<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

金曜日は仕事飲みだったんだが、2次会つきになり、死者が出る大騒ぎになってしまい、私も土曜日はアルコールが残留し、どよーん。

午後なんとかスポーツクラブへ行って、マシンを歩いたが、酒太り+運動不足で体重が高止まってしまったので、日曜日は久しぶりにJRさわやかウォーキングに出撃。

ここのところ、腰痛やら、悪天候やらで、ご無沙汰で、5月の瑞浪以来で、12回目の登板。
そういえば、6月までのパンフはあるんだが、その後のパンフは出てない。
お年寄りばっかのイベントだから、夏場にやると、熱中症とかやばいんだろうなあ。

今日の行き先は静岡県浜松市の舞阪。
浜名湖の近くで、漁港があることで有名で、今日のコースでも浜名湖が見えると思ったら、どうも方角が違うようだ。

せっかく浜名湖の近くに行くんだっやら、見てみたいと思い、ちょっと早めに行って、一駅手前の弁天島駅で降りることにした。

e0242504_18530762.jpg新幹線で行くのはもったいないので、大曾根を5:53に出て、金山から浜松行きに乗る。

今回お安くいこうと、途中の豊橋まで格安で行ける豊橋往復きっぷを購入し出撃。

予定どおり弁天島までほぼ2時間かかって到着したんだが、ここでひと悶着。

豊橋往復きっぷは、精算ができないらしいのだ。

指定の豊橋エリアで一旦降りて切符を買いなおせばいいんだが、精算しようとするとペナルティで正規運賃を取られるそうで、一旦降りていれば320円ですむところに890円とられた。

e0242504_18565471.jpgちなみに帰りは、乗車する駅から豊橋エリアまでの切符を買って乗れば、途中で降りなくても大丈夫なんだそうだ。
へんなルール。

そんな弁天島駅を降りて、北へ進む。

e0242504_19030249.jpg浜名湖から水路が縦横に出ていて、それを橋で渡ると海っぽい松林があったり、ボートが浮かんでたり、なかなか風情がある。

e0242504_19074459.jpg1kmちょっと歩いたところに、長めの橋があったので、そこから浜名湖の写真を撮りましたけど、あまり展望が開けてなくて、もうちょっと移動しなきゃダメかな。

まだ本番のウォーキング前なので、あまり遠くへ行くとつらいので、ここでターンして、弁天島駅の方に戻り、国道1号線を東に向かい、本日のスタート地点舞阪駅を目指す。

e0242504_19101119.jpg弁天島駅の南側には湖の中に鳥居がありました。

e0242504_19193522.jpgしばらく国道を進んでいくと、途中で左側に折れて駅に近づく道があったので、そちらに進路を変えたら、突然意味ありげな松並木が現れる。
よくよく見てみると、ここが東海道らしく、この松並木はその名残らしい。

e0242504_19254211.jpgなんで今日のウォーキングはこんなおいしいルートを通らないのかと思ったら、6月18日に弁天島から舞阪まで東海道の風情に触れながら行くというコースがあったようなので、ここはそのときのコースっぽいなあ。

松並木も結構な距離続いて、風情があってよかったですねえ。

そんなこんなで、弁天島駅を降りて1時間ほどでスタート地点の舞阪駅に到着。
いつものスピードで5~6km歩いた感じだ。

e0242504_19282694.jpg私は舞阪駅の南側から行って、ほんとにウォーキングやってるか心配になるぐらい人がいなかったんだが、駅の建物に入ってみたら、心配ご無用の大混雑。
相変わらずのお年寄りだらけ。

e0242504_19320590.jpg今日のコースは、「発見いっぱい浜松銘菓を訪ねて!」ってタイトル。

とりあえずハイカラな舞阪駅の北口を出て、ひたすら北上。

e0242504_19345756.jpg最初のチェックポイントは浜名湖の水路を渡る橋で、つづいてスタート後2㎞ほどで、息神社に到着(写真右)。

そしてほぼ隣の天神社が次のチェックポイント。
ここも普通の神社だなあ。

e0242504_19375503.jpgそして歴史を感じさせる塀のあるお屋敷があり、なかなかのもんだなあと思っていたら、そこが次のチェックポイント中村家住宅だった。

