<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

月曜日夏休みからスタートした先週だが、火曜日から5日連続の飲み。

7月にも5連投はあったんだが、いつも飲みが続くときって、仕事がらみでがっつり予定が決まっていて、少なくとも前の週の週末にはわかっているんだが、今回は予定がほとんど入ってない状態でのスタートだった。

夏休み明けの火曜日は、夕方から外部で打ち合わせで、飲み会のセットはなかったんだが、一緒に行ったわが社の4人で飲み。

水曜日は、外部でイベントをやるのはわかっていたんだが、行くかどうか迷っていて、結局、後輩のNくんと行くことになった。
屋外のイベントで、ずっと歩きっぱなので、Nくんと露天のビールを2杯ずつ飲んで撤収。

木曜日は、学生時代の友人Vanさんが仕事で名古屋に来るというので、彼が泊まる栄で飲む。

e0242504_19553756.jpgこれも前日までスケジュールがどうなるかわからなかったという展開で、ぶっつけ本番的な感じでした。

彼との話では3月か4月以来かなってところだったけど、調べたら2月4日以来でした。

Vanさんには申し訳ないことが2つ。

一つ目は、飲み会の場所を前回とは違うところにしようと思って調べてたんだけど、満員で入れなくて、栄では手持ちのカードが少ないために、結局前回と同じ世界の山ちゃんになっちゃったこと。

もうひとつは、老眼で時計を見間違えて、11時近くまで飲んじゃったこと。
家に帰ろうと電車の乗るときに気付いた。
翌日大阪で仕事だというのに、遅くまでつきあわせてごめん。

金曜日は、唯一前の週には確定していた社内の飲み会でした。

e0242504_20030495.jpgそして、土曜日。

当然お休みなんだが、東京で過ごしていた21日日曜日に仕事でお世話になっているWさんから、飲み会イベントへのお誘い。

おもしろそうなので、午前中にスポーツクラブで有酸素運動をして、風呂に入って、2時に集合場所の納屋橋に出撃。

e0242504_20070645.jpg名古屋の中心を流れる堀川の両岸の遊歩道にいろいろな露天が出ている。

イベントのスタートは3時からなので、それまで岸辺のカフェでイタリアンビールを飲みながらまったりと待つ。

3時になり、イベントがスタート。

イベントの名前はなやばし日本酒夜イチで、堀川沿いの遊歩道に出店している愛知や岐阜などの12の日本酒酒蔵のお酒を楽しむもので、事前にチケット(5杯で1,300円)とおちょこ(300円)を買って、各酒蔵の出店でチケットと引き換えに好きな日本酒をおちょこに1杯ずついただきものだ。

お店を出しているは酒蔵だけではなく、つまみを売っている屋台やビールを売っている屋台があり、いろいろと楽しめました。

e0242504_20331487.jpgイベントは3時から9時までだが、5時過ぎになると結構混んできたので、3時から飲み始めて正解でした。

日本酒はおちょこでいただくので、それほど量はいってないけど、途中でビールも飲んだし、そこそこの酔い加減でした。

5時過ぎに飲み会を撤収し、5連投は終わりました。

結局夏休み明けも飲んだくれてしまったわけですが、今回は一日当たりのアルコールの量がそれほど多くなかったことと、飲み会の翌日でも朝ポケモンGOをやりつつ散歩をする日が多くて、今月は万歩計が平均2万歩を超えている状況で、なんとかそれなりの体重でおさまっているのは朗報です。

《What's The Title?》

e0242504_20504594.jpgChicago 16/Chicago

タイトルは、土曜日のイベントのBGMで流れていた曲の中からChicagoの「素直になれなくて」を選びました。
ちなみに、Jazz好きのWさんからは、こんなのはやめてJazzにしろと酷評されていました。
また、Vanさんとの飲み会でもちゃんと謝れなかったしなあ。
さて、その「素直になれなくて」ですが、70年代後半からだんだんヒットが出なくなっていたChicagoにとっては起死回生のヒットになり、その後ヒット曲を量産するきっかけとなったわけですが、そのサウンドはAirplayかと思うような洗練されたアダコンサウンドで、昔からのファンには酷評されてしまいました。
私はこれまたオールドファンには評判の悪い"Chicago Ⅹ"からのファンで、軟弱とのそしりを受けている「愛ある別れ」も大好きですんで、この曲もこだわりなく好きです。

[PR]
遅いお盆休みでの東京の日々

18日にスタートし、今日までの4泊5日で、名古屋に戻る新幹線は、のぞみの早特設定がある15:50発を予約して、会社から定時で帰る時と似たような電車で家に戻るつもりだった。

しかし、台風9号が関東直撃コースで北上し、予報によればちょうど昼頃関東に上陸の恐れありということで、最悪名古屋に戻れなくなる恐れがある。

仕事の段取り的には、明日の朝に帰って、何時間か年休をとって昼までに会社にたどり着けば何とかなるっちゃなるんだが、そんなことで休みを使うのももったいないし、何が起こるかわからないので、今日中に帰れる算段をとることにする。

