<   2015年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Walk Like A Man

せっかくウォーキングシューズを買ったので、今週月曜日から徒歩通勤をやってみた。

e0242504_21021215.jpgまずは家の前の国道19号線を南西方向へ。

道幅も歩道も広くて歩きやすいけど、日陰がない。
これから暑い時期を迎えるとたいへんかもしれないなあ。

ひたすら19号線を歩いた後、小川交差点で右折して、桜通に入る。

e0242504_21050546.jpgなんと曲がるのはこれ1回だけで、あとはひたすら道なりで会社に着くことができる。

名古屋の中心部は戦争で焼けて、広い道路が碁盤の目状に走っているので、代替のルートもとれるけど、シンプルな方が間違えなくていい。

道順は単純で、曲がった後は地形もフラットなんだが、わけがあってアップダウンとなるところがある。

e0242504_21134180.jpg一つ目はテレビ塔のそばの久屋大通。

ここで地下道を通ることにした。

一応信号もあるけど、広い道路なんで、地下道の方が速そうな気がするし、地下の方が冷暖房完備で快適なはずだ。

e0242504_21162125.jpgそういう意味では、札幌ですすきのから札幌駅まで地下道で通勤できたのは恵まれてたなあ。

久屋大通を越えると、再び地上を西へ向かって歩くわけだが、ぼちぼち名古屋駅付近の高層ビルが大きく見えてくる日銀前の交差点で二度目のアップダウンを迎える。

e0242504_21205693.jpgここには横断歩道がなく、歩道橋しかないので、必然的にアップダウンするしかないのだ。

日銀前まで来ると、残りは20分ほど。
名古屋に来た当初に泊まっていた東横イン丸の内も近いので、ここからは距離感もある。

e0242504_21241969.jpg地下鉄で名古屋駅から1つ目の国際センター駅まで来ると、地下に入る。

ここまで来るとあとは会社まで地下道伝いに行けるのだ。

自宅から会社まで、door to doorで1時間5分といったところだ。

距離的には6kmぐらいなんだが、さすがに都市部なんで、よく信号に引っかかって、思うようには進めないんですよね。

e0242504_21420777.jpgあと実際歩いてみて思うのは、暑さ対策をどうするかですかね。

それでもまあ歩いて行くのに支障はないことがわかったし、ウォーキングシューズは革靴と比べて軽くて歩きやすいので、これからも天気がいい日はちょくちょく徒歩通勤をしようかな。

《What's The Title?》

e0242504_20512994.jpgWe're An American Band/Grand Funk

歩くことがテーマになってますんで、タイトルはGrand Funkの”Walk Like A Man"。
このアルバムのタイトル曲でもある”We're An American Band”が彼ら初のNo.1ヒットになって、その勢いのまま出したセカンドシングルなんで、この曲も相応にヒットしました。
どちらの曲もしっかりロックしてますけど、それまでのモサさがなくなって洗練されたサウンドになったのが勝因なんでしょうね。
さすがに曲の出来は、"We're An American Band"に比べるとだいぶ落ちますけどね。

[PR]
by falling7813 | 2015-04-30 06:15 | diary | Comments(0)

Black Dog

今日は水曜日の休日。

e0242504_18523895.jpgちゅうことで、先週土曜日に続いて、ママチャリ号で遠征することにした。

今回目指すのは小牧経由で犬山。
なんとなく地図を見ていて、手ごろな距離なので目をつけた。

昨日ちょっとしたトラブルがあり、憂さ晴らしに隣の席のNさんと飲んでしまい、ややアルコールが残り気味の上に、朝洗濯したら、排水ホースが外れてしまい、洗濯機の周りが水浸しになって、出撃が遅れて、8:50発。

e0242504_18564895.jpgとりあえず県道をひたすら北へ走る。

しばらくすると、左側に県営名古屋空港が見えてくる。
昔はこっちが名古屋のメイン空港で、国際空港だったんですよね。

45分ほど走ると小牧市内に入り、西側に小山が見えて、その頂上に小牧城が見える。

e0242504_19014792.jpg今日最初の目的地は、この小牧城。

全然知識はなかったんだけど、犬山に行く途中に立ち寄るのには手ごろなので、寄ったんだが、なんと織田信長が作った由緒正しきお城だ。

e0242504_19055479.jpgその名も小牧山という天然の山をそのまま城にしちゃったもので、標高は大したことはないけど、天守閣に向かう道は、それなりの山道だ。

