<   2017年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

よく降りますね。
今年は異例に雨が多いんじゃないですかね。

e0242504_16205650.jpg
おかげでこのブログのエントリのタイトルも3回続けて雨がらみ。
このままだとネタが切れちゃうよ。

雨が続いて例年になく肌寒い10月ですけど、ハロウィンが近づいてきたので、我が家もハロウィンモード。

e0242504_16243519.jpg
そしてハロウィンとは縁のある私ですが、このブログのプロフィールに使ってるぐーたらハロウィンくんにつづいて、私っぽい飲んだくれハロウィンくん(写真右)を石神井公園で見つけたので、仲間に加えました。

昨日は私のちょっと早い誕生会だったわけですけど、最近はといえば、仕事の方は相変わらずで、あれやこれやと懸案が次々に持ち上がり、火曜日と金曜日は窓際族の私も帰りがちょっと遅くなるような展開で、スポーツクラブに行けず。

もっとも金曜日はそうでなくてもくじけてしまうことが多い昨今ですが・・・

そして今日も断続的に雨が降り続き、スポーツクラブは断念。

先週も今日と同じように台風が接近していて一日雨で同様にスポーツクラブをパスしたんで、二週連続で日曜休み。

e0242504_16305651.jpg
天気予報を見て、昨日は筋トレと有酸素運動をがっつりやったし、最近は体重も何とか低レベルで抑えられているので、やむなしかな。

そういえば、昨日朝パソコンを見てたら、Last.fmのページに、"Using iTunes 12.7 on Windows?"というメッセージが出てた。

e0242504_16382890.png
我が家のパソコンはまさにiTunesを12.7にバージョンアップした途端にLast.fmに反応しなくなったので、ちょっと期待して、クリックして、更新プログラムをDLしたらめでたくiTunesとのシンクロが復活しました。

単にiTunesのバージョンアップに対応できてなかったってことなんですかねえ?

1ヶ月以上ダメで、今年からは毎年恒例にしてたLast.fmの1年間の振り返りもダメかなあと思ってたんだけど、なんとかなりそうだ。

昼前にちょっと近所のライフまで買い物に出た以外、今日はおこもりになりそうなので、今はiTunesで雨のプレイリストをプレイしつつ、Last.fmの履歴が増えていくのを見てニンマリしながら、このエントリを書いてます。

《What's The Title?》

e0242504_16450637.jpg
Lifelines/Andrea Corr

タイトルは今日聴いていいる雨のプレイリストから、Andrea Corrの"Tinseltown In The Rain"。
このアルバムはThe CorrsのリードボーカリストであるAndrea Corrのソロで、John Lennonの"#9 Dream"やRoy Orbison、Linda Ronstadtでおなじみの"Blue Bayou"などいろんな曲をとりあげたカバーアルバムです。
The Corrsを聴きまくっていて、彼女の声は好きなんで、かなり期待して買ったんだけど、全般的にもう一息な曲が多くて、ちょっと期待外れ気味で、さすがに彼女にはぴったりのTracy Ullmanの"They Don't Know"と並んで、好きなのがこの”Tinseltown In The Rain"です。
オリジナルは知らないので(なんでもThe Blue Nileというアーティストらしい)、先入観なしで聴けるんですが、Tinseltown=金ぴかの街ということでラスベガスという意味らしいんだけど、そこへやってきた男女を描く曲にAndrea Corrの声が非常にマッチしていて、いろいろ情景が膨らみます。



[PR]
もうすぐ私の誕生日。

そうはいっても平日にはスケジュールがなかなか合わないので、今日家族が誕生会を開いてくれた。

e0242504_07045264.jpg
場所は江古田のCaffe Blu(右の写真の階段を上って2F)。

最近ランチで利用したところで、まだ夜使ったことないし、今日雨が降るのは予報でもわかっていたので、あまり歩かなくてもいいところということで、店の希望の一つとしてリクエストしていたのだ。

一度夜混んでいて入れなかったことがあるので、予約していたんだが、我々が行ったときは満席の人気ぶりでした。

e0242504_21495818.jpg
初めてのディナーだが、同じイタリアンでも何度か行っている桜台のカッパと違い、コースはないので一品ずつ頼まないといけない。

とりあえず、前菜の盛り合わせ(写真左)を人数分オーダーし、一人ずつメインメニューをオーダー。

e0242504_21532596.jpg
ちょっと待たされて前菜が登場。
でも、どれも凝っていてまいう~。

メインメニューを頼むときに、それぞれのメニューの値段のところが、「2,000/3,900」といった書かれ方をしていて、どういう意味か尋ねたら、左がハーフで、右がレギュラーだそうだ。
ハーフじゃ足りないだろうと思ってレギュラーを頼んだんだけど、レギュラーだと結構量が多くて、一人で食べるのはつらそうなので、結局四等分してみんなでシェア。

一人で食べるんならハーフで十分だったけど、オーダーの時に教えてほしかったなあ。

e0242504_21565520.jpg
メイン料理は、魚のソテー、アクアパッツァ(写真右上)、豚肉のビスク煮込み(写真左)と来るが、それぞれ中20分ぐらい間をおいてくるので、気が短いかみさんは徐々に機嫌が悪くなる。

それぞれの料理はおいしいんだけど、席数に比べると厨房の処理能力がついて行けてないのかなあ。

e0242504_22013265.jpg
メインのラストとなったのは馬肉のロースト(写真右)で、粒マスタードをフィーチャーした赤ワインソースがおいしいし、馬肉も柔らかくて、これもハイレベルだったんだが、店に入ってから2時間近く経過しちゃってました。

