<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Baby, What A Big Surprise

久しぶりに東京の家に帰ってます。

e0242504_12312385.jpg名古屋に行って以来、あれこれとスケジュールがはいって、なかなか休みがとれなかったんだが、6月25日、26日のスケジュールが空いたので、夏休みをとって帰ってきた。

そうはいっても、今まで、仕事で1回、ゴールデンウィークに1回帰ってきたので、ペースとしては月イチ。
弘前や札幌に比べれば帰りやすい。

名古屋に行ってからは、帰宅の足は東海道新幹線になり、ネット予約するためにブラスEXカードを作った。

e0242504_12325870.jpgJR東日本のクレジットカードもあるので、クレジットカードが増えるのは勘弁だったから、手持ちのカードにプラスできるのは便利だが、儲かっているわりに、JR東海は値引きが悪くて、「のぞみ」で値引きがきくケースは少なくて、ゴールデンウィークの時から、本数は少ないけど値引きがある「ひかり」を愛用している。

e0242504_12344104.jpgゴールデンウィークの時の経験で、「ひかり」にも東京ー名古屋間は「のぞみ」とそれほどかわりない速いタイプと「のぞみ」にバンバン抜かれて名古屋まで2時間以上かかるのもあり、ちゃんと選ばなきゃいけないことがわかり、今回は速達タイプを選択。

プライベートな帰宅なので、スーツで帰るのも鬱陶しいから、一旦家に帰り、着替えて、19時27分の「ひかり」に乗り、ビールを飲みつつ、のんびり帰宅。

e0242504_12360466.jpg家に帰ったら、娘たちから父の日のプレゼントをもらう。

別に父の日に近い日程を選んだわけではなかったんだが、忘れられてなかったのは嬉しい。

木曜日はかみさんが買い物をするというので、池袋につきあう。

e0242504_12370976.jpgランチはかみさんの希望でくら寿司。
犬山サイクリングの時に立ち寄った同じ100円系の回転寿司であるかっぱ寿司のクオリティがひどかったので、ちょっと心配だったが、相変わらずクオリティが高く満足。

買い物も予定どおり終了し、帰宅。

e0242504_12172504.jpg来週はまた酒太り生活に戻るので、少しでも運動しようと、いつもの城北中央公園でジョギング。

10kmちょっと走って、気温が高くてバテたけど、何もしないよりはねえ。

そんな東京の休日スタート。

《What's The Title?》

e0242504_12194114.jpgChicago Ⅺ/Chicago

ということで、娘たちから思わぬサプライズがあったので、タイトルは、Chicagoの"Baby, What A Big Surprise"。
恥ずかしながら、Chicagoを初めて聴いたのが、「雨の日のニューヨーク」で、「愛ある別れ」がメチャ好きになったという流れで、コアなファンから見れば許せない新参者だった私ですので、この「朝もやの二人」も一発で気に入りました。
1970年代に数々のヒット曲を放ち、名声を確かなものにしてきたChicagoも、このアルバムあたりから下降線に向かって、「13」でついにドツボにはまるわけです。
コアなファンからすれば、だんだん軟弱路線に走るから落ちぶれたんだということにあるわけですが、なんと1980年代になってさらにポップかつ軟弱路線に走り、「素直になれなくて」を皮切りにヒット曲を量産して見事に復活を遂げてしまいます。
ポップなChicagoが好きな私としては、OKな復活でしたが、コアなファンは「あれはChicagoとは認めない」とお怒りだったのを思い出します。

[PR]
by falling7813 | 2015-06-26 11:39 | coming home | Comments(0)

The Celtic Soul Brothers

月・火・水・金の週4回の飲み会を無事乗り切った。

一番心配された金曜日の飲み会だが、あまりの段取りの悪さに私がキレてしまい、失礼のないところまでいて、フェイドアウトしたんで、あまりダメージなく終了。

e0242504_20222711.jpg今日は6月20日。

イオンのお客様感謝デーだ。
ふだんは土曜日には行かない図書館+イオンドームへ出撃。

いつものように行きは歩きで、大曽根駅東側の三菱電機の工場のところを通ろうとしたら、なんだか人が並んでいる。

e0242504_20263323.jpg最初は工場でイベントでもやっているのかと思ったら、行列は工場を過ぎても延々続いており、1km以上先のナゴヤドームまで続いているようだ。