例によって、心配性な私は4時に目覚めてしまい、ネットで台風の進路を確認し、朝のラッシュが始まる前に東京駅に行くことを決意。

e0242504_21144522.jpgすでにポツポツ雨が落ち始めたので、家から一番近い新桜台駅へ行き、5:56発で出撃。

東京駅には6時半過ぎに到着。

東海道新幹線の乗り場へ行ってみると、特段ダイヤの乱れはないようなので、自由席に乗るべく行動する。

e0242504_21180610.jpg7:00発の新大阪行ののぞみなら座れるかと、19番ホームへ向かったら、隣のホームにいた6:50発の博多行のぞみの自由席にも空席があるので、そっちに乗る。

のぞみは定刻に発車し、あとは祈るばかりだが、とりあえず朝食もせずに出てきたので、車内でコンビニ飯で朝食。

新横浜を出たところで、自由席は検札が回ってきて、私の15:50の指定券を見た車掌は最初は怪訝な顔をしてましたが、事情は理解してくれたようで、何も言わずチケットを返してくれた。

神奈川県に入ったあたりから雨が激しくなり、完全に台風モード。

でも、新幹線は雨も風も関係ないとばかりにいつものスピードでぶっ飛ばす。

名古屋に行ってから新幹線に乗るときはだいたい三人掛けの通路側のC席を買うんだが、今日は二人掛けの窓際のE席に座ってみた。

e0242504_21245778.jpg窓際だと充電できるから便利だなあ。

名古屋に戻るときは、降りるのが大変なので難しいけど、東京に帰ってくるときには、どうせ終点の東京駅で降りるので、E席はありかもしれないなあ。

e0242504_21292589.jpgE席といえば、山側なので、天気が良ければ富士山が見えるんだけど、台風でそれどころではないと思っていたんだが、伊豆半島の付け根を越え、富士市に入ると、風雨が弱まり、富士山もすそ野の方はちょこっと見えたりする。

e0242504_21320887.jpg静岡市あたりでは、雨もあまり降ってなくて、浜名湖では晴れていて、名古屋には定刻に到着。

見事な夏晴れ。

スーツ着てればこのまま出勤できちゃう時間だなあ。

結局9時過ぎに名古屋の家に到着。

e0242504_21380191.jpgとりあえず買い物に行こうかと思ったんだが、時間はたっぷりあるし、東京に帰ってる間に、かみさんや娘2号からポケモンGOについていろいろ教えてもらって試したくなったので、買い物の準備をして、いつもポケモン探しに行く名城公園を目指す。

e0242504_21394705.png時間があるので、名城公園の隣の名古屋城でもやってみるかと挑戦してみたら、今までゲットできてなかったイワークが2匹いましたけど、それ以外は特段珍しいのはいなかった。

結局名古屋城の周りを1周して、名城公園でしばらくポケモン探しをして、家の近くに戻り、マックスバリュで買い物。

ポケモンGOで時間を食ってしまい、家に帰ったら3時ごろで、そこからマックスバリュで買ってきたランチパックで昼食して、4時ごろからスポーツクラブへ。

当然のことだけど、いつもと顔ぶれは違うし、夕食の時間が迫ってるせいか、奥様方がいなくなっていて、すいててよかった。

e0242504_21473360.jpg筋トレはフルメニューやり、すでにしこたま歩いてるので、有酸素は軽めにして、6時過ぎに家に帰り、夜は軽めにライトミールとピリ辛トマト味の春雨とコーヒー。

ちゅうことで、結局名古屋での休日が一日増えちゃった形になりましたけど、家に帰ってテレビを見たら、関東(とくに埼玉)では大きな被害が出ているようで、結局東海道新幹線は止まらなかったみたいで、当初は取り越し苦労かと思ったけど、西武線が甚大な被害を受けてるようだし、都内も結構風雨も激しくなったみたいだから、やっぱ早く帰ってきて正解だったな。

そういえば、朝乗った有楽町線に白雪姫のコスプレをした女の子が二人いたけど、あの天候でネズミーランドに行って大丈夫だったのかなあ?

《What's The Title?》

e0242504_21534678.jpgEscape/Journey

東京からの脱出劇でしたので、”Escape"をタイトルにしようと思ったんだけど、Rupert Holmesの曲は、逃避行って感じのテーマなので、より緊張感のあるJourneyのアルバムタイトル曲をタイトルにしました。
このアルバムからは、ぬるい曲のシングルカットが多いんで、アルバムを聴かないと必要以上に軟弱なイメージを持っちゃいますけど、この曲みたいにロック色を残している曲もあるので、まだべとべとの産業ロック(この言葉も今は死語ですが)ではないというのが私の評価です。