4人以上だと事前に予約できるパーティーメニューもあるので、そっちの方がよかったのかと思いましたけど、待ち時間に完全にキレてしまったかみさん的にはディナーのリピートはなさそうだなあ。

e0242504_22062538.jpg
メインディッシュにはとくにパンもライスもついてないんだけど、それも教えてくれなかったけど、レギュラーのメインを4皿食べたんで十分満腹になりました。

お酒も乾杯のビールからスパークリングワイン、白ワインと飲んだしなあ。

味的には満足なんだけど、サービスが追い付いてない感じが残念。

結局たっぷり2時間かけたディナーを終えて帰宅。

そしたら、家族みんなからバースデープレゼントをもらいました。

e0242504_22091110.jpg
ひとつは地ビール。

小樽麦酒とエチゴビール。
地ビールは値段が高いのでなかなか自分では買わないので、うれしい限り。

さすがに今日は満腹で飲めないので、近いうちに試してみたいなあ。

e0242504_22120513.jpg
そのほかにもスポーツタオルやらハワイアングッズをもらいました。

どれも実際使えるものばかりなので、さっそく使わせてもらいます。

単身赴任中は、タイミングよく誕生日の近辺に帰宅できるとも限らないので、去年みたいにうまく家族と祝える年ばかりとは限らなくて、寂しい思いもしてきたので、家にいるとこういうのは素直にうれしいですね。

東京に帰ってきて、仕事の内容自体はおもしろくないし、いろいろトラブルもあって大変なんだけど、こういういい思いをすると、それも仕方ないと納得できちゃいますね。

《What's The Title?》

e0242504_22192823.jpg
Greatest Hits/B.J. Thomas

ちゅうことで、今日は雨にぬれてもハッピーでしたので、タイトルは「雨にぬれても」。
1976年に洋楽を聴き始めた私ですが、1970年にヒットしたこの曲のメロディはあすがに聴いたことがありました。
記憶にあるのは、ピンポンパンのおねえさん(たぶん酒井ゆきえおねえさん)が、傘を持って踊りながら、♪雨にぬれても平気です~♪と歌っていたのを思い出します。
いかにもBurt Bacharachらしい弾むようなポップなメロディにB.J. Thomasのちょっとハスキーな声が見事にマッチして、1970年代最初の全米No.1に輝く記念すべきヒットとなったのもうなずける名曲ですけど、もともとはほかの人に書いた曲をカバーしたそうで、我が家にもBacharach御用達のDionne Warwickが歌ってるバージョンがあります。
でもやっぱB.J. Thomasが一番マッチしているように聴こえるのは不思議なもんです。

[PR]
by falling7813 | 2017-10-28 22:29 | food | Comments(2)
今年は雨が多いですね。

おかげで阪神は田んぼのような甲子園で敗戦を喫して、結局ベイスターズに下克上を許した。

その後セカンドステージは、コールドゲームも、似たような雨で中止もありなのに、なぜだと疑問を残しつつ始まった1週間。

久しぶりに月~金フル出勤。
夏休みが流れたりした影響でずっと週休3日制だったんですよ。

振り返ってみると
10月9日(月)祝日
10月4日(水)年休
9月27日(水)夏休み
9月18日(月)祝日
9月15日(金)夏休み
9月5日〈火〉夏休み
と、8月最終週以来の週休二日だった。

やっぱ疲れたなあ。

そんな久しぶりに働いた週の週末。
土曜朝から雨が続く。

e0242504_08273545.png
9月からiTunesにシンクロしなくなったlast.fmは相変わらずで、もう1ヶ月になる。
仕方ないので、たまにlast.fmのプレイヤーで再生して、実績は作ってるけど、相変わらず変なのが出てくるので、そうは続かない。

そういうわけで、気分的にもすっきりしない週末で、かみさんにつきあって後楽園にバーゲンに行って、スポーツクラブへ行って、クリーニング屋とか靴磨きとか細かな仕事をこなして土曜日は終了。

e0242504_08304932.jpg
日曜日はさらに雨が強くなってる。

台風が接近してるから、これからひどくなる一方だろうと、まずは今日のmustである選挙に。

外に出たら、風はさほどではないが雨はほんとに強くて、サンダルで出たことを後悔しながら、iPod nanoで雨のプレイリストを聴きながら、投票所である小学校を目指す。

