<   2016年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

When October Goes

私は10月が終わるころひとつ歳をとる。

この歳になるとあまりうれしくはないんだが、節目の日であることは確かだ。

11月3日が文化の日の祝日で、そこにからめて家に帰ることが多かったので(例えば2014年とか)、誕生日のあたりで帰ると2週連続とかでお財布を直撃してしまうため家に帰らず、単身赴任地で過ごすことが多い(例えば2012年とか)。

そうすると、家族からメールとかで「ハピバスデー」のメッセが来るんだが、ここ何年か、ご丁寧に誕生ケーキを買って、留守家族3人で食べて、その画像をメールで送ってきたりする。
娘どもはそれを「エア誕生日」と呼んでいるんだが、もらったこっちはビミョーな気分になる。

そして今年。
文化の日は木曜日で、金曜日に休みをとれば4連休という絶好の並びなんだが、なんと、休みであるはずの3日と6日に仕事が入ってしまい、文化の日がらみの休日は使えなくなってしまった。

e0242504_09154338.jpgその他もろもろのスケジュールを考えると、10月の最終週しか休みがとれないので、この週末に東京の家に帰ってきました。

今年は「リアル誕生日」だぜ。

e0242504_09171105.jpg金曜に名古屋での仕事を終えて、最近御用達になりつつある18:27のひかり530号に職場から直行で乗り込み、いつものようにロング缶、弁当、焼き鳥のセットで夕食。
今回も窓際を予約したので、スマホを充電しながら東京へ向かう。

東京駅に着いて、寒い!
名古屋と体感で5℃くらい違う感じですね。

e0242504_09183177.jpg今回は名古屋からのお土産を見送って、東京駅でかみさんの好物のシナボンを購入。

e0242504_09200795.jpg家に帰ったが、だれも私の誕生会をやろうという話をせず、仕方ないので、自分で切り出すと、娘2人はあれこれとスケジュールがあって、土曜夜6時過ぎぐらいしか開いていないようで、フリーの時間もはっきりしないんで、どこか予約するわけにもいかず、一度行きたかった氷川台の日本海庄やを目指すことにする。

すると残念ながr満席で、仕方なく、同じビルに入っている食べログの評判はイマイチの千年の宴へ。

お酒の種類は豊富で、つまみもおいしかったし、コスパも悪くなかったんだけど、圧倒的に人手不足で、オーダーしてもものがなかなか出てこないのが難点でした。

e0242504_09210267.jpgいつも「エア誕生日」の時はケーキを用意してるけど、いざリアル誕生会になると、ケーキは用意していないようで、氷川台のケーキ屋でショートケーキを買って帰りました。

イマイチ盛り上がらなかったけど、これで誕パは終わりかなあ。

日曜日は、娘2人は用事があるというので、かみさんと2人で池袋に買い物に。

e0242504_19280385.jpgまずは我が家御用達の東武百貨店に行き、地下のHands beで私の来年の手帳を買い、5Fで通勤用の鞄を買う。

手帳はここ10年ほど使っている東急ハンズ製のやつで、通勤用鞄はいい歳して安い鞄を使うのはさすがにまずいかなと反省して、ちょっとグレードを上げてみました。

鞄選びはかみさんにかなりアドバイスしてもらったので、実質プレゼントみたいなものですが、支払いは私のクレジットカード。
もっともかみさんのクレジットカードも私の口座から落ちるので同じだがw

e0242504_19292137.jpg東武の後は、混む前にランチ。

久しぶりに回転ずし若貴にしました。

すしが好きなかみさんですが、最近回転ずしというと石神井公園の美登利寿司に行くことが多いし、池袋でも東武にできたトリトンに行くことが多くなって、若貴は久しぶりだ。

e0242504_19514910.jpg11時半ごろ入りましたけど、わりとすいてたし、12時を過ぎても行列ができるようなこともない。

最近池袋では、東武、西武両デパートにも回転ずしができたし、くら寿司やスシローもできたので、競争が厳しくなってるんですかね。

若貴といえば、130円均一だけどネタのクオリティがいいのが売りでしたが(ちなみに左上の写真は130円のはまち)、なんと複数価格で皿の色を変えるトリトンなどと同じパターンに変えてました。

高い皿といえども390円までというところはまだ庶民的だし、高い皿は高い皿なりのクオリティはあって満足度は悪くないけど、厳しい競争に勝つために仕方ないのかなあ。

e0242504_19594196.jpg昼食を終え、東京ハンズに寄って買い物して、外に出たらサンシャイン通り付近はコスプレの人でいっぱい。
ハロウィンだからなんでしょうけど、ハロウィンというより普通のアニメのコスプレの人が多かったですね。
これが池袋の文化なんですかね。
みんなどこで着替えてるんだろう?
これで電車乗ってきたら怖いよなあ。

その後、ヤマダ電機、100円ショップ、もう一度東武と回って帰宅。

最近娘どもとスケジュールが合わないので、かみさんと買い物に行くことが増えてきたけど、これはこれでいいもんだ。

e0242504_20070635.jpg夕食後、高野のデコレーションケーキでハピバスデーをやりました。

誕生日はまだだし、娘2号は外出先から戻ってないけど、私抜きのエア誕生会よりはいい。

二日続けてケーキを食べたんで太るのは必至ですけど、そんなの関係ねえ。

e0242504_20095628.jpg娘1号からはプレゼントをもらっちゃいました→
うれしいねえ。

娘1号は父の日や誕生日にプレゼントをくれることが多いんだけど、単身赴任先でも役立つものを選んでくれるのでうれしい限り。

まあ、娘からのプレゼントですから何をもらってもうれしいですけどね。

ちゅうことで、誕生日を前にして、いい誕生会になりました。

《What's The Title?》

e0242504_08581817.jpg2:00AM Paradise Cafe/Barry Manilow
タイトルは10月も終わりということで、Barry先生の”When October Goes"。
それまでヒット曲を量産するシンガーとして、それっぽい曲を中心としたアルバムづくりをしてきたBarry先生ですが、このアルバムではそういう世界には背を向けて、彼としてはしぶーいジャズを歌ってます。
しかも当時のレコードのA面とB面で、それぞれ曲が全部つながっていて、深夜のジャズバーでBarry先生が歌ってるって雰囲気が漂う当時のBarry先生としては極めて異色な作品でした。
発売当時はまだ若かったし、ジャズはあまり好きではない私としては、イマイチの印象で、あまり聴かなかったアルバムで、CDで買いなおしてもいないんだけど、今聴くと印象が違うかもしれないなあ。
とくに今の季節にはいいかもなあ。
タイトルの"When October Goes"はこのアルバムのラストを飾るしんみりとしたバラードで、このアルバムの中では一番ジャズ臭が軽くて、当時から好きなナンバーでした。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-30 20:15 | coming home | Comments(2)

