<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11月も明日で終わり。

そんな週末。

e0242504_20323236.jpgまず、手帳を2015年バージョンにかえることにした。
スケジュールを書き込みやすいので、ここ数年は東急ハンズの同じ手帳をずっと使っている。

2014年はちょっと出遅れて、あまり色が残っていなくて、白にしたんだが、汚れるのがねえ。

この手帳は12月から始まるので、月曜日から2015年版にすることにした。

e0242504_20380460.jpgお次は、自転車の移動。
札幌は1mぐらい雪が積もるんで、外に自転車を置いておくと完全に埋まる。
うちのマンションの駐輪場は融雪装置があるので地面に雪が積もらず、埋まることはないんだが、屋根がないので自転車のかごとかサドルなんかには積もり放題で、自転車にとってはあまりよろしくない環境にはかわりない。

e0242504_20434977.jpgちゅうことで、去年も冬場はベランダに移動させた。
そこで問題になるのはマンションのエレベーター。
奥行きがないので、自転車はそのままでは乗らないのだ。

これじゃあ急病人が出てもストレッチャー乗らないよなあ。

それはさておき、エレベーターの中では自転車は縦に乗せて運ぶ。

e0242504_20501213.jpg自転車って家の中に持ち込むと意外とでかいんだが、さすがに去年の経験があるので、よけるべきものは前もって全部よけて、スムーズにベランダまで運べました。

e0242504_20534616.jpg午後1時過ぎからスポーツクラブへ行って、筋トレとランニングマシンをやって風呂に入って、出たのは4時半ごろになったんだが、日が短い北海道の冬らしく、もう日が落ちて暗くなっていた。

月曜まではわりと気温が高いみたいだけど、火曜日からはがっつり雪が降って根雪になりそうだという予報。

いよいよ本格的に冬が到来しそうだ。

《What's The Title?》

e0242504_20251757.jpgThe Wild Heart/Stevie Nicks

冬支度をしていて、ready for winterという歌詞で思い出したのがStevie Nicksの"Nightbird"で、タイトルにしようと思ったら、過去に使ったことがあったので、同じアルバムから、“Stand Back”。
意味なしタイトルになっちゃいました。
彼女の2枚目のソロアルバムからのファーストシングルですが、ダンスビートにのったノリ勝負の曲で、アーティストパワーもありTop10ヒットになりました。
Stevie Nicksって"Rumours"ぐらいまではハスキーだけど、高い声もちゃんと出て妖精の歌声ってイメージでしたけど、歳をとるごとにがらがら声になって、この頃の声はもはや妖精の面影はなくなっちゃいましたね。
まだ見た目は美しかったですけど、声は酒焼けしたスナックのおばさんみたいですよね。


[PR]
土曜日にスポーツクラブ用の靴がダメになった

日曜日は急遽ジョギング用の歌舞伎くんを登板させ、今朝買いに行った。

目指したのはゼビオのアリオ札幌店
金曜日にABCマートを見て、これといったものがなかったんだが、ほかには弘前で歌舞伎くんを買ったゼビオぐらいしか思い浮かばず、ホームページで調べてみたら、二度ほど行ったことがある月寒店よりアリオの方が近そうだ。

e0242504_18222306.jpg直線距離で4kmほどなので、開店時間から逆算して9:10頃出発。街中を歩くより、近道で信号もないので、豊平川河川敷を歩く。
これまで来たときは早朝でも多くの人がジョギングしていたんだが、今日は休日のいい時間なのに閑散としている。
もう北海道ではランニングシーズンは終わりなんですかね。

e0242504_18362685.jpg結局1時間ほどかかってアリオのそばに到着。

サッポロビール園のそばだと思ってたんだが、日ハムの寮と室内練習場とビール園、アリオはすべて同じ敷地のようだ。

e0242504_18402389.jpg日ハムの練習場はよくJRの電車の中から見えてたし、サッポロビール園は夜に二度ほどジンギスカンを食べに来ていたんだが、こういう位置関係だったのね。

