<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日は祝日で天気もよさそう。
気候も春めいてきたので、道内観光に出撃することにした。

去年のGWは大沼公園函館という北海道観光の王道コースだったわけだが、去年のうちにある程度のメジャーな観光地は回ったし、途中で目覚めた乗り鉄も来月廃止予定の江差線を含め、宗谷本線以外はすべてクリアしているので、今年はマニアックにいきたいと思っている。

そこで今日選んだ行先は、歌志内。

なぜかといえば、歌志内は日本一人口が少ない市だから。

普通の人はそんなところ観光したいとは思わないだろうけど、札幌にいなければ行くことはないし、地理マニアの私としてはかなり興味があったのだ。

歌志内市の人口は市のHPによれば3月末現在で3,901人。
私が地理に興味を持ち始めたころからこのタイトルを守り続けていて、当時のライバルは福岡県山田市と沖縄県石川市だったんだが、今は両市とも合併して、それぞれ嘉麻市、うるま市となりランク外に去り、今の2位は三笠市、3位は夕張市と北海道空知地区の市が上位を独占しており、いずれも12月末時点で1万人を切っているが、三笠と夕張は9千人台なので、歌志内はダントツなのだ。

e0242504_18433815.jpgそんな市だけに鉄道はすでに廃止されてしまい、公共交通はバスしかないんだが、いろいろ調べた結果JR根室本線の赤平駅から6km程度で、私にとっては射程距離ということで、赤平駅から歩くことにした。

e0242504_18461101.jpg例によって地下鉄は朝寝坊なので、札幌駅まで歩き、いつもお世話になっている一日散歩きっぷを買い(消費税アップで60円値上がり)、富良野旅行乗り鉄&夕張の旅でお世話になった札幌駅発6:00の旭川行各駅停車で出撃。

これまで同様滝川で根室本線富良野行に乗り換えて、8時過ぎに目的の赤平に到着。

e0242504_19062951.jpg赤平市も人口11,000人ほどの小さな町だが、まず本数の少ないローカル線に不似合の駅にびっくり。
明らかに周囲から浮き上がっていて、何のためにこんな建物必要なんだろう?

e0242504_19092945.jpgせっかく来たので30分ほど市内を散策したが、いかにも北海道のローカル都市という感じのさびれ具合だが、わりとやっている店は多くて、まあありかなといった風情。
そしていよいよ歌志内へ向け進路をとる。

ここでiPodのプレイリストを歌志内に合わせてさびしい歌をセレクトした"Sad Songs"に切り替える。

"First Love"(宇多田ヒカル)、”出航"(寺尾聡)、"The Sad Cafe"(Eagles)といったラインでスタート。

e0242504_19171899.jpg線路と平行に国道38号線を進み、3kmほど行ったところで、右折して道道(北海道の道路ってことです)114号線にはいる。
道は徐々に上っていて、じわじわと体力を奪われていく。

しかし、ここの難所は何と言っても新歌志内トンネル。

e0242504_19232051.jpgトンネルって車用に作ってあるから、歩道が完備されていないと危なくて歩けないので、場合によっては遠回りして迂回しようかと思って、ネットで下調べしたところ、このトンネルを走る映像をYou Tubeにアップしてくれた方がいらっしゃって、立派な歩道があることがわかり、このルートを選択した。

e0242504_19283951.jpgそのトンネルに入ると、日光が当たらなくなって寒い。
まっすぐなトンネルで出口が見えているので安心なんだが、長さは1,025mあり、頻繁に非常電話が登場するとちょっと緊張する。

時速6kmで歩いても10分かかるわけで、"永遠の想い"(The Korgis)、"いっそセレナーデ"(井上陽水)、”I Go Crazy"(Paul Davis)の3曲分かかりました。

トンネルの真ん中あたりで、ついに歌志内市に突入。

トンネルを出ると、ちらちらと民家が見え、まあ普通の景色。

e0242504_19345868.jpgしばらくすると左側に悲別ロマン座という建物がある。
倉元聡の記念碑も立ってたから、彼が脚本を書いたテレビドラマ「昨日、悲別で」(見たことないが)のロケ地か?
現状は廃墟で(あとで道の駅で入手した観光案内には夏は営業とあるが)、「やってない」という看板が下がっているのが悲しい。