Try And Love Again

今日は昼に元上司が名古屋の職場に来た。

せっかくだからお昼でもと、ユニモールの担々麺屋にお連れする。

今日は名古屋にお泊りだと聞いていたので、夜もお誘いしたんだが、気を使わなくてもいいと辞退された。

ちゅうことで、飲みを覚悟していたが、早帰りとなり、スポーツクラブへ。

飲む予定がスポーツクラブへ行けば、行って来いで、ダブルの効果だな。

昨日は弥富などでがっつりウォーキングをした後、スポーツクラブで、筋トレして、ランニングマシンを歩いたので、今日はリハビリで久しぶりにプール。

どうしてもゴーグルが見つからないので、水中ウォーキングしかやらなかったけど、プールはすいていて、泳ぐコースでものんびり泳げたのでもったいなかったなあ。

e0242504_21334669.jpgプールのあとはなんとなくいつもサウナに入る。

するとサウナではEaglesの”Peaceful Easy Feeling"が流れている。

風呂場とかジムでも音楽は流れているみたいだけど、うるさくて聞こえないんだが、サウナは静かなんでよく聞こえる。

e0242504_21411445.jpgサウナってそんなにいいスピーカーは使ってないし、音響もよくないので、ぼろいAMラジオを聴いてる気分だが、それはそれで風情がある。

いつもは、スタジオで使ってるような誰だかわからないダンスミュージックとか、クラシックとかポールモーリアみたいなのがかかってることが多いんだが、Eaglesは初めてだ。

EaglesにAMラジオっぽい音質はまたよくなじむ。

そのあとは、
e0242504_21422813.jpgJames DeanSaturday Night
On The Border
Wasted Time (Reprise)
Wasted Time
I Can't Tell You Why
Lyin' Eyes
と、アルバムも曲順もめちゃくちゃ。
こういうベスト盤あったかなあ?

比較的おとなしめな曲が多かったんで、サウナでは一服の清涼剤って感じでした。

e0242504_21472885.jpg西海岸の砂漠の暑さってこんな感じかなあと思い浮かべたりする。

これで「ホテカリ」とか出たら、サウナでは暑苦しくてつらいよなあ。

結局30分弱+インターバルしかサウナにいなかったので、ここでフィニッシュし、風呂場ではまたBGMは聞こえなくなった。

風呂からあがって更衣室へ行くと、だいぶお客も少なくなり、BGMも聞こえてきて、”Try And Love Again"。

着替え終わって更衣室を出るときには"Best Of My Love"に見送られました。

なんかいつものサウナにはいったあと以上に爽快でした。

《What's The Title?》

e0242504_21203535.jpgHotel California/Eagles

ちゅうことでタイトルは風呂から出たときに流れていた”Try And Love Again"。
言わずと知れた「ホテカリ」の収録曲ですけど、キラ星のごとく個性的で魅力的な曲が収録されている中では、きわめて地味で目立たない曲ですよね。
Randy Meisnerのハイトーンボーカルもこのアルバムで聞き納めになったわけですが、やっぱ前作の"Take It To The Limit"の名唱には遠く及ばないよなあ。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-24 21:58 | health | Comments(0)

Bebe Le Strange

今週は久しぶりに土日ともフリー。

土曜日から出かけようかと思ったけど、いろいろあって家事中心に過ごし、日曜日にお出かけ。

シーズンたけなわのJRさわやかウォーキングに出撃。

e0242504_13343884.jpg先週はめちゃくちゃ遠方の静岡で参加したんだだが、やっぱり無理があったんで、今週はおとなしく愛知県弥富市にした。
今回のテーマは、「金魚と白文鳥のまち弥富へようこそ『金魚日本一大会』を訪ねて」。

ちなみに弥富市は私が仕事で担当しているエリアで、9月に雨の中ウォーキングに行った蟹江町のお隣だ。

先週は暗い中を出撃したが、今日は7時過ぎに家出た。

e0242504_13402884.jpgウォーキングの開始時間は8:30だが、先週の反省もあり、空いてるうちに歩いてしまおうと、8時過ぎに弥富駅に到着。

そこそこお仲間もいるが、それほどの混雑ではない中スタート。

e0242504_13425749.jpgウォーキングコースの最初のチェックポイントは弥富市歴史民俗資料館。
入場無料でしたので、ざっと見てみましたが、これといって見るべきものはなかったかな。

e0242504_13472705.jpg弥富市といえば金魚の養殖で有名なところで、今回のウォーキングの目玉でもあるし、歴史民俗資料館にも展示されてましたが、コース途中にも養殖施設がいくつも見えました。

次のチェックポイントはおみよし松。
e0242504_13484182.jpgたしかにでかい松でした。

おみよし松を過ぎてしばらくは木曽川用水に沿って歩く。

これで水の便が良くなって金魚の養殖が盛んになったんですかね。

e0242504_13531140.jpgこのあたりは標高が低くて、こういう用水路があるとオランダみたいですね。
堤防があまり高くないんだけど、大丈夫なんだろうか。

そして、次のチェックポイントは弥勒寺。
e0242504_13545902.jpgしかし、これといって見どころはなかったなあ。

弥勒寺に隣接するように次のチェックポイント海南こどもの国があった。

大きな滑り台とかあって、幼稚園とか小学校低学年の子供が喜びそうな施設だが、ここで今回のメインイベント「金魚日本一大会」が行われている。

e0242504_19313116.jpg園内を奥へ歩いていると大会会場がありました。

e0242504_19412855.jpgさわやかウォーキングの企画になるぐらいだから、素人が見ても楽しめる展示とかあるのかと思ったら、無造作に大きくて白い洗面器が並んでいて、だいたい1つの洗面器に1匹はいってる。