[PR]
18日から夏休みをとって東京に帰ってきました。

18日朝イチの新幹線のぞみに乗り、かみさんと娘2号と池袋に買い物に行き、私はそのまま池袋に残り、その夜は東京に勤めている弘前時代の後輩と飲み会。
久しぶりに会って、楽しい夜でした。

e0242504_21060124.jpg19日金曜日は、夜イベントをやるために、再び娘2号と池袋へ。

娘2号が発見した池袋のポケモンスポット(写真左)で、しばらくポケモンGO。
共通の趣味があると距離が縮まっていいものです。

そのあと、池袋で用事を済ませ、家に帰ってイベントの準備。

イベントとは、娘1号の誕生会。

e0242504_21082749.jpg実際の誕生日はもっと先なんだけど、家族全員がそろうタイミングが19日しかなかったので前倒し。

まず、最近おいしい日本酒に凝っている娘1号へのプレゼントとして、池袋東武で買ってきた日本酒をみんなでいただく。

やはり獺祭が有名で、そちらに人気が集まり、あまりたくさんは飲まない妻子と、家ではすぐに止められてしまう私なので、出羽桜はあけずに終わりました。

e0242504_21143549.jpgおいしい日本酒をいただきながら、料理を食べ、食後はバースデーケーキ。

木曜日に予約をしておいて、翌日取りに行ったので、連日池袋に行くことになったわけだ。

e0242504_21163509.jpg高野らしいフルーツたっぷりのケーキで、娘1号の評価も上々でした。

20日土曜日は朝から嵐。

出かけるつもりだったんだが、天気がひどすぎるんで、家で待ってたおかげでリオオリンピックの男子4×100mリレーをリアルタイムで見ることができた。
歴史的快挙に大感動でした。

そのうち雨も弱まってきたので、かみさんと予定の場所へ出撃。

e0242504_21224310.jpg行き先はお台場。

出遅れて昼過ぎについたけど、天気は朝の雨が嘘のように晴れてました。

e0242504_21244277.jpgメインの目的の前に、かみさんと二人でお台場海浜公園を中心にポケモン探し。

ここもポケモントレーナーには人気の場所のようで、たくさんのトレーナーが押し寄せてました。

しばらくポケモン探しをした後、2時頃遅い昼食。

e0242504_21271459.jpgかみさんの希望で、沖縄料理。
私はラフテー丼とゴーヤチャンプルー(写真右)、かみさんはアーサそばと麩チャンプルー。
おいしかったっす。

e0242504_21301105.jpg昼食後にメインの目的地フジテレビへ。

かみさんが球体展望室の招待券を持っていたので、行くことにしたんだが、ちょうど夏休みのイベント中で混雑してました。

e0242504_21320059.jpg25階の展望室からの景色はなかなかの絶景で、初めてのかみさんは素直に喜んでました。

e0242504_21342454.jpgしばらく景色を楽しんだ後、いろいろ番組にちなんだイベントもありましたけど、おじさん、おばさんにはついていけないものだらけで、完全にスルーで下に降りる。

思いのほか珍しいポケモンが見つかるので、フジテレビの後も1時間以上ポケモン探しをしてお台場を後にしました。

なんとか雨にあわずに家にたどり着きラッキーでした。

e0242504_15250063.jpg今日も娘2人は出かけてかみさんと二人になったので、午前中に、ちょっとわけがあって、一人でめちゃ久しぶりにバッティングセンターに行って、午後からかみさんと外でランチをして、我が家から歩いて30分ほどの江古田の森公園でポケモン探し。
e0242504_15260068.jpgここはワンリキーの聖地として有名だそうだが、実際にたくさんいて、噂は本当のようでした。

ちゅうことで、なんだか家族とポケモンGOばかりやってた休日でしたが、明日は台風直撃のようで、無事に名古屋に帰れるか心配です。

《What's The Title?》

e0242504_21000516.jpgGreatest Hits/Nancy Sinatra

ちゅうことでタイトルは、娘の誕生パーティーに買った日本酒にちなんで”Summer Wine"
この曲は渋い声のLee Hazlewoodとのデュエットで、アメリカではそれほどヒットしなかったようですが、日本では大ヒット。
日本人にも覚えやすいメロディが功を奏したんでしょうね。
この曲がなかったら、藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」は生まれなかったでしょうね。
あのFrank Sinatraの娘として鳴り物入りでデビューした彼女ですが、それほどヒット連発とはいかなかったけど、「にくい貴方」とかそれなりに存在感を発揮してましたよね。
しかし、なかなかこゆいジャケットですねえ。

[PR]
いよいよ世の中はお盆に入ったんだが、私は仕事上いっしょに休むことができない会社の相棒のNさんが夏休みなので、休まずカレンダーどおりに出勤し、名古屋の家にいる。

