Lunch Hour

ようやく街中から雪が消えて、今日はほぼ5ヶ月ぶりの自転車での外回り。

しかし、雪が消えたということは、スギ花粉が思いっきり猛威を振るっているわけで、マスクと花粉メガネ着用。

とりあえず、午前の部を終えたところで、これまた久々に出先でのひとりランチ。

ここで、会社の後輩から聞いて気になっていたランチに挑戦することにした。

そのお店は、ここのブログでも取り上げたことがある弘前が誇る回転ずし鮨覚。

ここはやや値が張るけど、ネタはめちゃうまいことで定評のあるところなんだが、平日のランチタイムは、赤字覚悟のランチメニューがあるそうだ。

e0242504_1983645.jpgそれがこれだ→

四角い器に入っているのが、そのランチにぎりで、お値段は、なんと525円!

ネタは、奥左から、まぐろ、いか、サーモン、たこ、高野豆腐、あなご、しゃこ、ぼたんえび、北寄貝、えび、たまご、たけのこ。

しかも、寿司の隣にあるお椀は、ランチタイムはサービスでついてくるので(つみれかえびが選べたので、つみれにしました)、ここに写っているものすべてで525円。

味は、すでにお試し済みのうまさなので、これだけでも大満足。

周囲には、奥様方がたくさん来店し、皆さんこのランチを楽しんでました。
にぎりのほかに、ちらしも525円のランチがあり、人気は半々といった感じ。

ただし、後輩がとある筋から仕入れた情報によれば、このランチメニューは完全に赤字だそうなので、せっかく来たからと、青味3点盛りを追加オーダー。
とろさば、まあじ、いわしの3点盛りですが、めちゃうまかった。

これで、しめて892円。
大満足のランチでした。

《What's The Title?》

e0242504_1858038.jpgPartners In Crime/Rupert Holmes

ランチにちなんで、そのまんまのタイトルにしました。
それまではどちらかといえばwriterとして活躍していたRupert Holmesが"Escape"の大ヒットで脚光を浴びたわけですが、おかげでこのアルバムもヒットし、私がこのアルバムの収録曲である"Lunch Hour"を知るに至ったわけです。
"Escape"や"Answering Machine"もそうですが、このアルバムの収録曲は、曲よりも歌詞に魅力のある曲が多くて、少なくとも"Lunch Hour"も曲を聴く限りは、がちゃがちゃうるさくてあまり魅力的ではありません。
といいつつ、歌詞もよく知らないので、あまり好きではないのですが...
[PR]
by falling7813 | 2012-04-16 19:20 | food | Comments(0)