母屋は茅葺の屋根で立派な建物で、国指定の重要文化財だそうだが、有料ということなので、外観を見ただけで撤収。

そこから次のチェックポイントを目指すが、しばらくは片側二車線の交通量の多い道路を進む。

e0242504_19411725.jpgいつもはあまり車の通らない裏道を通ることが多いんだが、今回は雑だなあ。

中村家住宅から次のチェックポイントまでは4㎞ほどあり、好天の日差しを受け、汗だくになりながら進む。

しばらく東に進んだ後、北に折れ、山方向に進んで、工業団地に入るという新機軸。

e0242504_19444024.jpgそして次のチェックポイント井田商店の工場に到着。
ピーナッツなどの豆類を売っているところのようだが、販売スペースはそれほど広くなくて、ウォーキング参加者がごった返しているんで、次のチェックポイントうなぎパイファクトリーへ。

e0242504_19504876.jpgファクトリー入り口では、ウォーキング参加者が行列を作っていたので、とりあえず並んでみる。

列の正体は、ファクトリー見学の申し込み手続き。
e0242504_19552119.jpgしかもウォーキング参加者は見学記念にうなぎパイをちょこっと(写真右)もらえるんで、欲の皮の突っ張った皆さんが並んでいたわけだ。

せっかくここまで歩いてきたし、たぶん今日のウォーキングのチェックポイントではここがメインだと思うので、工場を見学。
ちなみに入場無料です。

e0242504_19592217.jpg涼しい建物内は、ウォーキング参加者が大挙して休憩orトイレしていたが、私は見学コースへ。
それほど広くないんで、さっくり見て回れました。

出口は工場見学につきものの販売コーナー。

e0242504_20022911.jpg近々東京の家に帰る予定もあるので、お土産にちょうどいいってことで、昼のお菓子しらすパイやお徳用うなぎパイを買いました。
販売コーナーのレジはどこもウォーキング参加者が列をなしていたので、うなぎパイ屋さんにとっておいしい1日だったのではないかな。

e0242504_20144676.jpgうなぎパイファクトリーからゴールまでは6㎞ほどあり、途中に神社が一つありましたが、特段珍しいものでもなく、また交通量の多い道路を歩きました。

ゴールの高塚駅には11時ごろ到着。
全長11.5㎞でしたが、うなぎパイファクトリーでのロスタイムなどがあり、2時間ちょっとかかりました。

パッとしないコースでしたけど、初めて静岡県を歩くことができたし、とりあえず1日の歩数が27,000歩を超えたし、体重も減ったし、まあ、目的は達したかな。

《What's The Title?》

e0242504_18285759.jpgThe Beatles/The Beatles

結局今日のメインはうなぎパイでしたので、タイトルは"Honey Pie"。
各自が好き勝手な曲をやって、いろんな曲がカオスのように並んでいるホワイトアルバムの中でもオールドジャズスタイルのこの曲は個性的ですよね。
まあ”Sgt. Pepper’s”で"When I'm Sixty-Four"をやってるのでその延長線上ではありますが。
でも、ビートルズの中でもこういう曲をやれるのってポールだけですから、やっぱ一番育ちがいいってことでしょうね。
最初の方を古いレコード風の音にしてるのもポールならではの芸の細かさですよねえ。

[PR]
ついに人生初の入院の日が来た。

月曜日の朝、家から徒歩2~3分の眼科だが、8時半までに来いというので、いっしょに行きたいというかみさんを伴って、8時20分ごろ行ったら、8時半開院のはずがお年寄りでいっぱい。

さっそく入院手続きをして、病室の入る。
1泊だし、差額ベッド代はもったいなかろうということで、個室でなくていいと希望したら4人部屋になりました。

荷物を置いたら早速一発目の検査。

今回の入院の目的は、4月30日に診察を受けた数値があまりよくなかったので、1日の精緻なデータをとって、どの程度悪いかを確かめるもの。

e0242504_18595390.jpg昼食前は9時、10時半、12時と3回検査をやり、その間にいろいろな目の検査を入れていくというやり方で、1回の検査は5分~30分で終わり、そのたびに1時間ぐらいの待ち時間ができるので、その都度2Fの検査室から6Fの病室に戻る。