しかも、後から知ったのだが、スポーツクラブが11~14日お盆休みということで、13~14日の土日はぽっかりとスケジュールが空いてしまった。

せっかくだから、山や海に出かけてみるかと思ったが、お盆休みでどこも混んでいそうなので、思案していたが、近場で行けていなかった岐阜方面に行くことにした。

13日土曜日の朝、2日前の大阪遠征と同じ6:03の電車で大曾根を出発。

e0242504_04522785.jpgあちこち動き回るので、名古屋近郊の普通列車は乗り放題の青空フリーパスを購入。
この切符は、みどりの窓口かみどりの窓口にある特急券などを買う自販機で買えるんだが、どっちもお盆で混んでいて、危うく予定の電車に遅れるところだった。

e0242504_04580941.jpg名古屋駅から東海道線に乗り換えて、最初の下車駅は大垣のひとつ手前の穂積。

e0242504_05004511.jpg駅からずーっと南下し、長良川の堤防に突き当たって西へ進路を変えつつ45分ほど歩いて8時前に到着したのがここ→

墨俣一夜城。

大垣から近いという話は聞いていたのでルートに組み入れたのだ。

豊臣秀吉が織田信長に命じられて一夜で城を作ったという伝説が残っているんだが、この天守閣(もちろん平成になってから作ったもの)はないよなあ。

清州城も史料がないので安土城などを参考にいろいろ考えて再建(?)したらしいが、一夜城はもうちょっと考えてもよかったんじゃないかなあ。

e0242504_05061375.jpg長良川の堤防から見るとよくわかるんだが、場所は犀川という川が長良川にT字に交わっているところで、地形的には築城の必要を感じさせるところなので、残念!!!

次の目的地は大垣で、せっかくフリーパスがあるから穂積から電車に乗ってもよかったんだけど、あまりにも面白くない道だったし、結構遠かったので、墨俣から直接大垣を目指すことにした。

揖斐川を渡り、1時間ちょっと歩いて、大垣の市街地に入る。

e0242504_05121536.jpg戦国大名のごとく愛知県に攻めあがっている大垣共立銀行の本拠だけあって、駅前の商店街はOKB Street。

その一角に湧水があったので、立ち寄る。
飲めると書いてあったので、飲んでみたら、よく冷えてるし、おいしい。
さすが水都大垣。
地元にこれがあるとお宝だなあ。

e0242504_05175886.jpg大垣での最大の目的は、関ケ原の合戦で西軍の拠点となった大垣城。

水都といわれているし、堀に抱かれた城跡を想像していたんだが、OKB Streetの裏手に入ると、すぐに公園になり、天守が現れる。

e0242504_05200979.jpg付近は公園になっているが、お城っぽいエリアは狭い。第二次大戦前までは当時の城郭が残っていたそうで残念。

でも焼失前の写真が展示されていて、それを見られたのはよかったですね。
ちなみにここの天守閣は写真が残っているので、忠実に再現されているそうです。

e0242504_05243538.jpg思いのほかあっさり大垣城を見終わり、駅へ向かう途中で、もうひとつのお目当て大垣名物の水まんじゅうを購入。

商店街で古そうなお店で買ったけど、駅前にもっとはやってそうで、冷えたのを売ってる店があり、ここでも残念。

e0242504_05272852.jpgこのあとの行程を考えて、大垣から岐阜へ向かう電車で食べたけど、冷やしたらおいしかっただろうなあ。
私が買ったやつは、あんこ、抹茶、いちごの3種類でしたが、あんこが一番シンプルでおいしかったですね。

e0242504_05294469.jpgちゅうことで、大垣の後は岐阜へ。

新幹線の駅かメジャーな空港のような立派な駅に驚いたが、駅前では金ピカの信長がお出迎え。

e0242504_05331179.jpg駅は立派だが、次の目的地へと街を歩いてみたら、ここも悩める地方都市で、人通りは少なく、シャッターのお店も多い。

とくに高島屋の周りのアーケード街は往時をしのべるだけに、見ていてつらいものがありましたねえ。

駅から45分ほど歩いて岐阜公園に到着。
思ったより遠かったなあ。

e0242504_05365010.jpgここから金華山山頂の岐阜城を目指す。麓から見上げると険しい山城で、よくこんなところに城を作ったと素直に感心します。

スケールは違うけど、同じ信長の居城だった小牧城も周囲からぽっこりと出っ張った山だったので、信長はこういう地形が好きなのかなあ。

e0242504_05424033.jpgまあ、ここを作ったのは信長じゃないけど。

時間もないので、山頂へはおとなしくロープウェーに乗る。
往復1,080円はボラーレ感があるなあ。

e0242504_05461564.jpgロープウェーを降りると、天守閣までは山道。
現地へ登ってみると、狭いところに山道が刻まれていて、よくこんなところに感はさらに高まる。

ロープウエーも山頂も観光客で混んでいたけど、外人はほとんどいなかった。

日本の歴史的には重要なスポットだし、結構面白いところだけど、まだ知られていないあたりに中部地方のインバウンド対応の遅れを感じます。

e0242504_05503738.jpgただ、この狭い山頂に民度の低い外人が来ちゃうとどうかっていうのはありますが。

5分ほど山道を歩くと天守閣が見えてきてテンションは上がりますが、ここの天守も再建なのでパスして、展望台へ。

e0242504_05523279.jpg展望台からの景色は圧巻ですね。

麓の長良川をはじめ濃尾平野が一望でき手、歴代の城主もこの景色には優越感を覚えたんじゃないかなあ。

e0242504_05570683.jpgちなみに信長の居館跡地は麓の岐阜公園の中にあります(写真右)。

たしかに常時この険しい山城で生活するには無理があると思っていたので、そのあたりを知ることができたのも収穫でした。

e0242504_06000077.jpg信長居館跡のある岐阜公園は100円札でおなじみの(歳がバレるが)板垣退助が暴漢に襲われたところとしても有名だそうで、彼の像もたっていました。

