<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

The Loco-Motion

今週は諸事情で8月1日土曜日は会社に出なければならなくなった。
そこで、スケジュールが空いていた木曜日に休みを変更。

平日に休みを取れたら行ってみたいところがあったので、実行に移すことにした。

その目的地は伊勢・志摩。

理由は2つあって、ひとつは名古屋に来てから誰に聞いてもこのへんのメジャーな観光地として真っ先に名前が挙がるし、サミットの会場にもなったし。

2つ目に理由は以前熊本の職場で一緒に仕事をしていろいろ苦労をともにした後輩のMさんが伊勢の職場にいて、会いに行きたいと思っていたこと。

伊勢・志摩方面って、休日行ったら混みそうだし。

e0242504_04494938.jpg伊勢・志摩の旅といえば、近鉄電車で、当初は暇人の特権を生かして特急を使わずにノタノタ行こうかと思ってたんだが、Mさんと飲むことになると帰りがしんどいし、伊勢神宮参拝きっぷというのを使うとかなりお得になるので、現地までの往復はお大尽に近鉄特急だ。

決行日の木曜日は30日で、イオンのお客様感謝デー。
e0242504_00311790.jpgちゅうことで、4時過ぎに早起きして、24時間営業のマックスバリュへ買い物に行ってから、名古屋発6:50発の特急でスタート。

まずは近鉄の終点である賢島へ。
2時間ほどで9時前に到着。

e0242504_00363405.jpgここは「華麗なる一族」でも登場し、来年のサミットの会場にもなる高級ホテル志摩観光ホテルがあることで知られているが、志摩観光ホテルは耐震工事中。

もうちょっと風光明媚な島かと思ったらそうでもなく、見どころがないままターンしようかと思ったが、せっかく来たので、英虞湾の遊覧船エスパーニャクルーズに乗る。

e0242504_00385852.jpg左の写真のとおりスペインの大航海時代の船をイメージしている派手な外見で、正直乗る気が失せてしまう見た目だが、乗って正解。

e0242504_00403301.jpg賢島から見る風景には限界があるが、沖合に出れば、様々な風景が見られてさすがに国立公園という風景でした。

船の上の潮風も心地よい。

とりあえずクルーズで失地挽回した形の賢島滞在を1時間半ほどで終えて、次なる目的地へ。

e0242504_00464419.jpg次に出る列車は特急で、伊勢神宮参拝きっぷの特典を使い、最初は宇治山田まで戻るつもりで特急券をとったんだが、気が変わり鳥羽で下車。

賢島に向かう時に近鉄電車の車窓から見えたお城が気になったのだ。

鳥羽には中学校の修学旅行でミキモト真珠島へ、12~3年前に仕事で海の近くのホテルに行ったことがあるが、それ以外は見てなかった。

e0242504_00494831.jpg鳥羽の城は、九鬼水軍の本拠で、もともと海に突き出る形で作られた珍しいお城だ。

e0242504_00520526.jpg今は石垣しか残っていないけど、なかなか風情があるし、水軍のお城で海を見張ってたんだろうから、お城からの海の景色もなかなか良くて、拾いものでした。

e0242504_00535075.jpg鳥羽でお城見物をしてる間に時刻は11時半を回り、街中を歩きながら昼食に行けそうなところを探したが、思った以上にわびしい市街地だった→

結局、予備知識なしでは探し当てることができず、駅のそばのショッピングセンターに入っていた店で、志摩地方名物のてこね寿司(1,080円)をいただきました。

e0242504_00574566.jpgてこね寿司はカツオの刺身を使ったづけ丼で、漁師料理だそうですが、さっぱりしていておいしかったです、

e0242504_01004288.jpg腹ごしらえも済み、次の目的地をめざし、本日三度目の近鉄電車に乗り、各駅停車で鳥羽から1つ目の池の浦で降りる。
ここから次の目的までは地図上では3kmぐらいに見えたんだが、意外と遠くて、1時間ほどかけて到着。

ちょうど真昼でめちゃ暑かった。

目的地は二見浦。

e0242504_01042827.jpg行ってみて思い出したんだが、ここも中学の修学旅行で来ていた。

夫婦岩などを見物しましたけど、これで夫婦仲が円満になれば、暑い中歩いた甲斐もあったってもんだ。

e0242504_01075305.jpg二見浦の見物を終え、いよいよ伊勢の中心部に入るんだが、当初歩くプランもあったが、猛暑の中ではしんどいということで、おとなしくお金を払ってJRで移動。

いよいよ本日のメインイベントの伊勢神宮参拝だ。

e0242504_01104182.jpg調べたところによると、伊勢神宮は先に外宮を参拝するしきたりだそうなので、伊勢市駅のそばの外宮へ。

e0242504_01133779.jpg伊勢神宮は今まで二度行ったことがあり、それが市街地に近い外宮だと思っていたら、今まで行っていたのは内宮で、外宮は今回初めてだったことが判明。
思ったより敷地が狭かったですが、独特の荘厳な雰囲気には心洗われますね。