さすがに待ってるだけでは退屈なので、かみさんは9時の検査の途中で帰宅。

e0242504_19051510.jpg私の入った部屋には先客が2人いたんだが、2人とも午前中に退院し、昼頃私の隣に1人はいってきた。

ここの病院は個人情報はオープンで、私の隣の住人はエージくんというそうで、アラサーぐらいに見える。

e0242504_19072478.jpgとりあえず12時過ぎに病室に戻ると、テーブルに昼食が用意されていた。

病院食なので期待はしていなかったが、セパレートタイプの天ぷらうどんと野菜の小鉢でした。

お気楽な検査入院の私と違い、隣のエージくんのところにはやたらと看護師さんが来る。

e0242504_19192024.jpgしかしエージくんは、ぷらっといなくなり、しばらくするとコンビニの袋にいっぱい買い物をして戻ってきた。
天気いいしなあ→

私の午後の検査は2時と3時半で、合間に文庫本を読んだり、スマホをいじったりして過ごしていたが、3時半の検査で、瞳孔の開く目薬を差されてしまい、光はまぶしいし、細かいものはぼやけて全く見えない状態になってしまった。
5~6時間瞳孔は開きっぱなしだそうで、9時の消灯まで絶望的だ。

しばらく待たされた挙句、5時ごろ診察があり、初日のメニューは終了。
これなら家に帰れるよなあ。

部屋に戻ると、エージくんは看護師さんに外出の届け出をしていた。

夕食を外で食べるらしい。
外出好きだねえ。

e0242504_19191390.jpgうちは、診察が終わったとかみさんにLINEすると、コンビニで買った夕食持参でやってきた。

そうこうしているうちに病院の夕食も来たので、かみさんといっしょに夕食。

メニューは、塩鮭、豆腐田楽、野菜の胡麻和え、卵スープにごはんというヘルシーメニュー。

e0242504_19244549.jpg病院にいる間は、ほとんど動くことがなく、私は6Fの病室から2Fの検査室まで極力階段を使ったが、家から病院までの片道の行程を含めて2000歩程度しか歩いてないので、低カロリーにしないと太っちゃうんだろうなあ。

夕食を終えて、かみさんと世間話をしていると、エージくんが帰ってきたが、女性連れ。
よく見たら左薬指に指輪があったから奥さんかな。

ただの外出好きかと思ってたけど、ちょろちょろやってくる看護師の話を聞いていると、明日目の手術をするそうで、少なくとも3泊はしなきゃいけないみたいなので、手術前の晩に奥さんと夕食したい気持ちもわかるなあ。

7時半に面会時間が終わるんで、かみさんが帰宅。

まだ瞳孔が開きっぱなしで、本を読むこともできず、かといってテレビカードを買ってまでテレビを見る気もしないので、iPhoneで音楽を聴きながらベッドに横になる。

そのうち眠くなってきたので、ヘッドフォンを外し、電気を消したら、8時前に眠りに落ちる早寝おじさん。

e0242504_19390731.jpgその後、9時に看護師が消灯を知らせに来たり、エージくんが起きてトイレに行ったりする物音で起き、その後もいつもの習性で就寝5時間ほど後の1時半以降、1時間おきに目が覚めたりしたが、久しぶりに8時間以上ベッドの中で過ごし、4時過ぎに起床。

e0242504_19413527.jpg瞳孔が元に戻ったので、iPhoneで音楽を聴きながら、文庫本を読み、読みかけだった「動機」を読み終わり、「シンメトリー」にとりかかる。
一応予備に2冊持ってきたんだが、2冊目に突入するとは思わなかったなあ。