e0242504_08330756.jpg
途中児童公園にポスターがあったので、候補者をチェック。

これまで不在者投票ばかりだったので、正規の投票所である小学校に行くのは久しぶりだが、たしか小学校にはポスターの掲示板はなかったはずだ。

e0242504_08360731.jpg
うちの選挙区には6人も出てたのね。
全然選挙カー来なかったなあ。

小学校に着いたら、校庭には水が浮き、まさにCS第二戦の甲子園のようだ。

また、サンダルで来たことを後悔する。

台風接近ということで、雨がひどくなる前に選挙を済ませようと思った人が多いのか、朝7時過ぎでしたけど、結構人が来てました。

それでもそんなに混み合うこともなく、さっくりと投票を済ませ、帰宅。

ズボンのすそががっつり濡れて、サンダルもびしょびしょ。

このあと、タイミング悪く予約したCDが来てしまったので、図書館にも行かなきゃいけないんだが、サンダルはなしだな。

《What's The Title?》

e0242504_08433148.jpg
Come On Over/Olivia Newton-John

タイトルは、今日選挙に行ったときに聴いていた雨のプレイリストの中から、Oliviaの"Blue Eyes Crying In The Rain"。
今日は悪天候で、浮動票は減るでしょうから、泣いてる人はいるでしょうねえ。
青い目じゃないでしょうけどw
これは75年にWillie Nelsonがヒットさせた曲のカバーで、どカントリーなアレンジで、さわやかに歌ってます。
もともとカントリー系の曲もやってきた人なので、違和感なく歌ってて、いい感じです。
でも、こういうどカントリーな曲をやるのもこの曲が最後ぐらいになっちゃいましたよね。
このアルバムは邦題が「水の中の妖精」でしたけど、まさにタイトルで、Oliviaの美しさに魅了されたものです。
この5年後にレオタードを着て踊りまくるとは思いませんでしたけど。

[PR]
私が通ってるスポーツクラブティップネス氷川台店は水曜日が定休日。
ちゅうことで、仕事が立て込んだときは水曜日にやるようにしている。
ちょっとデスクワークがあったんで、11日の水曜日も頑張ろうかとちょっと早めに行って、気合を入れてやったら、意外と早く終わる。

e0242504_21040747.jpg
木、金は早く帰るつもりだったが、どっちも予定外の仕事でお残りになってしまい、先週に続き、水~金スポーツクラブ三連休。

e0242504_21050336.jpg
しかも仕事で疲れたので、家に帰ってから、夕食の時にサッポロ黒ラベル(いつもは第三のビールなんだけど、自分へのご褒美)やら秘蔵のアップルブランデー弘前なんかを飲んでしまい、アップルブランデー弘前はついに飲み干してしまった。

ちゅうことで、火曜日までに減らした体重はまた増加に転じてしまった。

冷たい雨が降る週末。

例によって、早起きしてネットをあれこれ眺めていて、You Tubeで最近TVKのBillboard Top40を見ていて気になっていた”Despacito"のプロモを見てたら、音源がほしくなって、iTunes Storeで購入。

昔は音源がほしいと、レコード屋に行って、500円とか600円とか払ってシングル盤を買っていたのに比べて、家に居ながらにして1曲250円とかで手に入ってしまうので、かなりハードルが下がっちゃう。

iTunes StoreでAAAの西島&宇野がデュエットする「美女と野獣」がチャートに入っていて、これもYou Tubeで見たらいい感じだったので、ついでに購入。

e0242504_21074150.jpg
そんな感じで始動した後、まずは1ヶ月に1回は行かなきゃいけない眼科へ。
天気もイマイチなんで来週に回そうかと思ったりしたんだが、行ったら来週土曜は休みだそうで、今日行っておいてよかった。

大混雑で半日仕事の名古屋の病院と違い、同じ検査が30分ほどで終了。

e0242504_21114776.jpg
帰りは図書館に寄ってから、ランチの調達。

いつもはベーカリージャンゴに行くことが多いんだが、今日は趣向を変えて、図書館の近くで、食べログで人気のまちのパーラーへ。

さすがに人気店だけあって、10時半という中途半端な時間なのに5~6人の行列。
e0242504_21153799.jpg
キッシュやらベーグルやらタルトやらを買い、4人分で4,000円近くといういい値段しましたが、味はなかなかのものでした。
パンもいろいろ売っているようなので、次はほかのものも試してみますかね。

ランチを終えて、午後はスポーツクラブでみっちり筋トレをやって、ランニングマシンを10kmちょっと歩きました。

土曜恒例の外食は、今日は娘2号も加わり3人体制。

e0242504_21235401.jpg
娘2号のリクエストでぶどうの根っこへ。

私は今年の2月以来二度目だ。

相変わらずの人気で、予約席だらけで、空席があまりなく、ぎりぎりで入店できた。

e0242504_21253871.jpg
まずは生中と梅酒とワインカクテルで乾杯して、料理をつまんでいく。

二度目だけど、どのつまみもおいしくて、ここの満足度は高いなあ。

e0242504_21285745.jpg
いつも予約がたくさん入ってて混んでるのもうなずけます。

最初はサラダとか生ハムとか、地鶏のカルパッチョとか食べて、季節もので、ナスとモッツァレラチーズの炙り焼きバルサミコソースなんていうメニューを食べつつ、私はとりあえず生のあとはハウスワインのデキャンタにしました。
デキャンタの形が徳利だよなあ。

締めというか本来の目的の食事用に、最後にチーズリゾットとクリーム系のパスタを頼みましたが、これもまたまいう~でした。

コスパも悪くないし、味もいいということで、今後もごひいきになりそうなお店でした。

ちゅうことで、午後にスポーツクラブで消費した分をがっつり補給してしまった感じですが、おいしかったから、とりあえずしょうがないかな。

《What's The Title?》

e0242504_17320751.jpg
Despacito & Mis Grandes Exitos/Luis Fonsi

タイトルは今朝衝動買いした"Despacito"にしました。
私はラップは基本的に嫌いなので、今のTop40ものを聴いていてもほっとんどいいとは思わないんだけど、この曲はプロモが楽しそうだし、ラテンのノリでなんかキモチいいんですよね。
Ricky Martinあたりにも近い気がします。
Gipsy KingsとかSergio Mendesとかラテン系の人で好きなアーティストはいるし、ラテン色が強ければ今のヒット曲でも大丈夫なのかもしれない。
ちゅうことで、iTunes Storeで1曲だけ衝動買いしただけなので、Luis Fonsiさんがどういう人かは全く知りません。
それにしてもいかにもラテン系の濃ゆい顔だなあ。

