<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Coconut Grove

2月最後の週末。

まず金曜の夜は家飲み。

今週は火曜日も飲んだんだが、月、水、木とまじめにスポーツクラブへ行ったし、2月末締切の仕事も片づけたので、ご褒美だ。

e0242504_18510732.jpgいつもの家飲みだと、肴を用意するのが面倒なので、近所のスーパーから惣菜を買って帰るんだが、3月が近づくと、もしもということがあるので、冷蔵庫の在庫も気になる。

e0242504_18542796.jpgちゅうことで、ごはんも残ってるので、冷凍食品を中心に、家にある食材を肴にする。

冷凍食品から、餃子、春巻、コーンクリームコロッケ、冷蔵庫から納豆と小松菜の白和え。

第三のビールからスタートし、ワインも1升入りがまるまる在庫として残っているので、2杯目からは赤ワイン。

e0242504_18584374.jpg肴も魚肉ハンバーグをレシピどおりにフライパン(餃子から継続使用)で焼いたものを食べたり、在庫の冷凍食品の鶏つくねを一袋一気食いしたりと、在庫一掃セール。

ワインも冷やで飲んだり、ホットにしたりで、マグカップ4杯飲んじゃいました。

なんかどよ~んとしてきたので、眠れる体制で布団に入り、テレビを見ていたら、9時前に沈没。

おかげで、今朝は3時に目が覚めてしまい、二度寝もできず、たまっていた録画を見る。

7時半ぐらいからのそのそと起きて、朝食、掃除をこなす。

今週いろんなところから連絡が入って、3月の土日のスケジュールがどんどん埋まった。

e0242504_19084976.jpg次週の7~8日の土日もちょっとイベントがあり、出かけることになったんだが、そのときに持って行くおみやを調達しようと、買い物へ。

朝からときどき吹雪いたりしていたが、あまり気温は低くないようで、それほど積もってなくて、路面は雨降りのよう。

e0242504_19135966.jpg目指したお店はマカリイズマーケット

最近テレビでココナッツオイルを紹介する番組で出てきた店だったんだが、意外なことに、いつも行ってるマックスバリュから近いところにあるんで、ココナッツオイルを目当てに、名前がハワイっぽいから、なんかハワイっぽいものも手に入らないかと、行ってみたわけだ。

ハワイっぽいというのはみごとにはずれてしまい、オーガニックがメインのショップのよう。

ふつうのスーパーのように肉や野菜なんかも売ってるけど、お値段的には全く折り合わず、私向けではないなあ。

先にホームページ見てから行けばよかったかな。

e0242504_19290494.jpgしかも、お目当てのココナッツオイルは人気があるようで、ほとんど売り切れで、袋入りがちょっと残ってるだけ。

これだけではさびしいので、ココナッツバターを買って、北海道産の黒千石のお茶と玉ねぎのドレッシング2種を購入。

予定したのとは違うけど、北海道らしいものも入れられたし、まあ、おみやとしてはいいかな。

3時に起きたせいか、眠くなってきた。
時差ボケ状態だなあ。

《What's The Title?》

e0242504_18403499.jpgGreatest Hits/The Lovin' Spoonful

ココナッツ関係の品物を買いに行きましたんで、タイトルはThe Lovin' Spoonfulの"Coconut Grove"。
椰子の木がテーマのせいかほんわかした曲で、緊張感はほぼゼロですね。
もともとほんわかが持ち味のグループですけど、とろい曲だと緩すぎて物足りなくて、「魔法を信じるかい」ぐらいちょっと頑張ってる曲ぐらいでちょうどいいと思いますね。
ちゅうことで、この"Coconut Grove"はゆるくて眠くなります。

[PR]
by falling7813 | 2015-02-28 19:40 | diary | Comments(2)

Sentimental Street

金曜夜に家飲みして突入した週末。

e0242504_16422548.jpg週末にやるべきメニューのうち、買い物は20~22日までが5%オフなので、マックスバリュへ。

e0242504_16474863.jpg真冬の外出時の服装は、半袖Tの上に長袖Tを着て、フリースを着て、ダウンを着るんだが、アメダスによればすでに気温はプラスのようなので、真冬用のフリース(右写真の上のヤツ)はやめて、真冬用よりやや薄手の黄色に青いしまで、私はドクターイエローと呼んでいるやつに切り替える。

家の前の道はすっかり凍ってしまい、つるつるの危険極まりない状態だが、街中の道路は雪がどんどん消え去り、雰囲気としては春だ。

e0242504_16512896.jpgフリースを薄手にして、手袋もなしで出てきたけど平気だ。

間違いなくこの4年間(弘前の2年を含む)の中では一番雪が少なく、暖かい冬だが、果たしてこのまま終わるんですかねえ。

先に床屋に寄って2か月半ぶりに髪を切って、さっぱりしてマックスバリュへ。

昨日のエントリにも書いたが、もうすぐ3月ということで、東 京一郎生活をしている私としては、いろいろ気になる時期に入る。

ちゅうことで、買い物も余計なものは買えないと考えてしまう。
弘前のときは、こんなこと考えずにいたら、青天の霹靂的に2年で引っ越すことになったんだが、こういうこと意識しちゃうと、何もなかったりするかもしれない。

e0242504_16565619.jpg午後からスポーツクラブに行くときに、中央図書館に寄って、借りていた本を返す。

中央図書館は3月後半は在庫整理で休館するんだが、今後のもろもろのスケジュールで、休みになる前には行けそうにないので、今回は返すだけで、本は借りず。
ちゅうことで、少なくとも今年度に行くのは最後になった。