敷地内にある別宮3か所もきっちりお参りしました。

e0242504_01163121.jpgつづいて内宮だが、伊勢神宮参拝きっぷにはバスのフリーパスもついてるんだけど、ここのところ仕事で悪いことばかり続いているので、がんばって4kmほど歩くことにした。

時間帯としては2時過ぎで暑かったけど、きっとご利益があると思う。

e0242504_01193856.jpg内宮は、私の記憶にある伊勢神宮そのもので、行ってみて3度目であることが確認できました。

外宮より敷地は広いし、五十鈴川の雰囲気がいいですよね。

e0242504_01222721.jpg外宮より参拝客は多くて、とくに外国人が目立ちました。

ここでも別宮2か所も合わせてきっちり参拝。

参拝を終えて、門前町であるおはらい町をうろうろ。

なかなか面白い店が多い。

e0242504_01252536.jpgすでに万歩計の歩数が3万歩を超え、かなりお疲れモードだったこともあり、おはらい町の酒屋で売っていた地ビール伊勢ピルスナーの魅力には抵抗できずにお買い上げ。
思ったよりコクがあってまいう~でした。

e0242504_01282142.jpgまだMさんとの待ち合わせには時間があるので、おかげ横丁でしばし休憩。

内宮から市内に戻るにあたっては、おとなしくフリーパスを使ってバスに乗る。

e0242504_01310910.jpg乗ったバスは神都バスの復刻版でした。
いろいろと観光面では努力しているようです。

市内に戻っても時間があったので、伊勢名物の伊勢うどんをいただきました。

見た目は写真で見てわかってたんだけど、まずたれがホットなのにびっくり。

e0242504_01331125.jpgたまたま冷房のきいてる店だったからよかったけど、そうでなければ、今の季節にはきついなあ。
お味の方は、独特の太くてもちもちした麺に甘辛いたれを絡めて食べる独特のものですが、具がないのに500円はちょっと高いかなあ。

6時半にMさんと合流し、おすすめの人気店でおいしいお酒をいただき、その後Mさんの職場の皆さんも合流して、伊勢から名古屋に戻るタイムリミットまでつきあってもらっちゃいました。

e0242504_01395064.jpg21:45に伊勢市を各駅停車で出発し、松坂から本日三度目の近鉄特急。

結局家に帰ったら日付は変わり、万歩計の歩数は42,000歩を超えて、新記録更新という伊勢志摩旅行でした。

《What's The Title?》

e0242504_04321193.jpgPearls/Carole King

ちゅうことで、近鉄特急の旅だったのでタイトルは"The Loco-Motion"。
志摩は真珠の産地なので、アルバムタイトルにもひっかけて作曲者であるCarole Kingのバージョンです。
オリジナルのLittle EvaのNo.1ヒットをはじめ、日本人を含め、いろんな人がカバーしていて、スタンダードともいえるナンバーですけど、なんといってもGrand Funkが思いっきりヘビーにカバーして、オリジナル、カバー両方でNo.1獲得というハクまでつけちゃいました。
このアルバムでは、作者のCarole Kingが自分のヒット曲をセルフカバーしてるわけですけど、Little Evaのバージョンに近いアレンジで、ちょっと古臭さを感じますし、それほど歌がうまい人ではないので、それなりのレベルといったところですかね。

[PR]
by falling7813 | 2015-07-31 01:40 | Tokai | Comments(0)

It's Too Late

e0242504_07115428.jpg7月25日土曜日。

東海地方も梅雨明けし、夏本番の陽気で、ハイビスカスくんも元気に花を咲かせる。

午後から出かけるので、スポーツクラブには午前中に出撃。

名古屋のスポーツクラブに開店時間近くに行くのは初めてで、予想はしていたが、お年寄りがたくさんいて、なんとランニングマシンが満員で、しかたなくエアロバイクを1時間こいでfinish。

午後のお出かけの目的地は津島。

e0242504_07263232.jpgプライベートで津島に出撃するのは4月の藤まつり以来だが、今回の目的は、藤まつりよりもメジャーと言われている天王祭

天王祭は25日は宵祭ということでメインは夜なので、会社の人と夕方5時半に待ち合わせしてるんだが、ちょっと散策しようかと昼過ぎに大曽根を出て、名古屋から名鉄。

e0242504_07321098.jpg2時半頃津島に着いたが、真夏日との予報どおり猛暑。

いつもよりは人がいるのかもしれないが、外を歩く人はなく、お祭ムードにはまだ早い。

とりあえず町歩き。

e0242504_07372589.jpg津島での会合で、私が熊本出身だという話をしたら、津島は加藤清正のゆかりの地だといわれ、清正スポットもあるそうなので、まずはそこを目指す。