墨俣、大垣とやたらともやもやしていましたが、岐阜城一帯のさすがのクオリティには感服でした。

紅葉の季節あたりにはもう一度来て、今度は歩いて金華山に上るかなあ。

私が当初考えていた岐阜周辺のプランはここまで。

これで名古屋に戻ったら、電車賃の実費は1,380円で、2,570円のフリーパスを買うこともなかったんだが、このあと、かなり強引な行程をつけ加えた。

岐阜城付近で思いのほか時間がかかったので、岐阜で昼食。

お店を探しながら岐阜駅へと歩いたが、これといったところを見つけられず、結局岐阜駅の吉牛。

e0242504_06102585.jpg腹ごしらえも終わり、次の目的地は下呂。

スポーツクラブが休みで風呂も入れないしね。

岐阜駅を13:15の高山本線の各駅に乗り、2時間かけて到着。

e0242504_06142086.jpg川沿いの盆地に広がる歴史を感じさせる温泉街ですね。
さすがにお盆休みということもあって、家族連れなので、温泉街はにぎわってました。

旅館によっては、今日は日帰り入浴お断りってなってました。

下呂を行程に加えたのは前の日で、慌てていろいろ調べて、日帰り入浴施設へ。

e0242504_06202489.jpg370円で行けるところもあったんだけど、貴重品の保管とかせっけん、シャンプーの有無とかが気になるので(今までの経験上、安いところははずす)、入浴料は700円とやや高いけど施設が整っていそうなクアガーデン露天風呂へ。

ここは文字どおり露天風呂一本なんだが、ちゃんと洗い場もついてるし、川風が吹いて気持ちいい。

ガキがいっぱいいて、はしゃぎまわっていたのがウザかったけど、お盆休みだからしょうがないなあ。

ときどき水風呂に使ってクールダウンしながらいつもより長めに入浴。

e0242504_06250744.jpg無料で休憩できるスペースもあるので、帰りの電車まで休憩。
1缶300円とボラーレだけど、抗しきれずに風呂上がりの一杯をいただきました。

黄金の一発!300円の価値あり!でした。

最後に癒しが入って、この企画は大成功でした。

e0242504_06274845.jpgクアガーデンを出て、川風に当たりながら飛騨川の河原をプラプラして、下呂駅に戻りました。

結局一日に歩いた歩数は43,000歩を超えて、これまで10年近くやっているカラダカラの新記録を樹立した一日になりました。

《What's The Title?》

e0242504_10322740.jpg25th Anniversary Collection/Frankie Valli & The Four Seasons

ちゅうことで、昨日は岐阜県大旅行になりましたので、”to Gifu"からの無理やりな"To Give"。
この曲はFrankie Valliのソロなんですが、The 4 Seasons全体の迷走を感じてしまう曲ですね。
当時だとTom Jonesとかが歌いそうな大仰で直球のバラードなんですが、歌はうまいのでそれなりに聞かせますが、Frankie Valliのちょっとコミカルで軽妙な声とは合わないんですよね。
グループの方も、当時はやっていたサイケデリックな路線を取り入れようとしてる節があるし、当時を知らないのでなぜかはわかりませんが、ちょっとなあと感じる曲です。

[PR]
今年は二度大阪に行っている。

一度目は2月14日夜に日帰り

二度目はかみさんの思いつきで、3月なのに雪が降ったUSJ

このあたりのネタを書いたところ、大阪在住のかめさんからいろいろとコメントをいただいた。
そういえば、大阪に勤めてた時以来会ってないなあ。

名古屋から大阪まではそんなに遠くないし、いつまた遠くに転勤になるかもしれないから、会いに行こうかと思っていたんだが、そうこうしているうちに日がたってしまった。

そして今年から8月11日が山の日で祝日となり、木曜日にぽっかりとお休み。
かめさんに連絡したらOKということなので、今年三度目の大阪旅行を決行。
せっかくだから、行きたいところも組み込んだ日帰り旅行にしました。