洗面器には番号を書いた札が入っていて、その番号で投票が行われるようだ。

e0242504_19521977.jpg9時過ぎだったけど、すでにたくさんの人が来ていたが、さわやかウォーキングとか観光の人はそれおほどではなく、ロープーの人が多いようだ。

無造作に置いてある洗面器だけど、一つ一つのぞいていくと、いろいろな種類の金魚がいる。

e0242504_19524568.jpg洗面器には番号札は入ってるけど、値段は書いてない。
売り物じゃないんでしょうかねえ。
結構大きいのとか、特徴あるやつとかいて、高いのとかあったりしそうでした。

e0242504_19591215.jpg人がたくさんいて、しかも行ったり来たりしている人も多くて(出品者のようでした)、一つ一つをじっくり見るのは難しかったけど、いろいろな種類を見られて結構おもしろかったですね。

e0242504_20045424.jpgそんな感じで、こどもの国を離れ、途中までは来た道と同じ木曽川用水沿いを戻る。

さすがにこれから来る人が結構多くなってきました。

途中木曽川用水から離れると、近代的な住宅街に入る。

往路は金魚の養殖場や田んぼが多いところを歩いたんでかなり田舎臭かったが、復路はさすがに弥富市って雰囲気の街歩きになりました。

e0242504_20164673.jpgそんな中にも金魚をかたどった記念碑がある。
さすがに金魚の町だ。

結局全長8.1kmのコースを2時間ほどで歩きました。

去年10月31日に偶然に始めたさわやかウォーキングだが、カードの期限が1年ということで、一旦カードを締めてもらいました。

この1年で参加した回数は16回。

e0242504_20484004.jpg実は参加した回数によって商品がもらえるんだが、10回と20回でグレードが違うので、なんとか20回の大台に乗せたかったなあ。
てなわけで、10回参加の商品としてマフラータオル(写真左)をもらいました。

そしたら、残った6回は次のカードに繰り越してくれたけど、次のカードの有効期限が1年後ではなくて、5月28日。

なんかビミョーだなあ。

そんな感じでウォーキングを終えて、帰宅しましたが、大曾根にはお昼前に着きました。

e0242504_20580271.jpgということで、家で昼食をしようとマックスバリュによって買い物をしたんだけど、今まで気になっていた鬼まんじゅうをデザートに買ってみた。
昼食後に食べてみましたけど、小麦粉で作っただんごのような生地でさつまいもの細切れを包んだもので、熊本のいきなり団子からあんこを抜いたって感じですね。

私はいきなり団子の方が好きですけど。

《What's The Title?》

e0242504_13222843.jpgBebe Le Strange/Heart

今日は金魚づくしでした。
♪赤いべべ着たかわいい金魚♪って歌を思い出し、「べべ」つながりでタイトルを”Bebe Le Strange"にしました。
1976年にアルバム"Dreamboat Annie"でブレイクした黒髪のやた太めの(のちに「やや」がとれる)リードボーカルAnnと金髪で細身のギタリストNancyのWilson姉妹を中心としたHeartですが、徐々に売れ行きが鈍ってきて、このアルバムあたりから本格的に陰ってきました。
ビジュアル的にはインパクトがあるんだけど(ちなみに私はNancy派です)、曲がイマイチあか抜けなくて、だんだんシングルヒットの順位が下がっていきました。
ベストアルバムからのAaron Nevilleのカバー"Tell It Like It Is"はTop 10ヒットになったけど、このアルバムでは、ファーストシングル"Even It Up"がついにTop 20を逸することになりました。
アルバムタイトルの”Bebe Le Strange"もストレートなロックナンバーですけど、ちょっと単調で退屈な印象を持ってしまいます。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-23 21:09 | Tokai | Comments(0)

Ticket To Ride

それは7月のこと。

ある業界の方との懇談会で、たいめいけんの社長のように真っ黒に日焼けしていてその業界っぽくないNさんと話をしたときに、「なにかスポーツされてるんですか?」と質問したことからすべてが始まった。

ゴルフかなあと思った質問の答えは意外にもソフトボール。
そこからいろいろ話が盛り上がって、うちの職場と練習試合を行うこになり、9月にボコボコにやられた。

7月の懇談会の時に、その業界のソフトボール大会が10月15日にあるという話を聞いて、一応手帳にメモはしておいたんだが、酔った時のヨタ話で終わるかなあと思っていたら、10月の初めに正式にご案内をいただいた。

実は15日には、JRさわやかウォーキングで、「関ケ原合戦史跡めぐり」という一番行きたい企画があったんだが、身から出たサビであり、あきらめるしかあるまい。

場所は各務原総合運動公園だそうで、最寄駅からも歩いて30分以上かかる立地で、いっしょに誘われたK2さんやMちゃんが車で行こうと誘ってくれたんだが、金曜日まで飲み会4連投、しかも金曜日が一番ヘビーなやつで、強烈な二日酔いになるのは必至ということで、安全を期して電車で行くことにしたが、正解だった。

で、土曜日に各務原にJRで行き、日曜日はどこかへさわやかウォーキングへ行こうと思ったら、日曜日にやってるのは、大阪と下呂と静岡の由比。

一番近場だと下呂だが、8月に行ったばかり

e0242504_03530022.jpgそこで、あるチケットを買って、由比へ行くことにした。
そのチケットとは、秋の乗り放題パスというやつで、3日間JRの普通列車が乗り放題で、7,710円というお値段。

こういうチケット発売すると、五能線の中で出会ったような鉄道マニアなら、ものすごい距離を乗っちゃうんだろうけど、とりあえず土曜日、日曜日の行程ならペイはできる。

e0242504_03541587.jpg土曜日はヘビーな二日酔いを引きずりつつ、予定の6:23で大曾根を出て、2回乗り換えて、1時間ほどで那加駅に到着。

e0242504_07212024.jpg30分以上歩いて運動公園に行き、雲一つない青空の下全く日陰がないところでソフトボールを観戦し、1時前にNさんにご挨拶して撤収。