頂上には再建された天守閣が建っていて、中は歴史館になっているんだが、有料なのでパス。

e0242504_19093854.jpgでも、山道を天守まで登って行く景色で戦国時代の気分を十分楽しめました。

小牧山登山で30分ほど滞在した後、ママチャリ号に乗り、犬山を目指す。

名古屋から北上してきた県道からは少し西にそれたので、小牧市の西側を走る国道41号線を北上する。

e0242504_19152048.jpgこちらは歩道も広くて走りやすいし、信号でもあまり引っかからないので、快調に走れる。

小牧市から、大口町、扶桑町を経て、ついに犬山市に入る。

犬山市の看板を見てびっくり。
e0242504_19192821.jpg市のマークが丸に「一」の字だ。

名古屋市は丸に「八」の字なんだが、なんか関係あるのかなあ?

「二」から「七」もどこかにあるのか?
それとも「一」と「八」だけで、一か八かってこと?

国道41号線から県道27号線に入り、犬山市の中心部を走る。

e0242504_19231178.jpg犬山で見たいところもあるんだが、まずは木曽川を渡る犬山橋の上で、木曽川、犬山城をバックにママチャリ号の記念撮影。

そのままママチャリ号に乗って、木曽川を渡るとそこは岐阜県各務原市。

ママチャリ号初の岐阜県入りだ。

e0242504_19304907.jpg記念すべき岐阜県制覇を終えたら、そのまま犬山橋を戻り、愛知県に戻る。

次に目指すところは山の上で、結構アップダウンがありそうなので、犬山遊園駅前の自転車置き場にママチャリ号を置いて、歩きに切り替える。

15分ほど坂道を上り、次の目的地に到着。

e0242504_19405958.jpg日本モンキーセンター

猿だけを集めた動物園だ。
周囲は子供連ればかりで、ちょっと迷ったが、入場料600円を払って入場した。

なぜここを見に来たかというと、ウルトラセブンのゴーロン星人の回のロケ地だからだ。

e0242504_19463809.jpgいざ入場してみると、あまり思い出せることもなく、あの回で感じた不気味さを感じることもない。

さすがに展示されている猿の数は豊富で、猿好きにはたまらない施設だが、猿オンリーなので、バラエティは乏しくて、見ていると飽きる感じは否めない。

e0242504_19495876.jpgニホンザルの展示は自然の谷を生かしているのはいいが、周囲にはジュラシックパークを彷彿とさせる電気フェンスがはりめぐらされ、かわいそうな印象を受けちゃう。あれならふつうにサル山でもいいような気がするが。

旭山動物園みたいに頭上を猿が渡っていくような端を作ったりして、古い施設なりに努力はしているようだが、やっぱおじさんには楽しめない施設でしたね。

e0242504_19544492.jpgモンキーセンターを後にして、犬山で一番メジャーな観光地である国宝犬山城を目指す。

さっき橋の上から見たら気持ちよさそうだったので、木曽川の河畔の遊歩道を歩く。

川風が気持ちいい。

e0242504_20014069.jpgこうして木曽川から見ると、木曽川側は天然の深い堀になってるし、山も険しそうで、天然の要害って感じですね。
せっかく来たから、入場料550円を支払って入場。

なんといっても現存する城では日本最古ですからね。

e0242504_20035655.jpg戦国時代に築かれた城なので、天守閣は小さいが、中に入ると階段が異常に急だったり、時代を感じるつくりだ。

天守閣は4階建てで、急な階段を上り、最上階に登ると周囲を展望できるようになっていて、絶景だ。

e0242504_20082843.jpgお殿様もこういう景色を見ていたんでしょうねえ。

ちなみにこの犬山城の初代城主は織田信長の叔父織田信康で、今日は織田家ゆかりの城をはしごしたことになる。

ここは歴史的な価値もあるし、景色も素晴らしいし、入場料を払う価値ありですね。

e0242504_20130876.jpg犬山城を見終わった後、お城の周りを散策。

黒塀で統一したレトロな商店街が作られていて、観光客でにぎわってました。

観光地として頑張ってる感はありますが、レトロさという点では、土曜日に行った津島の方が素朴でよかったですね。

結局、犬山には2時間ほど滞在し、1時過ぎに出発し、23kmほどの道のりを名古屋に戻りました。

《What's The Title?》

e0242504_1530795.jpgLed Zeppelin Ⅳ/Led Zeppelin

タイトルは犬山と黒塀の商店街にちなんでLed Zeppelinの"Black Dog"。
このアルバムは3枚しかLPを持っていなかった時の1枚なので、よく聴いたし、とくにA面はよく聴いたので、この"Black Dog"はかなりのヘビロテでした。
へんなイントロから突然♪Hey Hey Mam♪と唐突にRobert Plantのボーカルが始まって、最初は変な曲だという印象でしたけど、慣れてくると違和感は感じなくなりますね。
王様の直訳カバーが笑えます。

