<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日はかみさんと映画に行くことになった。

もともとこの映画を見たいと言われていたんだが、先週末は席が予約できず、今日に持ち越されたのだ。
先週末の教訓を踏まえ、夏休みだった木曜の夜にネット予約を済ませた。

映画は11:15なので、その前に用事を済ませる。

e0242504_20423467.jpg
まず図書館へ。

実は1年ほど前に、突然"Lady Bump"が聴きたくなって、練馬区の図書館のデータベースで検索したら、「70’s Disco」というコンピレーションに入っていた。

予約していたのがやっと届いたので取りに行き、ついでに↑のようなラインナップを借りてきた。
”Geroge Fest”も楽しみだなあ。

e0242504_20522792.jpg
図書館の後、クリーニング屋へ寄り、かみさんと映画館へ出撃。

見る映画は「パイレーツ オブ カリビアン 最後の海賊」だ。

映画館で映画を見るのは2年前の「ジュラシックワールド」以来だ。

e0242504_20552231.jpg
しかも、今回はかみさんから4DXで見たいという注文があり、行先は豊島園のユナイテッドシネマズになり、席数が少なく、4DX用の劇場は他の映画と使いまわしていて、「パイレーツ」は1日2回しか上映がないので(しかももう一回は夜の10時台)、チケット確保も難航した。

窓口でネット購入した11:15の回のチケットを受け取る。
4DXは一般の映画より高くて、一人3,200円するんだが、我々夫婦は老齢夫婦割引の対象になるので、二人で5,000円に割引になる。
しかも、前回「ジュラシックワールド」を見た時に買った3Dメガネを捨てずに持っていた貧乏性の私は100円引きだ(かみさんは当然捨てている)。

e0242504_21030860.jpg
いよいよ入場。

私は体をシェイクされるのはあまり得意ではなく、昨年3月に行ったUSJでは、きゃりーぱみゅぱみゅやハリーポッターで気持ち悪くなってしまったので、4DXには不安がある。

実際、本編前のお試し映像ではかなり座席が動き、不安を感じながら本編スタート。

e0242504_20252785.jpg
実は「パイレーツ」シリーズは一作も見ていない私だが、とりあえず楽しめる内容でした。ちゃんとPaul McCartneyも見逃さなかったし。

まあ、「インディジョーンズ」なんかと同じで、勧善懲悪の水戸黄門的なストーリーのスペクタクル映画なんですかね。
ジャックがご都合主義で何事もうまく行っちゃうのは笑っちゃいました。
かみさんが好きなのはよくわかりました。

私はあえて映画館で見るほど好きではないというのが見終わった感想ですけど、かみさんがめちゃ喜んでいたので、よしかな。

4DXも、出てくる乗り物がほとんど船なので、やたら濡れましたけど、それほど速い動きはなかったので、無事に見終わることができました。

2時頃映画が終わり、夜は家族4人そろうので、一緒に外食しようという話になり、帰りにパンを買って、家で軽い昼食にして、私はスポーツクラブへ。
昨日サボっちゃったので、今日は9kmちょっと走り、4kmほど歩いてがっつりカロリーを消費しました。

e0242504_21134268.jpg
ところが、スポーツクラブでランニングマシンを終えたころから本格的に雨が降り出し、風呂を出て帰る頃
には土砂降り。

結局6時を過ぎても雨足は弱くならなかったので、今夜の外食は中止し、ライフで弁当や総菜を買って夕食にしました。

一応、外食は明日の昼に延期を宣言したんだけど、娘どもはついてきてくれるだろうか?

《What's The Title?》

e0242504_21161081.jpg
Let It Be/The Beatles

タイトルは「パイレーツ」の映画に使われていたらしい”Maggie Mae"。
ほかのタイトルも考えてたんだけど、使われていた曲を優先で。
といいつつ、どこで出てきたか記憶にないんですよね。
でもPaulの出演がからんでいるのかな。
アルバム”Let It Be"に収録されていますけど、”Dig It"と並んで1分に満たない演奏時間で、尻切れトンボのほとんど鼻歌レベル。
最初に聴いたときから、なぜこんな形でアルバムに入れているのか理解できないですね。
そういえば、今日の映画のエンドロールでは、メンバー4人の共作とクレジットが出た記憶があるんですが、これってトラディショナルソングじゃなかったかなあ?
権利買っちゃったのかなあ?