なんかそれっぽくなってきた。

トンネルを出て1kmほどで、市の中心に入ったが、まず北海道の地元コンビニセイコーマートがあり、最低ここで昼食は調達可能でひと安心。

e0242504_19382668.jpg道道114号線を右に折れていよいよ市街地に入った。
さすがに日本一だけのことはあり、「歌志内市街地」のバス停付近は見事にさびれている。

シャッター街というか、建物自体が朽ちているところもある。

商店街の中心に旧歌志内駅跡地に作られた郷土館ゆめつむぎというヨーロッパ風の資料館があるんだが、4月は土日のみの営業で祝日は休み。
その裏にある観光館も閉鎖せれており、「なんだかなあ」の連続。

e0242504_19462561.jpg公民館裏手の高台にある歌志内公園に上り、市街地を一望したが、もともとそれほど広くない街だが、ほとんど人も歩いてないし、天気がいいだけに、さびしさもひとしおだ。

今日のプランとしては、市街地を少し西へ行ったところにあるかもい岳温泉でもはいって、どこかで昼食して来た道を戻るということで、しばらく道道114号線を先に進んでみる。

e0242504_19543747.jpgすると市役所を発見。これが日本一人口の少ない市の市役所か。

市役所を見たところで、国鉄歌志内線の廃線跡がサイクリングロードになっているらしいということを思い出し、道道をはずれ、行ってみる。

あった!
e0242504_19583377.jpgまさに線路があったそのままの雰囲気が残っている。

私は別に廃線マニアではないんだが、鉄道は好きで、いかにも線路跡とわかるこの雰囲気にはテンションが上がる。

サイクリングロードは道道とほぼ平行にずっと続いている。
予定のかもい岳温泉の入り口を過ぎても続いているので、もうしばらく行ってみる。

e0242504_20043694.jpgサイクリングロードを歩きながら見ていくと、川沿いの狭い谷に家並みが時々途切れつつ続いていて、雰囲気は夕張によく似ている。
まあ、同じ炭坑町だからなあ。
夕張の鉄道もいつまでもつやら。

e0242504_20084305.jpgサイクリングロードはなかなか終わらず、もう少し、もう少しと歩き続けるうちに、道の駅うたしないチロルの湯に到着。

名前のとおりここにも温泉があるんだが、最初のプランニング段階では、歌志内中心部から4kmあり、遠すぎて無理だと思っていたところだった。

赤平から歌志内に進路をとってから2時間半。
4時に起きて朝食してから7時間経過したので、ここで昼食。

e0242504_20171424.jpg手ごろなファーストフードでもあればと思ったら、レストランと漬物と土産物しかなく、レストランで郷土料理なんこ定食(1,080円)を注文。
「なんこ」というのは馬のホルモンのことで、メインは味噌ベースの煮込みだ。

ややもつ臭さがあり、好みが分かれそうな味だが、歌志内では炭鉱時代から親しまれた味だそうで、ここで食べられてよかった。

さて、予定を3km以上オーバーランし、地図のない状態でここまで来てしまったが、道の駅で情報を仕入れてみると、廃線跡のサイクリングロードはまだまだ続いている。

この先の距離感もなんとなくつかめ、全く無理という距離でもなさそうなので、予定を変更して、国鉄歌志内線同様に砂川を目指すことにした。

お風呂セットと着替えを持ってきてたけど、どうせまた汗をかくので、温泉はパス。

昨夜スポーツクラブへ行き、その疲れが残っているのと、寝るのが遅くなって寝不足なのが難点だが、なんこでスタミナつけたし、なんとかがんばるべ。

家を出るとき気温が3℃ぐらいだったので、半袖T、長袖T、薄手のフリース、ウインドブレーカーの4枚を着こんできていたが、フリースを脱ぎ、iPodのプレイリストをトレーニング用の元気のいい奴にchangeして出撃!

e0242504_20271460.jpgチロルの湯付近を歩いてみると、中心部より新しい家が多いし、やっている店も多くて、あまり悲壮感がなく、こっちの方が栄えているみたい。歌志内の違う一面を見ることができた。

e0242504_20322675.jpg結局歌志内線サイクリングロードは、歌志内市から隣の砂川市に入り、当時起点の砂川駅から一駅目だった焼山駅跡(記念碑あり→)まで続いていて、全長10km以上ありました。

そこからさらに3kmほど歩いて、砂川駅に到着。

e0242504_20370695.jpg砂川から歌志内までは軽く10km以上ありそうなので、赤平経由を選んだんだけど、あとでキョリ測で測ってみたら、赤平→歌志内→砂川で20kmありました。

