カテゴリ:food( 14 )

8月の終わりごろ、仕事の泥沼で、疲れるわ、ストレスがたまりまくるわの毎日で、会社では極力明るく振舞っていたのだが、そうそうカラ元気も続かないので、家に帰ってきたら、心のままに、どよーんと落ち込んでいた。

すると、当然、周りの家族は心配するわけで、ありがたいことにやさしくしてくれるし、土曜日に慰労会をしてくれるという話になった。

e0242504_07045306.jpg
行き先は娘どもの好みを反映して、江古田の酒場留

一度入ろうとして断られたことがあるそれなりに人気のある店のようだ。

去年の5月に家族で行って以来で、店内完全禁煙というのが、タバコ嫌いの娘1号の好みに合ったようだ。

e0242504_07134576.jpg
実は前日会社で飲んだアルコールが多少残留している感じで、あまり生ビールをガンガンいける体調ではなさそうなので、まずはサッポロビール派として、なかなかお目にかかれないサッポロラガーを注文。

e0242504_07161341.jpg
かみさんは赤ワイン、娘1号は獺祭、娘2号はフローズンレモンサワー(写真右)を注文し、宴がスタート。

いろいろつまみを頼んで、みんなでシェアしながら、飲んでるとだんだん気持ちよくなってくる。

金曜日に仕事の泥沼は山場を越えたので、気分も明るくなり、楽しいお酒。

e0242504_07242852.jpg
サッポロラガーの中瓶を飲み干すと、私の方もエンジンがかかってきて、二敗目からは日本酒を注文。

ここ酒場留では、日本酒もワイングラスで提供される。
ワインがメインのお店なので、いろいろな形のグラスを使うより効率的なのかもしれない。

あれこれ飲み食いしたところで、酒に弱いかみさんがだいぶ酔っぱらってきたので、お会計。
e0242504_07365989.jpg

店を出たところで、娘1号が二次会に行ってもいいよと提案。
実は、前回酒場留に行ったときに、娘1号と二人で二次会に行って、私はめちゃ喜んだのだ。

前回同様、酒場留のすぐ近くで、我が家が何度も行っているつまみはうまいが値段は高い山下家を目指すことにした。

e0242504_07391709.jpg
ところが、ここでしたたかに酔っぱらっていたかみさんも二次会に行くと言い出し、結局4人で山下家へ行き、二次会スタート。

私と娘1号は日本酒、かみさんは梅酒のソーダ割、娘2号はあらごしみかん酒で二次会スタート。

e0242504_07454559.jpg
二次会では、山下家のうまいつまみを食べながら、しっぽり飲むかと思っていたんだが、4人なのでにぎやかな宴になり、かみさんは酒場留には揚げ物メニューがなかったのを不満に思っていたので、カキフライを注文するなど、それなりにつまみも頼む。

20分ほど飲み、カキフライも来たあたりで、さらに酔いが回ったかみさんが帰りたいって言いだす。

飲めないかみさんとしては、酒場留で赤ワインとカクテル、山下家で梅酒を飲んでるから限界だよなあ。

駄々っ子のように「帰って寝たい」を繰り返すかみさん。

結局、娘2号がどうしても食べたいと言っていた豚の角煮を一口食べたところで、かみさんを連れて帰る。

e0242504_07493182.jpg
結局前回同様、私と娘1号の二人だけ残る。

なんとなくそこから飲み続けるって雰囲気でもなく、残ってるお酒とつまみを平らげたところで撤収となりました。

山下家にいた時間は1時間ほどで、酒場留よりはるかに短かったんだが、お会計はほぼ同じで、2軒はしごでお財布的には結構なダメージとなりました。

私の慰労会だけど支払うのは私だ。

帰り道。
小腹が空いたので、スーパーかコンビニに寄ろうと提案したが、酒でカロリーとりすぎだと娘1号に否決されました。

いろいろモヤモヤするポイントも多かった慰労会でしたが、たっぷり癒されたので、pricelessですね。

《What's The Title?》

e0242504_08075384.jpg
Please Please Me/The Beatles

今回は私を喜ばせる企画でしたので、タイトルは"Please Please Me"。
ビートルズは私にとってはすべて後づけの世界なんですけど、あとからつらつら聴いてみると、デビュー曲の"Love Me Do"ってめちゃ凡庸ですけど、明らかにこの曲から世界が変わってますよね。
段違いのクオリティで、イギリスで初の大ヒットになったのもうなずけますよね。
とくにJohnが♪Come On♪と歌って、コーラスがかぶさるとこなんか鳥肌もんのカッコ良さだと思います。
こういう引き出しを持ってたのに、なんでデビュー曲は"Love Me Do"だったんですかねえ。