家に帰ったら、顔とか首とか手とかめちゃ日焼けしてました。

グランドの近くでみんなでアユ料理を食べて、Mちゃんの車で大曾根まで帰ってきた。

ほんとはどこかでJRに乗って乗り放題パスのお得感を味わいたかったんだが、家に帰ってニュースを見たら、この時間帯にはJR東海道本線が事故で不通になっていた。
Mちゃんサンキューでした。

e0242504_19362238.jpgそして日曜日。

4時に目覚ましをかけていたんだが、3時半に目が覚め、土曜日の「よしもと新喜劇」の録画を見ながら朝食&支度。

5時過ぎに家を出て、夜明け前の大曽根駅へ。

e0242504_19374607.jpg大曾根駅の始発電車に乗り、さわやかウォーキングのスタート地点富士川駅を目指す。

5;23の名古屋行に乗ったんだが、そこそこお客がいる。

e0242504_19394999.jpgその後、大曾根→金山→豊橋→静岡(写真右)→富士川と4本の各駅停車を乗り継いで、4時間以上かけて到着。

e0242504_19430335.jpgさすがに豊橋あたりまではお仲間はいなかったけど、浜松を過ぎたあたりからそれっぽい人が乗ってきて、静岡を出る電車は座れないほどのウォーキング客。

静岡県でもさわやかウォーキングは人気のようだ。

富士川駅ではどっとお客が降りて、例によってお年寄りが多いので、トイレには長蛇の列。

駅をスタートすると、まず今日のコースは富士川の河川敷を目指す。

e0242504_19470055.jpgすると、おおこれは絶景!

富士川って名前だけあって、富士山がばっちり見えます。

いつも新幹線から見てるけど、見えても一瞬ですぐトンネルとか障害物で見えなくなっちゃうので、ゆっくり見られるのは素直にうれしいねえ。

e0242504_19490684.jpg天気もいいし、これが見られただけでも来た甲斐があったってもんだ。

今日のコース名は、「歴史街道散策と由比街道まつり」

e0242504_19535537.jpgということで、富士川の河川敷で絶景に感動した後は、しばらく町中を歩いて、東海道の蒲原宿を目指す。

宿場の入り口はなぜか水力発電所。

e0242504_20055770.jpgそして宿場に入ったけど、一部古い建物が残ってるが、よく見ないと宿場町ってわからない。

有名な妻籠とか、それほど有名じゃないけどさわやかウォーキングで行った亀山の関宿なんかに比べると、宿場としては見どころが少ないですかねえ。

e0242504_20095216.jpg蒲原宿の付近では、静岡らしくみかんを売ってるところもありましたけど、先週行った清須よりも高くて、ちょっと食指が動きませんでした。

東海道で蒲原の次の宿場は由比のようで、今回のウォーキングは、たぶん東海道を歩いて由比の宿場跡を目指すようです。

e0242504_20163380.jpgそして、由比宿のあたりに着いてびっくり。

すごい人出。

今までもお祭りとタイアップしてるケースはあったけど、ここまですごい人出と遭遇したのは初めてじゃないかなあ。

e0242504_20193607.jpg通りの両側に屋台が出ていて、宿場の雰囲気はわからないわ、道が狭いうえに、我々の順路と逆方向からもたくさん人がやってくるわで、歩きにくい。

挙句に我々と逆行する踊りの集団までやってきてウォーキングの人たちは大渋滞となってしまいました。

e0242504_20222502.jpgこれは完全に企画ミスじゃないかなあ。

同じ通りでも、祭の会場を抜けるとのんびり歩けるところだったので、ほかの日を選んだ方がベターだったな。

e0242504_20275507.jpgそしてこのウォーキング最後のチェックポイントは由比漁港。
この通りを南の方に折れて、東海道本線と国道をくぐるとあらわれます。

ちょうどお昼時だったし、何か昼食を調達できるところはないかと、探してみたら、漁協直売所に長蛇の列↓

e0242504_20335019.jpgさっきの由比宿でもサクラエビの試食にものすごい列ができてたけど、ウォーキングのお客さんのパワーには恐れ入ります。

今まではウォーキングのスタート時間の8:30前後か、それより前にスタートしてたけど、今日はスタート後1時間以上たったスタートだったので、お客も多かったのかなあ。

e0242504_20401600.jpgちゅうことで、ゴールの由比駅に向かう道で昼食を調達しようとしたけど、結局何もなく、11kmのウォーキングを終え、由比駅に到着。

昼食どうするか悩みながら、由比駅を出発。

e0242504_20470696.jpg帰りの行程では、由比から一駅の最初の乗換駅興津駅が待ち時間が11分で一番長いので、降りて物色したが、駅は無人で、何も食べ物は売っていない。

e0242504_21261315.jpg仕方なく駅の外に出て探したら、歩いて2分ぐらいのところに小さなスーパーがあったので、最初弁当か寿司を買おうとしたけど、このあと乗る電車はロングシートの可能性が高いので、食べやすいパンを選択。

時間がなかったので最前列にあったのをとって、たまたま半額セールだったので総額100円のランチ。

そんな感じで、帰りは由比→興津→浜松→豊橋→金山→大曾根と5本の乗り継ぎ。
豊橋→金山間は新快速だったので、行きよりは所要時間が短くて、4時間を切りましたけど、結局2時間ちょっとのウォーキングのために8時間以上電車に乗るという無謀な旅になってしまいました。

やっぱ、遠いところのウォーキングは無理があるなあ。

《What's The Title?》

e0242504_20092767.jpgHelp!/The Beatles

今回はJRで秋の乗り放題パスという企画ものの乗車券を入手して二日間旅をしましたんで、タイトルは「涙の乗車券」。
別に涙の旅ではなかったですけどね。
”Help!"の収録曲で見事にNo.1になったけど、私はそれほどの曲かなあって印象を持ってます。
Carpentersのデビュー曲でもあるんだけど、そっちのカバーもパッとしないしなあ。
でも、空耳で「静かな地域つらい。死んどけ」っていうネタは秀逸だよなあ。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-16 21:08 | Tokai | Comments(2)