駅に着いたら、30分ちょっと待ち時間があるようなので、せっかくだから疲れた体にムチ打って、砂川市を散策。

e0242504_20460706.jpg砂川市は人口18,000人ほどの小都市ですが、同じ沿線の滝川市深川市と名前も似てますけど、街道沿いに開けた街の雰囲気も似てました。

目立つ建物は役所と病院というのもお約束どおりで、市役所と病院のそばに飲み屋街もあり、立派な地場産業なんですね。

e0242504_20484140.jpg市街地すぐそばに石狩川が流れているんですが、大きな遊水池があって、オアシスパークと呼ばれ、市民の憩いの場になっているようで、景色もきれいでした。
砂川を2時過ぎに出て、予定より早く札幌に戻りましたが、万歩計は4万歩を超えました。

汗をかいたので、家に帰ってシャワーを浴びたら、顔や頭がヒリヒリ。

一日いい天気で、歩き回ったので、がっつり日焼けしたようです。

《What's The Title?》

e0242504_18121739.jpgDumb Waters/The Korgis

長編になりましたが、タイトルは新歌志内トンネルのひんやりとした暗闇の中に妙にマッチしていたThe Korgisの「永遠の想い」。
ほかにHot100に入ったシングルもない完全一発屋ですが、この曲はいいですよね。
ヒットしたのは80年の終わりから81年の初めにかけてで、寒いころでしたけど、そういう気候にぴったりのバラードで、冬に聴くとより雰囲気が出る曲ですよね。


[PR]
曜日の並びは悪いけどゴールデンウィークが始まりましたね。
札幌も急に気温が上がり、20℃を超える日が続いてめっきり春めいてきた。

金曜日は会社の人と飲んだんだが、1軒だけだったんで、さほどダメージもなく、家に帰って、ブラックニッカで一人二次会をしながらブログを書く。

ところが、土曜日の早朝めちゃくちゃ気分が悪くなり、ここに書くのがはばかれるような状態のキョーレツな二日酔い。

栄養補給系のゼリーのみで朝食し、ちびちび水分を取りながら回復を待つ。

e0242504_16215648.jpgそれでも家事は待ってくれないし、天気はめちゃいいので、洗濯し、今年初めての外干し。
ついでに布団も干す。
書いた後ブログを見直したら、1ヶ月ぐらい前に外干しやろうとしてるんだけど、あのときは全然乾かなかったし、布団も冷たいままだったので、やっぱ昨日が実質今年初ですね。

昼食は雑炊にして、ほとんど寝て過ごしたが、3時ごろになると少しましになってきたので、掃除をして、買い物に出かける。

月内はクリーニング屋で半額セールをやっているので、通勤用のハーフコートなど値の張るものを出す。
もう寒くなるなよ。

e0242504_16265452.jpg外出もめちゃ暖かいので、今年初のジーンズとサンダル。

夕食はなんとかごはんと豆腐、納豆、温野菜を食べ、早寝。

昨日は全く運動できずだったので、今日はスポーツクラブ行かなきゃなあ。

ということで、早く起きたが朝食を9時にして時間調整。

e0242504_16305086.jpg朝食までのつなぎに昨日買ってきた北海道のソウルフードビタミンカステーラを食べた。
想像どおりの味だった。

スポーツクラブでは、エアロ40、ファイトアタックBEATとスタジオプログラムを2本連続でこなして、ランニングマシンで60分走り、20分歩く。

最初は体が重かったけど、それなりにカロリーが消費でき、体重もまずまずのところになったので、まあよしかな。

図書館によって家に帰り、4時ごろに昼と夜を兼ねた食事。

ビール飲みたい気持ちになったので二日酔いは治ったようだ。

《What's The Title?》

e0242504_16140029.jpgHave You Never Been Mellow/Olivia Newton-John

札幌もすっかり春めいてきたので、春っぽい曲でOliviaの「そよ風の誘惑」。
はっきりいって歌詞の内容とは全くマッチしてないけど、曲の雰囲気にはぴったりの邦題ですよね。
春になると聴きたくなるので、春の曲のプレイリストに入れています。
初めてOliviaを見たときはなんて美しい人なんだろうと思ったし、この曲も初めて聴いたときに一発で気に入って、こんな美しい人がこんな美しい歌声でこんなに素敵な曲を歌うというのは、私にとっては奇跡的に思えました。
おじさんの永遠のアイドルです。