駅で散策マップをもらい、昔の銀行の建物を使った津島市観光交流センター(写真右上)を通り、レトロな街並を抜けて、目的の清正公社に到着。

e0242504_07431267.jpg←これだ。

うーむ。

でも、津島にいた頃の清正の逸話が書かれていて、ちょっと勉強にはなった。

つづいて、津島神社へ。

e0242504_07465913.jpg4月の時以来の参拝を済ませ、ここにもパワースポットがあると教わっていたので探してみたんだが見つけられず。

でも、津島神社の周りにはいろいろな神社の分社がるという話は確かめることができた。

e0242504_07494220.jpgつづいて、天王祭の会場である天王川公演へ。

いつもは何もない池のほとりにぎっしりと桟敷席が作られている。

e0242504_07570485.jpgそのまま歩いて行くと、公園の東側の車河戸という池では、天王祭の主役である船「車楽」(これで、「だんじり」と読むらしい)を準備していた。
炎天下でまだ組み立て作業中で、祭のイベントが始まる6時にはあと2時間ちょっとだが、間に合うんだろうか。

e0242504_07594450.jpgその後も散策マップを見ながら、町を散策。
途中で銭湯の廃墟を発見。
なんか哀しい。

散策マップのおすすめルートに沿って進んでいくと、藤まつりのときに通ったレトロな通りへ。

e0242504_08121363.jpgちょっと時間が余ったので、郵便局へ行ったり、本屋で休憩したりして、駅で会社のお仲間2人と合流して、いよいよお祭り会場へ。

天王祭は600年の伝統を誇るお祭りということで、さすがにイベント開始の時間が近づくと、人通りも多くなってくる。

今回は有料席を確保していないので、地元の方のアドバイスに従って、有料席の周りの土手に陣取る。

e0242504_08314168.jpgパンフには6時からイベント開始ということで、6時前に陣取ったが、イベントといっても池の上を船に乗ったサムライプリンセスプリンセスとやらや世界初の水上歌舞伎とやらが回ってくる程度で、ちょっと期待はずれ。
キョーレツな西日が当たる中、みんなでビールを飲んで、暑さをしのぐ。

6時半に日が落ち、少し涼しくなり、やや落ち着く。

そうこうしているうちに7時になり、プログラムによると、車楽のちょうちんに灯を入れているようだが、池のほとりでは何も起こらない。

e0242504_08370400.jpg7時半になり、水上花火。
池の上の特設ステージから打ちあがるのだが、これがしょぼい。

尺玉が一発もなく、まったく盛り上がりのないまま30分続いて終了。

8時になると遠くで尺玉などの大玉の花火が上がる。

かなり遠いので、周囲で見てる人から、長島スパーランドじゃないかという声が聞かれたが、今日になって天王祭の一部であることが分かった。
それにしては遠い。

大玉の花火は30分ほどで終わり、8時半からはまた池の上のしょぼい花火。

あまりの長さに、われわれ陣地のすぐそばでやっていたトルネードポテトの屋台は完売。

e0242504_08492427.jpg我々の隣に陣取っていた3世代の家族は、孫が待ちきれずにキレてしまい、しょぼい花火を見ながら撤収。

周囲に陣取っている人たちもざわざわし始めたところで、9時過ぎにやっと船全体を明かりで彩られた船が姿を現した。

e0242504_08564302.jpg提灯を搭載した船=車楽は、ときどき止まりつつゆっくり近づいてきて、やっと目の前に現れた。
さすがに歴史あるお祭だけあって、明かりは全部本物の提灯で、ところどころ消えてるものもあれば、中には提灯ごと燃えちゃってるのもありました。

e0242504_09052681.jpgさすがに津島市が誇る天王祭だけあって、この船の姿は素直に感動ものでした。

船は全部で5艘あり、これだけの提灯に火をつけるのには時間がかかるだろうというのは理解できます。

だが、しかし・・・

しょうもない花火をやって引き延ばす必要があるのか?

火をつけるのに時間がかかるんだったら、もう少し早くから火をつけ始めて、理想から言えば7時頃、百歩譲ってせめて8時頃に出てくれれば、祭としてはもっと楽しめたと思います。

最初に陣取ってから3時間半。
正味この船を見たのは30分弱で、猛暑の町歩きの疲れ(万歩計で久々の25,000歩超)もプラスアルファされて疲れ切って撤収しました。

メインの船だけ見ればいいお祭なんだけどなあ。

《What's The Title?》

e0242504_21283973.jpgTapestry/Carole King

夏祭りということで、違うタイトルを考えてたんだけど、車楽が出てくるのがあまりにも遅かったので、タイトルはCarole Kingの"It's Too Late"。
この曲を初めて聴いたのは、NHKのFMでやっていた「軽音楽をあなたに」の全米No.1ヒット特集でした。
Carole Kingは77年の"Hard Rock Cafe"がヒットして名前は知ってましたけど、あまりいい曲じゃないし、歌もうまくないし、何なんだろうと思ってたら、とんでもない大ソングライターだと知り、そしてこの曲と出会い、アルバム"Tapestry"を知りと、だんだんすごさがわかってきたという流れです。
この曲も第一印象はそれほどでもなかったけど、むしろGloria EstefanやAmy Grantのカバーを聴いて、曲の良さがわかってきたというへんな流れです。