6時過ぎから慌ただしく看護師が動き出し、エージくんのところには、血圧だ、検温だとやってくる。

e0242504_19441195.jpg7時過ぎに朝食。

朝はパンでも出るかと思ったが、夕食をさらに地味にしたヘルシーご飯。

味噌汁以外におかずは一品という質素さで、ふりかけなかったら食べられないよなあ。

e0242504_19465979.jpg外は雨模様で、8時半の検査前に1階まで降りて久しぶりに外の空気を吸いましたけど、がっつり降ってました。

二日目の検査は8時半、10時と順調に進み、あとは診察だけになったんだが、ここで30分以上の待ち。

たしかに2Fの診察室の待合は超混雑してたもんなあ。

ちなみに、待ってる人のほとんどは老人で、スマホをいじってる人はほとんどいないという今の日本とは思えない空間でした。

やっと診察が回ってきて帰れると思ったら、もう一度診察するというんでさらに30分以上待たされ、終わったときにお昼を回ってました。

結局診断結果は当初の見立てどおり、よくないということで、これからずっと目薬生活になりましたが、失明するよりはいい。

すべてを終え、病室の戻ると、エージくんは右目にガーゼをつけ、奥さまに付き添われてました。
手術終わったんだなあ。
がんばれ!エージくん。

ちゅうことで、28時間ほどで初の入院が終わったわけですが、検査入院で、人間ドックみたいなものでしたから、入院にカウントするのはどうかなって感じですね。

ほんとに入院するといつ退院するかわからないわけですからね。

退院後、東京に帰るかみさんを名古屋駅まで見送り、なるべくほんとに入院しないよう健康には気を付けたいと思いました。

《What's The Title?》

e0242504_18495491.jpgNazz/Nazz

入院生活の間、いろいろな検査で目を大きく見開いてばかりでしたので、タイトルはNazzの”Open My Eyes"。
Todd Rundgrenがいたことで知られるNazzですけど、彼のソロ作品を聴いた後でNazzを聴くと、ちょっともさいロックだなあって感じですね。
この曲もTodd Rundgrenらしいセンスは垣間見えますけど、全体的には初期のThe Whoのできそこないかなあっていう感じのアレンジで、これじゃあ売れないよなあと思っちゃいますね。

[PR]
徐々に腰痛から抜け出しつつある週末。

まだ怖くて腰をひねったり、後ろに反ったり、走ったりはしていないんだが、徐々に運動も再開している。

一方で、先週も水・木と仕事飲みがあり、金曜日は頑張ってスポーツクラブへ行ったんだが、体重は高止まりしてしまっている。

とりあえず、土曜日は夕方にイベントがあるので、家の掃除からスタート。

e0242504_05033438.jpg台所まわり、洗面所、トイレを掃除し、何ヶ所かに置いているハワイ風のアロマを新品に入れ替え。

9時を過ぎたところで、掃除機をかけて、家中をフローリングワイパーと雑巾で仕上げ。

掃除だけで万歩計が1600歩を記録。

一段落したので、体脂肪消費企画として、ウォーキングへ。

e0242504_05070282.jpg10時を過ぎていたので、さわやかウォーキングへ行くわけにもいかないので、家から行ける矢田川河川敷へ。

河川敷って信号がないからジョギングするとき気持ちよく走れるんですよね。

札幌の時は、豊平川の河川敷を何度か走っていて、名古屋に引っ越すときにも、矢田川に目をつけていた。

5月4日結婚式に出た日に中途半端に時間があったので、南側の河川敷を歩いてみたんだが、北側の方が長そうに見えたので、今回は北側の河川敷に挑戦。

まず川下へ歩いていく。

5月に比べて草が茂ってるせいか、道が狭く感じるなあ。

e0242504_05175186.jpg途中鵜がいました。
こうやって野生で身近にいるから、鵜飼が始まったんでしょうなあ。

e0242504_05201004.jpg我が家から最寄りの天神橋から1㎞ちょっと川下に行ったところで、河川敷の道路の舗装が途切れ、しばらく先を見てみたが、どうやらここが終点のようなので、ターン。

来た道を戻り、天神橋からどんどん川上へ。

だんだん河川敷の幅が狭くなって、道が終わりそうになるが、なかなか終わらない。

e0242504_05225055.jpg今度は白鷺がいました。

名古屋から金沢方面に向かう特急の名前になってますけど、このへんではよく見かけるんで、ポピュラーな鳥なんでしょうなあ。
e0242504_05254465.jpg白鷺の糞ってくさいって話を聞いたことがあるなあ。

