<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

I'm Coming Home

今年は28日で仕事を納めて、昨日東京の家に帰ってきました。

昨日の朝7時に弘前の家を出て、新青森から新幹線。

e0242504_1653872.jpg当然のことながら、弘前も新青森駅も雪の中。

南へ向かう人の群れも、なぜか無口。ただ、新青森駅は海から遠いので、海鳴りは聞こえない。

ホームで待つのは寒いので、階段下の待合室で待っていると、発車10分前に扉が開くというので、そのタイミングでホームへ。

e0242504_16565836.jpg何度もお世話になっている東北新幹線はやて号だが、年末だけど逆方向だからか、新青森での乗車率はいつもどおり2~3割といったところ。

それでも、いつもよりは途中駅で乗ってくる人は多くて、仙台を出る頃にはほぼ満席でした。
もっとも、下り電車はこんなのんびりした世界ではないんでしょうけど。

1時過ぎに自宅に到着し、ちょっと休憩を入れただけで、外出。
平日の昼間に東京にいるのは貴重なので、本人しかできない手続きをするために、江古田の銀行と桜台の携帯電話屋へちい散歩。
雪のない町を歩くのは久しぶり。
東京はあったかいの~

今日は買い物で池袋へ。

まずは、冬期講習中の娘2号と合流し、リクエストにお応えして、シェーキーズのランチバイキングへ。

e0242504_1735583.jpgさすがに冬休みということで、中高生みたいなのが多く、入店までに30分待ちでしたが、今日までは平日バージョンのようで、サラダバーがない代わりに850円とリーズナブルなバイキングで、娘も満足。

その後、池袋のタカセ、西武、東武と回り、必要な買い物をこなしていった。

e0242504_1710614.jpg西武では、弘前へのみやげのお酒(熊本が誇る米焼酎「鳥飼」!)、東武では夕食の買い物をしたんだが、いずれも食品売り場は大混雑。

レジへ並ぶのもディズニーランドのように延々ならばされました。

やっぱ東京の人の多さは驚異的です。

てな具合の田舎のねずみのような感想が、今年最後のエントリになりそうです。

みなさま、よいお年をお迎えください。

《What's The Title?》

e0242504_16495755.jpgMight Love/Spinners

タイトルは家に帰ってきたので単純にSpinnersの"I'm Coming Home"。
前作の「フィラデルフィアより愛をこめて/スピナーズ登場」(原題は単純に"Spinners")で、華麗なフィラデルフィアサウンドに転進して大成功したSpinnersが、その勢いを買って出したアルバムですが、思いっきり二番煎じ路線ですので、さすがにシングルは1曲もTop10にはいれませんでした。
タイトルの"I'm Coming Home"も、ファーストシングルの"Mighty Love"同様で、いかにもという感じの洗練されたアップテンポなフィラデルフィアサウンドですが、前作の収録曲とほとんどかわらないので、Top20止まりでした。好きな人には気持ちいいサウンドなんですけどね。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-30 17:19 | coming home | Comments(0)

White Christmas

今日はクリスマスイブ。

といっても、弘前でひとり。
しかも、三連休に合わせるように猛烈なクリスマス寒波が到来し、吹雪模様で、Bing Crosbyほかが夢見たホワイトクリスマス。

朝一番で床屋に行ったんだが、BGMがわりに流れていた地元のFMのDJが、「ホワイトクリスマスはうれしいけど、白すぎ」と、いいえて妙なコメント。

e0242504_1718772.jpg←こんなですからね。

前回のエントリで、弘前にクリスマスらしいところはないと言ってしまったんだが、弘前公園の近くの教会とか市役所の近くはイルミネーションがそこそこきれいでした。

多少ましになったら見に行こうかと思ったけど、今日も真冬日だし、断続的に吹雪ということで、床屋のあとユニバースに買い物に行って、あとはひたすら家イブ。

今日の夕食は、同じ社宅の独身の後輩くんちで、クリスマスパーティーと称して飲んだくれてきます。
弘前は、独身者にとってチャンスが少ないので、イブでおやじと部屋飲みというのもかわいそうだけどなあ。