[PR]
いろいろとゴタゴタした問題は、とりあえず収束の方向に向かい、私の出番も終了。
もともと今日は仕事のスケジュールがぽっかり空いていたので、予定どおり夏休みをとった。

e0242504_22191088.jpg
かみさんの希望で久々に入間のアウトレットへ。

いつもは開店時間に合わせて行くんだが、平日だからそんなに混んでないだろうと、10時半ごろ現地に到着。

夏休みだけど、平日なんでさすがにすいててのんびり買い物。

かみさんのスポーツウエアを中心に物色したんだが、気に入ったものが見つからず、いつもの爆買いにはならない。

e0242504_22251770.jpg
それでもかみさんのスポーツサンダルと娘2号のTシャツを買ったところでランチ。

ここに来るとビュッフェレストランでランチするんだが、店名が「FOUR ROOMS」から「Buffet the Forrest」にかわっていた。

内装や店舗レイアウトは変わってたけど、FOUR ROOMS時代にアドレス登録していたかみさんのところに、新しいお店からメルマガが来ていたので、経営者は同じかな。

なんとドリンクバーにスムージーが加わっていて、材料から自分でスムージーが作れるという趣向。

e0242504_22292823.jpg
さっそく眼にいいであろうミックスベリーを中心にヨーグルトやリンゴ、マンゴー、バナナなどを混ぜて作ってみた。
これはおもしろいねえ。

料理の方は、野菜料理が増え、デザートの種類が増えて、中華料理(といっても焼きそばと点心ぐらいだったけど)がなくなったりといった違いがあったけど、クオリティはまあいい感じですかね。

相変わらず意地汚くがっつり食べて超満腹状態で午後のショッピングへ。

でも、午後の買い物も不発で、これといったものが見つからず、ルピシアでお茶と干しブルーベリーを買って買い物終了。

今までにない少ない買い物での撤収となりました。

ぼちぼちおじさんおばさんたちとアウトレットは波長が合わなくなってきたのかねえ。

e0242504_22425929.jpg
思いのほか早い帰宅となり、昼の暴食でいつまでもおなかは空かないので、夕食はなしにしてスポーツクラブへ。

会社へ行ったあとよりは早く着いたが、いつもより混んでいてびっくり。

とりあえず筋トレをいくつかやって、ランニングマシンを10kmちょっと歩いて終了。

風呂から上がって体重測ったら朝よりは微減といったところで、昼の暴食とチャラにしたかな。

《What's The Title?》

e0242504_22162812.jpg
No Secret/Carly Simon

ちゅうことで、今日のアウトレット遠征が無益に終わったので、タイトルは"You're So Vain"。
私にとってCarly Simonといえば、「007私を愛したスパイ」で初めて出会ったわけで、ちょうど同じころ"Handy Man"をヒットさせていたJames Taylorと夫婦というのもどこかの音楽番組か何かで聴いて知っていた。
その後「軽音楽をあなたに」でこのNo.1ヒットを知ったんだが、好みで行くと可もなく不可もなくということころですかね。
その後昔の洋楽をお勉強しようと古本屋で買った1972~73年頃の「ミュージックライフ」を見ると、結構日本でも注目されていたスターだったようで、ちょっと驚きました。