もしものことがあるとこれが最後かと、おセンチな気分になる。

思い起こせば、おととしの4月に引っ越してきて早々に行って、さっそく本を借りて、この図書館に近いんで、予定してなかった今のスポーツクラブに入ったんだよなあ。

スポーツクラブでは、土曜日恒例の筋トレをみっちりやって、金曜の家飲みで増えた体重の8割ほどを落として終了。

e0242504_17080583.jpg一夜明けて、今日は午前中からスポーツクラブへ行き、帰って昼食を済ませた後、弁当などの料理。

今日のメイン食材は、昨日1個98円で売っていたキャベツで、キャベツがらみで3品作る。

一品目は、シリコンスチーマーを使い、ハーブ塩をかけて蒸す(↑)。

e0242504_17121077.jpg二品目は、豚ばら肉、人参、玉ねぎといっしょに肉野菜炒め。

三品目は、玉ねぎと一緒に味噌汁に。
これは、娘にすけだちの味噌汁を作ってやるために買ってきた味噌を減らすことが頭に浮かんで作った。

引っ越しの時って、使いかけの調味料の処理って苦労するんですよね。

こんなことばっか考えて過ごした週末でした。

こうして作りたての料理を写真に収めると、犯人が左利きであることがわかりますね。

《What's The Title?》

e0242504_19244115.jpgSeven Wishes/Night Ranger

まだどうなるかわからないのに、3月が近づいただけで、妙におセンチな気分になっているので、タイトルは”Sentimental Street"。
おセンチ(これも死語だなあ)で、この曲が浮かんだんだけど、前にも書きましたけど、この曲は大嫌い。
この前のアルバムで、"Sister Christian"という腐れバラードが大ヒットしてしまい、完全に二匹目のどじょうを狙いにいったロッカーとしての矜持も恥も外聞もない曲。
見え見えでヒットを狙いに行ってる分だけ"Sister Christian"より悪質かもしれない。
まあ、Journeyの"Open Arms"みたいなべたべたのバラードがヒットするような時代だったから、しょうがない面もあるけど、LoverboyとかNight Rangerとか、バラードでヒット狙いに行くようになってバンド生命を縮めたような気がしますね。

[PR]
by falling7813 | 2015-02-22 17:23 | diary | Comments(0)

Since You've Been Gone

娘ロスだった今週。

月曜は仕事もボロボロだったが、2月締め切りの仕事がぼちぼち尻に火がついてきたので、それをこなし、放課後は月・水・木ときっちりスポーツクラブに行ったので、徐々に通常生活に戻りつつある。

e0242504_06070128.jpg金曜日は、気晴らしに家飲みすることにした。

実は火曜日も気晴らしに家飲みして、揚げ物主体の肴だったこともあって、がっつり太っちゃったんですけどね。

ラルズマートの惣菜を肴に、缶ビールからスタート。

刻みキャベツベースの生野菜は、魚肉ソーセージとマヨネーズでちょっとアレンジ。

e0242504_06123765.jpgお次は冬の定番になりつつあるホットワインにしたが、残り少なかった1升入りのお徳用ワインを飲みきってしまい、新しいボトルを開けるのも面倒なので、お次は、これまた飲みかけだったシーバスリーガルをロックでいただく。

家飲みをしてたら7時になったので、テレビを日テレ系のSTVに。

e0242504_06172932.jpg今日の「笑神様」で、鉄道BIG4が青森の津軽鉄道に乗るのだ。

津軽鉄道(音が出ますんでリンク注意!です)は、五所川原から太宰治の出身地金木を経て津軽中里に至る日本最北の私鉄で、弘前にいるときは、仕事で金木や中里に行くときにお世話になり、思い出がいっぱいだ。

番組は冬の雪深い五所川原をスタートし、ストーブ列車に乗り、金木でタブレット交換を見て、芦野公園駅そばの旧駅舎を使った喫茶駅舎で食事をするという沿線最大の観光スポットである太宰の生家斜陽館を素通りするといういかにも鉄ちゃんな展開。
e0242504_06300875.jpgちゃんと、終点津軽中里まで行ったのはえらい!

津軽鉄道をよく取り上げてくれたと感心してたら、それだけでなく、なんと弘南鉄道大鰐線まで。

大鰐線はまさに沿線に住んでいたんで、使った回数は津軽鉄道の比ではなく、ラッセル車が止まっていた大鰐まで何度も乗ったし、一時は社長によって廃止が表明されたりしたので、取り上げてもらえて感激だ。

これを機会にがんばってもらいたいものだ。

e0242504_06372486.jpg一夜明け、今朝は地震で目が覚め、早めの朝食。

実は昨日の会社帰りに二大北海道名物パンを買ってきた。

それは、ちくわパンとようかんパン。

この2つは北海道に来てからずっと気になってて、ちくわパンは一度食べたが、ようかんパンはまだ。

e0242504_06420692.jpg実は、娘1号には両方とも食べさせたんだが、自分で食べてないのもなんなんで、今日の朝食にしたわけだ。

まず、ちくわパンだが、ロールパンの芯にちくわがはいっていて、ちくわの芯にはマヨネーズと玉ねぎであえたツナ缶がはいってます。

ふつうにおいしいんだけど、ちくわの必然性は謎ですね。

e0242504_06463496.jpgつづいて、ようかんパン。

今回は内地にもあるベーカリー北欧のもので四角いパンだが、ほかにもツイストタイプとかコッペパンスタイルのものを見かける。

名前どおりパンの表面をようかんでコーティングしているんだが、薄いパン生地の中はクリームとあんこ。
このクリームとあんこはキョーレツに甘くはないんだが、この量なので主張は強くて、クリームとあんこの味しかしないんで、表面のようかんの存在意義は感じないなあ。