そして、明日の朝もどかんと雪が積もって、雪かきから一日が始まることでしょう。

そんなイブ

《What's The Title?》

e0242504_1761615.jpgWhite Christmas/Bing Crosby

ほんとに融ける心配など全くないたっぷりの積雪のホワイトクリスマスになりましたんで、"White Christmas"の大御所Bing Crosby先生にご出馬いただきました。
このアルバムは、クリスマスになるとよく聴くのですが、ほんとに古典です。
"White Christmas"は我が家のiTunesには、16人ほどのバージョンが入っていますが、そのなかで一番好きとは言いませんけど、老舗の貫録というか、落ち着きを感じるバージョンですね。とらやの羊羹って感じかな。
古いわりにイントロが凝っていて、なんかわくわくします。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-24 17:33 | diary | Comments(0)

Christmas All Over Again

今日は12月20日。
早いもので、今年もあと10日ほど。

いろいろなことがあった2011年も暮れようとしている。

そして今週の土曜日はクリスマスイブ。

ちゅうことで、毎年恒例でこの時期はクリスマスソング中心のiTunes&iPodということになる。
今、Last fmを見れば、どんなラインナップかわかると思います。

耳からはクリスマスソング、歩く街並もクリスマス気分が盛り上がり・・・というのが今までの12月20日ごろから25日の私のパターンだったんだが・・・

弘前では・・・

e0242504_1917234.jpg家の近所に左の写真のようなしゃれた洋館のある大学があって、10年ほど前はクリスマスの飾りがあったそうだが、今は・・・

市内一番の商店街である土手町もそういうそぶりはまったくなく、土手町の中心にあるデパート中三も民事再生中だからじゃないだろうけど、地味なリースをちょこっと飾っている程度で、よーく見ないとクリスマスとはわからない。

きっと、東京なんか町はクリスマスの飾りであふれてるんでしょうなあ。

こちらで唯一東京に負けないのは、雪。

昨夜もどかっと降りまして、弘前は積雪30cmといったところかな。
青森市は73cmだそうだ。

e0242504_19231591.jpg3日前に制作したとんがり頭のスノーマンも、雪に埋もれてご覧のとおり→

一応明日は寒波が一旦ゆるんで、木曜あたりは最高気温が4℃の予報で、真冬日からは解放されて多少融けるかもしれないけど、23日からの3連休の予報は「暴風雪」(こんな予報あるんですねえ)ということで、ホワイトクリスマスは当選確実といったところでしょうか。

ホワイトクリスマスを夢見る人は、ぜひ弘前へ

《What's The Title?》

e0242504_18593174.jpgA Very Special Christmas 2/Various Artists

ちゅうことで、タイトルもクリスマスソングから私のお気に入りです。
エントリの内容からすれば、タイトルに「?」をつけたいぐらいですけど。
この曲は、このコンピレーションに収録されていて、歌っているのはTom Petty & The Heartbreakers。
クリスマスのうきうきした世界とは縁遠い彼らですが、彼らのちょっとひねたロックの世界そのままで、ちゃんとクリスマスソングになっている不思議な曲です。
別にいつもの彼ららしい歌と演奏なんだけど、ちゃんとクリスマスらしい高揚感があるんですよね。
そこらへんが、芸達者ってことなんでしょうね。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-20 19:33 | diary | Comments(0)

Crocodile Rock

昨日雪のネタをアップしましたが、昨夜さらに降って、今朝の積雪は昨日の倍ほど。
いよいよシャレにならないレベルになってきました。
昨日のスノーマンも今朝にはただの雪山です。

実は、雪の日に備えて温めていたプランがあるので、今日実行に移しました。

それは大鰐温泉の鰐comeへのツアー。

なぜ雪の日かというと、家から徒歩10分弱の駅から電車で往復できる格安プランがあるから。
それは、弘南鉄道のサッパスという割引切符。
往復の乗車券800円+入浴料500円+お買物券200円で1,000円というお値打ちだ。

e0242504_178537.jpgさっそく最寄りの駅から弘南鉄道で出発。

いつもよりお客が多いと思ったら、今日は途中の東奥義塾でクリスマスコンサートがあるようで、東奥義塾を過ぎたら1両に1ケタの乗客といういつもの大鰐線に戻った。もっとも赤字にあえいでいる大鰐線としては、これじゃいかんのだが・・・

e0242504_17144135.jpgこの弘南鉄道は東急のお古の車両を使っていて、つり革には東急デパートや109などの宣伝がそのままくっついています。
ちなみに赤いつり革はりんごを、くっついている緑色の布は岩木山を表している弘南鉄道のオリジナルだそうです。