[PR]
by falling7813 | 2015-07-26 09:17 | Tokai | Comments(0)

Hard Luck Woman

三連休は昨日で終わりましたが、今日も夏休みをもらって東京にいます。

娘1号は仕事、娘2号は学校の前期試験、かみさんはテニスと、それぞれ予定があるそうなので、私は娘1号のタダ券をもらって、スポーツクラブへ。

東京にいる間はあまり暴飲暴食もしていないし、暑くて代謝もいいのか、あまり体重も増えていないが、ここでもうひと押しということで、みっちり筋トレをやり、ちょっとお疲れモードだったので、ランニングマシンはウォーキングのみにして終了。

e0242504_15164127.jpg家に帰って、スーパーで買ったプロテイン入り牛乳を飲む。
グレープフルーツ味というのは微妙だなあ。
プロテイン自体は、バニラ、ココア、ストロベリーなどの味があるんで、どれも牛乳との相性はいいんだが、よりによってグレープフルーツというのはどうなんだろう?

そうこうしているうちに、試験を終えた娘2号が帰宅。

最近、何かと忙しくてなかなかスケジュールが合わないんだが、久しぶりに二人でランチに出かける。

娘のリクエストはラーメンだったんだが、炎天下を江古田駅前まで歩いたのに、お目当てのラーメン屋はお休み。
娘、持ってません。

e0242504_15224438.jpgちゅうことで、第二希望はカレーということで、私にとっては中二日でカリカ

私は、土曜日に続いて、ランチの3種類のカレーで、しかもシーフード、マトンは同じというワンパターンだが、それに負けないうまさがある。

ちなみにもう一品は日替わりカレーで、土曜日はなす、今日はキーマとじゃがいもでした。

それと、ランチのセットのドリンクをアイスコーヒーからアイスティーに変えました。

まあ、娘が喜んでいたからpricelessですけどね。

ちゅうことで、今夜名古屋に戻ります。

《What's The Title?》

e0242504_15103683.pngRock And Roll Over/Kiss

持ってない娘にちなんで、タイトルはKissの"Hard Luck Woman"。
前作のアルバムから"Beth"がまさかのTop10入りの大ヒット。
それに気をよくしたのか、二匹目のドジョウを狙ってPeter Chrisが渋い喉で再登板しました。
"Beth"ほどベタベタのバラードではないものの、およそ地獄の軍団Kissらしくない曲だったわけですけど、このアルバムからの栄えあるファーストシングルということで、アメリカでもTop20入りし、日本でも大ヒットしました。
私もわりと好きですね。
結局KissってTop10入りした曲って、もう1曲も"Forever”で、らしくないバラードだけなんですよね。

[PR]
by falling7813 | 2015-07-21 15:34 | coming home | Comments(0)

Those Lazy-Hazy-Crazy Days Of Summer

三連休を利用して東京の家に帰ってます。

二週連続です。
帰宅するのに三連休は外せないので、かなり早い段階で新幹線を予約していたんだが、そのあとから東京での仕事が入り、二週連続。
月曜の夕方名古屋に戻り、金曜の夜東京に帰ってきたわけだ。

この週末は台風で気を揉んだんだが、金曜日に新幹線に乗ろうとした時間帯に兵庫県の大雨で一時新幹線が止まる。
幸い私が予約していた名古屋-東京間ではのぞみに抜かれず御用達のひかり532号は定刻どおりで助かった。

e0242504_06205200.jpg今回の家族への土産は、カラベルのチーズケーキ。
先週名古屋駅の地下街で偶然見つけて買ってみたら好評で、今回は6種類のチーズケーキセットを買ってみたが、またウケました。

e0242504_06231205.jpg土曜日は台風の影響が残り、風がメチャ強いし、時々雨も降る変な天気。

結局、かみさんと定番のカレー屋カリカへ行っただけ。
あいかわらずまいう~でしたけどね。

e0242504_06325460.jpg酒太りにもかかわらず、走りにも行けず、もやもやしてたけど、夕方に虹が見られました。

一夜明けて、日曜日。

がっつり晴れて、夏の陽気。

e0242504_07251046.jpgまずは、土曜日の埋め合わせで、5時半すぎから、いつもの城北中央公園に向かい、ジョギングを12km強とウォーキングを10km弱やり、溜まっていた脂肪を多少は減らせたと思う。

朝食後、かみさんと原宿界隈に出撃。

我々夫婦はハワイ好きで、新婚旅行以来7回行ってるし、アウトレットに行けば、ハワイアングッズを買いまくっている(閉店しちゃいましたけど(涙))