ほかのも食べてみるかなあ。

2月も下旬に突入し、もうすぐ3月。
間もなく札幌に来て2年になろうとしてるんだが、熊本も弘前も2年しかいなかったので、もしかしてっていう季節になってきたんで、北海道の気になるものを食べてみたわけです。

そんな感じで娘ロスの週末スタート。

《What's The Title?》

e0242504_05564627.jpgDown To Earth/Rainbow

娘ロスにちなんでタイトルはRainbowの"Since You've Been Gone"。
リードボーカルにGraham Bonnetを迎えたこのアルバムですけど、突然のポップ路線で、なんとこの曲で初めてBillboardのHot100入りを果たしました。
コアなファンがどう思っているかはわかりませんが(たぶん不評なんでしょうけど)、産業ロックも大好きな私にとってこの路線は大歓迎で、このアルバムはLPレコードで買って、よく聴いたし、今でも"Since You've Been Gone"は大好きで、ヘビロテです。

[PR]
by falling7813 | 2015-02-21 07:06 | Hokkaido | Comments(0)

Candle In The Wind

この1週間いろいろな思い出を生産してくれた娘1号は、今朝7泊8日の札幌滞在を終えて、東京へ帰って行きました。

娘にとって実質最終日となった15日の日曜日。
荒天で何とか帰ってきた網走旅行から一夜明け、北海道は本格的に荒れ模様。

我々がいた網走は、飛行機はもちろん、JRまで運休になって、陸の孤島になってしまったので、土曜日に帰れなかったら大変なことになっていた。

札幌も低気圧の影響で天気は大荒れ。
ときどき吹雪いたりしたが、とにかくひどかったのは風で、最大瞬間風速は28.9mだったそうで、飲食店の看板が落ちて重体になってしまわれた方がいたほどだった。

ちゅうことで、何をするにも無理だろうと、娘に帰り支度をさせつつ、午前中に頑張ってスポーツクラブへ。
帰りは北向きに歩いたんで、強風がもろに向かい風になって、歩くのもしんどかった。

しかし、娘のマニアック魂はひるんでいなかった。

娘が札幌に来た日。
新千歳空港からの快速エアポートで、隣り合わせたおばさんが親切な人で、ホッカイロをもらったりしたんだが、そのおばさんといろいろ世間話をしている中で、小樽の雪あかりの路がきれいだという話を聞いたらしい。

夜5時からの開催で、滞在中前半は風邪を引いたんで、網走旅行まではムリができず、網走旅行の帰りに余力があれば行こうかという話をしていたんだが、JRにプラン変更したんで、時間的に無理となっていた。

e0242504_22031684.jpgしかし、娘はあきらめず、強風の中行くと主張。

外の様子を説明し、実際台風並みの暴風の中に立たせて、あきらめさせようと説得したが、頑固なところは私に似てしまった娘1号は翻意せず、暴風の中小樽へ。

買い物もしたいというので、南小樽で降りて、メルヘン交差点へ向かう。

e0242504_22072917.jpg定番の北一硝子大正硝子館などで買い物をしたところで、5時を過ぎたので外へ出る。

観光客向けのお店が集まる堺町通りにも、雪あかりの路にちなんだ雪の中にろうそくを立てた灯りのさまざまなオブジェが作られている。

e0242504_22102997.jpgしかし小樽もご多分に漏れず、低気圧の影響で強風が吹いていて、せっかくろうそくに火をつけても消えてしまっているものもあったし、最初から今日はあきらめムードなのか、全然明かりのついていないものもあった。

e0242504_22144418.jpgそんな雪あかりをめでつつ、メイン会場の一つ小樽運河へ。

北一硝子あたりから外国人客が多いと思っていたんだが、小樽運河には中国系のお客様が大挙して押し寄せていて、かなり混雑していた。

e0242504_22192850.jpg網走にもたくさんいたけど、北海道観光は間違いなく外国人に支えられている。
ただ、マナーがねえ・・・

混雑する小樽運河沿いの歩道には、いろいろな雪あかりが作られて、なかなかきれいで楽しめました。

e0242504_22242934.jpgここでも強風で消えてるものもありましたが、スタッフが一生懸命火をつけなおしていて、頑張ってる感がひしひしと伝わってきました。

強風と混雑の中、小樽運河会場の雪あかりをひととおり見て、小樽駅へ向かい坂道を上る。

e0242504_22264404.jpg今年小樽は札幌よりも雪が多くて積雪は130cmを超えていて、街中にたくさん雪が残っているが、雪景色の小樽もなかなかきれいだ。

坂道を半分ぐらい上ったところにある手宮線の廃線跡もメイン会場のひとつだ。

e0242504_22333577.jpg雪のない時の手宮線は右の写真のような感じだが、今は雪に埋め尽くされて、下に線路があることはまったくわからない。

e0242504_22393042.jpg天気も悪いし、パッと見で小樽運河の会場とそんなに違わないように見えたので、私だけなら、手宮線の方はパスするか、ちら見程度で終わらせるんだが、マニアックな娘1号がそれで許してくれるはずはなく、当然のごとく、手宮線会場も完走しました。
手宮線会場は運河よりもさらに手作り感が強い印象を受けました。