[PR]
梅雨が明け、学校が夏休みに突入した週末。

e0242504_15075239.jpg
土曜日は、午前中いつものように図書館へ行き、読み終わった本を返し、左の写真のようなラインナップを借りてきた。

先週水曜日に、2004年11月に前のブログを始めて以降に読んだ本のデータベースを更新してみたんだが、もうすぐ延べの冊数が800に達する。

とくに4月に東京に復帰してからの読書はハイペースで、4月6冊、5月7冊、6月はなんと10冊、7月もすでに9冊だ。

名古屋の時は月2~3冊のペースだったので、ずいぶんペースアップしてる。
やっぱ通勤時間が長いからかなあ。

午後にはスポーツクラブへ行って、フルメニューの筋トレ。

e0242504_15152681.jpg
家に帰り、土曜恒例になりつつある夜の外食。
昨日もかみさんとふたり。

暑かったので近場のちから亭へ。
4月の東京復帰以来早くも3回目。
もうお得意さんだな。

e0242504_15173762.jpg
みっちりトレーニングしたのともろもろのご褒美にエビスビールをいただく。

運動の後のビールは至福だなあ。

かみさんはチーズときのこのリゾット、私はポークジンジャーを頼んだのだが、私のは売り切れで、ポークアラカルトに変更。

e0242504_15201156.jpg
バルサミコソースのポークソテーをメインに野菜類がいろいろあって楽しめるメニューで、まいう~でした。

かみさんが映画を見に行きたいと言っていたので、帰って調べてみたが、かみさん希望の4Dは席数が限られていて、とりあえず日曜の分は手ごろなのはなし。

e0242504_15270859.jpg
ちゅことで、日曜もいつもの日曜日。

かみさんがフルーツなどを盛り合わせた朝食。
こういうのは、単身中には絶対にないので、うれしい限り。

昼は珍しく全員がそろうので、ピザをオーダー。

e0242504_15295238.jpg
ネットで注文して、スポーツクラブの帰りに受け取って、1枚がタダ。

昼から缶(第三の)ビールをあけていただきました。

さすがに一食でLサイズ2枚は完食できないので、今日の夜も残ったピザだな。

そんな感じで、週末にはいろいろなものを食べて英気を養って、明日からの仕事に向かいます。

先週末にトラブルが発生して憂鬱極まりないんだが、サラリーマンだから逃げられないのでねえ。

《What's The Title?》

e0242504_15025326.jpg
Summertime Blues/Eddie Cochran

明日からのことを考えるとちょっと憂鬱なので、タイトルは”Summertime Blues"。
すっかりスタンダードになっていて、我が家にもBlue CheerとThe Whoそして王様のバージョンがありますが、オリジナルに敬意を表してEddie Cochranで。
いわゆるロカビリー時代の人なんで、その後のカバーバージョンに比べるとアコースティックでのんびりした感じはありますが、そのキャッチーナリフとメロディーはカバーバージョンを含めてヒットするのもうなずけますね。
歌詞は情けないものがありますけどね。
つける薬ない夏の憂鬱

[PR]
by falling7813 | 2017-07-23 15:51 | food | Comments(0)
この週末はうれしい3連休。

e0242504_18534137.jpg
しかも土曜日には家族が私の歓迎会を開いてくれた。

単身赴任中は、家に帰ると何かと理由をつけて家族で外食をしたんだが、東京に戻ってからはなかなか全員の都合がつかなくて、みんなで外食というのがなかなかできず、「せっかく帰ってきたのに歓迎会もないのか」とことあるごとに文句を言っていたら、ついに娘どもが企画してくれた。

場所は3年前に一度家族で来た池袋のシュラスコ屋

前にも書いたとおり、シュラスコにはなじみがある我が家。
娘どもも大好きということで、ここを選んだようだ。

e0242504_19001208.jpg
5時半に娘2号の予約で店に入る。
なんかうれしい。

夜のコースで、ランチと比べるとシュラスコの種類も多いし、サイドメニューも充実しているようだ。

e0242504_19021265.jpg
あっという間に肉の皿はいっぱいになるほどいろいろな種類のシュラスコが来て、がっつり肉をいただく。

e0242504_19051404.jpg
3年前に来た時は肉を運んでくる外人さんがあまり日本語で話さなかったんだが、今回は外人さんも「豚のスペアリブいかがですか」とか普通に日本語で話しかけるので、あたふたしながら身振り手振りのリアクションはせずに済んだ。

3年の間にいろいろクレームがあったのか、慣れたのか、どうなんだろう?

e0242504_19083286.jpg
肉をひととおりいただき(牛肉のサーロインが一番うまかったですね)、サイドメニューでもブラジル料理のしょっぱくて肉の味がするぜんざいフェイジョアータ(写真左)などもいただき、デザートでアイスまで食べてハイカロリーな宴でした。

娘プロデュースでしたけど、支払いは私。

やむなし。

そんな感じで華々しくスタートした三連休ですけど、暑い日が続くということで、あとは特段の予定なし。

日曜日は娘二人は出かけて、かみさんと二人が残るいつもの休日。

私は髪が伸びていたので床屋へ行き、図書館へ行って、昼食後スポーツクラブへ行くといういつものパターン。

先週の飲み会ウイークと土曜日のシュラスコで体重が高止まっているので、体重を減らすためにランニングマシンで、13km弱走り、3kmちょっと歩いて、大量に汗を出す。

おかげで今朝の体重は前日から2kg減。

e0242504_19241448.jpg
今日も特に予定はなく、午前中にスポーツクラブへ行って、軽い筋トレとウォーキング。

真夏日を記録した猛暑の中、家に帰って昼食すると、スポーツクラブの疲れも重なりお昼寝。

ちなみに二日連続で幼稚園生みたいだ。

なぜか娘二人も出かけず、夜も全員揃うということで、池袋東武で夕食の買い出し。

e0242504_19264666.jpg
4時から5時のタイムサービスの時間を狙って行って、娘どもの好物のローストビーフをメインに、あれこれと買い、在庫の豊盃をあけていただきました。