e0242504_17222948.jpgそれから、大鰐線は東奥義塾、聖愛、弘前実業、弘前高校といった高校生の利用が多い路線(っていうか、高校生の利用がなければ存続が危うい)ということもあるのか、車内にはクリスマスの飾りつけがされてました。
ドアの前に堂々と立っていますが、車両の真ん中のドアは開かないようになっているので、影響はないのです。

e0242504_17251942.jpg弘南鉄道に25分ほど揺られて終点の大鰐に到着。
駅前ではピンクのワニが迎えてくれます。

大鰐というところは、800年前から温泉で開けたところで、スキー場もすぐ近くにあるリゾート地で、バブルのころまではスキー場に年間30万人の入場者があるほどだったのですが、スキー人気が下火になり、すっかりサビれてしまっています。

e0242504_17294943.jpg天気が良ければスキー場は駅前から見えるほど近いのですが、今日はあいにくの雪で、道路の向こうにうっすらと見える程度。
日曜なのに駅の真ん前の土産物屋さんが閉まっているのが哀しいところです。

駅から雪道を歩いて3分ほどで目指す鰐comeに到着。

e0242504_17342840.jpg←ご覧のとおり、駅前のさびれた感じとは打って変わって立派な施設で、温泉の入場者もたくさんいてなかなか流行ってました。
大鰐の温泉街には、もっと安く入れる共同浴場もあるにはあるんですが、どうなんでしょうね?
暖かくなったら行ってみるかな。

e0242504_17372548.jpg建物の中もとてもきれいで、脱衣場はすべて無料のカギ付きロッカーだし、お風呂も、テレビつきサウナ(高温と低温が男女で日替わりになっているので、どっちかにこだわる人はHPで先に調べておくといいです)、露天風呂、薬湯、高温、低温の浴槽があって、清潔感もありなかなかgood。

寒かったので、サウナにみっちり入って、瞬間風速ですが体重が1kg減りました。
露天風呂も雪が舞って、風情がありました。

一つ難を言うと、お湯に特徴がないのと、塩素のにおいが強かったこと。
入場者が多いので仕方ないのかもしれないけど、津軽地方はお湯が特徴的なところがいっぱいあるので、施設が古くなると厳しいかもしれません。

e0242504_1744283.jpgそうはいっても1時間半みっちり入浴し、大満足で弘南電車に乗り帰りました。
ちなみに電車は1時間に1本しかないので、それに合わせて風呂や買い物をセットする必要があります。
入浴の満足度は、350円ではいれるおおびらき温泉やせせらぎ温泉とかわらないので、1,000円かかるというのは割高ですが、あまり歩かずに行けるというのは雪のシーズンは貴重なんで、また行きそうです。

帰ってきたら、雪が積もっていて、また雪かきとなりましたがorz

《What's The Title?》

e0242504_1654418.jpgDon't Shoot Me I'm Only The Piano Player/Elton John

大鰐ですので、安直に"Crocodile Rock"。
Elton初のNo.1ヒットで、懐かしいロックンロールを意識したようなEltonの明るさがいい方向に出た曲だと思います。結構好きです。
このあとEltonは爆発的に売れていくんですけど、売れていくのと反比例して曲のクオリティは落ちる一方だと思います。
結局77年ごろからセールス的には行き詰ってしまうわけですが。
それでも復活したところはすごいと思いますが、クオリティは70年代前半を凌駕できていないと私は思うのですが、どうでしょうか。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-18 17:55 | Tsugaru | Comments(0)

Winter Wonderland

弘前で11月の声を聞いてから、ホワイト七五三をはじめ、関東以西でしか生活したことがない私にとってはサプライズの連続。

そして昨日も夜からどかどかと雪が降り続き、昼には10cmほどの積雪に。
なにしろ最高気温がマイナス2℃で(真冬日も旅行以外では人生初)、融けることなく積もる一方ですからね。

これならホワイトクリスマスなんて夢見なくても当たり前のようにやってきそうな気がする。

そして、一夜明けた今朝。
久々にアルコール抜きの週末で、さわやかに目覚めたところで、まずは雪かき。

e0242504_14451719.jpg我が家の温度計くんを玄関に連れて行って測ってみたら、やっぱ氷点下まで下がりました。

寒いの~。

昨日寝る前に雪かきしておいたので、それほど雪はたまっていなくて、すぐ終わったんだが、こんなにたくさんの雪を見るのは久しぶりでテンションが上がってしまい、雪だるまを作りたくなってきた。