[PR]
三連休もあっという間に三日目。

土日ともに家からあまり離れずにすごして、ちょっともったいないなあということで、今日はかみさんとちょっくらお出かけ。

e0242504_18451953.jpg
行き先は池袋で、目的は手帳の調達。

いつもこの時期になると来年の手帳を売り出すんだけど、あまり遅くに行くと、かみさんが好きなデザインのものが売り切れてしまうものも出るので、なるべく早めに買いに行っている。

私は毎年東急ハンズ製の同じデザインの手帳を買っているし、品ぞろえが多いので、二人で東急ハンズへ。

私の東急ハンズ製の手帳は去年は東武百貨店のHands beで買ったんだけど、9月につぶれてしまったので、サンシャインのハンズまで行かないと買えない。

どっちにしてもかみさんの手帳は本家のハンズに行かないと見つからないから仕方ないか。

e0242504_18523906.jpg
手帳、カレンダーコーナーが特設されてすっかり年末モードに突入したハンズで、二人とも手帳をゲット。

私の手帳は今年はブルーとグレーの迷彩柄ですが、来年はシンプルにブルーにしました(っていうか今日は単色しかなかった)。

見本を見ると月ごとにわかりやすいように切れ込みが入ったインデックスが入るなどマイナーチェンジ。

お値段も1,900円+税で、また値上がりしたんじゃないかなあ。

e0242504_18572594.jpg
ハンズでほかにも買い物をして、お昼近くなったので、かみさんからずっとリクエストを受けていたTGI フライデーズへ。

実は去年の3月大阪のユニバーサルスタジオに泊りがけで行ったときに、夕食をここで食べたらかみさんが気に入ったんですよね。

e0242504_19034457.jpg
店内はいかにもアメリカンな内装にハロウィン飾り。

11時半ごろ入店したんでわりと空いてましたけど、30分もするとどんどん人が入ってきましたんで、タイミングはラッキーでした。

とくに中学生みたいな男女10人ぐらいの集団が後から入ってきましたけど、どう見てもマクドがお似合いの雰囲気でしたけど、ここはドリンクつけると2,000円前後になるんだが、お値段的に折り合ったのかなあ。

かみさんはアボカドベーコンバーガー、私はチキンフィンガーBLTをそれぞれ注文し、バカでかいアメリカンサイズのグラスでお替り自由のソフトドリンクをつけて、私はペプシNEXからのアイスコーヒー。

かみさんがバーガーをカットしてくれとオーダーしたら、両方ともカットされてきたので、半分ずつシェアしました。

e0242504_19154215.jpg
ハンバーガーは5日前に横須賀で食べたばかりだったので、私は違うタイプにしたんですけど、横須賀のバーガーと比べてもそれほど劣らない味だったので(バンズが横須賀の方がおいしかった)、かみさんは喜んでいたのでOKだ。

TGI フライデーズは、お会計もテーブルでやるアメリカ方式で、チップを渡さなきゃいけないかなって思っちゃいますね。

がっつりアメリカンフードを食べて満腹になったところで、娘どもに何かお菓子でも買って帰ろうかということになったんだけど、さすがに洋モノはもういいかなって気分だったんで、東武で和菓子を買いました。

なかなか秋らしいデザインですよね→

家には2時過ぎに着いたので、一休みしてからスポーツクラブへ。

先週後半の三日間で4㎏超の酒+ハンバーガー太りから、ようやくこの二日で1.6㎏戻したところなのに、今日は1皿で1,000カロリーをはるかに超えそうなのを食べちゃったからなあ。

e0242504_19245305.jpg
スポーツクラブではランニングマシンを10kmほど傾斜をつけて歩いて、今日のハンバーガーはチャラにしたぐらいの体重に収めてきました。

家に帰り、夕食。

ハンバーガーの腹持ちは抜群で、運動してきても全然腹は減らず。

夕食を終えて、和菓子タイム。

私は左の写真のハロウィンくんを選びました。
まあ私の化身みたいなものですからね。
見かけどおりかぼちゃあんをベースにした和菓子でした。

ちゅうことで三連休はあっさり終わり、明日から仕事だなあ。

テンション上げていきますかね。

《What's The Title?》

e0242504_18423673.jpg
Eye Of The Tiger/Survivor

今日のランチはどっぷりとアメリカンテイストでしたんで、なんとなくこの曲がタイトルに浮かびました。
"Poor Man's Son"という情けないタイトルのスマッシュヒットだけだったSurvivorでしたが、「ロッキー3」に"Eye Of The Tiger"が使われたことで、大した曲じゃないのにNo.1を獲得。
その勢いで、"American Heartbeat"もTop20ヒットになっちゃいました。
どっちも大したことなかったけど、その後にヒットさせた”High On You"とか”I Can't Hold Back"なんかはなかなかよくできた曲だと思うので、それなりに実力はあるバンドなんだと思います。
”American Heartbeat"で思い出すのは、ちょうど日本ではTVドラマ「スチュワーデス物語」が放送されている頃で、あの教官役の風間杜夫がドラマの中でこの曲をカバーして歌ってたんですよね。
♪踊ろよハートビート♪とか♪100℃でハートビート♪みたいな歌詞だったと思いますけど、テーマソングの麻倉未稀の「フラッシュダンス」の完成度には遠く及ばないトホホなカバーでした。