まいう~

しかし、家族と一緒だったので、豊盃は1合ほどしか飲めずに片づけられてしまい、ちょっと不完全燃焼気味だけど、まあ明日から仕事だし、明日も飲み会だから仕方ないかな。

明日からもがんばりますかね。

《What's The Title?》

e0242504_18515138.jpg
Beverly Hills Cop Original Soundtrack/Various Artists

三連休中連日の猛暑で、梅雨はどこへやら、ついに真夏のスイッチが入っちゃったかなあということろで、タイトルは故Glenn Freyの"The Heat Is On"。
言わずと知れたEaglesの中心メンバーとして一世を風靡したGlenn Freyですけど、ソロではEaglesのさわやかサウンドは封印し、なんかちょっとソウルっぽいけどふにゃっとしたサウンドで、イマイチウケずに終わってしまっていたところに、このサントラ。
主演のエディーマーフィー人気にも便乗し、クズのようなこの曲が大ヒットして、結局Kenny Loggins同様のサントラシンガー化して、「マイアミバイス」では俳優デビューまでしちゃいました。
EaglesのGlennが好きだった私にとっては複雑な展開でしたが、今となってはそんな彼もあの世の住人ということで、寂しい限りです。

[PR]
by falling7813 | 2017-07-17 19:37 | food | Comments(0)
新しい職場になって2週目。

今週は飲み会ウイークになった。

月曜日は仕事がらみの飲み会。
会社のそばの居酒屋だったが、その後も飲み会が続くのはわかっていたので、生ビールのあとスローペースでハイボールを飲み安全運転。

火曜日は休肝日ということで、夜はスポーツクラブへ行って酒太りにちょっとだけ抵抗。

水曜日は、会社の大先輩との飲み会。
ここも安全運転で行きたかったんだが、先輩の酒は断れず、ビールからの冷や酒という流れで、記憶がとぎれとぎれになり、2軒はしごしてフィニッシュ。
2軒目は入店の時と店を出て地下鉄の駅にたどり着いたところぐらいしか記憶にない。
ちゃんとお金払っただろうか?

木曜日は、完全に二日酔い。
朝会社に着いたら、ポカリスエットのお世話になりつつ、お仕事。
それでも夜はやってきて、新しい職場の歓迎会。
体調の回復具合は70%ぐらいかなあ。

e0242504_07065759.jpg持ち込みOKの立食パーティーだったので、弘前で仕入れた豊盃の一升瓶を登板させたわけだが、私は安全運転でビールオンリー。

無事に立食を終えたんだが、気を使われて二次会に誘われて、断るのも忍びなかったので、月曜と同じ居酒屋でハイボールをいただく。

さすがに体調が戻り切っていなかったので、水曜ほどの深酒もせず、記憶のある状態で帰宅。

そして金曜日。

今週は飲みが続くのが確定していて、酒太りは必至なので、木曜か金曜の朝にでもウォーキングしようかと目論んでいたんだが、そんな元気もなく、飲み疲れたままモヤッと出勤。

仕事を終え、職場のある大手町から千代田線に乗り遠征。

e0242504_08220779.jpg
行先は金町。

「金町」っていうと、どうしても♪ひとに聞かれりゃおまえのことを~ 歳の離れた妹と~♪って歌を連想してしまうんだが、これは「花街の母」だ。

北千住とか綾瀬、松戸あたりは仕事で来たことがあるけど、金町はたぶん初めてじゃないかなあ。

e0242504_08230348.jpg
なぜ金町かというと、ここで仕事をしている弟との飲み会だ。

e0242504_08235776.jpg
弟とは正月に実家で会って以来だが、4月に東京に転勤になったときに、「職場が大手町なんで、金町には一本で行けるから近いうちに金町で飲みましょう」とあいさつメールを送っていたのが実現の運びとなったわけだ。

待ち合わせの時間より早く着いたので、金町駅周辺をうろうろ。

e0242504_08253687.jpg
ちょうど手持ちの「ロスジェネの逆襲」を読み終わったところで、BOOK OFFでもあれば次の本を探せてよかったんだが、見つけられず待ち合わせの時間になった。