[PR]
私にとって、未知の作家で、謎の作家である村上春樹。

世間的には次のノーベル文学賞候補という人もいるんだが、私が読んだ「カンガルー日和」「ノルウェイの森」はそれそれ微妙で、5点満点の採点でもせいぜい2点どまり。

この人は合わないのかなあと思いつつ、あまりにも世間とズレるのもつらいから、もう少し読んでから判断しようと、もう1冊図書館で借りて読んでみる。

e0242504_22525767.jpgその本は「アフターダーク」

終電が終わった後の真夜中の街で繰り広げられるいろいろな人々の出会いを中心に描かれていて、読んでいる間は設定がおもしろくて、読み進めていく。

少なくとも、今までに読んだ2作よりも読みごたえがある。

それぞれの登場人物の輪郭が徐々にはっきりしていって、興味を持たせる展開になってきた。

そして、話はエンディングを迎えるわけだが…

ええええ?

「ノルウェイの森」でも思ったことだが、ストーリー的なものを全部ぶっとばして、終わっちゃうことが文学的なんですかねえ?

「アフターダーク」もいろいろ登場人物が出てきて、それぞれキャラが立っているんだがなあ。
途中までは及第点の話だったんだが、エンディングですべてぶち壊し。

もう1冊読んでみるべきか悩むところだなあ。

《What's The Title?》

e0242504_22412500.jpgAfter Dark/Andy Gibb

小説は、ジャズの曲からタイトルをとっているんだが、私の世代としては、"After Dark"といえばAndy Gibbですので、この曲をタイトルとしました。
このアルバムは、アメリカメジャーデビュー第三作ということで、それまでのメガヒット連発路線で頂点を極めていたのに、このアルバムはファーストシングルの"Desire"が4位どまりで、No.1を逃し、次のシングルでは魔性の女Oliviaと組んでしまい、12位止まりで、その後お決まりの下降線をたどって、人生の方でもボロボロになってしまい、若死してしまいました。
アルバムタイトルの"After Dark"はシングル向きではないけど、ほんわかしていてそれなりの聴き所のある曲ですが、なんといってもBee Geesそのまんまなので、ちょっと個性がないのと、Bee Geesがメガヒット連発でそろそろ飽きられていたのが、マイナスポイントですかねえ。

[PR]
by falling7813 | 2014-04-25 23:10 | book | Comments(2)
18日夜から今日までの東京滞在。

e0242504_20385863.jpg日曜日は、娘2号の入学祝ということで、イタリアンレストランで親族で会食。

左の写真のオードブルをはじめ、おしゃれな料理の数々で、まいう~でした。

月曜日は仕事。

半年ぶりとか1年ぶりに会う人も多くて、そのたびに激ヤセしたことが話題になり、同じ説明を繰り返す。

そして今日午前中も会社へ。

今日は札幌から福岡までいろいろなところから人が来ていたんだが、コート着用は私だけ。

e0242504_20455958.jpg予定どおり昼には仕事が終わり、飛行機の時間まで余裕があったので、日本橋までぶらぶらと歩き昼食。

日本橋から都営浅草線に乗り羽田空港へ。

飛行機まで2時間近くあるので、エアポートラウンジで、リンゴジュース→トマトジュース→アイスコーヒーというラインナップをいただきながら、iPodくんをお供に、今回の東京滞在用に持ってきた本を読む。

e0242504_20543012.jpg札幌の図書館で借りて左の3冊持ってきたんだが、読みどおり3冊目に突入。

飛行機は15:30のJAL。

平日の中途半端な時間なんで、空いてました。

てな感じで札幌に戻りましたが、夕刻の札幌はちょっとひんやりしていて、コートを着ていて当たり前。
ダウンの人もいました。

帰りにスーパーで買い物して、惣菜で夕食にした後、明日からの弁当に備えておかず作り。

e0242504_20594944.jpg肉野菜炒めとゆで鶏。

ゆで鶏は二度目だが、前回はもも肉でやや脂っこかったので、胸肉に変更したのと、ゆで汁にも結構味が出るので、今回は捨てずに玉ねぎを入れて、塩こしょうで味を整えてスープにしました。