ちゅうことで、今ハワイ系といえば、原宿近辺に集まっているようなので、行ってみようかという企画をしていたわけだ。

原宿といえば、行列。

ハワイから進出した卵料理とスイーツの店"Eggs'N'Things"あたりもすごい行列のようなので、11時過ぎに副都心線明治神宮前で降りて、まずは、ハワイ料理店の行列を偵察。
実際に途中で通ったアイスクリーム屋なんか長蛇の列でした。

とりあえず、食べログで検索し、点数の高いところで、Cafe Kailaシナモンズを目指す。

e0242504_06510258.jpg表参道沿いのCafe Kailaは20人ほどの列。
そこから路地を入ったシナモンズはすぐはいれそうだったので、シナモンズに決定。

e0242504_06541948.jpg裏通りだし、入口が←こんな感じなんで、穴場なんだろうと思ったけど、その後お客はどんどん来て、帰る頃にはwaitingになってたので、やっぱ有名店なんでしょうね。

内装はこんな感じ→でおじさん好み。

e0242504_06580445.jpgハワイの映像や音楽が流れていていいんだが、地下で音がこもりやすくて、周囲の客のおしゃべりがうるさかったのがちょっと難点かな。

かみさんはエッグベネディクトの野菜のハーフサイズ(写真左上。フルサイズはエッグベネディクトが2個になる。1,000円)

e0242504_07013193.jpg私は、ハワイアンプレート(写真右。2,000円)をオーダー。
ハワイアンプレートには、ハワイっぽいおかずがいろいろのっていたので、かみさんとハワイを懐かしみながらシェアしました。

ちなみに、左手前はシイラ(ハワイではマヒマヒ)かなにかのピカタ、右奥はマグロのソテーを醤油ベースのドレッシングで和えたもの、右手前は豚肉を蒸し焼きしたカルーアピッグ(現地ではバナナの葉に包んで蒸す)だと思われます。

まいう~でしたが、かみさんは次はCafe Kailaに行ってみたいとのことでした。

腹ごしらえしたあと、キディランドへ寄って、かみさん好みのトイストーリーのエイリアングッズを買ったあと、ハワイ雑貨店を目指し、表参道から遊歩道(?)を北へ。

e0242504_07080837.jpg周囲にはいろいろ面白そうな店があり、避暑を兼ねて、あちこち冷やかしながら進んでいたんだが、そのなかのチチカカ(写真右)というブティックがかみさんの波長にあってしまい、がっつり買い物。

かなりの散財になったが、バーゲン中で、いいものを安く買えたからいいか。

今調べてみて、全国に100店舗もあるチェーンだと知りびっくり。
おじさんはファッションには疎い。

このあと、お目当てのハワイ雑貨の店に行ったんだが、そこは残念ながら品揃えも悪く、不発。
チチカカさんありがとう。

ハワイ雑貨の店からもどる時に、かみさんが明治神宮の清正井(きよまさのいど)に行きたいというので、また炎天下を歩く。
明治神宮に入ってからは、木立があるんで多少は楽になる。

e0242504_07182903.jpg清正井は明治神宮内の有料ゾーン明治神宮御苑の中にあり、入場料500円を払う。
御苑自体はあまり整備されてなくて、京都などで死ぬほど庭を見てきた庭オタの私としては、まったく点数を上げられないレベルだが、菖蒲田は結構広くて、シーズンにはきれいかもしれない。

e0242504_07274580.jpg御苑内を10分ほど歩かされ、一番奥のお目当ての清正井→に到着。

かみさんによれば、これを写真に収めると金運が良くなるというパワースポットだそうで、井戸の前には10人ほどの行列ができ、警備員が立っていて、「井戸(写真の丸いところの中)には直接手を入れないでください」とご注意がある。

暑い中、さんざん歩かされた私としては、パワースポット説は、御苑の入場料収入アップを狙った策略かと思ったりもしましたが、都心には珍しい澄んだ湧水を見ていると心洗われる感じはするし、井戸の淵から溢れる水を触ってみると、冷たさには癒されました。

e0242504_07361128.jpg明治神宮から再び原宿の街に戻り、あちこと避暑がてら店を冷やかしつつ、明治通りを南下して、最後の目的地であるシナボン原宿店へ。

e0242504_07391537.jpgこのブログにも何度も登場しているシナボンはかみさんの大好物で、このツアーでははずせないわけで、シナボンクラシックとピーカンボンが2個ずつ入ったコンボを3箱購入し、暑かったので、ドリンクを購入して、しばし休憩。

e0242504_07423874.jpgその後、チチカカとシナボンで買った重い荷物を両手に抱えて帰宅したが、家に帰ってみると、月曜日の夜に久しぶりに家族全員のスケジュールがあったので、外食しようかと言っていた話が、急に娘1号の都合で、日曜夜に変更になり、娘どもの希望で、目白通り沿いのバーミヤンで夕食。