結局、南小樽→堺町通り→小樽運河→手宮線→小樽駅と小樽の王道の観光コースを歩ききって、日曜の夜なのに14,000歩ほどの散策となりました。

e0242504_22470965.jpgほんとは、日曜の夜に疲れることをすると翌日からの仕事がしんどいので嫌なんで、日曜の夜はなるべくイベントは入れずにおとなしくしているんだが、娘に頼まれちゃうとねえ・・・

e0242504_22523009.jpg今朝、娘を札幌駅で見送った後、いつもどおり出勤したわけですけど、案の定、前夜の疲れで体はだるいし、娘ロスで精神的にテンションも低くて、ぼろぼろの月曜日でした。

娘が喜んでくれたので、今朝早起きしてまた作ったすけだちの味噌汁。

朝は二人で食べたんだけど、夕食で、また一人になった食卓で食べると、さびしさがつのっちゃいました。

はあああ

《What's The Title?》

e0242504_22570309.jpgGoodbye Yellow Brick Road/Elton John
タイトルは、昨日の小樽の雪あかりの路で強風の中頑張っていたろうそくにちなんでEltonの"Candle In The Wind"。
もともとはマリリンモンローについて歌われた歌でしたけど、ダイアナ妃の死を悼んで、♪Goodbye English rose♪と歌詞を変えて歌ったら、彼のキャリアの中で最大のヒットになりました。


[PR]
by falling7813 | 2015-02-16 23:02 | Hokkaido | Comments(0)

Tight Rope

娘1号の北海道来訪時の企画の2トップのうち、第一弾の雪まつりがやや不発気味に終わり、いよいよ第二弾。

第二弾は、2月13~14日の1泊2日網走ツアー。

今回の来道の企画を練るときに、何がしたいか尋ねたら、帰ってきた答えの一つが「流氷が見たい。」

札幌から流氷を見に行くには、去年私が不本意ながら仕事の都合で予定変更し、日帰りで見に行った紋別が近いんだが、いろいろ娘と話しているうちに紋別よりも網走がいいということになり、網走に行くなら泊じゃなきゃムリだということで、1泊2日のツアーを組んだ。

相談の結果、交通手段は、往復女満別まで飛行機。

2月13日(金)の朝。
あまりいい天気ではないが、風もないし、雪は降っていない。
天気予報では、現地も午後から雪のようだが、午前中の天気は悪くないようだ。

会社の休みをとった私は、早起きしていろいろ準備し、5時50分に娘を起こし、二人で朝食をとる。
6時半ごろ朝食を終え、前日に利用予定のANAから、天候不良の場合、予定通り運航できない場合があるという注意喚起のメールが来ていたのを思い出し、念のために新千歳空港のHPを見る。

欠航

我々が乗るはずの便の横に2文字が刻まれている。

「なにー?!」

なぜこの程度の天気で欠航なんだという疑問が渦巻き、頭がパニクるなか、代替手段を探そうとJR北海道のHPを開き、網走行特急オホーツクのダイヤを調べたら、7:21に札幌を出て、網走に12:46に着く。
特急オホーツクは1日4往復しかなく、網走で目的の行動をこなすにはこれに乗る以外ない。

e0242504_21285339.jpg娘に飛行機が飛ばないからすべてキャンセルすることもできると伝えたが、行きたいと言うので、そこからあわてて支度して、6;40に家を出て、電車通りでタクシーを拾い、6:50すぎに札幌駅に駆け込み、指定券は売切れてたので、自由席券を買ってホームに並ぶ。

幸い自由席でも二人並んで座ることができ、予定外の5時間強の列車の旅。

途中、沿線の解説などしつつ、娘と話をしながらの5時間。
娘は流氷見物にあたり、バスやJRを嫌がったのは、長時間乗ると酔いそうだという理由だったとか、いろんな話をする。
予定外だったが、これは貴重な体験だった。

行く途中に、北海道らしい雪景色やキタキツネ、エゾシカを見つつ、ほぼ定刻に網走駅に到着。

e0242504_21343963.jpg網走には一度来たことがあり土地勘はあるんだが、娘が風邪を患っているので、大事をとって、駅からタクシーで砕氷船が出る道の駅へ。

道の駅で昼食をとり、予約していた14:00のチケットを買いに行ったら、

航路に流氷はありません。海上遊覧になります。

「なにー?!」

e0242504_21454059.jpg定価の3,300円より安い2,500円に割引してくれたが、わざわざ苦労して網走まで来たのに、最大の目的の流氷がないとは…

時間になったので、冬以外は知床の遊覧船として活躍していたおーろら号に乗り込み、船の3Fの屋外デッキに陣取る。
雪まで降ってきて、コンディションは悪くなる。

e0242504_21474132.jpg船から見える海には、申し訳程度に流氷の残骸の氷がいくつか浮かんでいる程度。

明らかに去年の紋別とは違った様子の中、おーろら号はおーろらⅡを従えて、ハイシーズンのたくさんのお客を乗せて、2隻体制で14:00の海上遊覧へ出航。

e0242504_21510332.jpg雪はどんどん強くなり、寒さが増す中、おーろら号は進んでいくが、海上は相変わらず、ところどころ氷が浮かんでいる程度。
防波堤にオオワシがいるのが見えたのは収穫だったが…