[PR]
by falling7813 | 2015-04-29 20:21 | Tokai | Comments(0)

I Want You To Want Me

昨日は出かけたので、今日はお買い物など。

いろいろあるので、すでに二度お世話になっているイオンモールナゴヤドーム前店方面へ歩く。

e0242504_18521589.jpg最初に目指したのは、名古屋東図書館。
イオンモールのはす向かいにあるんで、買い物のついでに使えそうだ。

前回イオンに来た時に図書館のあく時間は調べておいたので、開館の9時半に合わせて行って、まず貸出カードを作ってもらいました。

e0242504_18552547.jpgこれで図書館の貸出カードは、練馬区、熊本市、札幌市につづいて4枚目。

品揃えは練馬区には遠く及ばない感じで、札幌中央図書館よりも小規模な感じだけど、それなりに使えそうで、初貸出は右の写真のラインナップでした。

続いて目指したのはゼビオ。

e0242504_19132126.jpg弘前でランニング用のシューズ歌舞伎くんを買った時にカードを作り、札幌時代も、月寒店で1回Ario札幌店では今スポーツクラブで使っているシューズブルーくんを買う時にお世話になった。

名古屋に来て、荷物を整理していたら、入会の時にもらった1,000円割引券が出てきたし、ちょいと買いたいものがあるので、家に近いところを探してみたんだが、ナゴヤドームから地下鉄で1駅先の砂田橋にあり、東図書館から歩いても10分ほどで到着。

e0242504_19154205.jpg現地に着いて、買ったものはこれ→

実は、名古屋でも徒歩通勤に挑戦しようかと思っている。

熊本、弘前、札幌と徒歩通勤をやってきたんだが、今度の名古屋が一番長くて6kmちょっとある。

今まではふつうに革靴で歩いていたんだが(弘前、札幌の冬期を除き)、さすがに靴底の減りが早いので、ウォーキングシューズを買って徒歩通勤に使って、会社で履き替えようかと思って買いました。

名古屋の花粉もこのところ大丈夫そうなので、近々挑戦するかな。

e0242504_19271176.jpgお次のショッピングはまたナゴヤドームそばに戻って、ここ→

なんと、敵地ナゴヤドームのそばに阪神タイガースのショップがあった。

ショップまであるってことは、阪神戦は混むのかなあ?

e0242504_19312327.jpg阪神のショップのある町に住んだのは、東京、大阪、熊本以来だが(東京、熊本は今あるのかなあ?)、今までで一番近いのがうれしい。

ちゅうことで、気分もハイになり、二品買っちゃいました→

メンバーズカードも作ったことだし、また買いに来るかなあ。

e0242504_19343834.jpgスリッパは早速使ってるし、シールも手帳に貼りました。

東図書館→ゼビオ砂田橋→タイガースショップと寄り道して、食料品をイオンモールで買い物。

せっかくだからイオンカードのポイントも付けたいので、家族へのお土産も買って買い物終了。

e0242504_19403055.jpgさすがに荷物が多くなったので、大曽根駅前行きのシャトルバスを使わせてもらいました。

無料だし、家から徒歩1分ぐらいのところに着くし、ほんとに便利だなあ。

ちゅうことで、これからもお世話になりそうな買い物ルートが開拓できたなあ。

《What's The Title?》

e0242504_17221254.jpgIn Color/Cheap Trick

タイトルは今日図書館で借りたCDの中から選曲して、Cheap Trickの「甘い罠」。
このアルバムから日本で大ブレイクして、ハード系の「今夜は帰さない」がヒットしたんですよね。
アルバムジャケットでもイケメン二人はカラー写真でバイクで決めてるんだけど、裏側ではリックとバーニーのお笑い担当はモノクロ写真で自転車に乗ってるというオチのあるジャケットなんですよね。
「甘い罠」はちょっとユルめの曲で、日本でもそれほどウケなかったんだけど、まさか日本でやったライブアルバムでブレイクして、ライブバージョンが大ヒットするとは驚きでした。
Queen以上に劇的なアメリカブレイクですよね。


[PR]
by falling7813 | 2015-04-26 19:51 | diary | Comments(0)