久々の家族の晩餐は楽しかったが、原宿でさんざん歩き回ったあと、往復で3kmほどのバーミヤンまで歩いたので、万歩計は2万歩弱までアップ。

朝のジョグ+ウォーキングを含めると、1日で34kmほど進撃したことになり、さすがに疲れた。

《What's The Title?》

e0242504_06070087.jpgThose Lazy-Hazy-Crazy Days Of Summer/Nat King Cole

金・土・日と台風やら夏の日差しでだるくなるような天気だったし、日曜日は「モヤさま」のように原宿界隈を歩き回ったし、日曜日の34kmの進撃は狂気の沙汰ということで、この曲をタイトルにしました。
Nat King Coleといえば、おじさんたちの世代では、Natalie Coleのおやじさんで、昔のスターで既に故人という印象なわけですが、あとからその歌声を聴いてみると、スターだったのが納得できる渋くて深いいい声してますよね。
そんな大スターである彼が1963年に放った最後のTop10ヒットがこの曲ですけど、軽やかで弾むような曲にちゃんと声が乗っかっているのがさすがです。
1963年といえば、The Beach Boysがブレイクした年だけど、同じ夏をテーマにした曲でも、当時の彼らと比較しても全然古さを感じさせないと思いますね。
そういえば、レコードジャケットも当時のThe Beach Boysみたいですよね。
そういう時代だったんですかね。

[PR]
by falling7813 | 2015-07-20 07:55 | coming home | Comments(0)

Ginza Red Oui Oui

e0242504_21563270.jpgiTunesでDaveの”Ginza Red Oui Oui"を聴いていて、ふいに当時の日本のポップスチャートが懐かしくなった。

そこで、私の洋楽のルーツである1976~1977年の日本での洋楽ヒットをセレクトして、アメリカでもヒットした"Silly Love Songs"やら”Somebody To Love"などに加えて、日本のみのヒットである”Soul Doracula"や”Viva America"などをいれたプレイリストを作り、最近よく聴いている。

そこでこの前の週末に家に帰った時にちょっとしたお宝を持って帰ってきた。

それはTBSラジオの「今週のポピュラーベスト10」のランク表。

1976年には、土曜日に、FMの「ダイヤトーンポップスベスト10」、日曜日に、ニッポン放送の「ポップスベスト10」、文化放送の「オールジャパンポップ20」、月曜日にTBSの「今週のポップスベスト10」を聴き、ノートにランクをつけていた。

e0242504_22143705.jpgところが、1976年10月にナイターシーズンが終わり、ラジオの改編と共に、TBSの「今週のポップスベスト10」が日曜早朝2:30というとんでもない時間に変更になった。

これには私も困り果ててしまったんだが、そういえば、ラジオの放送の中で、ランク表を送ってくれると言っていたことを思い出した。

そこで、さっそく返信用の郵便切手を入れて送ってみたら、9月分と10月分を送ってきた。

それから2ケ月に1回せっせと郵便で取り寄せ続けた。

e0242504_22303316.jpgランク表は歌謡曲とポップスが表裏になっていたんだが、1977年の4月から、5年前と10年前の月間ベスト10が裏にのるようになって、ますます楽しくなって、1982年の9月まで取り寄せ続けた。

1982年になんでとるのをやめたかは今は思い出せない。

当時はBillboardのチャートを追いかけてたし、Billboardのコピーも手に入るようになってたからなあ。

ちなみに、このランク表から38年前の今頃1977年7月17日のチャートを見てみると、

1 I'm In You/Peter Frampton
e0242504_22532147.jpg2 All You Get From Love Is A Love Song(ふたりのラブソング)/Carpenters
3 Calling Dr. Love(悪魔のドクターラブ)/Kiss
4 Jet Airliner/Steve Miller Band
5 Cherry Baby/Starz
6 Dancing Queen/ABBA
7 Morning Girl(素敵なモーニングガール)/Shaun Cassidy
8 It's A Game(恋のゲーム)/Bay City Rollers
9 The Two Of Us(ふたりの誓い)/Marylin McCoo & Billy Davis Jr.
10 Lonley Boy/Andrew Gold
11 Sir Duke(愛するデューク)/Stevie Wonder
12 Hotel California/Eagles
13 When I Need You(はるかなる想い)/Leo Sayer
14 Angel In You Arms(やさしい天使)/Hot
15 Sam/Olivia Newton-John
16 Bend Me, Shape Me/Hello
17 Have I The Right(初恋にレッツゴー!)/Dead End Kids
18 Hello Stranger/Yvonne Elliman
19 Dreams/Fleetwood Mac
20 It's Getting Sweeter All The Time(想い出の17才)/Shorty

e0242504_23074887.jpgって感じで、お下劣なディスコヒットは排除して、アメリカ寄りのTBSの特徴がよく出ていますが、Bay City Rollersをはじめとしたアイドルブームの影響もあって、Hello、Deadend Kids(写真左)、Shortyなんてのがはいってます。