結局川上の方は、南岸よりもはるかに長くて、私の歩測で5㎞以上ありました。

豊平川ほどではないけど、ジョギングするには手ごろだなあ。

e0242504_05293732.jpg終始いい天気だったのはよかったけど、水を持ってくるのを忘れてしまい、10㎞以上ウォーキングしたころには、めちゃくちゃのどが渇いてきて、こりゃ脱水してるなあってことで、やむなく名鉄矢田駅そばで河川敷から離れ、自販機でスポーツドリンクを買って、そのまま買い物へ。

e0242504_05335117.jpgメッツ大曾根のヤマナカでちょこっと食料品を買って、地元に人に教わったプチフレーズでかりかりドームシュークリームを購入。

e0242504_05362895.jpg家に戻り昼食をして、干しっぱなしだった洗濯物をきれいに片づけて、スポーツクラブのプールを1時間ほど歩いて、ふろに入ってから夕方大曾根駅を出撃。

かみさんが来るので、名古屋駅へお迎え。

月曜から入院する話をしたら、来ることになったのだ。
検査入院なので、そんなに大げさにすることもないんだけど、来るとなればうれしいもんだ。

とりあえずおもてなしで、好評だったうなぎの清月で夕食をと思ったら、なんと売り切れで本日閉店。

仕方なく、近所にはいて捨てるほどある居酒屋にするかと、家に近いところからいろいろと物色していったが、どこも満員。

ちょうどナゴヤドームでやってた日ハム戦が終わった時間と重なって、応援帰りで中日のユニホームを着た人も結構いたが、土曜日でこの賑わいは何なんだ?

大曾根恐るべし。

e0242504_05463457.jpgしょうがないから行ったガストまで満員で、今まで目についてたけど、値段表示がないし、ちょっと高級そうなんで敬遠していた家の近所のそば屋八千代に入店。

店に入るなりごま油のいい香り。

e0242504_05490507.jpg予想どおりもりそばで860円と、お値段は高めの設定だが、ごま油の香りには抗しきれず、私は穴子天せいろ、かみさんはゆずそば+天ぷらの盛り合わせ。

そば屋で夕食して、二人で5,000円ほどとお高くつきましたけど、味はまいう~でしたね。
天ぷらも予想どおり香ばしくてさくさくで、そばも手打ちだそうで、こしがあってうまかったっす。

家に帰って、昼に買ったシュークリームを食べましたが、これも当たりでした。

結局あれこれで、万歩計が久々に(調べてみたら去年10月の木曽福島以来。去年の10月って3日に津島の秋まつりを見に行ったときも3万歩超えで、月2回はすごいなあ)3万歩を超えた一日でした。

《What's The Title?》

e0242504_06032705.jpgMirage/Fleetwood Mac

ウォーキングしてる頃はほかのタイトルにしようと思ってたんだけど、夜の大曾根で夕食を求めてさまよった印象がキョーレツでしたので、タイトルはMacの"Gypsy"。
"Rumours"の爆発的なヒットの後のプレッシャーに負けて問題作”Tusk”を出して、StevieもLindseyもソロアルバムを出して、いよいよEaglesみたいにぽしゃるのかと思ったら、ひょっこりこのアルバムが出た。
"Tusk"ほど外すことなく、王道の"Rumours"路線にやや戻って普通のファンは安心す津内容だったけど、Stevie Nicksの声はどんどんダミ声に。
"Gypsy"も彼女の幻想的な雰囲気は健在で、悪い曲ではないんだけど、いかんせん声がねえ。
酒焼けした場末のスナックのママみたいだもんなあ。
それが響いたのか、セカンドシングルでStevieの曲を出すというお約束路線でしたけど、Top10をはずしてしまいました。

[PR]
e0242504_20524783.jpg今朝はハイビスカスが三輪も花を咲かせて、花盛り。

腰痛は徐々に快方に向かっているが、体重は高止まりしたまま。

今日から天気が崩れるらしいが、午前中は雨は降らないようなので、脂肪燃焼のためにウォーキングをすることにした。

と、なるとJR東海のさわやかウォーキングが手ごろなんだが、今日はこれといっていいコースがないし、天気もイマイチなので、ちょっと気になっている場所へ行くことにした。