Deep Purple

初めて名古屋で過ごすフリーな土曜日。

e0242504_13540278.jpgまずは降水確率ゼロという好天なので、洗濯して、布団も一緒に外干し。
今まで室内干しに使ってた物干しもベランダに出し、狭いベランダは超混雑状態。

でも久しぶりに部屋の中がすっきりした。

いい天気の土曜日ということで、出撃。

目的地は津島市。

あいさつ回りの途中で、今日イベントがあることを知ったのだ。

e0242504_14063469.jpg我が家から距離を測ったら、20kmちょっと。
名鉄でも行けるんだが、片道400円と運賃が高いので、愛車ママチャリ号で行くことにした。

ママチャリ号での遠征は、札幌にいた時にサイクリングロードで北広島へ行って以来かな。

8時過ぎに家を出て、名古屋市内を横断するんで、最初は信号待ちが多くて、スピードが上がらず、目的地には1時間20分ほどかかって到着。

e0242504_14142932.jpg目的地は津島市の天王川公園。イベントは、尾張津島藤まつり

さっそく会場を見て回ると、池に張り出した藤棚。

池に浮かぶ島に生えている藤の木から、池にせり出す形で藤棚が作られていて、なかなか美しい。

e0242504_14181532.jpgそして、天王川公演最大の呼び物は、長さ270m、広さ5000㎡を超える広大な藤棚。

残念ながら、藤棚の北側は3~4割の咲き具合だったが、南へ行くほどに花も開いてるし、とにかく大きさに圧倒されました。

e0242504_14250517.jpg大藤棚の近くには、ほかにもいろいろな種類の藤があって、そちらの方はかなり花も開いていて楽しめました。

まつりの会場では、津島市のゆるキャラ3体も登場して、もちまきなどのイベントもあって、まつりを盛り上げてました。

e0242504_14291425.jpg藤の花を堪能した後、せっかく来たので、すぐ近くの津島神社を参拝。

もともとこの神社の門前町として津島が栄えたそうなので、歴史ある神社のようで、なかなかの佇まいでした。

e0242504_14402245.jpg神社の門前に土産物屋があり、あかだとくつわというこれまた歴史のありそうなお菓子を売っていた。

味見したら、あかだはふつうのおかき、くつわは甘くて香ばしかった。
なかなか買えなさそうなので、東京の家への土産用に購入。

e0242504_14431596.jpg自転車に戻り、街中を走っていると、天王川公演のそばにはやたらレトロな建物がある。

たまたまかと思って、その近くを走っているとあちこちでレトロな建物が見られる。
タイムスリップしたような世界だ。

e0242504_14480790.jpg名鉄が企画したハイキングできている人がたくさんいたので、それなりに地元では有名なのかもしれないけど、これはなかなか珍しいかも。

予定外だったけど掘り出し物でした。

そんな津島市を後にして、名古屋に戻る途中にちょっと寄り道。

e0242504_14532947.jpg行く途中に見つけてちょっと気になっていたあま市七宝焼アートヴィレッジ

今はあま市だが、昔は海部(あま)郡七宝町だったところで、その名のとおり七宝焼の産地だ。

どこにも値段を書いてないので、タダかと思って入場したら、博物館は有料。

でも、せっかく来たから入ってみましたけど、結構見ごたえがありました。
館内は写真禁止なので、七宝焼の写真はありません。

七宝焼は普通の土から作られた陶器ではなく銅などの金属の土台の上にガラス質の釉薬を縫って作るものだと知ったのが最大の収穫でした。

名古屋に来るまで、津島も七宝焼も全然知らなかったけど、いろいろ発見が多い初の東海日帰り旅行でした。

《What's The Title?》

e0242504_13504374.jpgDonny & Marie Osmond Greatest Hits/Donny & Marie Osmond

藤まつりで藤の花の紫に魅せられましたので、タイトルは"DEep Purple"。
Nino Tempo & April StevensのNo.1ヒットのカバーバージョンで、オリジナルに忠実なレトロな雰囲気のカバーですが、ちょっと芸がないかなあ。
Donnyのソロってよくできたカバーが多いんだけど、Donny & Marieになると精彩のない曲が多い気がします。


[PR]
by falling7813 | 2015-04-25 15:08 | Tokai | Comments(0)