でも、Rosetta StoneとかBuster、Pat McGlynnなんかははいっていないという妙なこだわりがあります。

e0242504_23025053.jpgちなみに、この週のBillboardのNo.1はあのDavid Cassidyの異母弟であるShaun Cassidyの"Da Doo Ron Ron"で、日本ではなぜか「素敵なモーニングガール」がファーストシングルで、このチャートでも7位にチャートインしていて(最高位は8月5日の2位)、ほぼ同時にヒットしてました。

このあたりについて語り出すと止まらないので、このへんで

《What's The Title?》

e0242504_21504605.jpg300 Hits In Japan 1965-1984 Vol.8/Various Artists

ちゅうことで、タイトルはすべてのきっかけになったDaveの"Ginza Red Oui Oui"です。
このCDに収録されていて、CDで手に入るのがうれしい限りです。
本編のジャケ写を見ていただいてわかるとおり、カネボウの化粧品のコマソンとしてヒットした曲で、歌っているDaveはオランダ人で、たしか日本人の作品です。
こういうヒットには冷たいTBSですが、曲のクオリティが高いからでしょうかちゃんとチャートインして、3月から4月にかけて5位まで上昇する大ヒットになってます。
春を感じさせる華やかな曲で、今でも大好きですが、このあとにシングルになった「風のメルヘン」はもっと好きでしたが、さすがにこれは手に入らないなあ。

[PR]
by falling7813 | 2015-07-14 23:13 | music | Comments(0)

Why Me

この週末は東京でした。

理由は月曜日に東京で仕事だからで、この仕事は12月まで何回かシリーズで続く。
会社のお金で帰宅できるのはうれしいんだけど、仕事の中身的には全然嬉しくなくて、正直なんで私が選ばれたのかよくわからない。

ちゅうことで、月曜に向けてはかなり気が重いんだが、とりあえず土日はまったりと自宅生活。

e0242504_21021022.jpg金曜日の夜の新幹線で帰宅し、家族が揃うのは金曜の夜だけということで、和菓子でティータイム。

土曜日は、最近飲み会続きで体重が高止まりしてるので、かみさんのタダ券でスポーツクラブへ。
筋トレをやって、月曜にふくらはぎを痛めたので、ランニングマシンは大事をとって、傾斜をつけて90分間歩く。
とりあえず、ある程度体重を減らせました。

e0242504_21081619.jpg夕方は元の木阿弥感はあるんだが、せっかくなかなかスケジュールが合わなくなった娘1号がいるので、かみさんと3人で江古田の魚民に飲みに行く。

e0242504_21103194.jpgこれまでかみさんとは2度ほど飲みに行っていて、わりとよかったんだが、運悪く団体客が入っていたみたいで、店員が超多忙のようで、なかなかオーダーしたものがこなくて、ちょっと不満が残っちゃいました。

それでも淡麗中ジョッキ→ホッピー(なか2杯)→上善如水→角のロックといただきました。

日曜日は、久しぶりに保谷の実家へ。

実は前回帰宅した時に頼まれた話があったんだが、そのとき対応できなかったので、今日になったものだ。

e0242504_21171506.jpg手ぶらで行くのもなんなので、池袋東武で昼食を調達。

昨日のアルコールを消費しようと、池袋までは歩き。
暑かった。

実家に昼食を持って行く時は、年寄り向きの美濃吉の弁当を持っていくことが多いんだが、いつも美濃吉では芸がないので、今日はなだ万にしてみました。

e0242504_21213790.jpgわりとよかったけど、味は美濃吉の方が上かなあ。

昼頃汗だくになりつつ実家に到着し、なだ万の弁当を食べながら昼からビールをいただく。

e0242504_21263096.jpg実家にあったエビスビールとスーパードライのプレミアムをいただきました。

食後にオーダーを受けていた件の対応。
内容は、パソコンで画像だか動画が再生できないということだったんだが、よくよく聞いてみると動画が入っているディスクがブルーレイで、実家のパソコンが対応してないという原因を突きとめてフィニッシュ。

ついでに頼まれた高枝切ばさみが使えないとかケータイのメールの削除とかのお悩みを解消。

よくよく考えてみると、こういう身近な用事をなぜ名古屋在住で月イチぐらいしか東京にいない私に頼むんだろう?

いつも東京にいるうちの家族でも弟でも簡単にできるはずなんだがなあ?