明日から日常生活復帰だ。

《What's The Title?》

e0242504_20355946.jpgSetting Sons/The Jam

タイトルは、エアポートラウンジでiPodで聴いていた曲の中からThe Jamの"Smithers-Jones"。
このアルバム"Setting Sons"はThe Jamにとって転機になったアルバムではないですかね。
"Smithers-Jones"はその象徴的な曲で、なんと大胆にストリングスを取り入れてます。
Bruceの作品だから遊んだわけではないでしょうけど、それまでの彼らとは一線を画す曲になってますよね。
そのほかにもモータウンのカバーをやってみたり、音楽の幅が広がり、"The Eton Rifles"が初のビッグヒットになって、The Jamがイギリスでの地位を確立したアルバムです。



[PR]
月・火と東京で仕事なので、昨日の夜東京に帰ってきました。
昨夜は乗っていた山手線が人身事故で止まってしまい、難儀したなあ。

明日は会食の予定が入っているので、今日は我が家のもろもろの用事を済ませる。

まず散髪。

札幌で一応床屋を見つけはしたんだが、安いだけにサービスもイマイチなので、タイミングが合うときは自宅そばの行きつけの店に行くことにしている。

e0242504_20305322.jpg髪を切ってさっぱりしたあとは、図書館で予約していたCDなどを借りる。

床屋から図書館まで江古田駅界隈をぶらぶらしたが、東京はすっかり新緑モードですね。

e0242504_20334477.jpg札幌は公園を歩いても広葉樹はまだ裸ん坊で、花もやっとつぼみが出てきたところ(→)だというのに、季節感が全然違う。

図書館のあとは、我が家でいま人気のパン屋ジャンゴで昼食を調達。

まだ開店直後だったせいか、パンの種類が少なかったのが残念。

街を歩いていると、あちこちに選挙ポスターが。
全然知らなかったが、明日が練馬区長と区議補選の投票日だそうだ。
棄権にならなくてラッキーだ。そういえば、前練馬区長は在職中に亡くなったんだったなあ。

家に帰り、スポーツクラブへ出かけたかみさんを待つ間に、この春から女子大生になった娘2号を相手に筋トレを少々。

e0242504_20401662.jpgかみさんが帰宅したところで、昼食をして、食後に今度はかみさんと娘2号といっしょに桜台方面へ出撃。

目的地はケータイ屋。

娘2号は今までガラケーを使っていたんだが、大学のクラスでの連絡でLINEを使うためスマホが必要なんだそうだ。
家族のケータイはすべて私が契約者のため、何か手続をするには私が行くか、委任状がなければいけないのだ。

かみさんが便乗して機種変更を目論んでいたようだが、今使っているiPhoneからアンドロイド搭載の携帯には電話帳が移せないと言われて断念し、本来の目的である娘2号の機種変更に専念。

e0242504_20472496.jpgそれでもあれこれやっているうちに1時間以上が過ぎ、さらに電話帳を移す作業に1時間ほどかかるというので、かみさんは友人の用事を済ませに行き、我々ふたりは、練馬駅前に新しくできたcoconeriを見物。

こんなもんが建ったなんて全然知らなかったなあ。

coconeriでは2Fのカルディ、ユニクロと1Fのライフをぶらっと眺めて、すぐそばに商売敵のライフができたおかげで客が減った西友で買い物してかみさんと合流してケータイ屋に戻り、無事にスマホを受け取って帰宅。

e0242504_20521724.jpg家に帰ったら、娘1号がキッシュを作ってくれていて、美味しい夕食をいただきました。

夕食の前後に娘2号はスマホの設定作業をやっていたんだが、そのうち暗証番号を忘れたと騒ぎ出し、結局再度桜台のケータイ屋に出向くことに。

e0242504_20554899.jpgケータイ屋では暗証番号を更新してもらい、明日から作業ができるようになったが、結局今日は、我が家→江古田界隈→我が家→桜台界隈→練馬駅付近→桜台→我が家→桜台→我が家と、西武線江古田-練馬間をうろうろした1日で、万歩計も17,000歩を超えることに。

少しは運動になったからいいか。

《What's The Title?》

e0242504_20094920.jpgThe Leif Garrett Collection/Leif Garrett

練馬区内をウロウロした1日だったので、タイトルは”The Wanderer"。
Dionのヒットで有名な曲ですが、私がこの曲を初めて聴いたのはLeif Garrettのバージョンでした。
ヒットしてから2~3年後にこの曲が入ってるデビューアルバムのLPがカット盤で安く売っていたので買って、かなりヘビロテで聴きましたけど、あまり歌はうまくないので、ある程度アップテンポの曲でないと辛かったですね。
そう言う意味では、デビューアルバムの中でもTop40ヒットになった「サーフィンUSA」「浮気なスー」とか、この曲はまだ大丈夫な方ですが、"Put Your Head On My Shoulder"あたりはちと厳しかったですねえ。