Living In Oz

今日はスポーツクラブの定休日。
札幌の時は火曜日だったんだが、名古屋では毎週木曜日。

木曜の方が見たいテレビが多いのでいいんだが、家でゆっくりできるのは今日が初めてかな。

今週は月・火と東京で仕事だったんだが、帰ってきた火曜日と昨日もまじめにスポーツクラブに行ったので、今日は名古屋初の家飲み。

e0242504_21335684.jpg会社帰りにマックスバリュに寄って、おかずやら、冷凍食品やら、いろいろ購入し、家飲みスタート。

今日の名古屋は最高気温25℃と暖かかったので、まずは(第三の)ビールからスタート。

ごはんは炊いたご飯が残っているので自前。

e0242504_21444214.jpg(第三の)ビールの後は赤ワイン。
赤ワインを飲んでいるうちに、ごはんの残量が気になる。

最近、昼食が外食なので、ごはんの減りが遅いけど、今日みたいに昼に暖かくなると、日持ちが心配だなあ。

なんてことを考えながら飲んでると、明日は名古屋初の出かけない一日なので、名古屋初の弁当にするかって気になってきた。

ごはんは大量にあるし、冷凍食品で弁当箱を埋めることは可能だが、なんかそれはいかんような気がしてきて、一品ぐらいは作ろうと、また買い物に出ることにした。

e0242504_21551707.jpgもう8時を回ってるし、もう一度マックスバリュへ行くのは芸がないので、メッツ大曽根のヤマナカへ。

卵と魚肉ソーセージとゴミ袋を買って、プラプラと歩く。

駅前の地下道を歩いていて、ここの地下街はOZ Gardenだったなあと思い出す。

e0242504_22011316.jpg「大曽根」は「おおぞね」と呼ぶので、ローマ字表記だと、「Ozone」になるんで、地下街はOZ Gardenだし、家の近所の商店街はOZモールだ。

「Ozone」をそのまま英語読みしてオゾンアベニューというネーミングも力技だなあ。

e0242504_22033572.jpgオゾンアベニューとか健康的なネーミングだが、実際には飲み屋ばかりで、全然健康的でない大曽根。

たぶん駅のそばに三菱電機の大きな工場があるんで、そこの従業員をターゲットにした飲み屋が多いのかと思うけど、なんか不思議な街だなあ。

《What's The Title?》

e0242504_21283046.jpgLiving In Oz/Rick Springfield

ちゅうことで、タイトルはOZ GardenやOZモールを見た時に思いついた"Living In Oz"。
Rick Springfieldが歌っているので、タイトルはオーストラリアのOZですけどね。
72年にヒットを出したけど、その後が続かず、それから10年ほど後、テレビドラマ出演をきっかけに、音楽の世界でも大ブレイク。
軽快なポップロック調の曲でヒットを連発してた彼ですが、ロックミュージシャンとしてのこだわりが強くて、このアルバムあたりからかなりハードな音作りをするようになりました。
結局、そういったロック路線は受け入れられず、その後の人気は下火になって行きました。

[PR]
by falling7813 | 2015-04-23 22:13 | diary | Comments(0)

Peanuts

名古屋に来てから半月ちょっと。

職場を移ると同時に仕事の内容も変わった。

札幌では外との関わりがなく、ほとんど外出することがなかったんだが、名古屋の仕事は外との関わりが多くて、名古屋に来てから毎日何らかの形で外に出ていて、一日中挨拶回りというのも多い。

挨拶回りでは、北海道から来た謎の九州人という自己紹介で笑いをとっている。

私が雨男なのか、雨の日が多いので、花粉に苦しめられることが少ないのはいいんだが、札幌時代とあまりにも違うので、ちょっとお疲れモードだ。

会社にいる時間が少ないので、とりあえず今は弁当は作らず、その時の状況に応じて行く先々で昼食。

e0242504_22374910.jpgせっかく外食するならと、名古屋めしにもチャレンジ。

あんかけスパと味噌カツ丼(写真左)を食べたが、どっちも味的にはありですかね。

個人的には、とんかつは醤油派なので、どちらか選べるんなら、あえて味噌カツを食べようとは思いませんけどね。

そういえば、名古屋着任当初にお世話になった東横インも、初めて昼食を食べた素材屋も、味噌汁は有無を言わせず赤味噌だったし、東横インの朝食のパン用に置いてあったのは小倉&マーガリン(写真下)。

e0242504_22380408.jpgどこも名古屋流を徹底してますね。

昨日は外部の会合で昼食会だったんだが、メニューはうなぎ。
すでに名古屋に来てうなぎは二度目。
名古屋人うなぎ好きですねえ。

そして、昨日はその昼食会から次のスケジュールまで時間が空いてしまったんで、喫茶店で時間調整。
喫茶店も名古屋の文化のひとつですからねえ。

e0242504_10524131.jpg周囲にいろいろ喫茶店はあったけど、ど素人なので、とりあえずチェーン店のコメダへ。

古めかしい店構えだったが、中に入ってさらにびっくりで、今時珍しいゲーム機のテーブル。
ブレンドコーヒー(400円)を頼んだら、ちゃんとピーナッツがついてきました。