それにしても寒いが、風邪ひきの娘は屋外デッキを離れようとしない。
しかし、25分ほどでさすがに力尽きたらしく、暖房のきいた1F船室に引き上げる。

室内からも海の様子が見えるので、しばらく室内から海を眺めていたが、少し氷の量が増えてきたので、1F船室横のデッキへ。

e0242504_22025882.jpgしばらく見ていると、薄いポテトチップのような氷が主体だが、氷で埋め尽くされた流氷帯に遭遇した。

流氷なしの値引き航海だから、これぐらいでやむなしだなあ。

e0242504_22112223.jpg1時間の遊覧船の後は、船から見えた流氷硝子館へ行ってみた。

蛍光灯をリサイクルしたガラス器を中心にした手作り製品の工房で、なかなか個性的な作品が多くて、おみやげを調達できました。

e0242504_22153867.jpg雪は降り続いていたが、せっかく来たんで、網走のメインストリートを案内してから、ホテルまで歩く。

真冬なので、天気次第では夜出歩くことが難しいかもしれないということで、夕食付のプランのある宿でお安いところということで北海ホテルをセレクト。

e0242504_22263982.jpgお値段をケチったので、設備的にはそれなりだったけど、娘のリクエストで注文したズワイガニつきの夕食コースは、ゆでズワイガニが1匹ずつにカニのてんぷらなどがついて、大満足でした。

雪は夜から土曜日の朝にかけても降り続き、朝のニュースで見た網走の24時間降雪量は、北海道でもトップクラスの29cm。
e0242504_22311934.jpg流氷の時期の網走は雪は少ないと、遊覧船の解説でいわれていたが、今回の北海道旅行で不運続きの娘1号が雪を運んじゃったのかなあ。

e0242504_22433465.jpg朝調べたところでは、まだ飛行機の運航情報は出ていなかったが、日曜日はオホーツク地方は暴風雪の予報で、今日帰れなければヤバいので、前日の教訓から、飛行機には期待できないと思い、運航に責任が持てないからキャンセル料は取らないということなので、飛行機を払い戻しにして、朝、網走駅に行き、JRの切符を手配。

13:29のオホーツクの指定席は残席が少なく、二人並ぶ席でとることはできないということで、自由席特急券を購入。

e0242504_22463813.jpg帰りの手配が済んだので、予定していた博物館網走監獄の見物へ。

e0242504_22540100.jpg網走といえば、刑務所が有名だが、この博物館網走監獄は、網走駅から4kmほどの天都山というところに網走刑務所の昔の建物を移築したり、そのほか刑務所にまつわる様々な展示をしている博物館で、たまたま札幌駅でパンフを見つけて、娘に見せたら、興味を持って、今回のツアールートに組み込んだものだ。

北海道の観光施設には期待はずれなところも結構あるので、それほど期待せずに見に行ったんだが、予想外の見応えでした。

e0242504_22565192.jpg昔の刑務所の建物はいろいろなことを語りかけてくるような存在感があり、網走刑務所の歴史に関する展示を見ていくことで、素直に勉強になりました。

e0242504_22583232.jpgそしてなんといっても一番厳しい季節である今、雪に埋もれた古い刑務所の施設を見ていくと、自分が極寒の刑務所にいるような妙な気持ちになりました。

ちなみに、ここでも娘1号のマニアックさが爆発し、2時間たっぷり見てもまだまだ見たりないということでした。

帰りの心配があるので、娘の見学を何とか2時間ほどで切り上げさせ、12時過ぎに網走駅に戻ると、予想したより人が多いので、ちょっと早いけど、安全を期して改札口前に並ぶことにした。

e0242504_23053501.jpgするとそのうちさらに人が増えてきて、切符売り場が長蛇の列に。

あとから聞いたところでは、女満別空港発の飛行機がことごとく欠航になったんで、みんな代替ルートということでJRに殺到したそうだ。

結局網走では自由席で立つ人はいなかったけど、途中からは座れない人が出て、車内販売も寄りつけないような混雑状態になったので、早めに飛行機を見切って、安全第一で行動したのが当たりました。

そんな感じで、想定外の連続の網走旅行を終えました。

《What's The Title?》

e0242504_21041599.jpgCarney/Leon Russell

想定外の連続で、予定の観光プランをこなすのは綱渡りでしたし、アルバムタイトルの"Carney"→「カーニー」→「カニ」もかかってるので、Leon Russellの"Tight Rope"をタイトルにしました。
この曲日本で大ヒットしたらしいんですが、最初に聴いた時は正直どこがいいかわからなかったし、長い間彼は私の守備範囲外でした。
ところが歳をとると彼の曲って妙にハマってくるんですよね。
とくにCarpentersなどの歌唱で有名な"A Song For You"なんかはかなり好きでして、今はヘビロテで、他の曲も結構聴くようになりました。
年寄向けの音楽なんですかねえ。

[PR]
by falling7813 | 2015-02-14 23:14 | Hokkaido | Comments(0)

Uptown Festival

娘1号がこの時期に札幌に来た最大の理由は雪まつり。

飛行機の予約もまつりのスケジュールに合わせてセットした。

ちゅうことで、10日(火)の夜に会社帰りに連れて行く。
やっぱ夜はいろんなライトアップとかあってはずせない。

e0242504_13261402.jpg大通駅の地下道で待ち合わせて、さっそく会場の大通公園へ。

地下道から上がった4丁目にはさっそくスターウォーズの大雪像がある。

残念ながら、日曜日の暖気と雨で一部とけてしまい、安全のために一部を取り壊したそうだ。
残念!