e0242504_19514503.jpg貧乏な単身赴任おやじとしては、なるべくお安く行こうと、近鉄を使って行くことにした。

しかも行きは時間もあるので、運賃だけで行ける急行で行くことにし、6時半に名古屋駅から伊勢中川行の急行に乗る。

e0242504_19562254.jpg最近スマホのバッテリーが心配なので、音楽プレイヤー用にはiPod nanoを持ってきて、聴きながらのんびりとスタート。

伊勢中川で乗り換えかと思ったら、名古屋発の急行がそのまま折り返して、大阪上本町行になるということで、同じ電車に乗ったままで、上本町を目指す。

e0242504_19595226.jpg名古屋から3時間ちょっとかけて10時前に上本町に到着。

まず最初に向かったのは真田山。

大坂冬の陣で真田幸村が真田丸を築いたといわれるところで、「ブラタモリ」でもやっていたところだ。

天王寺区というので、天王寺駅の方かと思ってたら、鶴橋とか上本町から近いところだったので、上本町から歩く。

e0242504_20105694.jpg真田山公園に行ってみたが、普通の公園だった。

でも大阪城方面からずっと南へ台地が伸びているようで、真田山公園からは北以外は下り坂になっていて、なんかそれっぽい。

e0242504_03482987.jpgそれに地名を見るだけでもテンション上がっちゃいますね。

つづいて、真田丸から大阪城を目指す。

朝5時に朝食を食べたので、ぼちぼち腹が減ってきた。

e0242504_20281024.jpg昼食は大阪らしいものを食べたいなあと玉造筋を歩いていると、スーパー玉出の看板が。
大阪に住んでた時に、家のそばにあって大変お世話になった激安スーパーだ。

とりあえず見てみたらやっぱり安い。
昼食はここに決定。

スーパー玉出で買ったものを大阪城公園でいただきました。

e0242504_20293797.jpgこれで450円ですからねえ→

昼食も済んだし、次は大阪城見物。

大阪に住んでいた時に天守閣のあたりは見たけど、じっくり見物したことはなかったんですよね。

e0242504_20334456.jpg「真田丸」でもクライマックスは大阪城を舞台にした戦いになるわけで、この際じっくり見ておきたい。

しかし、大阪城を見に来ている観光客の半分以上は外人だ。

e0242504_20360013.jpg当時は真田丸まで場内だったわけで、今はだいぶ縮小されてしまったわけだが、それでも広いなあ。

e0242504_20375302.jpg本丸まで来ると、外人比率はさらに上がり、天守閣の切符売り場は長蛇の列だったので、一度見たことはあるし、天守閣見物はパスして、本丸から北側に回ってみる。

大阪城の北側の守りは堅いと定評があったところだが、さすがに幾重も堀がめぐらされているし、その北側にはさらに川が流れている。

e0242504_20442971.jpg今はコンクリートで護岸が築かれているが、当時は自然の川だったわけで、これは確かに攻めにくいなあ。

大阪城を北側に抜けて、そのまま北へ歩いていき、仕事でしょっちゅう出歩いていて勝手知ったる北区にはいる。

e0242504_20471317.jpg天神橋筋商店街を歩く。
懐かしいねえ。

商店街を抜け、大阪天満宮へ。

すぐそばに演芸場繁昌亭ができてからは初めてだなあ。

そこから梅田へ。

e0242504_20523188.jpg梅田へ来た最大の目的は阪神百貨店。

私がいた当時から地下の食品売り場は阪神が一番といわれてたが、相変わらず地下は混んでいて活気がありますねえ。

阪神に来た目的は食品売り場ではなく、8Fのタイガースショップ。

e0242504_20590981.jpg阪神ファンの聖地ですよね。

タイガースショップは、東京の京王デパートや熊本の今はなきくまもと阪神で行ったし、名古屋にもあったがつぶれてしまった

e0242504_21011645.jpg大阪勤務の時は、職場から阪神デパートは近くて、いつでも来れる距離だったんだが、そのうち星野タイガースが優勝して、大人気になって入場制限されるなんてこともあったりして、結局来ることができないまま転勤になってしまい、今回が初めてだ。

入り口では張り子の虎とバースの写真とバットがお出迎え。

e0242504_21022847.jpg張り子の虎って縁起悪くないか?

3時間ほど炎天下にいたので、エレベーター前のいすで30分ほど休憩してからいよいよ入店。
さすがに大阪ですから、ファンも多くて、店内は結構混んでました。

いろいろあって迷いました。
それほど広い売り場ではなかったけど、30分以上タイガースショップにいました。

レプリカユニを買おうかとかなり考えたのですが、結局下の写真のTシャツを買いました。

3時過ぎに梅田を出て、かめさんと待ち合わせてるなんばへ。

e0242504_21115551.jpg梅田からなんばまでは地下鉄御堂筋線に乗ればすぐなんだが、せっかくだから運動のために御堂筋を歩く。

まだまだ日が当たり暑いので、本町あたりで西へそれてアーケードを歩く。

e0242504_21144276.jpg心斎橋を過ぎたあたりで、アーケードもすごい混雑。そして、歩いてる人のほとんどは中国人を中心とした外人さんたち。
いつの間に国際観光都市になっちゃったんでしょうね。

e0242504_21162555.jpg道頓堀でも外人がいっぱい写真を撮ってました。
道頓堀のどこがいいのかなあ。

4時ごろなんばに到着し、喫茶店やら高島屋で休憩してから、かめさんとの待ち合わせ場所の御堂筋線のなんば駅へ。

なんば駅もものすごい混雑でしたが、5時過ぎに無事にかめさんに会えて、彼の案内で魚のおいしい居酒屋へ。

e0242504_21200045.jpgそこまでに3万歩以上歩いていたのでビールがまいう~でした。
刺身もうまかったなあ。

12~13年ぶりぐらいに会ったかめさんでしたが、お互い2人の娘のおやじだったり、健康が気になる年代だったりで、飲みホの酒をぐびぐび飲みながら、いろんな話をしました。

e0242504_21245314.jpg店が混んでいて、2時間制ということで、店を出たときには、私の帰りの電車まで時間があったので、立ち飲みの串カツ屋にも連れて行ってもらい大満足の夜でしたが、かなりお酒も回ってしまい、すっかりポンコツおじさんになってしまいました。