弟夫婦と合流し、駅周辺にいかにも下町っぽい飲み屋がいっぱいある中、住宅街にあるみよしという居酒屋へ。

年季の入った店構えで、なかなか一見客には入れない雰囲気なんだが、出てくる料理はどれもおいしくて、とくに刺身は鮮度抜群でした。

焼き鳥もまいう~でした。

ここでは生ビールの後、ホッピーセットをいただき、ホッピー1本でやたらと量の多い「中」を3^4回おかわり。

それでそこそこ飲み食いして、単価3,000円以下というのは驚きのコスパ。

e0242504_08260914.jpg
もう一軒行こうという話になり、すぐ近くのももクロも来たというもつ焼きがメインのお店へ。

店名を忘れてしまったが、吉田類が出てきそうな(弟によればほんとに来たことがあるらしい)カウンター主体の店で、カウンターに3人並んで座り、持つ焼きや煮込み、ワサビの茎の漬物などを肴に飲む。
e0242504_08303042.jpg

ビールよりも断然焼酎系の方が安いし、つまみも焼酎が合いそうなので、私はチューハイからの静岡ハイ。

弟から金町の飲み屋は安いと聞いていたんだけど、ここは2軒目でそんなにヘビーには飲まなかったけど、単価2,000円以下でおさまっちゃって、金町の凄さを思い知らされました。

弟によると亀有や立石もすごいらしいので、また葛飾飲みをしてみたいものです。

そんな感じで、いろんな人と飲んだ飲み会ウィークを締めくくったのでした。

《What's The Title?》

e0242504_06491229.jpg
Invisible Touch/Genesis

ちゅうことで、タイトルは今週は深酒したし、最後に一緒に飲んだ弟が好きだったGenesisの"In Too Deep"。
Phil Collinsのソロ活動が大成功する中リリースされ、ファーストシングル"Invisible Touch"が彼らにとって初のNo.1ヒットになったわけですが、なんかソロのヒットの勢いで作っちゃいましたって感じでチャラすぎる印象がありました。
でもこの"In Too Deep"は落ち着きがあって、ソロとは一味違う渋いサウンドで、アルバムの中でも一番好きですね。

[PR]
鰺ヶ沢、弘前の旅を終え、いよいよ7月から新しい職場だ。

初出勤は3日だが、正式には7月1日付の異動で、秋田の東横インに泊まっている間に異動になっていたわけだ。
年寄の異動なんで新聞にも載ったようだし。

3日からの新しい職場は、予想どおり鬱陶しいところもあるけど、そうでもないところもあり、まだ何とも言えないが、6月までに比べると、仕事の量は増えたので、それに身を任せるしかないかなあ。

e0242504_07065759.jpg
弘前の柳田酒店から宅配した豊盃は月曜日に無事に我が家に届いたようで、1升瓶(写真左)の方は会社の皆さん用に火曜日に会社へもっていく。

さすがにこれを持って満員の丸の内線に乗るわけにはいかないので、火曜の朝はいつもより30分早く家を出ました。

火曜日は夕方から豪雨になったので、スポーツクラブに行くのは難儀な展開。

宅配で届いた豊盃は1升瓶1本と4合瓶3本なんだが、お店のお勧めに従ってクール便で送ったんだけど、それを受け取ったかみさんがせっかくクール便で来たんだからと、キャパ的に無理だった1升瓶以外は冷蔵庫に入れてくれていて、それじゃあ申し訳ないからと、火曜の夜に4合瓶を1本開けることにする。

e0242504_07140307.jpg
かみさん娘1号にどれがいいか聞いたら、大吟醸がいいというので、晩酌でいただきました。

まいう~

弘前の旅で4合飲んでも大丈夫だってわかってたんだが、かみさんと娘1号の検閲は厳しく、みんなで2合ほど飲んだところでしまわれてしまい、結局水曜、金曜に分けて1本空けました。

水曜の朝、例によって5時前に目が覚める。

火曜にスポーツクラブをサボったし、暑いからシャワーでも浴びるかと風呂場まで行って、せっかくだから軽くジョギングするかと思い立ち、東京復帰後初の8kmほどの外ジョギング。

スポーツクラブでは何度もマシンの上を走ってるけど、やっぱ使う筋肉が微妙に違うし、朝とはいっても台風一過で温度も湿度も高くて、バテバテでした。
たまには走らなきゃなあ。