e0242504_13320559.jpgつづいて5丁目は台湾の行天宮の氷像。

この氷像も暖気と雨の影響でとけていて、角が丸くなったりしていて残念だが、色とりどりのライトが当たって夜はひときわきれいだ。

つづく6丁目は雪像はなく、屋台村。

e0242504_13391958.jpgあれこれ屋台を見て回ったが、娘は空腹ということで、別海町の屋台で、ジャンボホタテバーガー(写真右)を購入。
700円もしたけど、大きさは別にジャンボじゃなくて普通だし、ホタテはそこそこ大粒だったらしいけど、ちょっと高すぎないかなあ。

ちなみに私も同じ屋台でカチョカバロチーズ焼き(400円)を買いましたが、これもみかんの一袋ぐらいの小さいかけら1個で、これもちょっとコスパはイマイチでした。

e0242504_13420517.jpg気を取り直して、雪像見物に戻る。

7丁目はマニラ大聖堂。

暗闇にライトアップされた雪像が映えてきれいだが、トップの十字架がだいぶ融けてしまってました。

e0242504_13445488.jpg8丁目の春日大社中門の大雪像は軽く見て、9丁目の小雪像をいろいろ見て、10丁目はサザエさん大雪像。

顔が丸い形だから融けたのが目立たないのか、あまり雨の被害を感じさせない雪像でした。

e0242504_13484260.jpg雪まつりの見物客は大雪像だけを見る人が多くて、8丁目の春日大社を過ぎるとだいぶ空いてきて、10丁目のサザエさんより西側はかなり人が減るんだが、マニアックな娘1号は全部見たいという希望で、11丁目の雪ミク(写真右)や12丁目の市民作成の小雪像も全部見ました。

e0242504_13512705.jpg12丁目からの帰りは、行きにスルー気味に見た8丁目に停車。

去年同様プロジェクションマッピングが行われるのだ。

これは春日大社中門の雪像にコンピュータで作成した動画を写すものなんだが、去年の様子を娘たちに写メで送ってやったら、娘1号がいたく気に入って、今回の雪まつりで一番のお楽しみだったわけだ。

e0242504_13561321.jpg今年は日本の建物ということで、和のテイストを生かした映像で、なかなか美しかったですね。

e0242504_14035344.jpgこの春日大社中門の雪像も雨の被害を受けていて、建物の高さが40cm縮んで、映像に合わなくなってしまったのを急きょ映像を修正して昨夜のプロジェクションマッピングに間に合わせたらしい。
そんな苦労を感じさせない見事な出来栄えで、娘も満足しただろうと思ったら、まさかのアンコール。

気温は-7℃近くまで冷え込む中、すでに1時間半ほど外で見学して冷え切っていたのに、おととしの夏余市のニッカウヰスキーでも説明書きを丹念に読んで1時間半以上かけて見学したマニアックぶりが大爆発だ。

e0242504_14063316.jpg結局二度目は少し遠くから見たいということで、やや遠目から二度目のプロジェクションマッピング。
左の写真は遠くから見た時のヤツです。

e0242504_14123434.jpg結局、その後も2丁目まで見て回り、テレビ塔の写真も撮り、雪まつり大通会場の全雪像、氷像を2時間かけて十分堪能し、市電に乗る前には、すすきの会場も見ました。

すっかり遅くなり、夕食は娘のリクエストで我が家に近い回転寿司まつりやでいただきました。

そして、翌11日の祝日は、午前中にいっしょにスポーツクラブへ行って、昼ぐらいに家を出て、昼間の雪まつりを見て、夕食をするプランだったんだが、娘は、朝からのどの痛みと鼻水でダウンし、夕方まで何もせずに寝てました。

e0242504_19363393.jpg夕食は人気のレストランを予約してあったので、娘も何とか出撃。

そのレストランは去年オープンした赤レンガテラスにある鶴舞ビュッフェダイニング札幌

e0242504_19401482.jpg北海道で高級リゾートホテルを運営する鶴舞グループが手掛けた評判のビュッフェレストランで、オープン以来人気があって混んでるんで予約はmustということで、娘と日程を相談して予約したんだが...

e0242504_19453424.jpgお店自体はさすがに人気店だけあって、雰囲気も味も文句なしだし、予約した席が窓際で外に道庁赤レンガ庁舎が見えるなかなかの景色で、予約してきて正解の満足度でしたが、やはり娘は不調で、いつもの半分ぐらいしか食べられませんでした。

e0242504_19480220.jpgそれでも。どの料理も味付けが上品で、しかもバラエティに富んでたし、特に野菜がおいしく料理されていて野菜のおいしさを満喫できて、娘も量は食べられなかったけど、クオリティには満足と言ってくれました。

デザートもかわいいし、量は少ないけど、どれもおいしかったですよ。

ちゅうことで、やや不発気味の雪まつりイベントは終了。

娘は夕食から帰宅するなり、また寝てしまいました。

このあともうひとつ大きなイベントが控えているんだが、どうなることやら?

