが、朝から曇天で、予報もイマイチだったのでパスしたんだが、結果的には雨は降らず決行できた。

仕方なくスポーツクラブでいつもより多めに運動して、今朝の体重は昨日より1kgちょっと減らした。

このままじゃいかんということで、今日は徒歩15分ほどの図書館に本を返しに行く日なんだが、遠回りして脂肪燃焼を図ることにした。

e0242504_18362710.jpg東区の図書館に行くのに、守山区を経由して、13kmほどの旅。
私設さわやかウォーキングってところだ。
先週もそうだったか。

e0242504_18420985.jpg朝7時過ぎに月の浮かぶ大曽根4丁目交差点をスタートし、国道19号線を北東に進む。

10分ほど歩いたところで、山田天満宮という看板が出ていたので寄り道。
さわやかウォーキングっぽくなってきたぞ。

e0242504_18435882.jpg小さな天神さんだけど、ちゃんと梅の木があって、少し花が開いていた。

家から近いから、もうしばらくしたら花見に来るかな。
いきなり掘り出しもんでした。

山田天満宮を後に、国道19号線を進み、矢田川を渡る。

河川敷を走ってる人がいたけど気持ちよさそうだなあ。
札幌の時みたいに河川敷を走ってみてもいいなあ。

e0242504_18533690.jpg矢田川には愛知名物のシラサギがいたほか(ほんとに川とか田んぼにたくさんいます。下の写真にも写ってるんですが、小さくて見えないかな?)、なぜか鵜もいました。
長良川から逃げてきたか?

矢田川を渡ると今日の目的地の守山区に入ります。

e0242504_18583598.jpgJR新守山駅を過ぎたあたりで、国道19号線に別れを告げ、東に進路を変えて、県道59号線を進む。

ひたすら県道を東に歩いて行くが、これといった見せ場はないまま、次のチェックポイント小幡緑地に到着。

e0242504_19035322.jpg地図で見ると結構広そうな緑地だったが、ほとんどは野球場とテニスコートで、ちょこっと雑木林が残ってるって感じでした。

でも、ぐるっと1周してみると、それまでの道路歩きと違って、ちょっと癒された感じかな。

e0242504_19112398.jpg緑地を一回りしたところに地図とかアーチとかあって、この緑地は西圓で、もっと広い東園というのがあるそうなんだけど、ちょっと方角違いなので、パス。

e0242504_19202337.jpg小幡緑地西圓をあとに、さらに東へ進んでいくと、去年の9月に桶狭間、長久手の戦いで、キョーレツなアップダウンで自転車で走る私を苦しめた国道302号線を横切る。

今思い出してもしんどかったなあ。

e0242504_19224846.jpgさらに東へ歩いて行くと丘の上にでかいチャペルが見えてきた。

あれはたぶん金城学院のチャペルだろうから(近づいてみたら実際そうでした)、そろそろ折り返し地点の大森・金城学院前駅が近づいてきたかな。

e0242504_19301200.jpg折り返し点に向かおうとしたら、ちょっと手前の県道沿いに八剱神社っていうのがある。
石段があって、立派に見えるし、由緒書を見ると歴史もあるようなので、登ってみたが、本殿は妙に新しくて、ちょっと肩透かしをくらった感じでした。

てな感じで、3ケ所見物して、ほんとにさわやかウォーキング風になってきたところで、県道59号線を南に折れて、名鉄瀬戸線の大森・金城学院前駅の前を通って折り返し。

名鉄はしょぼい駅が多いんだけど、ここは立派だなあ。

e0242504_19384283.jpgしばらく南下した後、今度は県道61号線を西へ進み、帰路につく。

この県道61号線は瀬戸街道と呼ばれていて、東へ進むと瀬戸物で有名な瀬戸市に通じてるみたいだ。

e0242504_19415691.jpg瀬戸市には一度行って見たいと思っているんだが、自転車使ってみるかなあ。

県道61号線をただひたすら西へ進むんだが、これといった見どころもない。

自衛隊のそばを通ったあと、ゆとりーとラインと交差する。

e0242504_19470392.jpg東図書館はゆとりーとライン沿いなので、あとはゆとりーとラインをトレースしていけばいい。

ちなみに、ゆとりーとラインというのは、道路の上に専用の道路を作って、そこにバスを走らせているものだ。
e0242504_19513129.jpgということで、渋滞知らずで定時運行が確保されるわけだが、果たして、このあたりの道路がそれほど混むのか、それほどの乗客がいるのかは謎だ。

ゆとり―とライン沿いの道路を進むと、また矢田川を渡り、東区に入る。

e0242504_19543791.jpg矢田川を当たる橋の上からは、東図書館のすぐそばのナゴヤドームが大きく見えて、近づいた感があり、遠く名古屋駅そばの高層ビル群も見えました。

ちょうど橋の上を歩いてるときに、ゆとり―とラインにバスが来ました。

e0242504_19573366.jpgてな具合で、結局、普段15分ほどで行ける東図書館に2時間半ほどかけて到着しましたが、守山区をいろいろ見られたのはよかったかな。

東図書館からイオンモール経由で家に帰って、その時点で万歩計は24,000歩を超え、少しは体重を減らせたかと期待したんだけど、午後スポーツクラブへ行って、トレーニング後に測ったら、前日と変わりなし。

ってことは、歩いた影響はなかったってことかなあ。

《What's The Title?》

e0242504_18082614.jpgClose To The Edge/Yes

今の体重は私にとっては「危機」ですんで、そのまんまYesの「危機」をタイトルにしました。
Yesのファンの人は、このアルバムが好きという人が多いですね。
私は「こわれもの」の方が好きです。
このアルバムは曲が長いのがちょっとつらいんですよねえ。
なにしろ、このアルバムはA面が1曲のみで、B面が2曲ですからねえ。
で、タイトル曲のこの"Close To The Edge"はA面のすべてを占めている長い曲で、悪くはないんだけど、18分もやらなくてもいいんではないかと思いますがねえ。

[PR]
by falling7813 | 2016-01-31 20:16 | Tokai | Comments(0)