ナゴヤドーム方面から列の最後尾目指して歩いてくる人やら、トランクを持って並んでいる人やら、なんだか大騒ぎ。

e0242504_20315836.jpgとりあえず図書館で本とCDを返し、中日新聞を読んで、本とCDを借りる。

イオンモールに行く途中にナゴヤドーム方面を眺めてみたら、駐車場にすごい人だかり。

三代目J Soul Brothersのライブのようだ。

ライブにしては早すぎるので、グッズ販売か何かに並んでいたようだ。
それにしても1km以上の行列を作ってご苦労様だなあ。

e0242504_04452957.jpgちなみに「三代目」というと、三代目魚武某(写真右)っていうのとしばらくごっちゃになってたなあ。

イオンでは、食品売り場で日もちするものを中心に買いだめ。

イオンでは食堂街を中心にライブの客っぽい人があふれて、いつもより混雑してました。

e0242504_20394719.jpg今日の買い物で、5%オフなので気になっていたものを買いました。

←これです。

愛知県清須市のナカモというみそメーカーの「つけてみそかけてみそ」。

テレビ番組で紹介されているのを見たんだが、名古屋名物の赤みそを加工したチューブ入りの調味料で、みそかつなんかにはそのままかけて食べられる。

青森にもかねさのみそチャップって似たようなのがあった。
「ケンミンSHOW」で絶賛されてたけど、まあ、普通の味でした(「ケンミンSHOW」はあの味噌煮込みうどんをも絶賛してたので、あまり信頼できないけど)。

e0242504_20565911.jpgさっそくイオンで買ったばかりの豆腐と納豆にかけて実食。

赤味噌ベースで、味噌カツにかかってるたれそのもので、豆腐との相性はばっちり。

おいしい名古屋風田楽になります。

味が濃いので、納豆のにおいを消すのにはいいし、味もマッチするんだけど、醤油系のたれに比べると水気が少ないので、べとべとして粘りが強くなるのが難点だなあ。

ほかにも野菜とかに試してみますかね。

《What's The Title?》

e0242504_20060616.jpgToo Rye Ay/Dexy's Midhight Runners

今日は三代目J Soul Brothersの騒動がありましたんで、Soul Brotehrsつながりで、タイトルは"The Celtic Soul Brothers"にしました。
イギリスでは何曲かヒット曲のある彼らですけど、まさかアメリカで売れるとはねえ。
当時British系だったら何でも売れる風潮があったけど、まさかアイルランド臭さがいっぱいの”Come On Eileen"がMichael Jacksonを押しのけてNo.1になるとは驚きました。
私は"Come On Eileen"より"The Celtic Soul Brothers"の方が好きだったんですけど、同じ路線なんでイギリスではたしかTop10入りしましたけど、アメリカでは不発に終わり、一発屋に終わりました。
当時このジャケはよく目にしましたよね。

[PR]
by falling7813 | 2015-06-20 21:14 | diary | Comments(0)

Dreams Come True

いよいよ酒浸りweekが始まった。

月曜日は東京から来たお客さんを迎えての飲み会。
お客さんのテンションが高かったし、飲みホの時間制限がなかったせいもあって、ちょっと飲みすぎ気味で終了。

飲み屋であまりつまみを食べられなかったので、家に帰ってあれこれ食べてしまう典型的な酒太りパターン。

その夜。

アルコールが残留しているときって変な夢を見ることが多いんだが、酔っぱらった状態でスポーツクラブに行ってトレーニングをする夢を見た。

一夜明けて今日。

しっかりアルコールは残り、朝から水分とりまくり。

月~水3連投の2日目はアウエーの外部飲みだったが、思ってたより1時間ほど早く終わり、家に明るいうちにたどり着く。
しかも、飲み会ではけっこうちゃんと食事が出たので、夕食はいらない状態。