[PR]
昨日は娘2号の誕生会をした。

9月生まれなんだが、当事者の娘2号が忙しくてなかなかスケジュールが合わず、ずーっと延び延びになっていて、やっと昨日の夜家族全員がそろうということで、10日以上遅れて月をまたいでの誕生会。

e0242504_05202010.jpg
会場は娘2号のリクエストで、江古田の軍鶏料理屋軍鶏八

我が家では安定した人気店で、過去にもブログに登場してます

私は生、かみさんは梅酒、娘1号は日本酒楯野川ひやおろし、娘2号はゆず酒で乾杯。

誕生会だから好きに頼んでいいということにして、軍鶏料理をいろいろオーダー。

e0242504_05205850.jpg
まずはここの名物でもある軍鶏肉の刺身の三点盛り。

写真の左からささみ、ムネ肉、モモ肉の三点で、どれも鮮度抜群でまいう~。
とくにモモ肉は軍鶏だけあって筋肉質で、脂っぽくなくて、歯ごたえ抜群です。

e0242504_05234585.jpg
次はたたき。

軽くあぶったモモ肉に玉ねぎと万能ねぎを合わせて、キョーレツに辛いもみじおろしをかけた上からポン酢をかけたもの。

さっぱりといただけるんですけど、もみじおろしがめちゃ辛いので、辛いものが苦手な娘1号はよけて食べてます。

e0242504_05303751.jpg
次は天ぷら。
これは見たまんま普通の天ぷらなんですけど、肉がうまいんでシンプルにうまくて、我が家では人気商品です。

もう2~3個乗ってたんだけど、写真を撮る前につままれてしまいました。

奥にあるように、塩かおろしポン酢でいただきますが、我が家はシンプルに塩派が多いですね。

e0242504_05313214.jpg
つづいては、軍鶏ときのこのホイル焼き。

これはきょうのおすすめメニューに載っていたもので、季節もののメニューなんでしょうね。

エリンギやえのきにも軍鶏の味がしみ込んでいてこれもまいう~。

ホイルの上に出ている肉汁をすすりたかったなあ。

e0242504_05360963.jpg
そして、軍鶏の味をシンプルに楽しめる焼き鳥。

肉の味を楽しむために当然の塩焼きで、右上に載っているのはお好みでつけるみそです。

昨日はほかのお客さんもがっつり食べていたので出てくるのに時間がかかって、メインアクトのタイミングで出てきましたが、十分にメインが務まる存在感です。

左から、正肉、かわ、ねぎま、ソリ、ソデが2本ずつ。

ちなみに、軍鶏の焼き鳥は数量限定のようで、昨日も我々が食べ終わった後、5種類のうち2~3種類が売り切れになってました。

e0242504_05404989.jpg
昨日はさらに締めに軍鶏丼の特上まで頼みました。

特上って初めて頼んだんだけど、軍鶏とごぼうに卵がかかってて、ごはんにもよく軍鶏だしがしみていて絶品でした。

でも、以前はメニューに親子丼があって、これもおいしかったんだが、なくなっちゃったのかなあ。

これ以外にも、秋刀魚と本睦の刺身や野菜コロッケ、カマンベールチーズフライなんかも食べちゃったし、私は、とりあえず生からハイボール、中々のロックときて、娘が飲みきれなかった日本酒の残りもいただいちゃったので、かなりハイカロリーだったけど、まあよかろう。

e0242504_05502752.jpg
みんなほろ酔い気分で外に出て、娘2号からは、誕生日以降何度かショートケーキや好物のビアードパパのシュークリームを買ってきてたので、バースデーケーキはいらないと言われてたんだけど、帰りに日芸そばのケーキ屋さんアンデルセンに寄ってみるかという話になる。

e0242504_05535002.jpg
8時の閉店間際だったので、あまりケーキは残ってなかったけど、たまたま5号のデコレーションケーキがあったので、家でハピバースデーのセレモニーもやりました。

ちゅうことで、家に帰って家族でデコレーションケーキを4分の1ずつ。

さらにカロリーオンになっちゃったけど、娘もご満悦だったのでOKだ。

《What's The Title?》

e0242504_05100336.jpg
Two Places At The Same Time/Ray Parker Jr. & Raydio

ちゅうことで、タイトルはやっとパーティの時間になったということで、Raydioの「パーティーナウ」。
このアルバムからはタイトル曲である「誓いのセイムタイム」が日米でファーストシングルになったんだけど、それまでのヒット曲と違いスローなのが災いしたのかイマイチヒットせずで、日本ではこの「パーティーナウ」の方がヒットしました。
当時はまだディスコが健在な時代でしたんで、日本ではこういうシンプルなディスコチューンの方がウケたんでしょうね。
サビメロの繰り返しが多くて、中身のない曲だなあというのが私の感想ですけど、ディスコではかえってそういう方が需要があるんでしょうね。


[PR]
by falling7813 | 2017-10-08 06:07 | food | Comments(0)
今日は休みをとった。

夏休みは無事に9月27日で終了したんだが、わが社の休暇制度はまだまだ続くので、仕事的に余裕のある今日を休みにしたのだ。

そこで浮かんだのは、8月にかみさんとの約束を飛ばしちゃった件

今日の休みはかみさんとスケジュール調整済みだったので、8月に飛ばしたはとバスのツアーに申し込もうとしたんだが、8月に申し込んでいたコースでは不服で、別のコースがいいと言い出し、そっちは満員で断念。