アリオはイトーヨーカドーを核テナントにしたショッピングモールで、地方都市にあるイオンモールなんかよりは小規模のようだが、朝から家族連れがたくさん来ていました。
e0242504_18441946.jpgすっかりクリスマスモードですね。

案内を見て1Fのゼビオへ。
月寒より狭くて、品揃えも少ないようで、月寒へ行けばよかったかなあ。

e0242504_18484029.jpgいろいろ見たんだが、手ごろなものはサイズがなくて、結局予定よりはちょっと高かったけど、歌舞伎くんと同じNバランスの青い靴にしました。Nバランスの靴って結構私の足の形に合うんですよね。

アリオでは年末の売り出しをやっているようで、抽選券を3枚くれたので、応募箱に入れてきました。
個人的には、その場でくじ引きする方が好きなんですけどね。

e0242504_18564149.jpg帰りは街中を歩いて帰ることにして、去年の今頃地下鉄全線制覇の帰りにクリスマスツリーを見たサッポロファクトリーに寄る。

同じサッポロビール工場跡だからか、ビール園から歩いて10分ほどで、意外と近いのはびっくり。
e0242504_18590385.jpgこれはセットで観光できるルートだが、我が家の家族はジンギスカンがNGなので、ビール園はムリかなあ。
サッポロファクトリーは去年と変わり映えしなかったなあ。

相変わらずサンタさんは一生懸命煙突に登ってましたけど。

サッポロファクトリーはほぼスルー状態であとにし、一旦家に帰って、パスタでランチした後、青い靴のスポーツクラブデビュー。

よくよく見ると結構強烈な青で、今までの靴に比べるとショッキングな色でしたけど、さすがにNバランスで履き心地はよくて、いい相棒になりそうです。

e0242504_19050845.jpgスポーツクラブから帰ったらもう真っ暗で、夕食の時間。

実は日曜日にまた家飲みしてしまった。

e0242504_19133590.jpgスーパーで2本入りのさんまの塩焼がいつになくいいさんまを焼いていておいしそうなんで買ったら、ほんとにまいう~で、ほかに揚げ物などを肴に缶ビール+赤ワインボトル半分でを飲んでしまい、スポーツクラブで減らした体重をほぼ元に戻してしまった。

ちゅうことで、月曜日はもともと休肝日でもあるし、舞茸と人参で炊き込みご飯を作って、納豆、豆腐、味噌汁、じゃがいも+にんじん+ベーコンの蒸し物で低脂肪な夕食。

こんな感じに地味に三連休を締めくくりました。

《What's The Title?》

e0242504_18045091.jpgThe Very Best Of Michael Johnson/Michael Johnson

新しいスポーツクラブの相棒があまりにも鮮やかな青だったので思い出した曲がMichael Johnsonの"Bluer Than Blue"。
もっともこの曲のブルーは気分が沈んでる方のブルーなんですけどね。
まずはイントロのピアノとストリングスが美しいですよね。
そして渋い声で切々と男の哀愁を歌う。
この曲を含めて3曲しかTop40ヒットはないけど、いい声してますよね。
でもMIchael Johnsonっていう名前は、日本でもアメリカでもエディーマーフィーみたいな顔した陸上の200mと400mのチャンピオンだった選手の方が有名ですよね。

[PR]
この3連休は札幌の家で過ごす。

今週は日、月、水、木と定休日の火曜以外真面目にスポーツクラブに通ったので、自分へのご褒美で金曜日は家飲み。

ちょっと買い物しようかと駅前のエスタのユニクロやABCマートに寄っていたら、すすきのに着くのが6時ごろになり、以前家飲みしたときにつまみを買ったラフィラの炎を見たが、あまり残っていなくて、結局家の近所の東光ストアにしたんだけど、今一つ満足がいくものは買えなかったかな。

e0242504_18062980.jpgちゅうことで、まずは札幌の沖縄ショップで買った季節はずれのオリオンビールいちばん桜で乾杯!