飲み会ではビールはそこそこ飲んだが、ほかの強いお酒は飲んでいないし、時間はたっぷりあるんで、スポーツクラブへ行こうと思いつく。

風呂だけでもいいんだが、それはちょっとプライドが許さないので、車には乗れないぐらい酒気は帯びてるけど、エアロバイクかランニングマシンを歩くぐらいはできるかと、出撃。

e0242504_21042259.jpg結局ランニングマシンを80分間歩いて、風呂に入って帰ってきました。
まさに正夢。

風呂に入った後、体重を測ったらスポーツクラブで測った数値としては重かったけど、何もしないよりはマシだろう。

《What's The Title?》

e0242504_20424827.jpgCoast To Coast/Westlife

昨日の夜見た夢が現実になりましたんで、タイトルはそのまんま"Dreams Come True"。
Westlifeが活躍した時期は、完全におじさんの守備範囲を超えているので、どういうアーティストかは詳しくないんだけど、当時やたらと多かったこのテのボーイズグループの中では、一番好きですね。
このアルバムも、"My Love"とか"Uptown Girl"とかいい曲が多い。
"Dreams Come True"はアルバムの中でそれほど目立つ曲ではないけど、クオリティはそこそこ高いですよね。
アメリカよりもイギリスでのヒット曲が多いようですけど、イギリス人ってセンスいいよなあ。

[PR]
by falling7813 | 2015-06-16 21:16 | diary | Comments(0)

Los Angelenos

ここのところ飲んだくれ気味。

先週は、月、木と仕事飲みがあり、金曜日はプライベートで隣の席のNさんと憂さ晴らし飲み。

おかげで昨日は二日酔いで、午後からスポーツクラブへ行ったけど、酒太りの体を絞りきれず、今朝の体重はオーバー気味。

今週も、月、火、水、金と仕事飲みが確定していて、酒デブ必至なので、午前中散歩に出ることにした。

e0242504_12114457.jpg目的地は、栄と大須。
名古屋の町の中心市街地だ。
天気もイマイチだから、街中の方が影響なかろう。

名古屋に来て3ヶ月目だが、会社のある名古屋駅付近と家のある大曽根付近以外は、仕事でちら見するぐらいしかなかったのだ。

まず8時に家を出て、栄に向かうが、途中まではいつもの徒歩通勤ルートと同じ。

e0242504_12164360.jpgテレビ塔そばまで来たところで、徒歩通勤ルートと別れを告げ、久屋大通を南へ。

しばらくすると、変な形の屋根が見えるが、これは栄のバスターミナル。
硝子の屋根の上を水が流れてる。

e0242504_12210453.jpgさらに南下すると、三越デパートや大きな観覧車をどてっぱらに抱えたビルが見えてくる。
このあたりが栄の中心のようだ。

ここで久屋大通と別れ、栄の町中に入っていく。

まだ9時前だが、観覧車のビルの前に並んで待ってる人がいたけど、何だろう?

e0242504_12252452.jpg栄は、昔から名古屋で一番の繁華街で、デパートやショッピングビル、ブランドショップなどがたくさんある。

しばらく南下すると、名古屋の老舗デパート松坂屋が登場。
開店前なんで、人影もまばら。

e0242504_12295583.jpg栄の町を南下していくと、だんだん商店が少なくなっていき、若宮通りを越えてさらに南下すると、大須観音に着く。

大須観音は歴史のある観音さんのようで、信長や家康にもゆかりがあるらしい。

e0242504_12355156.jpgお参りした後は、大須観音の東側に縦横に広がる商店街を散策。

たくさんのお店があって、観光名所になっているようで、まだ10時前で開店前の店が多い中、観光客っぽい人がうろうろしてました。

e0242504_12385923.jpg実は、同じ職場に勤めている後輩のKさんがこの近くで単身生活をしていて、買い物があるときにはこのアーケード街に来るそうだけど、たしかにそういう庶民的な店があったり、ずいぶん昔からやっていそうなレトロのお店がある。

e0242504_12403242.jpgそうかと思えば、なぜか、イタリア、トルコ、台湾、ブラジルといった外国の料理を出す店があったりと、かなり混沌とした世界だ。

ブラジル料理のお店では、ブラジル人っぽい人が鶏肉を焼いてました。

e0242504_12441179.jpgそれ以外に、名古屋グルメの鶏から揚げを売っている店もあって、もっと遅い時間に来て、ビール片手に食べ歩くといいかもしれないなあ。