欲望は高度化する。

そこでねずみの国に行くかとかいろいろ提案していたら、昨日の夜突然、「猿島に行く」と言い出す。

猿島といえば、横須賀の沖に浮かぶ島だというのはテレビ番組で見て知っていたので、ネットで調べて、船の時間に合わせて、家を8時に出発。

我が家の最寄りの新桜台から横浜で一度乗り換えるだけで、横須賀中央まで行けちゃうんですね。
便利になったもんだ。

e0242504_16212227.jpg
横須賀に行くのは初めてなので、事前に地図を調べて、猿島行きの船が出ている三笠公園に10時過ぎに到着。

日露戦争時代の戦艦三笠が展示され、東郷平八郎像がお出迎え。

あいにくの曇天で風も強くて肌寒いぐらい。

目の前に浮かんでいる島に行くのに往復運賃+入場料で1人1,500円を払って船に乗る。

e0242504_16254333.jpg
平日だけどお年寄りを中心にそこそこお客はいる。

10分ほどで猿島に着き、船は1時間に1便なので、1時間をめどに島内を散策。

まず桟橋のすぐそばが海水浴場と書いてあるが、ここで泳ぐのかあ。

e0242504_16304893.jpg
猿島は東京湾唯一の自然島で、今は無人島。

明治の初めに東京と横須賀の防衛のために軍事要塞化され、砲台と弾薬庫が設置され、一般人は立ち入れなかったそうだ。

廃墟のような島を想像していたんだが、なかなどうしていろいろなものが残っている。

e0242504_16344053.jpg
まず島内を行き来するために、島に切り通しとトンネルを作って立派な通路を作っている。

この島内を横断する通路が立派なのには明治の軍人の努力がしのばれて頭が下がる。

切り通しの岩盤には穴を掘って弾薬庫なども作られてます。

e0242504_16362262.jpg
しばらく進むとトンネル。

切り通しは石垣を積み上げてますが、トンネルはレンガ造り。

しかもトンネル内にも無数の横穴が掘られていて、そこから通路が張り巡らされている。

ちなみにこのトンネルは現在は「愛のトンネル」と呼んでいるそうなんだけど、このネーミングセンスだけはいただけないなあ。
e0242504_16392998.jpg

でも、これはちょっとしたテーマパークを見るよりおもしろいかも。

トンネルを抜けると島の北側へ出て、横浜や東京が見渡せました。
ぼんやりとですがスカイツリーも見えました。

e0242504_16415788.jpg
島の北端まで行ってターンして、帰りは島の山側を通って戻るコース。

山からの東京湾の眺望も見事でした。

1時間あればゆっくり島内を1周できる小さな島ですが、明治の軍人たちは東京を守るためにこの要塞を作り上げたんですね。

e0242504_16454401.jpg
第二次大戦になり、この島をあざ笑うように爆撃機が飛び越えて行って東京に爆弾の雨を降らせるわけですけど、その時この島はどうだったんだろうと思いをはせました。

そんなこんなの1時間の滞在を終えるころ、ようやく晴れ間が出て暖かくなってきた。e0242504_16471836.jpg
なんだかなあ。

ちょっとお高かったけど、いい経験でした。

三笠桟橋に戻り、桟橋近くのよこすかポートマーケットに寄ってみた。

海辺の町によくあるフィッシャーマンズワーフのような施設のようで、釧路みたいにさびれてるんじゃないかと先入観を持って行ったんだけど、魚市場という雰囲気ではないけど、新鮮な魚を売っている魚屋や肉屋、そして産直の野菜販売が充実していて、品ぞろえの良さにはかみさんも驚いていました。

e0242504_16550647.jpg
中で売っている総菜や弁当はフードコートのようなところで食べられるようで、とくに海鮮丼などの魚系が安いので魅かれましたが、ランチにはほかのプランもあるのでパス。

ランチはヨコスカネイビーバーガーをチョイス。

事前にホームページを調べたところ、有名な海軍カレーのほかに、最近は米軍直伝のレシピによるチェリーチーズケーキやハンバーガーも売りにしているそうなので、かみさんと協議の結果ハンバーガーに落ち着いたわけです。

e0242504_17035945.jpg
横須賀中央駅にあったパンフを見るとハンバーガーを食べられるお店は有名なドブ板通りに集中しているようなので、そこを目指す。

ちょうどお昼時だったんだが、街中にブルーの迷彩服を着た本物のアメリカのネイビーの皆さんがうろうろしている。
さすが米軍の街だ。

e0242504_17070041.jpg
ドブ板通りを歩いていくが、意外とひっそりしていて心配になるが、そのうちパンフにも載っていたTSUNAMIという店を見つけ入店。

しかしこの店名大丈夫なんだろうか?