[PR]
今日は、いつもの土曜日とちょっと違う過ごし方。

いつもは、朝食→洗濯→掃除→買い物(2~3週に1回クリーニングを出す)→パスタとかで昼食→スポーツクラブで筋トレ→パスタとかで夕食といった流れなんだが、今日は掃除が終わったあと、先に昼食してスポーツクラブへ。

今週は水曜日飲み会でスポーツクラブへ行かなかったので、昨日行って筋トレしたので、今日はファイトアタックBEATと有酸素。

スポーツクラブの後直接買い物に行って一旦帰宅し、5時前になったらお出かけ。

e0242504_19285980.jpg今日の夕食は外食。

土日はたまに何かイベントを入れたいところだが、まだ寒くてどこへ行ってもつらいだけなので、今日はグルメがテーマ。

今まで北海道で外食ってチェーン店か回転寿司ぐらいしか行ってなくて、ちょっと違うものが食べたいと思っていたら、北海道新聞に家の近くの洋食屋が有名店だと書いてあったので、行ってみることにしたのだ。

e0242504_19321656.jpg店の名は「グリル ラパン」

1983年オープンだそうだ。

いわゆる洋食屋さんで、ステーキ、ハンバーグ、カツレツ、シチューなどの一品物のほか、オムライス、ハヤシライス、パスタなどの食事ものもやっている。

夜の部がオープンする5時過ぎに行ったんだが、先客もいたし、店内20席ほどが5時半ごろにはほぼ埋まる人気。

e0242504_19360636.jpgメニューを見たら迷ってしまったが、ネットで調べるとシチューがおいしいと書いてあったので、牛ほほ肉のシチュー(1,290円)にパンセット《250円)をつけていただく。

ほほ肉はナイフも歯も必要ないほど軟らかく煮こまれていたんだが、ソースは普通だなあ。

混んでいたので一人客はカウンター席だったんだが、カウンターから見える厨房に思いっきりハインツのデミソースの缶が置いてあった。

たぶん加工してるんだろうけど、元ネタは見せちゃいかんよなあ。

ほかの人が頼んでたカツレツとかオムライスとかの方がよさそうに見えたけどどうなんでしょうねえ。

味やコスパが大満足とまではいかず、ちょっともやもやを残したディナーを終え、もう一つ今日夕方外出する目的だったクリーニング屋に先週出した洗濯物を取りに行って帰宅。
いい天気だったが、風が強くて寒かったなあ。

e0242504_19480900.jpgもやもや解消のために、家に帰ってから、ブラックニッカで一杯。

札幌に来て工場見学以来、すっかりニッカ党だ。

それに、ブラックニッカは4合瓶で700円前後で買えるんだけど、ロックでも十分飲める味で、他社に比べるとコスパがいい。

e0242504_20003910.jpg明日も午前中からスポーツクラブに行くつもりなので、アルコールが残りすぎると困るから、途中から、これまた北海道名物のガラナにチェンジ。

珍しいんで買ったんだけど、思いのほか甘かったのと、カロリーが高かったんでなかなか飲まずに今日まで在庫になってた。

洋食+ウイスキー+ガラナのカロリーでまた体重増えそうだけど、明日もカロリー消費するからいいかな。

《What's The Title?》

e0242504_20071979.jpgBuilding The Perfect Beast/Don Henley

夕暮れにグリルに行ったんで、タイトルは"Sunset Grill"。
Don Henleyが初めてソロで出したのが「ジョニーの青春」で、ソロアルバムが♪だけどジョニーは字が読めない♪(実はわりと好きなんだが)と「汚い洗濯屋」(こっちは嫌い)で大丈夫かと思ってましたけど、このセカンドアルバムはだいぶまともになりましたよね。
"Sunset Grill"はシングルカットされましたけど、それほどの曲じゃない印象があります。
やっぱこのアルバムは"The Boys Of Summer"に尽きるよなあ。

[PR]
by falling7813 | 2014-04-12 20:16 | food | Comments(2)
昨日の話。

昨日は飲み会があったんだが、水曜に飲み会があるということは、スポーツクラブへ行くのはほぼ不可能で、スポーツクラブが定休日の火曜日に続いて風呂に入れないということになる。