行先は上社。
「上社」って書いて「かみやしろ」と読みます。

まだ未確定情報なんだが、場合によっては上社に引っ越さなければならないという話がある。

どうなるかわからないが、行けない場所ではないので、見ておこうかと思っていたのだ。

上社は地下鉄東山線の駅で、普通に行くなら、千種までJRで行くか、本山まで地下鉄名城線で行って乗り換えるルートになるし、実はすぐ手前の星が丘まではウォーキングで行っていたので、そのときに攻略すればよかったんだけど、結局今日の脂肪燃焼企画となった。

e0242504_21163315.jpg7時過ぎに家を出て、前回星が丘方面に出撃したのと同じルートで砂田橋まで行ったが、前回と同じルートでは芸がないので、砂田橋で右折せず、そのまま直進し、名二環を目指す。

このルートは、熱田神宮から桶狭間、長久手を巡った自転車ツアーの帰りに通った道だった。

e0242504_21282309.jpgちなみに後で調べたら、こっちの方が近かったんで、思いつきが正解。

ひたすら東へ進み、長久手ツアーの道とも分かれて、引山で名二環にぶつかったところで、南下。

e0242504_21323870.jpg家を出て1時間半ほどで上社駅に到着。

ちなみに、上社に引っ越すかもしれないのは私だけじゃなくて、他の候補者がすでに現地視察に行っていて、何もないという噂は聞いていたんだが、ほんとにコンビニぐらいしかない。

e0242504_21353631.jpg一応駅前にクリーニング屋は発見。
これは必需品だからね。

駅の横に駅ビルがあって、TSUTAYAとブックオフの看板はあるんだが、すでに閉店していて、取り壊しの最中。

駅から歩いて5分ほどの住むかもしれないあたりを偵察し、そのへんも何もないことを確認し、次の展開へ。

上社には何もないのは想定内だが、地図で見る限り、隣の一社駅(これは「いっしゃ」と読みます)がそれほど遠くないので、歩いてみる。

一社駅付近にはそれなりに店もあるし、今御用達のスーパーマックスバリュもある。
歩いてみたら12~13分ぐらいなので、守備範囲かなあ。

ただアップダウンがあるのが難点だなあ。

e0242504_21555900.jpgそして、注目していたのはスポーツクラブ。札幌以来、生活の一部になっているので、近所にないか調べてみたら、札幌以来お世話になっているセントラルが一社にあったので、要チェックだったわけだ。

思ったより早く上社についてしまったため、まだ営業時間前で見学はできなかったけど、それなりに広そうだし、ホームページでだいたいの設備はわかるので、とりあえず大丈夫かな。

こうしてみると、今大曾根駅からほとんど雨にぬれずに帰れて、スポーツクラブも徒歩5分もかからないというのは恵まれてるんだなあ。

e0242504_22004464.jpg一社駅付近の偵察を終え、広小路通を東山線に沿って西へ進む。

上社から星が丘までも30分ぐらいで行けちゃうんだな。
e0242504_22043215.jpgもっとも三越も星が丘テラスも普段はそれほど用事はないけどなあ。

そのまま星が丘から、東山公園、本山と5月のウォーキングと同じルートを通ったが、さすがに今日の方が距離が長いので、本山から大曾根方面へ右折せず、そのまま東山線に沿って直進。

e0242504_22104985.jpg名古屋の中でも有数のお金持ちの町覚王山を通り、池下、今池という仕事などで何度か来ている駅を通過し、本日のゴール千種駅に到着。