結構混んでいて、ここにもネイビーの皆さんがいたんで期待できる。

e0242504_17104611.jpg
私はたまご、ベーコン、チーズ、トマト、玉ねぎ、レタスの入ったジョージワシントンバーガー(1,500円+税)をかみさんはチリビーンズバーガーのクオーター(肉がレギュラー227gの半分)のソフトドリンク+ポテトセット(1,250円+税)を注文。

歩いてのどが渇いたんでハイネケンも頼んだんだけど、600円で小瓶かああ。

すごく分厚かったんだけど、ぎゅっと押しつぶしてアメリカ方式でかじりながら食べましたが、まいう~。

バンズもいい焼き加減だし、肉やほかの具材のバランスも抜群で、これはよかった。
ハイネケンの小瓶も許そう。

二人で4,000円弱とお値段は張りましたけど、あれだけのクオリティだったら、お金出す価値ありだな。

e0242504_17181314.jpg
大満足のランチを終え、引き続きドブ板通りを歩いたのですが、ところどころスカジャンとか米軍グッズを売っているところはあったけど、ほとんど閉まってる店ばかりで活気がなく、何もすることなく駅についてしまったんで、そのまま撤収しました。

もう少し大きな街で、アメリカが混在するような世界を期待したんですけど、平日の昼というのが悪かったのかなあ。

猿島、ポートマーケットは予想以上に良かったし、ハンバーガーもうまかったけど、最後は尻すぼみで、モヤモヤしながらエントリを書き終えました。

《What's The Title?》

e0242504_17213566.jpg
Making Movies/Dire Straits
ほんとは別のタイトルを考えていたんだけど、猿島の愛のトンネルが妙に引っかかったので、”Tunnel Of Love”をタイトルにしました。
Dire Straitsは1979年に「悲しきサルタン」が大ヒットし、衝撃のデビューを飾るわけだけど、当時は、お経のような歌だし、次のシングルの”Lady Writer"もほとんど同じ曲だし、どこがいいんだと思ってたんだけど、なんだか聴き込んでいるうちにだんだん好きになってきて、社会人になって以降ぐらいはかなり好きで、ヘビロテ。
”Tunnel Of Love"も最初アルバムバージョンを聴いたときは長くて退屈だったけど、だんだんその深みがわかってきて、まずイントロでのどかなオルガンのサウンドにギターが切り込んでくるあたりがかっこいいと感じるようになってからは、曲の長さも感じないほど好きになっちゃいました。

[PR]
今朝起きて、いつものようにパソコンを立ち上げ、ネットのニュースをあれこれ眺めてから、Twitterをチェック。

e0242504_22102156.jpg
すると、「RIP great rock star Tom Petty」なる書き込みが。

まじか?!

驚いてBillboardのオフィシャルサイトのニュースを見たら、やはりTom Pettyが66歳で亡くなったという記事が出ていた。

e0242504_22121923.jpg
また身近なアーティストの訃報かと打ちひしがれて、Twitterにツイートしつつ、You TubeでTraveling Wilburysの”Handle With Care"のPVを見ていたら、George Harrison、Roy Orbisonにつづいてあの世に召されたのかぁと、切なくなってきて、iTunes StoreでTraveling Wilburysの"Vol.1"を探して衝動買い。

すると、Twitterでは、L.A.の警察が発表したTom Pettyの死亡報道は誤報だというニュースが流れる。

誤報なら誤報であってほしいと思いつつ、結局家にいる間は真相がわからないまま。

会社に出て、ときどきスマホや会社のパソコンでニュースをチェックしていたが、午後になって、Yahooニュースにも彼の死亡記事が出た。

またかあ。

Tom Pettyを知ったのは1978年。

Tom Petty & The Heartbreakersは1978年にデビューシングル”Breakdown"をTop40入りさせる。

でも、1週だけ40位に入っただけで落ちてしまい、全米Top40で聴いた覚えはないんだが、当時ロック少年・少女のバイブルだった雑誌「ミュージックライフ」ではデビューアルバムのジャケットを見ることは多かったし、次のシングル"I Need To Know"は日本でもちょっと話題になって(FMのダイヤトーンポップスベスト10にははいってたんじゃないかなあ?)、私もその存在は知っていた。

e0242504_22271827.jpg
彼らの存在が完全に知れ渡ったのはセカンドアルバム”Damn The Torpedoes"(破壊)(ジャケット写真は一番上↑)で、ここからのファーストシングル”Don't Do Me Like That"(危険な噂)は見事Top10入りを果たし(結局グループ単独としては唯一のTop10ヒットになった)、セカンドシングル”Refugee”(逃亡者)もTop20入り。

e0242504_22285610.jpg
その後、”Hard Promises"(写真左上)、”Long After Dark"(写真右)と、アルバムはTop10入り、シングルもだいたいTop20には入るというアベレージヒッターに成長していった。

彼らのサウンドは、Tom Pettyのちょっとヒネたボーカルに、ソリッドなギターサウンド、それにかっこよくからむキーボードがなんとも心地よくて、めちゃ好きという曲はないんだけども、聴いてるうちにだんだん引きこまれるスルメのような味わいなんですよね。

e0242504_22335443.jpg
そういうスルメの味わいはプロのミュージシャンにも好かれたようで、グループとしてコンスタントにヒットを飛ばすかたわら、まだ妖精だったStevie Nicksのソロデビューアルバムに参加し、そのコラボ曲が見事ファーストシングルとなってTop3入りの大ヒットとなりました。

e0242504_22401743.jpg
この”Stop Draggin' My Heart Around"(嘆きの天使)は彼がクレジットされた曲で最大のヒットになったし、このほかにもDel Shannonの復活アルバムをプロデュースしたり(シングル”Sea Of Love"も見事Top40入り)、Dwight Twilleyのシングル”Girls"に顔を出して、見事ヒットさせたりと大活躍でした。

e0242504_22431131.jpg
そのあたりがTraveling Wilburysにもつながったんですかねえ。

e0242504_22463815.jpg
ほかにも、のちに彼の曲をカバーする人もいて、Def Leppardはカバーアルバム"Yeah!"(写真右)ではイギリス色を前面に出してる中で、彼らの”American Girl"をカバーしてます(そういえばTwitterにもDef Leppardによる追悼のツイートがありました)。

e0242504_22502313.jpg
また、3枚のカバーアルバムセット60曲入りをお安く買うことができて今も大のお気に入りである美女と野獣コンビ(写真左)に至っては、グループの”Here Comes My Girl"とソロの”Free Fallin'"もやってます。