老夫婦が経営者のようだったけど、コーヒーを持ってきたおばさまが、「カップ温めてますんで気をつけてくださいね。」とご注意。
そういうところこだわってるんですね。

《What's The Title?》

e0242504_10322740.jpg25th Anniversary Collection/Frankie Valli & The Four Seasons

名古屋名物の喫茶店のピーナッツにちなんで、タイトルも"Peanuts"。
The 4 Seasonsの初期の曲で、Frankie Valliのファルセットを生かしたコミカルな感じの曲ですが、結局それだけであまり聴きどころはないですね。
この3枚組のベストアルバムは、彼らの全てのキャリアのヒットを網羅してるし、FrankieのソロヒットやThe Wonder Who名義のヒットまで収録されていて、ファンにはたまらない逸品です。
"Jersey Boys"DVD出たかなあ。見なきゃなあ。

[PR]
by falling7813 | 2015-04-18 11:05 | Tokai | Comments(4)

Brand New Day

名古屋での生活が始まりました。

e0242504_21425006.jpg札幌に転入した時と同じように、引越が4月5日にずれ込んでしまったんで、名古屋ではまず3泊ホテル住まい。

いつもの東横インにお世話になったんだが、名古屋駅に近いところでは3連泊はできず、駅から20分ほど離れた丸の内の東横インに泊まった。
まあ会社まで徒歩15分ほどなので、通勤距離としては苦にならない。

e0242504_21443045.jpg4月4日は、地元のイベントで桜を見ることができた。
北海道より1ヶ月も早く咲く桜。

結局、名古屋付近の桜も5日以降雨が多くて、散ってしまったので、4日に見られてよかった。

4月5日に新居に引越。

e0242504_21490508.jpg今度住む場所は大曽根というところで、築1年しかたっていない新しいマンション。

ただし、札幌で住んでいたマンションより部屋は10㎡ほど狭くて、荷物の配置には難儀した。

カーテンレールが直接天井に付けられているので、カーテンレールを物干しにすることができず、部屋干しができない。
e0242504_21525730.jpg洗濯する日は晴れの日ばかりとは限らないので、部屋干しできないと暮らしていけない。

すでに洗濯物がたまってるし、天気が悪くてさっそく部屋干しせざるを得ない状況で、マンションの階段からニトリが見えたので、急遽行ってみた。

e0242504_21543549.jpgマンションから歩いて10分ちょっとでニトリが入っているショッピングモールメッツ大曽根に着き、さっそく物干しを購入。

同じショッピングモールにユニクロもはいっていて便利だ。

台所の流し台もコンパクトでスペースが少なくて、今まで使っていた食器用のざるが置けないので、そのほかにもいろいろと買い物へ。

e0242504_21562243.jpg地図を見たら歩いて20分ほどのところにイオンモールがある。

しかも、無料のシャトルバスが我が家のすぐそばで発着してるので、荷物が多くなったら、シャトルバスで帰ってくればいい。

e0242504_21580568.jpgちゅうことで散歩がてら歩いて行き、イオンモールの中の100円ショップでちょうどいいサイズのざるがあったので購入し、台所のレイアウトが固まりました。

ちなみにそのイオンモールはナゴヤドーム前店で、その名のとおり隣にはナゴヤドームがあり、なんと歩いてプロ野球を見に行くことができる。
e0242504_22043180.jpgこれは好立地だなあ。

ところが、IHコンロを使ってみたら、フライパンと鍋が使えないことが判明。
結局、もう一度イオンに行ってIH対応のフライパンと鍋を買ってきた。
ちょっと余計な出費だったなあ。

わりと近くに大型店があって便利なんだが、そのせいか大曽根駅付近の小売店は壊滅状態で、コンビニぐらいしかなく、やたら居酒屋ばかり多くて、家のそばで買い物するのはあまり便利ではないみたい。
札幌みたいに営業時間の長いクリーニング屋もないし。

e0242504_22055690.jpgそれから、家から歩いて5分ほどのところに、札幌で入会していたスポーツクラブセントラルがあるので、札幌から転籍扱いで入会しちゃいました。