The Wild Places

三連休ずっと名古屋にいましたんで、今日もエントリ書きます。

三連休三日目。
初日は通院二日目は半分仕事のイベントと、何かしらあった二日間が終わり、今日は一日フリー。
しかも当初の予報どおり今日が一番いい天気みたい。

ちゅうことで、9月の再開以降、雨が多かったり、休みの日に何か入ったりで、まだ雨の蟹江の一度しか行けていないJRさわやかウォーキングに出かけることにした。

行先は亀山。
亀山は遠いし、さわやかウォーキングですでに2月に行ってるし、8日は土岐、9日は多治見と中央線沿線の私にとっては行きやすい企画が続いていたんだが、今日しか体が空いてないんでしょうがない。

e0242504_19495190.jpgウォーキングのスタート時間に行くには、大曾根を6時半過ぎに出ればいいんだが、亀山近辺の電車は編成が短くて、前回も結構混んだので、1本早いので行くことにして、大曾根発5:53。名古屋では6:24発に乗る。

今回の企画は、亀山「昼生の道」と三寺コスモス畑を散策というコースで、亀山から紀勢本線で一駅先の下庄駅からスタートし、亀山へ戻るコースだ。

e0242504_19535264.jpg予定どおりの乗り継ぎで、下庄駅には7:55に到着。

こんなことでもない限りは来ることもない寂しい無人駅。

ウォーキングのスタート時間は8時半で、ほかだと多少早くてもかなり客はいるし、スタート地点の準備も整っているんだが、今日は臨時の駅員も配置されておらず、降りる人も10人前後。

e0242504_19571954.jpgスタッフらしき人は1人しかいなくて、トイレの場所を案内してました。
ちなみに駅のトイレも昭和のまんまって感じで、あれじゃいつものようにおばさんが殺到するとパニックになるんじゃないかなあ。

今までのウォーキングにない静かなスタート。

e0242504_20001320.jpgまず駅の裏側に回り、県道を渡る。それなりの交通量はありそうなんだが、いつもと違って係の人はおらず、勝手に渡れってスタイル。

トイレといい、今までにないワイルドさ。

e0242504_20020214.jpg県道を渡ると山道に突入。
あちこちに栗の実が落ちていて、北海道ならクマが出そうだと思いながら歩いていたが、よくよく考えたら三重県でも捕獲されたクマを滋賀県で逃がして問題になってたなあ。
鈴が必要だったか。

山道を登り、最初のチェックポイント下庄観音山に到着。

実は蟹江の時と同様にポケモンGOを起動させてウォーキングに臨んだんだが、今回のコースはほぼ無反応。

10km以上のコースの中で、ポケストは4か所しかなくて、うち2つはスタートとゴールの駅だったんだが、残りの二つは山道沿いの観音山。
しかもジムまである。
何なんだろう?

観音山に無人の休憩所があったが、「スズメバチの巣があり注意」というとんでもない張り紙があったので、スルー。

e0242504_20072729.jpgポケGOが反応することもなく、サクサクと山道を歩いていく。

ほぼ一本道で迷子にはならないと思うんだが、何しろ山だし、今回は一緒に歩いてる人も少なくて、不安になるんだが、忘れたころにいつもの矢印が登場して安心する。

いつもは町中に取り付けられてるんだが、山道で見ると違和感あるなあ。

e0242504_20093397.jpgいつもはこの矢印は車でつけて回ってるのかなあなどと思いながら歩いてるんだが、今回は歩き以外にはありえない。
イベント終わったら回収も大変だなあ。

e0242504_20133158.jpgアップダウンはそれほどなかったけど、ひたすら山道を歩く。これだけ長時間自然の中を歩くさわやかウォーキングは初めてだなあ。

途中これといったチェックポイントはなかったけど、この「昼生の道」自体が目玉の一つなんでしょうね。

e0242504_20171211.jpgそんなにはきつくないけど、おばちゃんたちが横に広がってぺちゃくちゃしゃべるには向いてないなあ。それで今日はおばちゃんいないのかと思いつつ歩いてたんだが、家に帰ってパンフレットを見たら、「健脚向け」と書いてありました。

45分ほど歩いたところで、山道と別れを告げ集落に入る。

e0242504_20181360.jpg前回の蟹江ではザリガニが登場しましたが、今回は集落内でカマキリ登場。

集落内を進んでいくとコスモス畑に到着。

e0242504_20213385.jpg6面ぐらいの畑いっぱいに色とりどりのコスモスが植えられていて、風に揺れていました。

これはきれいですね。
来た甲斐があったってもんだな。

e0242504_20234121.jpgコスモス畑のとなりでは、地元の方が焼き芋とか赤飯のおにぎりとか売ってたけど、ウォーキング中だし、あと半分ぐらい距離が残っているからもっと軽いお菓子とかにすればいいのに。

e0242504_20271599.jpgコスモス畑の後は、しばらくするまた山道に入り、1kmほど先に石神社という神社がチェックポイントとしてありましたが、鳥居は立派でしたが、本殿はそれほどでもなく立ち止まらず通過。

e0242504_20295972.jpgその後も山道には癒されましたけど、途中から家電品の不法投棄やら、産廃処理場やらが出てきて、ちょっと興ざめだと思ってたら、住宅地に出ました。人里が近いと自然は保てないんですかねえ。

ここから2kmほどで亀山駅に出るようだ。

e0242504_20313201.jpgこのあたりはバスも通っているようだが、バス停の名前もなかなかワイルドだ→

結局2時間弱で10.4kmのコースを歩いて、勝手知ったる亀山駅に到着。

e0242504_20365777.jpg前回に城跡他市内は散策したので、今回はなし。

e0242504_20374797.jpg実は亀山から名古屋に向かう電車は1時間に1本しかなくて、今日は10日でマックスバリュの割引日で買い物してから、昨日のビール+串カツの脂肪燃焼のためにスポーツクラブへも行きたいと思っていたので、10:24には乗りたいと思ってたんだけど、楽勝でした。