たっぷり積もった雪で球を作ろうしたら、さらさらで全然固まらない。
寒い地方の雪は違うんですねえ。
e0242504_14503310.jpgでも、何もしないのももったいないので、雪を積み上げて山型のスノーマンを作ってみました→
そのうち雪を見るのも嫌になって、こんなことをする余裕もなくなってくるんだろうなあ。

実は今日、社宅のガスコンロが更新されたんだけど、ガスホースの長さが足りず、買わなきゃいけなくなった。
そんじゃ、ついでに雪の写真でも撮ってみるかとデジカメを持って出撃。

e0242504_14583894.jpg道路は車や人が踏み固めていて、雪が固く圧縮された状態。左の写真でわかるかなあ?
歩道の方が多少厚みがありますが、車道はアスファルトが透けて見えるぐらい薄く圧縮されてます(もっと車が多いところは融けてるし、少ないところは真っ白)。

ここを底がつるつるの普通の靴で歩くとめちゃくちゃ滑るんだが、雪国仕様のスタッドレス靴で歩くと大丈夫。
滑らなければ固まっていた方が歩きやすいからわざと固めてるみたい。
やっぱ雪靴は必需品だなあ。

弘前といえば、やっぱお城ということで、弘前公園を目指しました。

e0242504_155267.jpg堀は雪が降ってシャーベットのような状態で、春になると満開の花を咲かせる桜の木にも雪の花が咲いてました。

家を出るときに、防寒対策でジーンズの下に幼稚園以来のズボン下(いわゆる「ももひき」というやつ)をはいてきたんだが、大正解。

こんな雪の中弘前公園に行こうという物好きはそれほどいないようで、公園内は閑散としている。
ここにさくらまつりのときには1日に何十万という人が来るというのが信じられないような静けさ。

e0242504_15103899.jpgメインの通路の真ん中あたりには車と人が通った跡があるが、ほとんどが手つかずのバージンスノー状態で、写真を撮ろうと堀に近づいたりすると、脛のあたりまで埋もれちゃいました。
お城にはいってからは、青空も見えたりして、雪景色が映えてなかなかのものでした。

e0242504_15182277.jpg紅葉もきれいだったし、弘前公園は四季折々に楽しめます。

雪が降ったら冬眠しようかと思っていたんですが、雪靴でそこそこ歩けるのがわかったので、メタボ対策で雪が降っても散歩ぐらいするかなあ。

もっとも、弘前の人にとっては、雪は邪魔者以外の何物でもなく、弘前公園からホームセンターを経由して家に帰る間もため息まじりに雪かきをしている人の姿をたくさん見ました。

昨日降った雪は、今日も融けずに残りそうなので、このまま根雪になるかもしれません。

そのうち、私も見るのもいやってことになっちゃうかもしれません。

《What's The Title?》

e0242504_14373038.jpgA Very Special Christmas/Various Artists

弘前の冬は私にとっては、不思議な世界なので、この曲をタイトルにしました。
"Wonderland"という単語には、不思議なだけでなくてわくわくさせるような意味合いも含まれていると思うんですが、私にとっては、まだ若干わくわくするところが残ってますが、そうはいっても不安な部分も大きいので、この明るい曲を自分らの世界に引きずり込んで、ほんとに不思議な世界にしてしまってるEurythmicsのバージョンを選びました。
このアルバムは、EurythmicsのほかにもU2、Bruce Springsteen、Sting、Bryan Adamsなどなど超豪華なアーティストによるクリスマスソングのコンピレーションで、おなじみのクリスマスソングを一流アーティストが見事に料理している必聴盤で、その後も何作も続編が作られました。
クリスマスになると、私もヘビロテです。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-17 15:34 | diary | Comments(0)

Hard Times

やっと怒涛の1泊2日×2のアウェー飲み会が終了した。

火曜日からの1泊2日は、飲み会の場所とホテルが別だったし、軽く終わったのでよかったんだが、木曜からの泊りは、飲み会、泊りが同じホテルで、主催者側もそのまま同じ屋根の下に泊まっているということで、オフィシャルな宴会が終わった後もしっかり確保されてしまい、11時過ぎぐらいまでだらだらと飲んでしまい、部屋に帰ったら、ふろにも入れず即死状態。