《What's The Title?》

e0242504_13183726.jpgNights To Remember/Shalamar

ちゅうことで雪まつりにちなんでタイトルはShalamarの"Uptown Festival"。
Shalamarといえば80年代に大ブレイクしたJody Watleyがいたグループとして有名ですけど、77年にヒットした"Uptown Festival"には参加してたんですかねえ。
サウンドは安っぽいし、歌はめちゃしょぼくて、よくヒットしたなあって曲ですからねえ。
モータウン系のヒット曲をメドレーにした曲ですけど、80年代のStars On 45には遠く及ばないのは仕方ないとしても、同時代のThe Ritchie Familyにも全然及ばないできですよね。
ほんとにどうしてヒットしたんでしょ?

[PR]
by falling7813 | 2015-02-11 19:51 | Hokkaido | Comments(0)

Tonight She Comes

昨日の夕方、娘1号が札幌に来た。

単身赴任生活は4回目で、大阪、熊本、弘前と、家族3人とか、娘単独で遊びに来ることがあったんだが、なぜか札幌は人気がなく、家族が来るのは娘1号がおととしの夏に来て以来で、かみさんと娘2号は来ていない。

理由は、娘2号が大学生になって忙しくなったというのもあるが、札幌が寒いのと東京と似たような都会で珍しくないというのもあるようだ。

同じ寒い街でも、弘前には
①家族で王道のさくらまつり(2011年)
②家族でねぷた(2011年)
娘2号ひとりで冬(2012年)
家族で避暑(2012年)
家族で冬(2013年)
かみさんが転勤の引越し手伝い(2013年)
と、2年間で6回も来ていた。

ちょうど仕事が終わる時間にあわせて娘の飛行機を予約し、仕事帰りに札幌駅で合流。

e0242504_06101016.jpg娘に夕食をどうするかと尋ねたら、家でいいということなので、最初の夜は私の手料理でおもてなし。
といっても、今日のお弁当用に作ったものがメインなんだが。

ごはんは、炊き込みご飯を作った。
e0242504_06135611.jpg今まで成功してきた舞茸と人参の炊き込みご飯だが、一味加えようと油あげを加えたら、炊き上がったら溶けてしまい失敗。

でも、娘のために今朝作ったすけだち(去年の何度か料理に冬挑戦したすけそうだらの白子)の味噌汁は好評でよかった。

e0242504_06175692.jpg娘は1週間ほど札幌にいるんだが、途中バレンタインデーがあるとうことで、娘がチョコレートのお菓子を作ってきてくれた。

さっそく2人で食べたけど、まいう~。

さて、娘との札幌日記冬編はどうなっていくんでしょう?

《What's The Title?》

e0242504_05520148.jpgGreatest Hits/The Cars

タイトルはそのまんまThe Carsの”Tonight She Comes"。
アルバム”Heartbeat City"でヒットメーカーになったThe Carsがその勢いをかって発売されたGreatest Hitsに収録された新曲でしたけど、はっきりいって"You Might Think"そのまんま。
いくらなんでも芸がなさすぎで、このベストアルバムの後急速に失速することになっちゃいました。

[PR]
by falling7813 | 2015-02-10 06:21 | diary | Comments(0)

Star Wars Title Theme/Cantina Band

2月6日金曜日
いつもより早起きして、いつもより1時間近く早く家を出る。

目的はさっぽろ雪まつり

実は、予定どおりに事が運べば、2月9日以降に見に行くことになると思うので、特に行くつもりはなかったんだが、日曜日以降は天気が悪くなるらしく、青空の下で雪像を見るチャンスがなくなりそうだということで、急遽6日の出勤前に立ち寄ることにした。

去年も出勤前に立ち寄ったので、なんとなく雰囲気はわかっている。

e0242504_08384688.jpg去年同様石山通を北上して、11丁目あたりから大通公園に入る。
予想どおり観光客はそれほど多くなく、ゆったりと見られる。

今年は小雪像は歩きながら見ることにして、まずは10丁目を目指す。
1つ目の大雪像はフジテレビ系北海道文化放送のサザエさん。

e0242504_08420027.jpgつづいて8丁目の大雪像は、テレビ朝日系で私が一番よく見ているHTBの春日大社中門。
ほぼ原寸大だそうだ。

去年同様ここではプロジェクションマッピングが行われるので、夜は見ものだろうなあ。

お次は7丁目。
e0242504_08455035.jpgTBS系のHBCの出し物でマニラ大聖堂。

春日大社といいマニラ大聖堂といいマニアックな建物を選んでますよね。

パリの凱旋門とかホワイトハウスみたいなメジャーな建物はもうやっちゃったんでしょうね。

e0242504_08504936.jpgつづいて5丁目へ。
ここは氷の像で、台湾の行天宮。
去年も氷の像は台湾だったような気がするなあ。

雪の白い像ばかりなので、青い氷の像はいいアクセントになってます。

e0242504_08522034.jpgそして、4丁目の4つ目の大雪像は、日テレ系のSTVのスターウォーズ。
白いダースベーダーってなんかへん。

これでメジャーなところは見終えたし、-10℃と今シーズン一番の冷え込みだったので、4丁目から地下にもぐり、いつもの通勤ルートに戻りました。

夜は週3回目のオフィシャル飲み会。
よせばいいのに、私から2次会を提案してしまい、2次会の店に入ったところから記憶がぷっつん。

次のシーンは地下鉄幌平橋駅で、例によって小腹がすいていたんだが、いつもの東光ストアの閉店時間を逸して、ローソンに寄って帰宅。

そして、土曜日はヘビーな二日酔いで、かろうじて、朝はマルちゃん正麺のうどん、昼はシリアル、夜はカップラーメンと一応食事はしたものの、あとはほぼ寝たきりでただひたすらテレビを見て過ごし、ほかに何もできませんでした。