つまみはチキンカツ、きのこのかき揚げ、チーズフォンデュコロッケ、もずく酢にもつ煮。

e0242504_18132776.jpgせっかくなので、揚げ物やもつ煮はレンジでちゃんと温めて食べる。

もつ煮は大好物なんで、ちょっと期待してたんだが、右の写真のような見てくれで、あっさりした味付けの野菜スープって感じで、探してももつは出てこない。
結局もつが2つしか入っていなくて、これでもつ煮というのは詐欺に近いなあ。

e0242504_18221867.jpg缶ビールを飲み終わった後、飲みかけで半分ぐらい残っていたマックスバリュで買った赤ワインを飲む。
たしか400円以下で買ったワインだが、結構飲める。

結局、ワインもあいてしまったので、次はブラックニッカをいただく。

e0242504_18243080.jpgオンザロックでダブル2杯分ぐらいいただいてフィニッシュ。

そして、今日土曜日。

雨が降ったり、晴れたりの変な天気だが、気温は高めなんで、家中の窓を開けて掃除。
冬になると、こんなことできなくなるからなあ。

午後からスポーツクラブへ。
実はスポーツクラブで使っている靴がそろそろくたびれてきて、最近スタジオのプログラムでは滑るようになってきた。

それで、金曜日にその靴を買ったABCマートを見てみたんだが、手ごろなのがなかった。

買ったのは去年の4月だが、今までスポーツクラブでジムへ行った270回以上に登板しているので、かなりの登板過多だから、我が家のほかの靴より疲れていても仕方ない。

e0242504_18400779.jpg更衣室で靴の裏を見てみたら、少し擦れた感じだ。それでも、まあ使えるかなと思いつつ、筋トレをやっていたら、生地が破れているのを見つけてしまった。

これは引退だな。

これまで私の体重が7kgほど減るほど運動をこなしてきたのを足元から支えてたわけだからなあ。

引退させると決めたら、我が家のごみ減量のため、スポーツクラブのごみ箱に捨てさせてもらった。

今までありがとね。

明日はジムのプログラムで午前中からスポーツクラブへ行くので、入会初日に登板した歌舞伎くんに登板させて、あさってどこかに買いに行くかな。

《What's The Title?》

e0242504_17510049.jpgOnce Upon A Star/Bay City Rollers

スポーツクラブ用の靴との別れが突然やってきたので、タイトルは"Bye Bye Baby"。
我々の世代で"Bye Bye Baby"といえば、Bay City Rollersですよね。
私が初めて聴いた彼らの曲はこの曲だし、日本で初めて大ヒットしたのもこの曲じゃなかったですかね。
当時は郷ひろみもカバーしてました。
のちにThe 4 Seasonsがオリジナルだと知ったわけですが、オリジナルにも負けない見事なカバーバージョンですよね。
レスリーの歌声も切なくていいし、バックはたぶんスタジオミュージシャンを使ってるんでしょうけど、絶品の70年代ポップスに仕上がってますよね。


[PR]
札幌は北海道日本ハムファイターズの本拠地だ。ちゅうことで、本拠地札幌ドームには二度見に行った。

熊本にいるころはJ2のロアッソ熊本の試合でも盛り上がるぐらいなので、自分の住んでいる町にプロ野球のフランチャイズがあるということはありがたいことなのだ。

で、去年は6月10月の最終戦2回見に行ったんだが、今シーズンは一度も行ってない。

理由はつまらないからだ。

つまらない理由の1つ目は、監督の采配。
北海道新聞で読者にも批判されてたけど、ひどいと思う。
先発ピッチャーが打たれると慌てふためいて、勝ってても、負けてても、同じ中継ぎピッチャーを出して、シーズン終盤にはみんなバテバテ。
せっかく走れる選手がいっぱいいて、小粒な打線だからいろいろ工夫すればいいのに、すぐバント。
へたすると1アウトからでもやるからねえ。