翌金曜朝は、思いっきりアルコールが残ったままだったが、せっかく温泉のある宿なので、よろよろと朝風呂へ。

e0242504_17592987.jpg風呂からは左の写真のような湖の景色が見えて、結構いいところなんで、暖かくなったら、自転車で日帰り入浴にでも来るかな。

風呂に入って、何とか朝飯を食べたら、普段の30%ぐらいまで体調が戻り、会社に戻ってだましだまし仕事をして、あまり遅くまで残らず、fade out。

家に帰って夕食をとってまったり「クレヨンしんちゃん」を見ていたら、残業していた後輩のKくんから飲みのお誘い。
まだちょっとしんどかったけど、誘ってもらえるうちが花だと、積もったばかりの新雪を踏みしめて出撃。

お酒の方はどじょう内閣並みの安全運転で過ごし、2次会のカラオケは勘弁してもらい、今日はノーダメージで迎えられ、朝からカレーなどの料理を作ったりしてました。

アウェー飲みは、今年あと2回残ってはいるけれど、単発で週1回のペースだし、泊りがけのヘビーなやつもないので、ゴールは近いかなあ。

年が変われば、新年会が結構あるけど・・・

《What's The Title?》

e0242504_18153195.jpgDown Two Then Left/Boz Scaggs

今週はしんどかったので、タイトルはそのまんま"Hard Times"。
前作"Silk Degrees"の大ヒットの余勢をかって出したアルバムで、アルバムはそこそこヒットしたし、日本でも前作で名が売れて注目されるようになったのですが、シングルはこの曲を含め、アメリカでは不発でした。
でも、のちにAORとかMORとかいわれるおしゃれな大人のサウンドは確立されていて、この曲もかっこいいですよね。
それから、なんといってもアルバムジャケットがおしゃれですよね。
セールス的には、次のアルバム"Middle Man"の方がよかったような気がしますが、ジャケットは断然こっちの方がかっこいいですよね。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-10 18:30 | diary | Comments(0)

Feels Like The First Time

今日は、会社の決まりで年に何日かとらなければいけないお休み。

そうはいっても、土日に降り続いた雨が昨夜から雪になってうっすら積もっているという最悪のコンディションだし、明日から金曜までに1泊2日×2という遠征が待っているから、どこへも出かけずに、家の中の整理をしながらまったり。

弘前は山が近いせいか天気が変わりやすく、朝から雪かと思ったら、突然日がさして、屋根に積もった雪が融けてぼたぼたと滴が落ちている。
舗装道路にも雪は積もっていないし、この程度の天気なら久しぶりに(カラダカラで調べたら、先月も11日に1回やっただけだった)ジョギングでもしようかと、風呂も沸かして11時過ぎに出撃。

出かけた時には雪が降っていたが、雨と違って濡れないので、支障はなさそうだ。

いつもの土渕川沿いのサイクリングロードを走り始める。
久しぶりの割には快調だ。

しかし、そのうち雪が吹雪になり、走る方向によってはもろにアゲンストになって、息苦しい。
これは想定外だなあ。

半袖のTシャツの上に、上下のトレーニングウエアで寒いかと思ったら、走っているうちに大丈夫になってきたんだが、軍手で寒さ対策をしてきた手に風が吹くたびに冷たくなっていく。

e0242504_14264680.jpg1kmほど走ったところで、手がしびれてきたが、そのまま走る。
ところが、2kmを過ぎたあたりで、しびれが痛みに変わり、2.5km走ったところで我慢できずにUターン。

これまでも、雪の中で素手で遊んで手がかじかんだことがあるが、そんなレベルではなく、ただひたすら痛いという感覚。

気温が低かったせいか(予報では最高気温2℃だったので、たぶんそんなもんでしょうな)走る方は、2.5kmを汗もかかずに13分といいペースだったんだが、寒さによる手の痛みのためにリタイヤという初めての体験。

帰ってからも、雪は降ったりやんだりですが、日が照ることはなくなり、融けずにどんどん積もってます。
  
やはり東北の冬は侮れない。

《What's The Title?》

e0242504_1445953.jpgForeigner/Foreigner

ちゅうことで、タイトルは「衝撃のファーストタイム」。
いかにも70年代らしいエグい邦題ですねえ。
英米混成で、元King CrimsonのIan McDonaldがいるということで、話題になったForeignerですが、実際はソングライターのMick JonesとリードボーカルのLou Grammが中心のグループで、アメリカウケするポップなロックで、ファーストアルバムから大ヒットしました。
このファーストシングルもすごい勢いでチャートを駆け上って、タダモノでない感たっぷりでしたが、この曲はBad Companyあたりに通じる聴きやすいロックに徹したのが勝因でしょうね。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-05 14:39 | diary | Comments(0)