栄はどこにでもありそうな繁華街ですけど、大須は独特の町で、一見の価値があるかもしれないです。

e0242504_12475608.jpg大須観光を終了し、また栄に戻り帰路につくわけだが、行きと同じではつまらないので、帰りは栄で地下街に入る。

天井が低くて時代を感じさせる地下街だ。

e0242504_12521074.jpg栄の地下街を抜けて、久屋大通の方へ行くと、久屋大通の真下にセントラルパークという地下街があるんだが、日曜の10時過ぎですでに店はオープンしてるのに、閑散としていて、心配になりました。

e0242504_12570292.jpgそんなセントラルパークを歩ききり、地上に上がって、久屋大通の真ん中にある公園を北へ歩く。

まずロサンゼルス広場というのがあり、由来を読んでみる。

e0242504_12595109.jpg以前このブログで、名古屋はシカゴに似ている印象があると書いたことがあるが、ロサンゼルスと姉妹都市なんだそうだ。

ロサンゼルス広場には、ハリウッド同様に、アメリカのスターの星型がありました。

そのほかにも、名古屋は南京とも姉妹都市のようで、それを記念するような庭園もありました。

e0242504_13041510.jpgそんな庭園を眺めつつ、久屋大通を北上し、公園が途切れたところで、進路を東へ変え、家を目指すんだが、もうちょっと寄り道。

徒歩通勤で歩いている国道19号線の赤塚交差点の南東側に白壁地区というのがある。

e0242504_13074416.jpg一度仕事で車で通ったことがあるんだが、なんだか大きなお屋敷があって、高級住宅街のようだ。
実際に歩いてみると、昔はお屋敷だったところを結婚式場や高級レストランにしているところもあるが、実際にお屋敷もあり、旧豊田佐助邸というのもありました。

e0242504_13113886.jpgそんな感じで、今日の名古屋散歩を終了しましたが、途中で名古屋めしでも食べようかと思って出撃したものの、タイミングが合わずに帰ってきてしまったので、家の近くで気になっていたサンドイッチ屋朝日屋へ。

e0242504_13163683.jpg見た目は狭くて古めかしいんだが、侮れないのは、いつも買い物に行っているマックスバリュにも品物を出しているし、店に入ったら、雑誌にも取り上げられていることがわかった。

昔江古田にあったシュークリーム屋かたばみ屋のおやじさんみたいな年配の店主でちょっと心配になったが、とりあえずカツミックスサンド590円(↑)を購入。

e0242504_13214676.jpgさっそく家に帰ってランチにいただきました。
パンがトーストしてあって、表面がさくっとしていてこだわりを感じて、それなりにおいしいけど、カツの味付けがケチャップっぽくて私の好みと違うのと、コスパがどうでしょうねえ。

もう一度単品のサンドイッチを試してみるかなあ。

そんな名古屋散歩ですけど、久しぶりに万歩計が2万歩を超えて、がっつりとした散歩になりました。

《What's The Title?》

e0242504_12002209.jpgStreetlife Serenade/Billy Joel

意外にも名古屋はロサンゼルスと姉妹都市だったので、ロサンゼルスがらみの曲でBilly Joelの"Los Angelenos"。
Billy Joelってたしかに一定の才能はあると思ってまして、"Just The Way You Are"とか"James"なんかは大好きなんだけど、はずれの曲も多いんですよね。
この"Los Angelenos"もはずれ。
どこがいいのかさっぱりわからない。
ニューヨーカーだから西海岸は嫌いでテキトーに作ったのかな。

[PR]
by falling7813 | 2015-06-14 13:25 | Tokai | Comments(0)

Beware My Love

e0242504_20111987.jpg先週の土曜日に買ったハイビスカスはさっそく花盛りになり、毎日生活に潤いを与えてくれてます。

そして、私はといえば、水曜日から3日連続の飲み。

しかも、水曜3軒、木曜2軒と飲んだくれてしまい、金曜日はさすがに飲み疲れで、結果的に一番軽く終わった。

そんな土曜日だが、明日は図書館に本を返しに行く予定なので、この土日に行きたいところへ今日出掛けることにした。

この土日の行きたいところとは、尾張西枇杷島まつり

いろいろなところでポスターを見て、おもしろそうだと思ったのだ。

e0242504_20195862.jpg現地までの距離は10kmほどなので、自転車で楽勝の距離ということで、ママチャリ号で出撃。

まつりは12時からなんだが、名古屋城のそばを通るので、ついでに見ていこうかと、9時半過ぎに出発。

e0242504_20312468.jpg名古屋城に着いたが、天守閣周りに入るのは有料。
今日は直接スポーツクラブへ行ってもいいように現金少な目でクレジットカード類も入れてないスポーツクラブ用の財布で来たので、余計な出費は抑えようとパス。