ちゅうことで、日曜日にいろいろなしわ寄せが。

9日からのイベントに備えて、久しぶりに窓を開けて全部屋に掃除機をかけて、ウェットタイプのフローリングクリーナーで掃除。

これから買い物に行ってきます。

《What's The Title?》

e0242504_08263197.jpgStar Wars And Other Galactic Funk/Meco

金曜日の朝見たスターウォーズの雪像とキョーレツな二日酔いを招いた夜の暴飲で思い出したのが、Mecoのこのメドレーでした。
1977年にアメリカでは映画”Star Wars"が大ヒットして、サントラからもLondon Symphonyが奏でる重厚なテーマソングがチャートインしたんですが、そこに割って入ったのがこのMecoのディスコビートに乗ったカバーバージョンで、どうみてもこっちの方が”Star Wars"っぽいってことで、オリジナルを上回る大ヒットになり、オリジナルの10位止まりに対し、見事全米No.1に輝きました。
たしかにディスコサウンドとしてもレベルが高くて、ヒットしたのも納得ですよね。
この大ヒットのおかげでMecoは「未知との遭遇」「オズの魔法使い」「スターウォーズ帝国の逆襲」と二匹目以降のどじょうの恩恵に浴することになりました。

[PR]
by falling7813 | 2015-02-08 09:10 | diary | Comments(0)

Karma Chameleon

1月から2月へ移り変わるこの週末。

この週末も金曜日に飲んで、二日酔いの土曜スタート。

e0242504_18432312.jpgこの冬は去年に比べると寒くなくて、札幌での真冬日の少なさは記録的らしい。

ここ数日は雪も大して降らず、真冬日にもならず、しかも札幌は、一冬の間にめったに排雪しない青森県とは比べ物にならないぐらいまめに除雪、排雪をするので、道路の雪がなくなって、幹線道路は乾いてしまうなどまるで春のような雰囲気。

e0242504_18463511.jpg土曜日に買い物とスポーツクラブへ行きましたけど、ところどころ道が凍っていて危険でしたが、暖気で雪がザクザクになっていて、わりと歩きやすいし、わりと暖かくて、いつもはがっちりファスナーを閉めてるダウンジャケットも前を開けて歩いてました。

でも、半袖Tシャツ、長袖Tシャツ、フリース、ダウンと4枚も着込んでるんですけどね。

e0242504_18485341.jpg日曜朝は朝焼け。天気が崩れる前兆ですかね。

日曜日はスポーツクラブでスタジオプログラムに出るので、朝食の時間を調整。

数日前に切り餅が残っていたのを発見したので、朝食はきな粉餅にした。

e0242504_18565647.jpgスポーツクラブのインストラクターに、きな粉がプロテインの代わりになると聞いて、確かに比較にならないぐらい安いので、たまに代わりに牛乳に混ぜて飲むことにして、買い置きしている。

きな粉餅食べるのってめちゃ久しぶりだ。

スポーツクラブへ行こうと外へ出たら、昨日ザクザクだったところもガッツリ凍って、ほとんどの道がツルツルの危険状態。

e0242504_19005080.jpgしかも、行く途中に吹雪になったり、やはり朝焼けになると天気が崩れるのかな。

予報では今日は暴風雪ということだったんだけど、たしかに風は強めだったけど、雪は降ったりやんだりで、暴風雪ってほどではなかったですね。

e0242504_19102810.jpgそれでもガチガチに凍った道の上に、風が強くて粉雪がまだらに積もって、昨日の春みたいな雰囲気はあっさりおしまいでした。

まだ、2月になったばかりですから、いくら暖冬でも、まだまだ冬は長い。

e0242504_19151181.jpg土日のお仕事といえば、掃除、洗濯と並んで、平日の弁当用の料理なんだが、今朝ちょっと早く目が覚めたので、いつものじゃがいもメインの温野菜と肉野菜炒めを作った。

肉野菜炒めは、豚肉と玉ねぎがメインなので、今回は味噌味にしてみました。
仕上げに一味唐辛子を入れて、それなりに仕上がったです。

昨日の買い物で、舞茸を買ってきて、炊き込みご飯にすることにしてたんだが、いつもはあくまで弁当用メインってことで、月曜の朝に炊き上がるようにセットしてるんだが、今日は夕食にいただいちゃいました。

e0242504_19210631.jpg舞茸の炊き込みご飯も3回目ぐらいになるので、安定感が出てきたかな。

ふつうにご飯と水を3合セットして、そこに舞茸と人参、醤油、みりん、酒を50㏄ずつというテキトーな作り方だけど、それなりにできちゃうから楽でいい。

予報では、明日まで吹雪が続くみたいだけど、どうなっちゃうんでしょうね。

《What's The Title?》

e0242504_18322929.jpgColour By Numbers/Culture Club

暖冬といえども気まぐれな天気なので、タイトルは「カーマは気まぐれ」。
Boy Georgeの個性的ないでたちが注目されたCulture Clubですけど、結構音楽的にも引出しがあって、このアルバムで絶頂期を迎えるわけですけど、思ったより早くぽしゃっちゃいました。
結局「カーマは気まぐれ」が彼らの最大のヒットになったけど、私的には曲の出来としてはイマイチだと思いますね。
このアルバムにはほかにもいい曲がいっぱいありました。

[PR]
by falling7813 | 2015-02-01 19:35 | diary | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