ゴールでは亀山駅特製のおみやげをもらいました→

e0242504_20393998.jpg亀山駅は各種交通系カードの圏外で、切符を買わないと電車に乗れない。
ちゅうことで久しぶりに切符を買いました。

10時過ぎに亀山駅で電車を待っている間に、名古屋からの電車がつきましたけど、そこそこウォーキングっぽいお客さんが乗ってました。
遠いからお客さんの出足も分散したのかなあ。

朝早く出たおかげで10:24発で帰路につけて、大曾根にも12時ごろ着いたので、その後のスケジュールも予定どおりこなせました。

ちゅうことで、思ったほどは体重は減らせなかったけど、かなりヘルシーに過ごして、いよいよ明日からの飲み会4連投に突入です。

《What's The Title?》

e0242504_20440624.jpgThe Wild Places/Dan Fogelberg

とにかく今日はワイルドなことだらけでしたので、タイトルもそのまんま"The Wild Places"。
1980年代前半に人気者になった彼ですけど、ロック色を強くしたシングルが続いてイマイチウケなくなって、徐々にフェイドアウトしてしまいました。
このアルバムは1990年の作品で、私はベスト盤にはいってたタイトル曲しか聴いてないんですけど、なんかドラムの音がうるさくて違和感あるんだよなあ。
声が出てくるといつもの温かみのあるDan Fogelbergの声だし、ハモリも美しいし、もったいないよなあ。
彼はワイルドになる必要ないし、彼の声は打楽器なしの方が映えると思うんですけどね。
結局2007年に56歳の若さでこの世を去ってしまうわけですが、いい声してただけにもっと声室に会った優しい曲をリリースすれば活躍できたのにもったいなかったよなあ。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-10 20:54 | Tokai | Comments(0)

More Of That Jazz

昨日のエントリで書きましたが、今日はイベントに出かけました。

e0242504_19214721.jpgしかし、夜っていうか早朝はあまりの雨音の激しさで起きちゃうぐらいの激しい雨で、朝6時頃もがっつり雨でこりゃイベントもダメなんじゃないかと思ったけど、案内には「荒天中止」としか書いてないし、主催者のHPやFacebookには何の情報も出ていないので、とりあえず出かけることにした。

行先は清須市。

信長の居城だったところで、信長の後継者を決める清須会議が行われたところだ。

Je0242504_19310718.jpgRで清洲駅に到着。
駅の名前は昔から「清州」だったんだが(ちなみに名鉄の駅も「新清洲」)、自治体が合併して「きよす」市になるときに、歴史的にはどっちの字もありなんで「清須」にしたらしく、駅と市の名前の漢字が違うんですよね。

名古屋駅では降っていた雨もとりあえず上がっている。

e0242504_19593453.jpg15分ほど歩いて、イベント会場である清洲城に到着。

イベントは清洲城信長まつり&清須産業まつり

e0242504_20001743.jpgこういう地域のイベントには呼んでもらうことが多くて、去年も今年も3ヶ所お呼びがかかってるんだけど、去年は1ヶ所しか出られなかった。

去年清須のイベントの時は、三連休〈一日は余計な行事でつぶれたんだけど)で東京に帰ってました。

弘前の時もこんなイベントに行ってました

そういう意味では、去年不義理したイベントに出ることができて、地元の皆さんにも顔がたったので、三連休に名古屋に残った甲斐があったかな。

地元の関係者の方に挨拶して、午前9時からの開会セレモニーを見学。
雨も完全に上がったようでよかった。

そのあと、いきなりあるブースへ。

そこはキリンビールのブース。
清須にはキリンビールの工場があるんですよね。

そのブースでは、缶ビール以上に入りそうなコップ1杯が200円という格安なお値段。

こういうのがあるとうれしい。

ただ肌寒いし、もうちょっと時間がたってからと思っていたんだが、地元の方たちに2杯もゴチになってしまった。

e0242504_20263967.jpgゴチになってばかりじゃなんなので、地元の方と離れ、ブースを回りながら、おいしそうなものはないかと物色。
そんななかで、串カツに三英傑ソースというのがあったので、100円の串カツを3本お買い上げ。

三英傑ソースというのが、家康=みそ、信長=カレー、秀吉=ソース。
なんとなくそれっぽい取り合わせだ。

e0242504_20360566.jpg3本のカツにそれぞれのソースをつけていたら、さっきビールをゴチしてくれた地元の方の一人とばったり。

すると3本買った串カツがダブルになってしまった。

結局このカツを食べてる最中にビールをもう1杯いただいちゃいました。

e0242504_20415776.jpgまた同じブースで売っていた清須焼きそばも珍しいソースが使われているという話だったので、買って食べてみましたが、あまり違いがわかりませんでした。

e0242504_20470418.jpgさて、このイベントの舞台となった清洲城ですが、天守閣は再建されたものです。

戦国時代のものが現存している犬山城と似たようなサイズで、それほど大げさでなく、なんとなくそれっぽい感じがしますが、実際には図面が残っていなくて、想像で建てられたものだそうです。

e0242504_20495167.jpgそんな清洲城をあとに帰路につきましたが、途中で名古屋のテレビののキャラクター大徳さん(左の写真の真ん中で子供を抱っこしてる白い人)がいましたが、カメラはなかったなあ。
何だったんだろう?

e0242504_20524230.jpg駅に向かう前に、清洲城と川をはさんで反対にある清洲公園で信長の銅像を見ました。
左横にいる女性は濃姫です。

e0242504_20551558.jpgそんな清須滞在を終え、途中名古屋駅で途中下車して、ちょっと用事を済ませて、午前中から3杯飲んだビールの酔いをさまそうと、ちょこっとポケモン散歩をして帰宅しました。

大曾根の駅を降りて家に帰ろうとしたら、うちの近所がすごい人出。

e0242504_20580519.jpg名古屋ジャズストリートというイベントが行われていて、20~30mぐらいの間隔で、あちこちでジャズのライブをやってました。