楽しい大阪の夜はあっという間に過ぎ、かめさんに見送られ、9時の近鉄特急で大阪を後にしました。

かめさんありがとうございました。

また会いたいですね。

《What's The Title?》

e0242504_21285240.jpg20 Greatest Hits/The Turtles

タイトルはかめさんとの再会でしたのでタートルズで、久しぶりに会って楽しい夜でしたので"Happy Together"にしました。
私が初めてこの曲を聴いたのはラジオ関東の全米トップ40で、10年前のナンバーワンヒットを紹介するコーナーでした。
たぶんそれまでにも耳にしたことがあったと思われ、妙に懐かしい思いがしたのを覚えています。
彼ら最大にヒットということで、耳に残る曲ですよね。
このベスト盤は結構気に入った曲が多くて、ヘビロテです。


[PR]
8月に入り、名古屋の夏も本格化。

最低気温が25℃前後の日が続き、西日をもろに浴びる我が家は、夜になっても室温が30℃前後の毎日なので、寝るときはタイマー付きでエアコンさんにお世話になっている。

そんななか、火曜日には東海地方でゲリラ豪雨が発生し、中央線は遅れながらも動いて私は何とかなったんだが、帰宅難民が多数出る騒ぎに。

そんななか、仕事飲み5連投だった前の週ほどではないが、月曜日に会社で歓迎会があり、木・金と仕事飲み。

先週は連投なのでイニング数を制限し、5日で6軒で抑えたんだが、8月第一週は3日だったけど、どの日もはしごしてしまい、7軒。

とくに金曜日は3軒はしごして、名古屋駅を11時過ぎに撤収して戻ったので、土曜日はアルコールが残り、どよーんとした朝。

最近恒例になりつつあるポケモンGO散歩の後は10時の開店時間に合わせスポーツクラブへ。
ランニングマシンを70分歩いて、風呂に入って、家に帰り、出撃準備。

昨日の出撃はダブルヘッダー。

一つ目は昼飲み。

仕事飲みで会うことが多い某業界のKWさん主催の昼飲みの会。
今までも何度か誘われたが、スケジュールが合わず、今回やっと出席。

e0242504_04181056.jpgスタート時間の午後2時に会場の大須へ行ったら、おまつりをやっていて、すごい人出で、暑さもひとしお。
昼間から生ビールからハイボール3杯、チューハイ1杯をいただきました。

会は4時過ぎに終了し、さらにきしめんを食べに行くというKWさんほか数名とは別れ、次の目的地へ。

e0242504_04204621.jpg途中JR鶴舞駅を通った時に、駅前の鶴舞公園を見たら、相変わらずポケモントレーナー多数。メッカ健在だ。

ダブルヘッダー2試合目は、須成祭。

須成祭自体はかなり長い期間にわたっていろいろな祭事が行われて、百日祭りともいわれるそうだが、昨日は宵祭を見に行くことにした。

e0242504_04240165.jpg鶴舞からJRを乗り継いで目的地の蟹江に到着。

しかし、駅を降りる人でお祭りっぽい人は皆無で、駅はひっそりとしていて、ほんとに祭があるのか不安になってしまう。

e0242504_04275706.jpg唯一物寂しい駅前ロータリーに祭り会場を案内する看板があり、その案内に従い会場へ向かう。

途中ポケモンGOをやりながら歩いたが、駅前にジムとポケストップはあるが、あとは何もない。

e0242504_04311575.pngよく地方ではポケモンGOの環境が整っていないという話を聞くけど、名古屋駅から3駅で名古屋市に隣接する蟹江町でもこういうことなんだなあ。

それでも蟹江町は水路の多い町のせいか、たまに出てくるのはコダック、コイキングなどの水系ポケモンで、あめ目当ての乱獲にいそしみつつ、看板に従って現地へ向かう。

看板は親切にポイント、ポイントに出ていて道に迷うことはないんだが、それに沿って歩いている人は皆無で、ちょっともやもやしてしまう。

祭が行われる蟹江川に着くと、スタート地点の飾橋近くに祭りで使われる船が停まっていた。

まだ飾りつけをやる前の骨組みの状態で、何人か船の上に人はいるが、ぼーっとしている状態で、船を見物している人も2~3人。

e0242504_04414644.jpg来るのが早すぎたってことか。

とりあえず蟹江川に沿ってうろうろしてみることにした。

e0242504_04482782.jpg祭のいろいろな祭事が行われる冨吉建速神社、八剱社の方へ行ってみると、交通整理が行われていて、かなりの人の気配。

境内に入ってみると、すでにたくさんの屋台が出ていて、子供を中心ににぎわってました。

途中通った公民館にスケジュールが貼ってあって、祭事が始まるのは7時半とわかったので(よく見たらパンフレットにも書いてあった)、いったん駅の方に戻り夕食。

e0242504_04543511.jpgここにきてコンビニ飯も味気ないので、地元資本のヨシヅヤへ。

ハムカツと稲荷ずしの夕食を終え、再び蟹江川へ戻る。
e0242504_05023146.jpg6時半過ぎに会場に着くと、船への提灯の飾りつけが始まり、周辺の見物客も徐々に増えてきた。