とりあえず、城の周りをぐるっと回って通過。

e0242504_20352909.jpg目的地の清須市西枇杷島には正味30分ちょっとで到着。

名古屋城で想定していたロスタイムがなかったため、まつりが始まるまで相当時間があるので、お祭り用の駐輪場にママチャリ号を駐めて、周囲を歩き回ることにした。

西枇杷島は名古屋から名鉄で3駅目と近いんだが、都会っぽさがぜんぜんない。

e0242504_20402601.jpg駅なんかもめちゃレトロだ。
まあ、名鉄の駅ってこういうところが多いようだけど。

まつりが行われる町並を歩いてみたけどなんだか昭和にタイムスリップしたような世界だ。

e0242504_20484988.jpg手ごろなところがあったら昼食しようと思っていたんだが、見つけられず、結局駅前のコンビニでおにぎり。

狭い通りの両側にまつりの屋台が出て、徐々に盛り上がってきたところで、まつりがスタート。

e0242504_20562161.jpgこの尾張西枇杷島まつりは江戸時代に作られた5台の山車が登場するもので、さっそく12時から運行する頼光車を見に行く。

頼光車はその名のとおり源頼光がメインで、金太郎こと坂田金時と熊のからくりがあるそうだ。

現地へ行くとすでに運行が始まっていて、なんだかすごいムリのある狭い路地に突っ込んでいこうとしている。

e0242504_21055010.jpgしばらく進んでいくと、山車が電線に引っかかりそうになるのを、木の棒で、電線をよけながら進んでいく。

山車が巡行するところにはこういう問題はつきもので、五所川原は立佞武多を通すために電線を全部地中化したし、弘前のねぷたは上部が折れて低くなったり、電動で高さが調節できたりする。

それにしても狭いところに突っ込んでいったし、迂回ルートもなく、山車の前の金太郎ほかのからくりを見たくても、山車の前側に回り込めない。

e0242504_21094147.jpg仕方なく、次に運行する泰亨車のところへ。

この山車は、まつりのメインストリートを巡行する。

e0242504_21164671.jpgメインストリート沿いの格納庫から出撃したのはいいが、左右に屋台がぎっしり建っていて、山車の幅がギリギリのところも多い。

電線は日常生活上しょうがないと思うんだが、屋台は主催者が工夫すれば済むことだろう。
e0242504_21250602.jpgせめて運行するところは片側だけにするとか、考えればいいんじゃないかなあ。
とくに山車は簡単に方向転換できない構造で、軌道修正するたびにおにいさんたちが力技で動かして、たいへんそうでした。

次に運行したのは関羽を乗せた紅塵車(写真右上)。

e0242504_21403695.jpgこれもメインストリートを行くんで、見物客がしばらく足止めにされたり、たいへんな運行になりました。

そして4台目は左の写真の頼朝車。
e0242504_21502646.jpgその名のとおり源頼朝がフィーチャーされていて、静御前が頼朝の前で踊るというからくりだそうだ。
この頼朝車が巡行に出るときに、正面の鶏からあげの屋台ギリギリのところに突っ込む。

そこから、みなさんの力技で、徐々に回転して、90度のカーブを切ったんだが、あんな思いするんだったら、屋台側もいやなんじゃないかなあ。

e0242504_22110114.jpgで、この頼朝車は、県道を越えて反対側の橋詰神社へ行く。

どうするのかと思ったら、警察官が総出で車を止めて、無理矢理通した。

結構交通量の多い道路だけど、伝統の祭りだからがんばっちゃうんですね。

まだまだまつりは続くんですけど、5つの山車のうち4つは見たし、酒太りなんで帰ってスポーツクラブにも行きたかった、ここで撤収しました。

いろいろ突っ込みどころはあったけど、江戸時代から続いているまつりで、頑張ってる感は伝わってきたので、なんだか元気をもらった感じがします。

《What's The Title?》

e0242504_20081030.jpgWings Over America/Wings

今回は西枇杷島まつりでしたんで、「びわ」→「びうぇあ」→"Beware My Love"というかなり強引な展開でWingsの"Beware My Love"です。
この曲はスタジオ盤よりライブ盤"Wings Over America"のバージョンの方が印象に残ってるんですよね。
それほど好きってわけでもないですけどね。
そういえば、このアルバムからのシングル"Maybe I'm Amazed"もライブの方が断然よかったと思いますね。
ポールがまだ若くて元気いっぱい感が伝わってくるライブです。
この頃生で見たかったなあ。

[PR]
by falling7813 | 2015-06-06 23:00 | Tokai | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