金曜日には新しい職場で初めての飲み。
スケジュールの都合がつく人だけで、私含めて5人という少人数でしたが、いろいろ話を聞けて収穫あり。
正式バージョンの飲み会は今週だ。

e0242504_07222466.jpg
金曜日は1軒だけで、それほど大酒したつもりはなかったんだが、土曜日の朝は微妙にダメージが残っていて、午前中はダラダラと過ごし、午後からスポーツクラブへ。

e0242504_07272185.jpg
とりあえず70分ほどマシンを歩いただけで終了し、光化学スモッグ注意報が発令されている中を、環七を目指して歩く。

さすがに暑いが、5時近くだし、スポーツクラブで風呂に入ってそれなりにさっぱりしたんで、なんとか目的地にたどり着く。

行先は貧乏人の味方ディスカウントスーパーOK。

e0242504_07305122.jpg
土曜日の夜は、かみさんはテニス仲間と飲み会、娘1号は友達と遊び、娘2号は名古屋に遠征ということで、東京復帰以来初の家で一人晩飯。

近所の飲み屋でも行くかとも思ったんだが、お金もかさむので、家飲みすることにして、お安く調達するためにここに来た。

夕食を調達して、家に帰ったら、なんと娘1号が先に帰ってきていた。

e0242504_07343595.jpg
お互いに夕食は別々という話になっていたので、娘は夕食を済ませたらしく、予定どおりひとり夕食。

単身生活では毎日そうだったのに、今となっては貴重だ。

OKの惣菜は揚げ物主体なんだが、まだアルコールが微妙に残ってるし、暑いので、OKとしては異例の、さっぱり目のラインナップ。

右手前ののり弁の198円がOK値段だ。

オリオンの第三の缶ビールを飲み始めたが、あまり勢いがつかず、つまみが足りなかった時のために買ってきたかにかまにも手を付けず、お酒はこれだけで終了。

そうこうしていると、娘1号が買い物があると出かけて、結局予定どおり一人の夜。

e0242504_07415110.jpg
テレビをつけて、「青空レストラン」→「7時のニュース」ときて、今日のお楽しみ「ブラタモリ」in弘前。

弘前の街中のいたるところにポスター貼ってありましたからねえ。

e0242504_07464173.jpg
弘前公園本丸跡からの岩木山という私好みの景色からスタートし、禅林街リンゴの選定の話など、王道の弘前話で大満足な内容でした。

1週間前に行ったばかりだったので、懐かしい感は薄れてしまったのは、ちょっと損したかな。

でも、私が通ったところを結構タモリ一行も通っていたのはうれしかったですね。

時間的には向こうが先か。

放送後は、沼田みたいにタモリ一行の行ったルートを観光名所として売り出すんだろうなあ。

2年間お世話になった街なので、がんばってほしいものだ。

《What's The Title?》

e0242504_07022402.jpg
Hawaiian Covers Island Flavor/Various Artists

7月の第一週は初めて尽くしでしたので、タイトルは、最近よく聴いているハワイ系の曲の中から、Keali'i Reichelの"For The First Time"。
タイトルどおりハワイのアーティストによるカバーバージョンを集めたアルバムで、”Lovin', Touchin', Squeezin'"や"Don't Know Why"とか"Goodbye To Love"などいろいろなカバーが入っていて、それぞれがハワイフレーバーですごく楽しいアルバムです。
Keali'iのこの曲はKenny Logginsの映画音楽のカバーで、Kenny Logginsのバージョンよりも軽くてさわやかで、今の季節にいいっすよ。

[PR]
前のエントリで計画について書いた旅行当日。

なんとか仕事を定時で終えて、6時ごろ家に帰り、着替えて出撃。

池袋に戻り、湘南新宿ラインに乗ったら、激混み。
考えてみたら、普通に帰宅ラッシュの時間だもんなあ。

e0242504_17393041.jpg
大宮で降りて夕食を物色したが、大したものはなく、おにぎりを待合室で食べ、秋田新幹線に乗る。

せっかくの旅行なのに、風邪気味。

でも新幹線にはビールは欠かせない。
e0242504_17401378.jpg
ホームのKIOSKを見たら、サッポロクラシックを売っている。
しかも大人の休日倶楽部パスがあると1割引だ。
KIOSKのおばちゃんは愛想良く「サッポロクラシック美味しいですよね」と笑顔で品物をくれる。

e0242504_17410303.jpg
ビールを飲みながら3時間ちょっとで秋田に到着。

すでに11時を回っており、名古屋転入の時の三連泊以来久々の東横インでただ寝るのみだが、例によって空調が合わずなかなか寝つけず。

翌朝、早く目覚めて、外を見るとがっつり雨で散歩の余地などなく、まずはシャワーを浴びる。

e0242504_17434676.jpg
時間前にフロントに下りて、新聞を読みながら朝食の時間を待っていたら、あっという間に列ができる。
お年寄り率がが高い。
みんな早起きだ。

こういう人たちが観光需要を支えているんだろうけど、年金財政が破綻しようとしてるのにどうなんだろうなあ?