名鉄のガード下にある建物で、札幌に比べると設備が古くて、風呂なんか場末の温泉旅館の風呂みたいだけど、なんといっても近いのがうれしい。
一度会社に7時ごろまでいて、無理かなと思ったら、ランニングマシン走って、風呂に入るぐらいは楽勝でできたので、これは便利だ。

そして、名古屋で暮らしてうれしかったのは、今まで見られなかった好きな番組が見られるようになったこと。

e0242504_22073206.jpgひとつは、「ピエール瀧のしょんないTV」。

静岡ローカルで、なぜか青森でも、札幌でも1回だけ見たことがあったんだが、その後見ることができず、仕方なくYou Tubeでフォローしてたんだけど、あまりアップされなくて不満だったが、なんと、名古屋では毎週水曜日の深夜で放送しているのだ。
さすがに時間が遅いので、録画で見たけど、相変わらずのゆるさは健在で、これから毎週見られると思うと楽しみだ。

e0242504_07084735.jpgもうひとつは「よしもと新喜劇」。

「しょんないTV」は番組ホームページで、名古屋の放送局がやっているのを知っていたので、引越す前から期待していたんだが、「よしもと新喜劇」を名古屋でやっているとは知らなかったので、うれしいサプライズだ。

「よしもと新喜劇」は小学生のころ毎週土曜日のお楽しみで、学校から走って帰っていた。
それであのコテコテの世界を刷り込まれてしまったんだが、東京では見ることができず、二度の関西勤務の時に懐かしく見ていた。

そんな感じで、いろいろ想定外もあった名古屋生活のスタートだが、ようやく今日ネットも開通し、ブログを再開し、いろいろなエントリを書いていきたいと思ってます。

《What's The Title?》

e0242504_21314197.jpgThe Original Soundtrack/10cc

新しい日々が始まりましたんで、タイトルは"Brand New Day"。
10ccにとって初めてのアメリカでのメジャーヒット"I'm Not In Love"を生んだアルバムですが、ポップ系の2人だけになり、シンプルでポップな曲が多い"Deceptive Bends"から聴き始めた私にとっては、ちょっと凝り過ぎでとっつきにくい印象のあるアルバムです。
タイトルに使った"Brand New Day"もピアノの音が美しい曲ですが、ボーカルがちょっといじり過ぎの感じがするんですよね。
もうちょっとシンプルに歌った方がよかったような気がします。


[PR]
by falling7813 | 2015-04-13 22:10 | diary | Comments(4)

Question 67/68

今朝札幌を発ち、新任地に移動。

e0242504_10131257.jpgさて、新任地は名古屋です。

いままで、九州、関東、近畿、東北、北海道と住んできたが、中部地方は初めてだ。

8:45発の中部国際空港セントレア行きの飛行機に乗る。

e0242504_10154127.jpg今回は荷物が多くて、預けるので、早く降りてもしょうがないから、珍しく窓際の席をとる。

まず離陸するとすぐに目に入ったのは新千歳空港の西にある支笏湖。
周囲の白い山に青い湖面が映えてきれいだ。

e0242504_10185171.jpg羽田行きはそのまま南に飛んで海を渡るんだが、名古屋行きは違い、飛行機は北海道南岸を西へ飛んでいく。

洞爺湖、羊蹄山、室蘭など上空から見ると美しい。

そのまま噴火湾上空を横切り、駒ケ岳、大沼を上から見る。
大沼は地上から見る方がいいかな。

e0242504_10213428.jpg函館は真上を飛んで見えなかったけど、江差、松前を眺めつつ、北海道に別れを告げました。

北海道の思い出に最後に美しい景色を見られたのはよかった。

飛行機はそのまま南下し、小泊、鯵ヶ沢、深浦といった青森県西海岸の懐かしい町の上を飛び、1時間20分ほどで、セントレアに着きました。

ということで、今日から名古屋での生活が始まりました。

今回も引越しまで時間がかかってこれからホテルに3泊。
ホテルにいる間はWi-Fiは使えるんだけど、iPadしか持ってこなかったし、家のネットは開通まで時間がかかるので、しばらくブログの更新はできないと思いますが、ホテルにいる間は小ネタをツイッターで出しつつ、そのうち名古屋ネタを書いていきたいと思います。