つまらない理由の2つ目は観客。
北海道の皆さんには申し訳ないんだが、ノリがぜんぜん違う。
みなさんファイターズを愛しているのはわかるんだが、味方がエラーしたりノーコンだったりしたらヤジるのが普通だろう。
ピッチャーがカウントを悪くすると拍手して応援するというのはまったく波長が合わない。

e0242504_17305901.jpgそんな札幌ドームだが、一人だけ見たい選手がいる。

それは、大谷翔平。
理由はあえて言うまでもないと思うが、去年見に行った試合では、6月は休み、10月は野手で出場したがシーズンの疲れでへろへろだった。

そんななかで開催されたのが日米野球。
大谷がメンバーに選ばれ、札幌ドームで試合があり、しかもスポーツクラブが休みの火曜日の夜。

こうなれば大谷の登板は堅いと、前売り券を購入。

e0242504_23122286.jpgちゅうことで、私としては3度目の札幌ドーム野球観戦。

仕事を終えて、5時半過ぎに会社を出て、6時半前に札幌ドームに到着。
日ハム戦より高い値段設定になっている右中間の外野指定席(3,000円)に陣取り、サッポロクラシックを買って、コンビニめしで夕食。

e0242504_23163574.jpgちょうど侍ジャパン先発の大谷が外野の左中間あたりで遠投しているのが割と近くで見えたが、カラダでかくなったなあ。

そして7時を回りプレイボール。

注目の大谷は1回、2回と先頭ランナーを出すが、なんとか踏ん張り点を与えない。

e0242504_23265866.jpgいつもより立ち上がりはまとまりはいい印象。
球数を意識してか、ストレートの球速は150km台前半が多いが、1回の最後の1球は球場のスピードガンでは160km出ました。

ところが、3回ノーアウトからあっさり連打を浴びて、1,3塁のピンチを迎えたかと思ったら、ワイルドピッチであっさり点を与え、その後もボコボコヒットを打たれ、4回で交代となりました。
あれだけ打たれて2点で踏みとどまったところには非凡さが見えましたが、ちょっと残念なできでしたね。

でも、やっぱ球場で見てるとMLBのピッチャーと比べてもミットの音が違うし、見る価値のあるピッチャーには違いないですね。

試合の方は、大谷がMLB打線に火をつけてしまい、結局打者42人に対し12安打を打たれましたが、なんとか踏ん張って3点しか与えず、残塁の山を築きましたけど、守りが長いせいか、侍ジャパン打線は精彩を欠き、4安打1点で、結局3-1で負け。

試合内容はスコア以上にワンサイドでした。

球場で見ていて思ったのは、やっぱ選手は若いんだということ。

両チームの選手とも打席に入るときテーマソングが流れるんだけど、MLBはラップとかレゲエ系が多く、ジャパンも知らないJポップが多くて(知っていたのは糸井の「SHAKE」、坂本の「アナ雪」、嶋の「熱くなれ」ぐらいか)、おじさんはギャップを感じました。

e0242504_23350122.jpgそんななか、Led Zeppelinの"Kashimir"で登場したゾブリストはえらい!
思わず好感持っちゃいました。

今回席を選ぶにあたって、ホーム側のレフトはいつもの調子で総立ちで応援されると見づらいと思って敬遠したんだけど、読みが当たった。
レフトにはトランペット軍団が陣取り、ジャパンの攻撃中は総立ちでした。
もっとも今日はMLBの攻撃時間が長かったので、試合時間の6割以上は座っていられたわけですが。

e0242504_23393939.jpgちなみに、ライトスタンドにも立って応援する輩がぽつぽついましたけど、私の周囲にはいなかったのでラッキー。

日本式の応援は仕方ないと思うけど、イニングの間にレッドソックスのマスコットが音楽に合わせてパフォーマンスをしているときに、ラッパを吹いて応援を始めて、音楽を掻き消して台無しにしたのは失礼だろう。
喝!!!