結局本日の総距離は16.8㎞で、さわやかウォーキングに比べたらハードなウォーキングでした。

千種から定期を使って大曾根に戻り、昼食をとったら、疲れで眠くなり、ちょっと仮眠した後スポーツクラブへ行き、金曜日に続いて、プールでひたすらウォーキングし、ついでにサウナにもはいって、とりあえず腰痛前の体重に戻しました。

e0242504_22170585.jpgまあ、サウナで絞った分は、のどが渇いて元に戻っちゃうんですけどね。
金曜日から腰痛を抱えていながら、それなりにがんばったので、夕食はご褒美にビールをつけちゃいました。

e0242504_22222226.jpgメインディッシュは、ゆでたパスタに肉の丸明特製の豚肉のどて煮をトッピング。

味の濃いどて煮で、ごはんにはもちろん会うんだけど、パスタに混ぜてもジャージャー麺みたいでおいしかったですね。

そういえば、引っ越しちゃったら丸明ともお別れなんだなあ。

そんなことを考えつつ、ビールで勢いがついちゃって、赤ワインも飲んじゃいました。

今日1日でウォーキングを含めて28,000歩ほど歩いたんだけど、ちゃらになっちゃったかなあ。

《What's The Title?》

e0242504_22245890.jpgOne Step Closer/The Doobie Brothers

今日はウォーキング中に76年~85年のアメリカのヒット曲を聴いてたんですが、その中の1曲でこの曲を選びました。
今回のウォーキングで、上社にも一歩親近感がわきましたからね。
"One Step Closer"自体は多少Doobieっぽさを残してて、悪い曲じゃないんだけど、このアルバムのファーストシングルの"Real Love"はDoobieっぽさのかけらもなくて、私は大嫌いでしたが、案の定このアルバムで一旦解散となってしまいました。
そういう意味では、"One Step Closer"にもちょっと哀しい響きがあるような気がしますね。

[PR]
e0242504_19334551.jpg先週末を利用して東京の家に帰ってきたが、あいにく腰痛を発症し、ほとんどロキソニンを腰に貼って寝たきり老人。

東京の家ではほとんど何もできなかったが、おかげで徐々に症状は回復し、東京に帰るときには激痛だった新幹線の座席にも、なんとか普通に座って帰った。

さすがにスポーツクラブでトレーニングはできず、月曜日はサウナのみ。

その後、仕事でばたばたしたり、仕事のアウェー飲みを1回こなし、やっと金曜日、

だいぶ痛みも引いてきたので、会社から帰ってスポーツクラブへ行き、プールの中でウォーキングしてリハビリ。

しかし、太っちゃったなあ。

e0242504_19410880.jpgそんな土曜日。

朝からいい天気で、花も元気だ。
でも、明日は天気が崩れるらしい。

実は来週末にちょっとしたイベントがあり、布団を干したり、家を念入りに掃除したり。

e0242504_19471512.jpgルーティンの洗濯もこなし、天気がいいので久しぶりに外干し。しかしベランダが狭いんで、全部は干せないなあ。

外ではなぜか大音量でラテン音楽を歌う男の声。
商店街のイベントのようだが、なぜラテン?

店が開くのを待って10時に外出。

クリーニング屋から肉屋へ行き、肉を冷蔵庫に入れてから、たまっていた本を持ってブックオフへ。

札幌で初めて売って以来、結構いい値段になるんで、捨てずに売っている。

今回もブックオフで108円で買った本ばかりだったが、なぜか城山三郎だけ40円。
なぜだろう?

e0242504_19520585.jpg家に帰り、さらに掃除。
ほんとは雑巾がけもしたいんだけど、腰に負担がかかりすぎるので、フローリングワイパーを使う。

家事が一段落したところでスポーツクラブへ。

ほんとは土曜日は格闘系エクササイズファイトアタックBEATの日なんだが、まだ腰をひねるには恐怖があるので、昨日に続いてリハビリメニュー。

上半身を中心に恐る恐る腰に影響のなさそうな筋トレをやり、いつもよりも緩めにランニングマシンを歩く。

とりあえず、腰は大丈夫で一安心。
このまま復帰できるといいのですが。

《What's The Title?》

e0242504_19294154.jpgPrimitive Love/Miami Sound Machine

今朝突然流れてきたラテンミュージックでこの曲を思い出したので、タイトルは"Conga"。
この曲がヒットしていたころは、グループ名はただのMiami Sound Machineで、すごくB級感があって、すぐにポシャるかと思ってたんだけど、まさかあんなにメジャーになるとはねえ。
リードボーカルのGloria Estefanものちには有名になるわけですけど、このころは名前もよく知られていないいもねえちゃんでしたよね。
ルックスも売れていくと洗練されていきました。
彼女らにとって初の全米大ヒットとなったこの"Conga"ですけど、それまでに日本でヒットしてた”Dr. Beat"に比べると格段に洗練されていて、まだB級っぽいけど、全米ヒットもうなずける仕上がりになってました。