混んでたので早々に食事を切り上げ、部屋に戻り出撃。

e0242504_17442156.jpg
秋田からリゾートしらかみに乗りこむ。
弘前時代は仕事などでしょっちゅう乗っていたが、秋田から乗るのは初めてだし、この日に乗った橅編成はリニューアルされている。

e0242504_17450839.jpg
能代を過ぎたところで、リニューアルの目玉バーカウンターORAHOへ。

5種類の地酒のうち、我らが尾崎酒造の斜陽館(200円)と弘前の松緑の大吟醸(300円)をいただく。

e0242504_17472880.jpg
なかなかオツな企画だ。
ちゃんと蓋のついた器で入れてくれるので、二杯目の松緑は席に持ち帰って、持参したおつまみセットといただく。

e0242504_17484540.jpg
リゾートしらかみは五能線に入り、日本海の絶景ポイントを通り、いいところでは徐行してゆっくり景色を見せてくれるんだが、あいにくの天候で景色はイマイチ。

十二湖深浦と弘前時代に旅行した懐かしい駅を過ぎて、下車する鯵ヶ沢に到着。

雨が上がっていてひと安心。
e0242504_17542412.jpg

鯵ヶ沢駅から20分ほど歩いて尾崎酒造に到着。
そう、今回の旅の最大の目的は、ここ。

幸い名古屋でも顔を合わせたことのある亡くなられた社長の息子さん(たぶん現社長さんだろうなあ)がいらっしゃったので、ご挨拶して、赤ラベルと大吟醸を購入。
e0242504_17582214.jpg

尾崎酒造を出たら、天気も良くなり、海の色もきれいになってきたので、ところどころ寄り道して海の景色をみながら、海の駅わんどへ。

尾崎酒造よりもここの方が駅に近く、ここでも安東水軍は買えるんだが、今回は尾崎酒造で買うことにこだわった。
e0242504_17592134.jpg

わんどではランチ。
せっかく来たので鯵ヶ沢名物として売り出し中のヒラメのヅケ丼(写真左)をいただく。

絶品とまでは言えないが、ヒラメの切り身がたくさん乗ってて1,300円のコスパはさすが。

e0242504_18013136.jpg
まだ時間があるので、わんどの2階にある鯵ヶ沢出身の力士舞の海関連の展示をした相撲博物館を見学。

過去にも来たことがあったが、リニューアルされていて、土俵型のセットで舞の海の名勝負のビデオを見られるようになっていた。
e0242504_18031358.jpg
座れる席もあったんだが、お話好きのお年寄りがたくさんいらして賑やかだったので、少しだけ見て退散。

その後、町をぶらぶらして、海水浴場を眺めて駅へ。
駅のそばにローソンができてて驚く。
こんなところに作って大丈夫なんだろうか?

e0242504_18044111.jpg
まだ時間があったので、5年ぶりに駅前で鯵ヶ沢が誇る?B級グルメチキンボー(普段は200円だが土曜日は170円に値引き)をいただき、駅の待合室へ。

待合室に着いて、KIOSKがなくなっていたのにまた驚く。
過疎地なのでなくなる方はまだありだとは思うが・・・

e0242504_18095715.jpg
鯵ヶ沢駅からまたリゾートしらかみに乗り、弘前へ。
二日目の宿はここで、駅前の東横インにチェックインして、荷物を置いて買い物に。
会員カードのポイントがたまっていたので、弘前では特典を使ってタダで宿泊。

かつて住んでいて地図なしでも歩ける町だが、いろいろ変化はある。

まず驚いたのはセブンイレブンがあったこと。
住んでいた頃は青森県にはなかったんですよね。

e0242504_18123238.jpg
土手町を歩いてたら、まだまだ頑張っている店も多い中、ルネスアベニューが閉店。
そのとなりの国際ホテルもスマイルホテルに変わっていた。