それから、私の周囲の客に言いたいんだが、私の右隣の坊やは、試合中ずっとスマホいじってて、揚句に途中からサッカーのテレビ中継を見始めた。
サッカー見たかったら家帰って見ろよ。

私の前の客は、スマホでゲームしてたし。

e0242504_00024838.jpgたしかに寒い試合だったけど、アルトゥーベの渋い流し打ちとか、モーノウの的確なミート、プイグやエスコバルの守備とか野球としては見どころあったんだけどなあ。

相変わらずジャパンのピッチャーがスリーボールになると間抜けな拍手をするし(さすがに日ハムの試合と違って少数派だったが)、相変わらず5回ぐらいで帰っちゃう客はいるし、私の左隣の席のおねえさんは1時間遅れで来て、試合時間の3分の1も座ってなかったし、客のレベルは○○だなあ。

そういえば、内野スタンドは半分近く空席だったように見えたが、入場者は3万人超と発表されたけど、ほんとかなあ。
内野スタンドの上段は謎の白服軍団がいたけどあれは何だったんだろう?

と、試合内容以外にもいろいろ思うところの多かったMLBの北海道興行でした。

《What's The Title?》

e0242504_16572101.jpgThe Very Best Of Jerry Lee Lewis/Jerry Lee Lewis

ちゅうことで、タイトルは日本で一番速い球を投げる大谷に敬意を表して「火の玉ロック」。
Jerry Lee Lewisってピアノをロックンロールに取り入れたElton Johnとかの先駆けともいえる独特のスタイルだけど、私生活はめちゃくちゃだったみたいで、そのへんは映画にもなりましたよ絵。
でも、「火の玉ロック」はロックンロールのスタンダードにあげられることもあるだけあって、ピアノがうまくからんでいてよくできた曲ですよね。

[PR]
札幌では今シーズン早くも4度目の雪が降りました。しかも今回はがっつり。

降り始めは13日の木曜日。
会社を出るころは車の屋根にうっすら積もってる程度だったんで、夜スポーツクラブには自転車で行ったんだが、スポーツクラブから帰るころには5cm以上積もっていて、自転車はすべりまくり、かなり難儀して帰った。

e0242504_20042878.jpgそして翌朝は雪景色。
今何月だよ?

去年の今頃どうしていたかというと、一応雪は降っていたけど、積もらなかったし、地下鉄の全線制覇なんかをやってたんだよなあ。

14日も雪は降り続き、どんどん積雪は増えていく。

結局、15日朝には積雪は25cmになり、札幌の11月の前半の積雪としては、1961年以来の観測史上最高だそうだ。

e0242504_20273259.jpgちゅうことで、我が家の雪靴を3足スタンバイ。

写真の左側の革靴タイプは通勤用で、金曜日に早速登板。

家にいるときは、右側の長靴が一番安定感があるんだが、スポーツクラブに行くときは長靴がロッカーに入らないので、真中の運動靴タイプが登板する。

e0242504_20343078.jpgこれ以外に着脱に手間がかかる茶色い靴があるが、出番が少ないのでサンダーバード4号と呼んでいる。

土曜日ということで、買い物に出たんだが、積雪25cmとなれば、長靴の出番。

まだシーズンはじめで気温がそれほど低くないせいか、湿った雪で結構道がべちょべちょになっていて、ところどころ水たまりもあるんで、長靴で正解。

東京ではこれぐらい雪が降れば大雪ってことで大騒ぎだろうなあ。

e0242504_20401732.jpgいつものようにマックスバリュで買い物して、午後はスポーツクラブへ。

運動靴タイプで行ったけど、帰るころにはだいぶ融けたところもあったけど、これから凍ってアイスバーンになりそうだなあ。

弘前や札幌を経験すると、一度とけて凍った雪が滑って危なくて、真冬の根雪の方が歩きやすい感じがします。

いよいよ冬に突入だな。

《What's The Title?》

e0242504_19411923.jpgPearls/Carole King

ちゅうことで、タイトルは今年の人気商品にちなんだわけではないけど、Carole Kingの"Snow Queen"。
1980年に発表されたGoffin-Kingコンビで書いた曲をセルフカバーしたアルバム"Pearls"の収録曲なんで、たぶん誰かほかの人が歌ってたと思うんですが、だれが歌った曲なんですかね?
地味なバラード曲で、物音のしない雪の中でしんみり聞くといい感じの曲ですね。