[PR]
私は腰痛持ちだ。

10年くらい前までは、1~2年に1回ぐらい腰痛になっていたんだが、最近はサイクルが長くなった。

一度痛みが出ると、ちょっと腰の角度を変えただけで激痛が走るんだが、2~3日か長くても4~5日でよくなるので、結局原因がわからないまま今日に至っている。

ここ1週間ぐらい腰痛になる前の感じに近い雰囲気があるんだが、なんとなく発症には至らずやり過ごし、金曜の朝も起きた時何ともないので、朝10kmほどのジョギングと3kmほどのウォーキング。

その後も会社で外回りの仕事をして、午後ちょっとややこしい仕事をしていたら、出たっぽい。

とりあえず会社ではだましだまし仕事を終え、飲み会も一次会だけで引き上げたら、アルコールのおかげか、歩くには支障ないので、帰りにマックスバリュで買い物して帰る。

しかし...

アルコールによる麻酔効果が切れたのか、寝ていて動くたびに腰に激痛が走る。

やっちまった。

私の記憶では熊本勤務以来かと思ったが、カラダカラを調べたら、2012年10月以来だった。
ってことは弘前で発症してたってことで、ブログを見たけど、このエントリこのエントリの間に起こったようだが、特に何も書いてないなあ。
ちなみにその前が2008年の1月で熊本の頃だな。
こうしてみるとカラダカラも便利だ。

土曜日から東京の家に帰るんだが、痛みで朝4時前に起き、仕方ないので録画していた「ケンミンSHOW」、「しょんないTV」、「怒り新党」を見て、それでも時間があるのでシャワーを浴びようとしたんだが、風呂の椅子が低すぎて、座ると激痛で、仕方なく立ったままあびたが、前にかがむと激痛でひざから下は洗えず。

風呂から出て服を着ようとしたが、やはり前にかがむと激痛で、パンツ、ハーフパンツ、靴下を苦痛に耐えてはく。

しばらく家を空けるので、花に水をやったが、かがめないので、高いところから滝のような水やり。

e0242504_08071406.jpg朝6時前に家を出てなるべく階段を通らないように駅に行き、名古屋駅で6時41分の朝イチののぞみに乗る。
この時間の新幹線はディズニーに行くお客が多くて、キャピキャピしているが、私はそれどころじゃない。

e0242504_08104515.jpgいつものとおり12号車の指定席に座ったら、初めて気づいたんだが、椅子が低い。
風呂の椅子ほどではないが、私の腰痛にはかなり辛い角度だ。
いろいろリクライニングの角度を変えたけど、どうしても痛みを伴い、一睡もできず。

おかげで読みかけの「感染遊戯」を読み終わった。

土曜の夜は寝てる間は痛みがなく、そこそこ眠れたが、起きて姿勢を変えるとやっぱり痛い。

しんどいなあ。

《What's The Title?》

e0242504_07553526.jpgChubby Checker's Greatest Hits/Chubby Checker

タイトルは、別に腰をひねったわけではないけど、なんとなく浮かんだ「ツイスト」。
今ツイストなんかやったら死ぬな。
っていうか、痛みでまったく不可能ですけどw
この曲は、アメリカでは1960年と1962年に2回ヒットしていて、その両方でNo.1になるという快挙を遂げた曲で、曲の内容は別として、ヒットチャート的にはレジェンドな曲ですよね。
歴代チャートをランキングしたものだと、たいていこの曲が1位だったりしますからねえ、
曲といsては、「さあツイストを踊ろうぜ」って感じで、他愛のない曲ですけどね。
このベストアルバムは持っていますが、この人意外とヒット曲あるんですけど、他愛のない曲が多いんですよね。
意外とそういうノー天気なところが支持されたのかもしれないですね。
私は"Let's Twist Again"が好きです。

[PR]