《What's The Title?》

e0242504_20514922.jpgCornerstone/Styx

今日の作業も明日の仕事も「なぜ私に?」という感じなので、タイトルはStyxの"Why Me"
この前のアルバム"Pieces Of Eight"では、Tommy Shawの曲がシングルに選ばれてましたけど、このアルバムでは2枚続けてDennis DeYoungの曲で、いずれもいかにも彼らしいタイプの曲でした。
この曲もイントロなしでなかなかキャッチーな曲なんだけど、ちょっとシングルにするには雑な曲だったかあまりヒットしませんでした。
ちなみに日本ではTommy Shawのフォークソング調で全然Styxぽくない"Boat On The River"がシングルカットされてなぜか大ヒットしちゃって、"Why Me"は完全に無視されちゃいました。


[PR]
by falling7813 | 2015-07-12 21:38 | coming home | Comments(0)

Everyday

今週は怒涛の飲み会ウィーク。

e0242504_14182320.jpgもともと仕事で月、火、木、金と飲み会が入っていたんだが、ちょうど6月も終わるので、水曜日に会社で飲み会をやることになり、結局月曜日から5連投になった。

月曜日は、アウェーの会合。

e0242504_14212832.jpg予定より早く現地に着いたんで、喫茶店で時間調整。お約束で、ピーナッツとおやつつき。

会合終了後、場所を変えて飲み会が始まり3時間で終了。

火曜日もアウェーの会合で、同じように場所を移して飲み会。

2時間で終了したんだが、参加した人で反省会をしてしまい、2軒のはしご。

水曜日は身内の飲み会だったんだが、勢いがついてしまい、2軒。

木曜日は名古屋で飲み会。

メンバー的に一番軽く終わるかと思ったら、二次会という話になってしまい、2軒。

e0242504_20124779.jpg金曜日は再びアウェー。

会社から1時間ほどのところで、2時間半ほどでややディープな飲み会を終えて、名鉄で名古屋に戻る。

結局月~金で8軒の飲み。

さすがに金曜日の夜は飲み疲れで、録画したテレビを見ながら、リビングで死んでしまいました。

ちなみにこの1週間、飲み通しで体重も増えてしまい、2年ぶりの高水準になってしまった。

そんな1週間の終わり。

いつもの土曜日なら、午前中に洗濯して、肉屋へ行って、あとはうだうだするんだが、2週間前に図書館+イオンへ行き、今日が図書館の返却期限。

e0242504_20053376.jpgということで、まずクリーニング屋へ寄ってから、ナゴヤドーム方面へ。

クリーニング屋がいつもより混んでいて、ちょっとロスタイム。

e0242504_20083454.jpgいつもとは違う大曽根駅南側を通って、ナゴヤドームを目指す。

返却期限の2週間後は名古屋にいないので、図書館では、本とCDを返すのみ。

イオンモールに着いたのが11時頃。
今週連日の飲みをこなした自分へのご褒美で、今日のお昼は外食することにした。

お店はみそかつの矢場とん

みそかつでは一番有名な店で、ファンも多くて、イオンモールナゴヤドーム前の店もいつも混んでる。

e0242504_20172726.jpg時間が早かったので、待たずに入れて、ロースかつ定食を注文。
一応、みそかソースを選択できるそうだが、当然みそを選択。

かつが出てきたときに、味噌がかかってなくて驚いたが、熱い味噌をあとから店員さんがかけてくれるシステムだ。

キョーレツな色だけど、思ったほどは甘くなくて、しつこくない。
みそかつにもというふれこみの赤みそ調味料「つけてみそかけてみそ」よりも甘くない。

e0242504_20243238.jpgお好みで、ごまや一味唐辛子をかけてくださいと言われたので、かけてみたが、さすがに味噌の味が強くて、ほぼ感じない。
味噌汁が赤みそじゃないのは気配りですね。

で、お味の方はそれなりにおいしいけど、私は醤油の方が好きで、リピートはないかな。

11時半ごろ店を出たけど、すでウェイティングになってましたんで、さすがの人気だ。

買い物して家に帰り、一休みしてから、実に6月23日以来のスポーツクラブへ。

軽い筋トレ20分→エアロバイク30分→ファイトアタックBEAT50分→ランニングマシン45分走り+35分歩きというメニューで、今週酒で吸収しすぎたカロリーと水分を絞り出しました。

とりあえず、前回スポーツクラブへ行った時と同じぐらいの体重に戻ったので、ひと安心。

《What's The Title?》

e0242504_14094192.jpgThe Very Best Of Buddy Holly/Buddy Hooly

月曜日から金曜日まで毎日飲んだので、タイトルはそのまんま"Everyday"。
Don McLeanが"American pie"でその死を悼んだのをはじめ、たくさんのミュージシャンからリスペクトを受けるBuddy Holly。
飛行機事故で早逝してしまい伝説のミュージシャンになってしまいました。
この"Everyday"も軽快な曲で、我が家にはBobby VeeとDon McLeanのカバーバージョンの音源があります。
いろんな人がカバーしてるのも人気のしるしですよね。
ちなみに、大瀧詠一作の「A面で恋をして」もこの曲なしでは生まれなかったでしょうね。
♪ヘヘイ ヘヘイ ヘイ♪

[PR]
by falling7813 | 2015-07-04 20:35 | diary | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