[PR]
今週は月曜から出張で、函館から室蘭の旅。

e0242504_21315048.jpg会社に行くより早く家を出て、8:34の函館行き特急北斗に乗る。

ウイークデーだが、特急は結構混んでいて、車内では周りをチャイニーズ系の観光客に固められる。
意外と静かだと安心していたら、そのうち座席に座ったままタブレットを使ってスカイプか何かで話し始めて、やっぱ静かではない人たちなんだな。

e0242504_21332535.jpg4時間かけて函館に到着。

函館に来るのは超早朝にちょこっと寄ったのを含めて4回目。

駅のそばの朝市の海鮮系やレンガ倉庫付近の飲食店は高いし、いつも行っているラッキーピエロの気分でもないので、ネットで調べた定食屋で昼食にしたが、イマイチ。

気温はそれほど低くはないようだが、風がめちゃくちゃ強くて寒い。

2時間半ほどの函館滞在で仕事を終え、次の目的地室蘭へ。

函館から室蘭はJRの特急で2時間ほどで、しめて6時間JRにお世話になった。

室蘭に足を踏み入れるのは、霧に閉ざされた地球岬を中心に観光したのと、洞爺に行くときにJRの待ち時間に東室蘭界隈で時間つぶしをしたのにつづき3回目だが、今回の活動のベースは東室蘭。

e0242504_21351095.jpg駅前のルートインに宿をとり、室蘭の職場の先輩Fさんと飲み会。
室蘭といえば、室蘭やきとりが有名なんだが、その室蘭やきとりの元祖と言われている一平に連れて行ってもらった。

室蘭やきとりは、「やきとり」という名前だが、肉は豚肉。
昔は北海道では鶏より豚の方が手に入りやすかったそうで、その豚肉と北海道特産のたまねぎを串にさして甘辛いたれをつけて焼き、からしをつけて食べるのが室蘭やきとりだ。

室蘭やきとりと美味しいつまみ満喫の宴!
うずらの卵を殻ごと串焼きにしたのなんかもありましたが独特の歯触りがgood!
まいう~!
先輩と一緒だったので、写真を撮れなかったのが残念。

今回の出張が決まった時に、自力で探して夕食を兼ねていただこうと思っていたんだが、地元の一番店に行けて、満喫できたのはラッキーでした。

e0242504_21410353.jpg結局10時頃まで飲んでしまい、ホテルに戻って風呂にははいったが、用意してきた朝のジョギングはパス。

ルートインに泊まるのは初めて、ちょっと期待したんだが、値段も設備も、東横イン<ルートイン<ドーミーインって感じですかね。
なんか中途半端な印象。

e0242504_21463253.jpg朝食のバイキングもちょっと期待したんだけど、メニューは平凡で、味も普通。
サラダはあったけど、野菜がレタス、ねぎ、大根しかなく、あとはコーンの缶詰とわかめと種類があまりなかったのはいただけなかったな。

e0242504_21491533.jpg午前中に室蘭の仕事を片づけて、北海道では数少ない電車特急のすずらんで札幌に戻りました。
やっぱディーゼルカーより走りが軽くていいですね。