《What's The Title?》

e0242504_20132500.jpgChicago Transit Authority/Chicago

名古屋ってイメージがChicagoに重なるんですよね。
国の中部だし、New York、L.A.に次ぐ三番手のイメージがあるし。
ちゅうことで、タイトルはChicagoの好きな曲を選びました。
Chicagoを語る立場としては。初めて聴いたのが「雨の日のニューヨーク」ということで、コアなファンに言わせれば、ダメな私ですが、「愛ある別れ」あたりに感動している私にとっては初期のヒットの中でも"Question 67/68"のポップさはとっつきやすくていいんですよね。
こういう幅の広さが長寿につながったんだと思います。
ダメファンな私ですが、「素直になれなくて」には驚きましたねえ。

[PR]
by falling7813 | 2015-04-02 20:18 | diary | Comments(8)

Life In A Northern Town

いよいよ札幌生活最後の日を迎えた。

引越しは午後からだが、性格的に直前にバタバタするのはイヤなので、10時前までにはテレビもパソコンも掃除機もしまい、99%荷造り完了。

引越しが何時までかかるかわからないので、先に外の用事を済ませようと外出。

外の用事その1は共通ウィズユーカードの払戻し。
共通ウィズユーカードとは、札幌の地下鉄や市電、バスで使えるプリペイドカードで、1万円のカードは1500円のプレミアがついて、定期より安いのだ。
まあ、札幌の地下鉄の定期が高すぎるんだが。

それが2014年度で廃止され、今日から残った金額を払戻ししてくれるのだ。

荷物を持って手続きするのはたいへんなので、最寄りの幌平橋駅で払戻ししてもらいました。

もう一つの外の用事は、花粉対策。
次に行くところは花粉たけなわのようなので、今日5%オフをやってるツルハドラッグで、飲み薬と目薬を購入。
もうちょっとでお買い物券がもらえる500ポイントだったが、もうツルハに行くこともないので、無駄に。

そういえばアークスのポイントも300点ほど無駄になったなあ。

引越しは予定どおり2時前にスタート。
特にトラブルもなく、1時間ほどで終了。

3時過ぎに業者に鍵を渡して、札幌の家を撤収しました。
4時頃ホテルにチェックインして、札幌最後の夜。

札幌を去るにあたって思うことは、不思議なところだったということ。

縁もゆかりもなくて、札幌に家を買う人もいるらしいけど、正直なところ、そこまで好きにはなれませんでした。

確かに、街はコンパクトで、夏は涼しく、東京にあるものはほぼ何でもあるし、不動産も安いけど、寒いし、雪は多いし、物価は高い。
まあ、スキーとゴルフが好きならいいかもしれないけど。

同じ雪国で、弘前とどっちかに住めと言われたら、私は弘前を選びますね。

住んでみてわかるんですけど、北海道って独特の文化があるんですよね。
電車に乗るのがヘタだったり、真冬でも灯油を大量消費して家の中を25℃ぐらいまで暖めて半袖で過ごすなどなど。

そして道民の北海道から出たくない志向もめちゃくちゃ強い。
でも地元の小さい町はイヤで、みんな札幌に来ちゃう。
だから、札幌は北海道民であふれていて、よそから来た人間にとってはアウェー感を強く感じるんですよね。

弘前も文化の違いはあるし、言葉からして外国語レベルで難解なんだけど、津軽の人って、よそ者を温かく迎える意識が強くて、居心地がいいんですよね。

札幌は北海道を観光するには便利でしたけど、よくこのブログにも書きましたが、北海道の観光地って、人気におごっている印象を受けるところが結構あるんですよね。
すでに中国系の外人客だらけになってるところもあり、何だか努力不足を感じるところがありました。
もちろんいいところもたくさんありましたけどね。

そんな感じで、2年間の札幌生活はおしまいです。
弘前のような名残り惜しさはないし、仕事以外ではまた来ることもないだろうなあ。

さらば札幌!

《What's The Title?》

e0242504_20031860.jpgThe Dream Academy/The Dream Academy

札幌最後の日なので、タイトルは"Life In A Northern Town"。
実はこのタイトルは弘前最後の日に使おうと思っていたんだけど、まさかさらに北に行くとは思ってなかった。
で、この曲ですけど、ヒット曲のツボをこころえてますよね。
コーラスのフレーズは一度聴いたら忘れられないし、全体に漂う雰囲気は秀逸ですよね。
でも、こういう曲を何曲も書ける人ってそうはいないようで、あとは大ヒットは続かなかったですね。

[PR]
by falling7813 | 2015-04-01 16:27 | diary | Comments(2)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