船自体は7月に見に行った津島の天王祭と同じような作りで、工程も津島で見たので珍しくはなくなっているんだが、狭い川で行われるので、津島よりも近くで見ることで、新たな発見もあったりする。

e0242504_05053658.jpgしばらく船の飾りつけを見ていると、ドローンが飛んできた。
飛んでるところを生で見るのは初めてだったけど、やっぱすぐれもんですね。

ドローンの写真を撮ってた人も多数。
私もそうですがw

e0242504_05100900.jpg8時過ぎからお稚児さんなどが乗り込み、8時15分毎スタンバイが整った。
そのころになると、河野亮義氏はほぼ隙間なく見物客で埋まりましたが、両岸の狭い道路でも十分人の行き来はできたので、のんびりしたお祭りなんですね。

e0242504_05120545.jpgスタートに先立って、両岸に非常線が貼られ、仕掛け花火がスタート。
しかし、狭い川なので規模に限界あり。
これって必要なのかなあ。

いよいよ多数の提灯で飾られた船が動き出す。

e0242504_05161895.jpg津島は船に乗った船頭さんが竿を使って船を操るのだが、蟹江では、狭い川だということで、船頭さんの舵取りプラス両岸に人がいて、ロープで引っ張る。

津島の船は5艘だが、ここ1艘でさびししさもあるが、それでもお囃子を奏でながら悠然と進んでくる姿は美しい。

そして、見物客もほどほどなので、船を追いながら見物することもできる。

e0242504_05240635.jpg船は川を上り、冨吉建速神社、八剱社の近くの天王橋へ向かうのだが、その途中には御葭橋という橋がある。
これは普段←こんな感じの橋なんで、高々とマストを掲げた船はどう見ても通れない。

ちゅうことで、須成祭の時だけ船を通すために、この橋は跳ね上がり、それが祭りのひとつの呼び物になっているそうだ。

e0242504_05263968.jpgさすがに御葭橋付近はそれなりに混んではいたが、やや角度は悪いものの最前列に陣取ることができた。

船が近づいてくると橋の跳ね上げ作業が始まる。
左の写真は暗いうえに利き腕でない右手一本で撮ったんで手ぶれしていて見づらいですけど。

e0242504_05305891.jpgそして橋が跳ね上げ終えると、小規模な仕掛け花火のセレモニーを経て、船が作られた水路を通っていく。

水路と船の幅にはあまり余裕がなく、両岸から引っ張る人も慎重に作業をしている。
e0242504_05363081.jpg一度「どん」と大きな音がしたので、船が橋げたにぶつかったようだ。

ほんとは公民館のある東岸から見るときれいなんだろうけど、混んでいたので、やむなし。

それでもいいものを見せてもらった。

船は御葭橋の関門を無事(?)通過し、悠然とゴールの天王橋を目指し進んでいったが、帰りのJRは1時間に2~3本しかなくて、混むと嫌なのでここで撤収。

e0242504_05415758.jpg急ぎ足で駅を目指したが、飾橋のあたりまで戻るとすでに人はまばらで、蟹江駅は、着いた時と変わらず祭なんてどこ吹く風といった閑散とした風景のまま暗闇にたたずんでいました。

そういうお祭りなんですけど、今秋ユネスコの世界文化遺産登録を目指している日本の祭の山車のひとつとして、津島の天王祭とともにエントリーしているんですよね。

急いで撤収したおかげで家には10時前に帰れましたけど、盛りだくさんで、昼飲みした上に、一日で28,000歩以上歩いたので、さすがに疲れました。

《What’s The Title?》

e0242504_05470707.jpgAnthorogy/Bread

タイトルは、船を通すために橋を上げるということで思い出した"London Bridge"。
私がBreadと出会ったのは、なぜか復活して結局最後のヒット曲になってしまった「愛のかけら」なんで、ほとんどの彼らのキャリアの曲はあとづけで、中心人物のDavid Gatesが身勝手にソロになったりグループを復活したりしてるという話も後から知ったわけです。
ということで、Breadの曲はこのベスト盤で楽しんでいるわけですが、ひっ特浴のクオリティの高さで身勝手なDavid Gatesにはあっさり騙されてヘビロテです。
”London Bridge”はシングルヒットではないけど、このベスト盤に収録されていますが、まあ普通の曲で、あえて入れる必要があったのかと思ってます。


[PR]