今の職場はほとんど外に出ることがなかったんだが、たまに外に出るのはいいなあ。

《What's The Title?》

e0242504_21281964.jpgNylon Curtain/Billy Joel

室蘭の方には申し訳ないんだが、"Allentown"を連想させる町なので、タイトルにしました。
北海道では有数の工業都市ですけど、なにしろ過去50年で人口が半分になったそうですからねえ。
"The Stranger"でスターダムにのしあがって、その延長線上で"52nd Street"を当てたまではよかったけど、そこからロックンローラーになったと思ったら、このアルバムでは社会派になり、次のアルバムではオールディーズ歌手になるという節操なし路線を突っ走ったBilly Joel。
アルバム"Nylon Curtain"からのファーストシングル"Pressure"はひどい曲でコケましたけど、セカンドの"Allentown"はまともでしたが、セールス的には振るいませんでした。
前作からあまりいい仕事をしてなかったのでバチが当たったんですかね。

[PR]
札幌はすっかり冬模様。

e0242504_19574696.jpg昨日の朝通勤途中、今シーズン3度目の雪。
まあ、ちらついた程度ですが。
1回目は10月29日未明にちょこっと降っただけだし、2回目は11月4日で札幌にいなかったので、雪を見るのは今シーズン初だ。

e0242504_20070739.jpgで、今日土曜日は、好天でお出かけ日和だという話なんで、洗濯して外干ししたんだが、日が傾いた3時過ぎに取り入れたけど、薄手のスポーツウェア以外は乾かず、ついに外干しシーズンは終わりを告げたようだ。

昨日スポーツクラブへ行ってみっちり筋トレをやったので、今日は11時のファイトアタックBEATとランニングマシンの軽めのメニュー。

e0242504_20132083.jpg昼食はスポーツクラブ帰りに札幌の安ベーカリーBOSTON BAKEへ。
左の写真のでかいチキンとポテサラサンドとシナモンドーナツで税込240円という圧倒的なコスパ。

今週は水曜日に予定外の飲み会が入ってしまったが、木・金・土と3日間まじめにスポーツクラブに通った自分へのご褒美に、夕食は家飲み。

e0242504_20264014.jpg夕方買い物に行って、いろいろ買ってきて、まずはサッポロ黒ラベル the 北海道で乾杯。
運動した後のビールはうまいねえ。

2杯目からはブラックニッカ。
今人気の「マッサン」の世界だ。
安いけど十分オンザロックで飲めるクオリティがいい。

e0242504_20364308.jpgマッサンに感謝だなあ。

ブラックニッカをちびちびやりながら、今夜はこれといったテレビもないので、録画して保存版になっている「朝まであまテレビ」を見る。

先月ロケ地を巡ったばかりなんで、あまロスが増幅されてじーんときちゃいますね。
e0242504_20481366.jpg今見てもすごいドラマでした。
能年ちゃんかわいいなあ。
蟹江敬三さんもここではちゃんと生きてる。
今、ちょうど夏ばっばが春子さんに謝罪するシーンを見てるけど、いいなあ。

おお、夏ばっばが大漁旗振ってる。
あの浜に行ったんだよなあ。

「マッサン」のウイスキーを飲みながら、「あまちゃん」を見る。

朝ドラな夜。

《What's The Title?》

e0242504_19511370.jpgOlder/George Michael

タイトルは夕方買い物に出かけた時にiPodがプレイしてた"Fastlove"。
ちょうど「あまちゃん」見てて春子さんがオーディションで歌った村下孝蔵の「初恋」だからちょうどいいと思いかけて、"First Love"じゃなかったことに気付いたけど、まあいいや。
アルバム"Faith"の大ヒットでソロとしても大スターになったGeorge Michaelですけど、"Faith"はWham!に比べると落ちるというのが私の感想なんですけど、このアルバムは"Faith"よりは好きですね。
ちょっと落ち着きすぎの感はありますが、彼の歌のうまさが堪能できます。
"Fastlove"もWham!時代のはじけっぷりは望むべくもないけど、歌のうまさが光る曲でけっこう好きです。

[PR]
3連休を利用して東京に帰ってきました。

金曜日の夜の飛行機で帰ってきたんだが、東京にはあちこちに変な格好した大人が。
あとでニュースを見たら、ハロウィーンで渋谷がたいへんなことになっていたそうだ。
札幌でもコドモが仮装したのは見かけたが、そもそも祭の趣旨もわからずに大人がああなるのはいかがなものだろう?