ルネスは当時からあまり羽振りが良くなさそうだったのでそんなに驚かなかったんだが、国際ホテルの社長さんとは会合で会う機会も多かったんだが、どうされたかなあ。

e0242504_18130567.jpg
土手町を抜けて柳田酒店へ行き、弘前の至宝名酒豊盃を多めに買い、宅配を手配。

続いてラグノオで家族と会社への土産を手配。

そして駅の方に向かい、弘前市民の台所虹のマートへ。

e0242504_18154270.jpg
ここも思い出がある。

まず、初めて弘前に来たとき。
初めての東北生活の不安と、震災の影響で荷物が当分来ないんで持てるだけの重い手荷物を持って、ここで来るはずのホテルの送迎バスを待っていた。
4月なのに寒いし、繁華街っぽいけど暗いし、バスは来ないし、不安だった。
結局待てど暮らせどバスは来なくて、タクシーに乗ったんだったなあ。

e0242504_18573757.jpg
次は弘前を離れる時で、初めての北海道生活と初めての仕事の不安の中、ここで買った惣菜で東横インで最後の晩餐をした

ちゅうことで、ここに来るとなんとなく暗い気持ちになるんだが(実際週明けの仕事を考えると今もブルーではあるんだが)、近くのヨーカドーやヒロロと比べても、品物はいいし、閉店時間が近くてコスパもいいので、ここで夕食を調達し、ホテルの部屋で夕食。

e0242504_18535676.jpg
ホテルの部屋では、尾崎酒造で買ったばかりの赤ラベルを開けて、亡くなった社長を一人でしのぶ。
今回の旅ではどこかで安東水軍を飲みたかったわけだが、一人だし、コスパやらスケジュールやらいろいろ考えて、こういう形になった。

今まで長年酒を飲んできてるんだが、一人で日本酒をたくさん飲んだことがなくて、日本酒の許容量がわからない。
四合瓶が空けられるか、やや不安だったが、おじさんはまずはビール派なので、まず(第三の)缶ビール。

今日は日本酒がメインだし、虹のマートには刺身も売ってたんだけど、ホテルには醤油がないことを思い出して踏みとどまり、ややミスマッチなつまみもありつつ、安東水軍赤ラベルに移行。
e0242504_18562454.jpg

東横インのコップではあじけないし、ラッパ飲みするわけにもいかす、朝リゾートしらかみで松緑をいただいたプラのグラスを捨てずに持ってきた。
これは自分でもヒットだなあ。

前夜寝不足だし、風邪気味の体調で心配だったけど、そんなにダメージなく四合瓶飲みきりました。
社長美味しかったです!

その後ブラタモリやら何やら見てましたけど、前日の寝不足もあって、たぶん9時前には落ちてしまいました。

e0242504_18585691.jpg
最終日の日曜日には早寝の甲斐あって、4時半には起床し、幸い天気も悪くないので、懐かしい弘前市内を散歩してこの旅を締めくくりました。

アルコールもさほど残っていないので、普段二日酔いになる時って、四合どころではない量を飲んでるってことですね。

e0242504_18593759.jpg
というのが今回の大人の休日倶楽部パス旅行でした。

結局、尾崎酒造の社長が亡くなったのを知った時に、安東水軍を買って飲みたいと衝動的に思った。

そして、大人の休日俱楽部パスで安く旅ができることを知って、これまた衝動的に動き出してしまい、ホテルが空いてなくて、休みを絡めることができない窮屈な日程になり、五能線の東能代から十二湖の間以外はすべて行ったことがあるところばかりで(秋田の東横インもこのとき宿泊済み)、わざわざ酒を買い付けに行ったような旅で、よくよく考えると反省の多い旅になってしまいました。

《What's The Title?》

e0242504_17504211.jpg
Wilson Phillips/Wilson Phillips

今回の旅のキーワードは「衝動的」でしたので、タイトルはそのまんま"Impulsive"。
このWilson Phillipsが華々しくデビューを飾ったころは、すでに社会人としてかなり忙しくなってヒットチャートのフォローもあまりできなくなっていたのですが、ママス&パパスとビーチボーイズのメンバーの娘で結成したグループが大ヒットを飛ばしているというニュースは知っていた。
で、ジャケットの真ん中の人はママキャスの娘かと思っちゃいました。
リアルタイムではフォローできなかったけど、断片的に聞くと悪くないので、あとからベスト盤を買っちゃいました。
ちゃんと聴いてみるとさすがに血統書付きのメンバーだけあって、気に入って、その後もカバーアルバムの"California"なんかも買ってます。
タイトルに使った"Impulsive"ですが、破竹の勢いのデビューアルバムからのシングルカットで、見事Top10ヒットになりましたが、曲のクオリティとしてはそれほどでもないかなあというのが私の感想です。

[PR]