じゃあ、家でシャワーを浴びるしかないということになるわけだが、どうせシャワー浴びるんだったら、水曜の朝にジョギングでもするかと思い立ち、4:45に起きる。

家の近くでジョギングするとすれば中島公園がいいんだが、まだ雪が残っていて、一部氷になっているところがあったので、家の近所の道路を走ることにする。

e0242504_22175466.jpg道路も雪が融けたばかりで、滑り止めにまかれていた小石がいっぱい落ちていて、あまり路面状態はよくないので、ジョギング用の靴歌舞伎くんではなく、普通のスニーカーで出撃。

寒いので軍手着用。
上半身もちょっと鍛えるために1kgのダンベルも持つ。

南15条西7丁目から南16条西10丁目までの1周1900mほどの四角いコースを走る。

e0242504_22244083.jpgいつもスポーツクラブのモルモットマシンは走っているんだが、実際に道路を走るのは1月3日の練馬以来で、微妙に使う筋肉が違うので、最初はなかなかペースに載れなかったが、結局4周7.6kmを40分弱で走れたからまずまず。

そのあと2周ウォーキングして家に帰りシャワーを浴びました。

最初気温が低くて(アメダスによると1.9℃)涙が出ましたけど、走り終わってみるとなかなか気持ちよかったんで、たまにやってみてもいいな。

ちなみに夜の飲み会では日本酒メインでがっつり飲んでしまい、一軒だけで終わったが、小腹がすいてしまい、寝る前にあれこれ食べてしまったので、今朝はしっかり酒太りになっちゃいました。

《What's The Title?》

e0242504_22094597.jpgIn The Heart/Kool & The Gang

タイトルはジョギング中のBGMの中から"Straight Ahead"。
いつもの中島公園と違って道路もまっすぐでしたからね。
この曲はアメリカではシングルカットされなかったんだけど、私はこのアルバムの中では一番好きですね。
たしか日本ではシングルカットされたんじゃなかったかな。
元気のいいダンスナンバーで、ジョギングとかトレーニングのBGMにいいっすよ。

[PR]
金曜日に飲み会があり、飲みホで2軒はしごし、土曜の朝はアルコールが思いっきり残った状態。

e0242504_18161900.jpg窓の外をみると、なんと吹雪!!!

もう4月ですぜ、旦那。

去年は4月には雪は降らなかったと思うが、さすがに北海道は侮れない。

二日酔い状態で、とりあえず掃除をしつつ、まーくんのピッチングを見る。

まーくんはしり上がりに調子を上げたが、私の体調は低空飛行で、スポーツクラブへ行く準備はしたものの、くじけて、夕方にクリーニング屋+買い物。

e0242504_18215504.jpg今日降った雪はだいぶ融けてるけど、吹き溜まりに残ってるのもあり。

クリーニング屋では、3月中にお客が殺到し仕上がりが遅れるそうで、仕方なく中1週間の仕上がりで妥協。

スーパーは3月に比べると閑散としている。

8%還元セールなんていうのもやっていたが、元値がさほど安くないので8%還元されてもねえ。
全般的に3月の活気はない。

値札も内税と外税が混ざっていてわけわからん状態。

多少買いだめもあったし、安売りもないので、いつもは5千円以上買うことが多いんだが、3千円ほどでフィニッシュ。
それでも各品物とも微妙に値段が上がってたなあ。

日本橋のデパートでお買い物してる某苦労知らずのお坊ちゃまくんとは無縁の庶民の世界。

夜、テレ東のゆるい旅番組を布団の中で見ていたらそのまま寝てしまい、今朝は4時に目が覚める。

e0242504_18295875.jpg仕方ないので、朝食をとり、読みかけの図書館の本を読む。
いろいろ謎があって続きが気になる展開だったんだが、オチはかなり意外かつハズレで尻すぼみだった。

10時に早めの昼食をとって、図書館へ出撃。

中央図書館は3月いっぱい休館して改装していたそうで、オープンの日はテレビのニュースで紹介されていた。

e0242504_18352791.jpg今朝もちらっと雪が降って、北向きの図書館の前には雪がたまってる。

新装オープン後初の週末ということで、激混み。
たしかにレイアウトが多少変わり、木を基調にした新しい机や本棚がはいっていて、本の森をイメージしているそうだが、混んでいたので、とりあえず本を返して、ちょっとだけ借りて、退散しスポーツクラブへ。