それはさておき、ハロウィーンは私の誕生日でもある。
家に帰ったら家族からプレゼントをもらった。
こういうのは素直に嬉しかったりする。

e0242504_09424944.jpg翌日は、バイトや部活で忙しい娘どもも昼なら空いてるということで、池袋でランチ。

知らなかったんだが、東口の区役所そばにWACCAというビルができたそうで、そこのシュラスコ屋へ。

昔笹塚に住んでいたことがあって、東京バモラにシュラスコ屋があり、近所だったんで何度か食べたことがある。
e0242504_09543697.jpgネットで調べたら、東京バモラは滅びてしまったようでちと寂しいな。

で、池麩のシュラスコ屋だが、ランチでも3300円という強気の価格設定(ちなみに夜は6000円!)でややひるんだが、娘どもにはウケがいいのは見えていたし、たまの家族での食事だからよかろう。

e0242504_09561059.jpg混むと嫌なので開店時間の11時に行ったんだが、並びはしなかったが、予約客が多くて結構盛況だ。

シュラスコは剣に刺して焼いた肉をナイフで切り分けてもらっていただくブラジル料理なんだが、ここの店は肉を持ってくる人が全員外人。
見た感じ全員がブラジル人とは思えないけど、ディズニーランド的なこだわりを感じる。
このへんのこだわりがお値段にはね返ってるのかな。

e0242504_09581532.jpg外人はみんなカタコトの日本語をしゃべるんだが、外人の波状攻撃で、こちらがテンバッてしまい、「No thank you」と英語で返したり、妙な手振りをしたり、プチ海外を味わえる。
これが狙いか?

シュラスコは肉に塩をして焼いただけのシンプルな料理なんで、ハズレは少なかろうと読んだんだが、案の定のまいうーで、家族のウケも抜群。
休日ランチでは、サーロイン、ヒレ、スペアリブ、ランプ、こぶ肉、ガーリックステーキなどの牛肉やポークスペアリブ、ラム、ソーセージ、鶏肉、なぜか鶏のハツ(これは完全にやきとり)に焼きパイナップルなど、全14種類あり、パイナップル以外の13種類たべましたが、バラエティーにとんでてよかったですね。

シュラスコは食べホで、それ以外にサラダ、パン、ライス、スープ、ブラジル料理の塩ぜんざい(名前何だっけ?)も食べホ、ソフトドリンクも飲みホ(東京バモラもそうだったけど)
肉をおいしくたらふく食べられるんで、コスパはまずまずだと思いますね。
ビールは高かったな。

家族ともども満足して、ハンズ、ABCマート、東武デパートであれこれ家族の買い物に付き合い、激しく散財する一日になったけど、たまの家族との休日だからねえ。

《What's The Title?》

e0242504_09453679.jpgA Night On The Town/Rod Stewart

肉でもなんでもそうですけど、最初の1切れが一番うまいっすよね。
これを経済学では限界効用逓減の法則っていうんだが、タイトルは"The First Cut Is The Deepest"。
アメリカのヒットチャートで初めてヒットさせたのはRod Stewartですが、もともとはCat Stevensの作品。
アルバムから「今夜きめよう」を大ヒットさせた後のセカンドシングルでしたけど、それほどハデではない曲なので、スマッシュヒットで終わりましたが、聴くほどに味が出る曲ではあります。
しかし邦題の「さびしき丘」っていうのはどうなんでしょう?
のちにSheryl Crowもカバーしましたが、やはり渋めな路線は継続していましたね。


[PR]
by falling7813 | 2014-11-04 10:04 | food | Comments(0)