ジャズは苦手なので、演奏の良しあしは全然わからないけど、結構お客がいたので、よかったんですかねえ。

家に帰ると、あちこちで演奏されるジャズがアンプを通じて聞こえてきて、わけわからん状態の騒音になっちゃいました。

こういう経験はなかったなあと思ったけど、去年は東京に帰ってていなかったんだな。

e0242504_21041203.jpg家でしばらく休憩して、スポーツクラブへ行って、酒気帯びかもしれないので、軽めの有酸素運動で終了。

スポーツクラブから帰り、昨日出したクリーニングを撮りに行こうと外へ出たら、まだジャズストリートやってました。

e0242504_21055771.jpg家に帰って、清須のおまつりでおみやげにもらった餅をあける。

普段はデブ防止のため夜は軽めに済ますようにしているんだが、餅はまだ柔らかいし、時間がたつとよくないかなと思い夕食に投入することにした。

e0242504_21092936.jpgといっても、家にそんなに食材がないので、餅の上にスライスチーズとツナ缶をのせて、電子レンジで温め、最後に醤油で味付けした和風ピザ餅にしました。

思いつき料理でしたけど、けっこうイケました。

e0242504_21112591.jpgデザートは清須で買ってきたみかん。この袋で250円なんで、スーパーよりは安い。
熊本の時はこれより大きい袋で100円とかで売ってたんだけど、まあそれは望めないですからね。

ちゅうことで、盛りだくさんな日曜日終了です。

《What's The Title?》

e0242504_21180473.jpgJazz/Queen

清須や信長にちなんで別のタイトルを考えてたんだけど、大曾根に戻ってからのジャズストリートもけっこうインパクトがあったので、タイトルはQueenの「ジャズはいかが」。
アマゾンで見ると、今は邦題使ってないみたいですね。
アルバムタイトルは"Jazz"ですけど、"Jazz"っぽい曲は皆無だし、「ジャズはいかが」もなんだか重たくて出来損ないみたいな曲にこのアルバムの収録曲のメドレーをちりばめるという変な曲でした。
このアルバムからのシングル曲は日本ではそれなりにヒットしましたが、海外では不発で、ヒットしなかったのは曲の質が悪かったからだと思いますし、このアルバムはろくな曲がないはずれだと思いますね。
いきなり最初が「ムスターファ」ですからねえ。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-09 21:26 | Tokai | Comments(0)

My Mistake (Was To Love You)

今日から三連休。
でも名古屋にいます。

理由はいくつかある。

一つ目は、三連休の前後にイベントが入ってしまったこと。
自宅に帰るときには当然交通費もかかるので、できるだけ長く滞在した方がお得ということで休みを絡めたくなるんだが、今回はできなかった。

11日〈火〉は、私が幹事でやらなきゃいけない宴会があって、その日程が11日しか空いてなくてアウト。

そして7日(金)だが、後輩のK2くんがあるイベントを設定していたんだが、おまかせでいいんだろうと思っていたら、ある日突然、「7日のイベントbossさんも××お願いしますんで、よろしく」と言われる。

ええ!休んじゃダメなのか。

そのイベントは、夜6時スタート。
三連休を前にして、わが社の単身赴任者はいそいそと帰っていき、K2くんを手伝うのはK1くんひとりという厳しい陣容。

本来、私の出番は冒頭あたりで終わるんだが、唯一手伝っているK1くんも単身赴任で、9時の新幹線に乗るというので、イベントの終わる時間までいられないことがわかり、残って片づけを手伝うことにした。

e0242504_19430981.jpg9時半前にイベントの片づけを終えて、K2くんと会社を出たが、K2くんも土曜早朝に車で出かけるということで、そのまま帰り、私は家飲み。

e0242504_19451981.jpg帰りにマックスバリュに寄り、残り少なくなっていた天ぷらと焼き鳥の半額セールを中心につまみを買い、サッポロクラシックをいただく。

ビールを1缶飲んだ後、1升入りの赤ワインをいただきました。

e0242504_19485454.jpg実は、右の写真のように木曜日もスポーツクラブが休みなんで家飲みして、木曜日に飲む前にはボトルの4割ぐらい残っていた赤ワインを二日であけちゃったことになります。

まあ、今週は日曜日から面白くなかったので、ストレス解消には仕方あるまい。

そして、この三連休名古屋にいることになった最大の理由は、1ヶ月ほど前にさかのぼる。

6月の入院以来、月イチペースで眼科通いが続いているんだが、9月はドクターの都合で木曜日しか空きがなくて、会社を半日休んで通院。

次は土曜日にしようと予約して、10月8日が空いていて、空いててよかったと喜んだんだが、家に帰ってよくよくカレンダーを見てみたら、三連休の初日だった。
変更するのも面倒なので、泣く泣く三連休の帰宅をあきらめたわけだ。

そんな土曜日。
e0242504_20015286.jpg金曜日の家飲みがちょっとヘビーだったので、朝食はグラノーラ。イオンの糖質オフと最近お気に入りのフルグラのトロピカルをブレンドしていただく。

掃除して、クリーニング屋へ行ってから、眼科へ。

e0242504_20060645.jpg結局1時間半ほどかかって診察終了。
次の予約は慎重に日程を選んでセットしました。

今朝体重測ったら、酒太りだったし、来週は火曜日を皮切りに飲み会4連投が確定しているので、この三連休はできるだけ体を絞ろうかと思っている。

ちゅうことで、スポーツクラブで、みっちり筋トレをやってランニングマシンでウォーキングをやって、朝との比較では2㎏ぐらいは落とせたかな。

ちゅうことで、不本意ながら名古屋での三連休が始まったわけですが、明日は結果的には名古屋にいてよかったというイベントに行く予定だし、まあいいか。

《What's The Title?》

e0242504_19070392.jpgDiana $ Marvin/Diana Ross & Marvin Gaye

三連休を名古屋で過ごすことになってしまったのは私のミスなので、タイトルは"My Mistake"にしました。
タイトルのカッコ内は内容とは全く関係ないですけどね。
このアルバムは私が洋楽を聴き始める前にリリースされているので、どういうきっかけで出されたかわかりませんけど、豪華な組み合わせですよね。
どっちもソロでNo.1を出していて阿村の乗っていた時期ですから、デュエットのから見方も見事ですよね。
この曲でも、Diana Rossの語るような歌い方とMarvinの伸びやかな声がうまくからんでいます。
こういう仕事をしているんで、Marvinが亡くなったあとの"Missing You"は心にしみます。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-08 20:46 | diary | Comments(0)