スポーツクラブも4月からプログラムが変わり、私の好きなファイトアタックBEATもプログラムとインストラクターが変わったんだが、どっちも微妙。

でも昨日さぼったので、ファイトアタックBEATの前に、腹筋と背筋とダンベルをやり、終わった後クロストレーナーとランニングマシンをがっつりやったので、今朝に比べると3kg体重減。

e0242504_18440700.jpg家に帰ったら、明日の弁当用に、土曜に買った肉と野菜でポークソテーと温野菜を作る。牛も豚も切り落とし肉が高かったし、鶏肉まで高かったので、いつも安いカナダ産ポークを使った苦肉のメニューだ。

微妙に消費税アップの影響を感じてしまう週末。

《What's The Title?》

e0242504_18123832.jpgKick/Inxs

4月になって、消費栄引き上げの影響を感じたり、図書館やスポーツクラブでも新しい展開がありましたんで、タイトルはInxsの"New Sesation"。
最初出てきたときはStonesもどきかと思いましたけど、このアルバムではそれなりに個性を確立できて、大ヒットになりました。
なにしろこのアルバムからTop10ヒット4枚出しましたからね。
"New Sensation"は直球系でわりとわかりやすい路線の曲でしたけど、その分ちょっと物足りなさも感じますね。
しかし、このあと意外と彼らの黄金期は短かったですね。

[PR]
今日から4月。
ってことは、去年の4月2日に北海道に上陸してから、今日で丸1年ということになる。

e0242504_19134438.jpgマンションの窓の外の景色はだいぶ雪も消えてきて、去年マンションに入居した時撮った写真に近くなってきた。
春は着実にやってくるようだ。

まあ、桜が見られるのはゴールデンウイークになるだろうけど。

e0242504_19172966.jpg徒歩通勤はいつもの中島公園経由。
今まで雪に覆われていた池も雪どけが進み、シャーベット状の水面が見えてきた。

そんな春の気配に、ぼちぼち自転車が使えるかなと、今日会社から帰って、ベランダから降ろす。

12月1日以来だから、ちょうど4か月=1年の3分の1自転車が使えなかったわけだ。

今日はスポーツクラブが休みなので、こうしてブログを更新しているわけだが、エントリを書きながらあれこれ1年間を振り返ってみた。

まず、暇さえあれば通っているスポーツクラブだが、数えてみたら、183回とほぼ2日に1回のペース。

もともと風呂が追い炊きできないんで、風呂に入る目的もあって入会したんで、目的は達している。

ちなみに1年前の体重は79.7kgで、今朝は70.4kgだったので、9.3kg減。効果あり!

せっかく北海道に上陸したからと、マメに旅行もしている。

北海道のHPで調べたら、北海道には35市と144町村あるみたいだが、1年間で訪れたのは20市19町村。
さすがに北海道は広い。

でも、鉄道網に関しては衰退したおかげで、道内の全鉄道(JR2503.4km+札幌市営地下鉄48.0km+札幌市電8.5km+函館市電10.9km=2600.8km)のうち、JR宗谷本線以外に乗車したので、総乗り鉄は2341.4kmで、9割クリアだ。

e0242504_20072781.jpgこの1年どんな音楽を聴いていたかというと、曲では、
1 Enter Sandman/Metallica
2 Ruby Tuesday/The Corrs Featuring Ron Wood
3 Iris/Goo Goo Dolls

アーテイスト別では

e0242504_20093653.jpg1 Do As Infinity
2 Eagles
3 The Beach Boys

と、いつもの定番とはちょっと違った結果でした。

そんな感じで、明日から札幌生活2年目に突入だ。

《What's The Title?》

e0242504_19082196.jpgBest Of Pat Boone/Pat Boone

タイトルは単に4月がらみというだけで、Pat Booneの"April Love"。
Elvisがロックンロールでヒットチャートを席巻していた1950年代後半に、Elvisとは正反対の伝統的な8分の6拍子のムード歌謡的な伝統的なポップスで対抗し、しかも結構ヒットを連発していたPat Boone。
この曲もいかにも彼らしい正統派ポップスで、新しさは微塵も感じられませんが、安定感抜群といった曲ですよね。
ある意味こういう人がいてこそElvisが引き立ったのかもしれません。

[PR]