玄人ウケもするミュージシャンなんでしょうね。

e0242504_22540538.jpg
そんな彼らなんで、5枚目のアルバム”Southern Accents"ではEurythmicsのDave Stewartと組んでみたり、大ヒットしたTom Pettyのソロアルバム”Full Moon Fever"ではJeff Lynne色満載で迫ってみたりと、相変わらずアーティストからモテモテぶりを見せつけるような活動を続けていくわけですが、このあたりは個人的にはあまり好きではなくて、今でもよく聴くのは4枚目のアルバムまでの曲が中心ですね。

でも、なんじゃかんじゃとこれぐらい書いてしまうぐらい、思い入れがあるわけで、ほんと寂しい限りです。

《What's The Title?》

e0242504_22003188.jpg
Tom Petyy & The Heartbreakers/Tom Petty & The Heartbreakers

タイトルは彼らのデビューヒットに敬意を表して”Breakdown"。
あとあとの彼らの曲と聴き比べてみるとよくこの地味な曲をファーストシングルにしましたよね。
サビのところではそれなりに盛り上がりますけど、そこまではじわりじわりという感じで、一発で仕留めるキャッチー差はないので、ギャンブルだったと思います。
聴けば聴くほど味が出るのは彼らの持ち味で、初めて聴いたときはあまり印象に残らず、最初はアルバム内でもほかの”I Need To Know"とか”American Girl"の方が好きだったんだけど、今は断然”Breakdown"推しになってます。
スルメの威力です。

[PR]
郵便受けにチラシが入っていた。

e0242504_16004332.jpg
江古田北口商店街による「きたぐちフェスタ」。

我が家では江古田ゆうゆうロードのナイトバザールにはたまに行ったりするんだが、今まで「きたぐちフェスタ」とやらには行ったことがない。

でも第43回と書いてあるので、それなりに歴史はあるみたいだ。

午前中にスポーツクラブに行って、午後からかみさんと娘2号を連れて行ってみた。

e0242504_16050364.jpg
いろいろな屋台が出ていて、しかも屋台業者じゃなくて、地元のお店がテントを張って出していて好感が持てる感じ。

ちらしを見て、生ビールと焼き鳥、マグロフライなどを狙っていたんだが、車がすれ違えそうにない狭い通りに密集して屋台が出されているので、どこもかしこも混雑していて、酒の肴を物色するような雰囲気ではない。

ビールを買っても、つまみと一緒に飲み食いするスペースはないわな。

e0242504_16082126.jpg
企画倒れ的な感じになってきたので、この通りに面しているイタリアンのCaffe Bluに二人を誘う。

このCaffe Bluは一度かみさんとランチに来たことがあって、なかなかよかったし、今や食べログでも高得点を獲得しているんだが、それだけに混んでいて、先週もランチに来たけど、はいれなかった。

e0242504_16125239.jpg
今日もイベントで混んでるかなと思ったら、ちょっとだけ空席があり、運よく入店できた。

店にはThe Style Councilの"Cafe Bleu"のLPジャケットも飾られ、ご覧のとおり落ち着いた内装なんだが(さっきまでここにもおばさん軍団がいた)、運悪く、おばさんの団体が3組もいて、でかい声でしゃべっていて店の雰囲気はぶち壊し状態。

e0242504_16164745.jpg
それにもめげず、かみさんと娘2号は、カルパッチョとパスタ、コーヒーのAコース1,350円を、私は前菜、パスタ、デザート、コーヒーのBコース2,200円をオーダー。

前菜は左の写真のような感じで、いろいろなものが味わえて楽しい。

e0242504_16184457.jpg
そして、パスタは2種類から選べるんだけど、私はタラのペペロンチーノ(写真右)にしました。

お試し済みでしたけど、味はまいう~で、ちょっとお高めだけど、いい感じのイタリアンです。

屋台で昼食をすますつもりだったのが、ちょっと散財しちゃいましたけど、いつもは忙しい娘2号と一緒だったし、こういうランチもたまにはよかろう。

《What's The Title?》

e0242504_15174232.jpg
Cafe Bleu/The Style Council

店にこのジャケットが飾ってあったし、たぶんこのアルバムにちなんだ店名だろうということで、タイトルはアルバム"Cafe Bleu"から、それっぽいタイトルの"Blue Cafe"にしました。
ジャズが苦手な私にとっては、このアルバムは正直しんどいんですよね。
Paul Wellerは何をとち狂ってしまったんだろうと当時は思いました。
タイトルにした”Blue Cafe"もつまらん曲だったという記憶しかありません。
なにしろLPは買いましたが、CDで買い直していないので、この音源とはご無沙汰なんですよね。
意外と歳をとって波長が合うかもしれないから、今度図書館ででも借りてみるかな。


[PR]
by falling7813 | 2017-10-01 16:28 | food | Comments(0)