A Winter's Tale

津軽は冬たけなわ。最低気温が氷点下になるのも珍しくなくなってきました。
地元の人に言わせると、これでも11月としては雪が少ないらしいが・・・

e0242504_1821185.jpgいよいよ12月に入り、正月の帰宅のスケジュールも固まったので、まず29日会社から帰って、「えきねっと」で東京行きの新幹線チケットを20%オフでゲット。

夜まで残っていたのはラッキーだった。

そして、青森に戻るチケットは、土曜日の10時が発売時刻なので、さっくりゲットといきたかったんだが、10時前からパソコンがフリーズを連発。

何度インターネットに接続しても、JR東日本のトップページあたりでフリーズしてしまい、全然予約画面にたどり着けない。

結局11時半ごろやっとつながったと思ったら、めぼしい列車の10%オフ、20%オフは売り切れorz

「このぼろパソコンめ!」と本気でぶん殴ってやろうかと思っていたら、それから2時間ほどたって、突然ディスプレイが暗黒になり、その後ディスプレイはほとんど暗黒のまま。
寿命だったのかなあ。

そうこうしているうちに、出かける時間に。

平川市でこの土日に行われる「平川ねぷた冬の陣」を見に行くのだ。

昼前からあいにくの雨模様だったんだが、日曜もどうなるかわからないし(実際今日も雨が降ったりやんだりだし、風も強い)、関係者に見に行く約束をしていたので、雨の中出撃。

5時過ぎに現地についたが、冷たい雨が降り続き、つらいコンディション。
とりあえず約束をした関係者にあいさつし、屋台で買ったとん汁で暖をとりつつ、沿道に陣取る。

e0242504_1836898.jpg開会式に続いて、青森のよさこいチームによる演舞。

道にも水たまりができている最悪のコンディションの中、びしょ濡れになりながら、3回も踊っていた。
最後は、冷たい雨の中、湯気を出しながらの熱演で、頭が下がりました。

日曜もやるって言ってたが、風邪をひかなければよいが・・・

e0242504_18405097.jpg平川のねぷたといえば、世界一大きいというのが売りでして、現物はこれ→なんだが、結局雨ということで、市役所そばの格納庫から出撃できず、そのほかの各町のねぷたが巡航するだけとなりました。
なんだか戦艦大和を思い起こさせるなあ。

ほとんどのねぷたは防水加工されていないので、みんなビニールシートをかけてましたんで、世界一のねぶたは無理だよなあ。

e0242504_1845649.jpgそれでも、各町のねぷたは元気いっぱいに運航して(上半身裸のおにいさんもいた)、なかなかの見ものではありました。
ねぷた自体は珍しくはないんだけど、冬にやるというのはいいかもしれない。来年も見に来るかな。

9台のねぷたが一巡したところで、意を決して駅へ向かい、弘南鉄道を途中下車してケーズデンキへ行くことにした。
今日のパソコンの症状からすると、再起は難しそうだし、パソコンなしの生活は難儀だ。

家から行くよりはいくらか近いんだが、結局駅からケーズまで30分、ケーズから家まで1時間歩くはめになっちゃいましたが、さっくり買っちゃいました。

e0242504_1853240.jpgこいつ→です。
日本のメーカーのもので一番安いものということで、5年保証含みで7万円でした。

結局今日になっても、おんぼろの方はよみがえらず、昨夜からいろいろセッティングして、どうにか今までの8割ぐらいの作業はできるようになった。
買値は同じぐらいだが、性能は上がっているので、スピードは段違いだ。

HDの容量が小さいパソコンだったので、iTunesのミュージックファイルはすべて外付けのHDに入れていたのも不幸中の幸いだった。

突然死だったので、一部のページのパスワードがわからなくなり、ログインできなくなるなどの弊害が出ているんだが、なんといっても痛いのは、弘前に来てから撮った写真がすべておしゃかになったこと。

一瞬だけでも蘇らないかなあ。
   
   
《What's The Title?》

e0242504_18254053.jpgMade In Heaven/Queen

ちゅうことで、冬の出来事をだらだらと書きましたので、タイトルはそのまんま"A Winter's Tale"。
Freddieの死後に作られた悲しいアルバムですけど、ジャケットからイメージされるような冬の透明感があるアルバムですよね。
Freddieも死期を悟りつつ歌っていたかのように聞こえます。
この曲も冬の透明感にあふれています。
Freddieの死から10年以上が経ったなんて信じられないなあ。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-04 19:03 | diary | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