Too Late To Turn Back Now

窓際族らしくいつもは帰りが早い私だが、今日は5時過ぎから打ち合わせがあり、珍しく会社を出るのが7時を回る。

こうなると平日は夜9時半までしかスポーツクラブを利用できない私は、スポーツクラブへ行くのが難しくなってくる。
まだ風呂だけのために行くのは抵抗あるんだよなあ。

ちゅうことで、どうせスポーツクラブへ行けないんだったら、帰りにスーパーで惣菜でも買って帰って酒盛りでもするかという発想が頭をもたげる。

帰りの中央線の中で、この時間だとマックスバリュの値引きはまだだから、ヤマナカの方がいいかなどと考えているうちに、ふと会社に財布を忘れたのを思い出した。

朝、先週金曜日の飲み代を払ったときに、机の引き出しに入れたままだった。
まだ長財布には慣れないなあ。

気付いたのが大曾根に着く直前で、とても会社に戻る気はしない。

金曜じゃなくてよかった。

一応カバンの中には非常時用の万札が入ってるし、家に帰れば小銭ならあるし、コンビニならPASMOで買い物もできるんだが、財布の中にヤマナカやコンビニのポイントカードはいってるから、もったいないしなあと思い、そのまま帰宅。

仕方ないので夕食にスパゲティをゆでたんだが、既定の時間ゆでたのにバリ硬!
実は先週の土曜も同じように電子レンジでゆでたのにうまくいかなかった。
長時間だともうパワーでないのかなあ。
これから替えるのはうっとうしいなあ。

e0242504_20464850.jpg結局5分余計にゆでて、それでも味噌煮込みうどん風に芯が残っていたが、空腹には勝てずいただく。

つけあわせはイオンのサラダ二種類。

ビールを飲みたかったんだけど、いろいろあって気持ちが萎えてしまい、ノンアルコールビールで済ませる。

結局、やることなくて、このブログを書きながら洗濯してます。

《What's The Title?》

e0242504_20342357.jpgToo Late To Turn Back Now/Cornelius Brothers & Sister Rose

気付いた時には戻るには遅かったということで、この曲をタイトルにしました。
1972年の大ヒットなんで、私にとっては洋楽を聴く前の時代のヒット曲で、すごくポップで聴きやすい曲なんだけど、なんか聞いたことある感が強いんですよね。
とくにサビのところが。
日本でヒットしたんですかねえ?
サザンも「さよならベイビー」でサビの部分をパクッてるぐらいですからねえ。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-04 21:01 | diary | Comments(0)

Sunday Bloody Sunday

東京で月・火の仕事を終え、家族と別れ名古屋に戻る。

水曜日からは、毎晩飲み。
そして、よせばいいのにどの日も二次会に行ってしまい、三日間で6軒。
相当のアルコール摂取で、酒太りで迎えた週末。

脂肪消費のためにさわやかウォーキングに行こうかと思ってたら、土曜日はすっきりしない天気で、出撃に踏み切れず、家の近くをポケモン散歩。

土曜日午後はいつもならスポーツクラブでファイトアタックBEATをやって有酸素系をやるんだが、ある予定があるんでいつもは日曜にやってるフルメニューの筋トレをやり、有酸素。

e0242504_07250096.jpg最近の定番ブルーベリーヨーグルトを食べながら、たまっていた録画やら「ブラタモリ」を見て終了。

日曜日はいつもと違うスケジュール。

例によって朝早く目が覚めたので、ポケモン散歩まではいつもといっしょだが、ここから開店時間の10時にスポーツクラブへ。

e0242504_07264667.jpgエアロバイクをこいだが、45分しかもたず、そのまま風呂に入って、帰りにコンビニによって昼食を買って帰宅。

コンビニ弁当を急いで食べる。

午後いっぱいある会合に出なきゃいけないため、いろいろスケジュールを変更したわけだ。

e0242504_07272999.jpg最高気温が30度になるといわれる中、日曜だというのに、スーツを着て、ネクタイまでしめて出撃。

楽しそうに名古屋駅を行きかう人を尻目に、会合が行われるホテルへ向かう。

e0242504_07290825.jpg詳しいことを書くのははばかられるんだが、
1 日曜日を半日つぶされる
2 楽しくない
3 自腹
と三拍子そろっているんだが、立場上出席せざるを得ない。

e0242504_07304108.jpgそれにしても、ここのところ雨続きなのに、こういう日に限って晴れちゃうのも恨めしい。

まあ去年は三連休にぶつけられたので、それに比べれば多少ましだが。

予定どおり会は始まり、5時前に終了。

どっと疲れて、家に帰って「真田丸」見るかと、会場のホテルの玄関を出ようとしたら、同じく会に参加していた会社の後輩Mさんに見つかってしまい、そこからさらに2軒はしご。

結局平日同様にボロボロに酔っぱらって10時ごろ帰宅。

なんて日曜日だ。

《What's The Title?》

e0242504_09235200.jpgWar/U2

ちょっと大げさですけど、散々な日曜日だったので、"Sunday Bloody Sunday"をタイトルにしました。
このころのU2ってアメリカではまだそれほど売れてませんでしたけど、歌詞といい曲といい、とんがったものが多かったですよね。
だんだん角が取れるとともにアメリカで売れるようになってきて、初めて"With Or Without You"を聴いたときは、なんじゃこの緩い曲は?!と驚きました。
のちのFrank Sinatraとのデュエットなんか聴いてると、Bonoって必ずしもとんがった音楽をやるのが本意じゃなかったとも思えてしまいます。
私個人的な好みとして、Bonoの最高の歌唱は"Do They Know It's Christmas?"だと思います。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-03 07:33 | diary | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