[PR]
by falling7813 | 2017-09-03 08:13 | food | Comments(0)
梅雨が明け、学校が夏休みに突入した週末。

e0242504_15075239.jpg
土曜日は、午前中いつものように図書館へ行き、読み終わった本を返し、左の写真のようなラインナップを借りてきた。

先週水曜日に、2004年11月に前のブログを始めて以降に読んだ本のデータベースを更新してみたんだが、もうすぐ延べの冊数が800に達する。

とくに4月に東京に復帰してからの読書はハイペースで、4月6冊、5月7冊、6月はなんと10冊、7月もすでに9冊だ。

名古屋の時は月2~3冊のペースだったので、ずいぶんペースアップしてる。
やっぱ通勤時間が長いからかなあ。

午後にはスポーツクラブへ行って、フルメニューの筋トレ。

e0242504_15152681.jpg
家に帰り、土曜恒例になりつつある夜の外食。
昨日もかみさんとふたり。

暑かったので近場のちから亭へ。
4月の東京復帰以来早くも3回目。
もうお得意さんだな。

e0242504_15173762.jpg
みっちりトレーニングしたのともろもろのご褒美にエビスビールをいただく。

運動の後のビールは至福だなあ。

かみさんはチーズときのこのリゾット、私はポークジンジャーを頼んだのだが、私のは売り切れで、ポークアラカルトに変更。

e0242504_15201156.jpg
バルサミコソースのポークソテーをメインに野菜類がいろいろあって楽しめるメニューで、まいう~でした。

かみさんが映画を見に行きたいと言っていたので、帰って調べてみたが、かみさん希望の4Dは席数が限られていて、とりあえず日曜の分は手ごろなのはなし。

e0242504_15270859.jpg
ちゅことで、日曜もいつもの日曜日。

かみさんがフルーツなどを盛り合わせた朝食。
こういうのは、単身中には絶対にないので、うれしい限り。

昼は珍しく全員がそろうので、ピザをオーダー。

e0242504_15295238.jpg
ネットで注文して、スポーツクラブの帰りに受け取って、1枚がタダ。

昼から缶(第三の)ビールをあけていただきました。

さすがに一食でLサイズ2枚は完食できないので、今日の夜も残ったピザだな。

そんな感じで、週末にはいろいろなものを食べて英気を養って、明日からの仕事に向かいます。

先週末にトラブルが発生して憂鬱極まりないんだが、サラリーマンだから逃げられないのでねえ。

《What's The Title?》

e0242504_15025326.jpg
Summertime Blues/Eddie Cochran

明日からのことを考えるとちょっと憂鬱なので、タイトルは”Summertime Blues"。
すっかりスタンダードになっていて、我が家にもBlue CheerとThe Whoそして王様のバージョンがありますが、オリジナルに敬意を表してEddie Cochranで。
いわゆるロカビリー時代の人なんで、その後のカバーバージョンに比べるとアコースティックでのんびりした感じはありますが、そのキャッチーナリフとメロディーはカバーバージョンを含めてヒットするのもうなずけますね。
歌詞は情けないものがありますけどね。
つける薬ない夏の憂鬱

[PR]
by falling7813 | 2017-07-23 15:51 | food | Comments(0)
この週末はうれしい3連休。

e0242504_18534137.jpg
しかも土曜日には家族が私の歓迎会を開いてくれた。

単身赴任中は、家に帰ると何かと理由をつけて家族で外食をしたんだが、東京に戻ってからはなかなか全員の都合がつかなくて、みんなで外食というのがなかなかできず、「せっかく帰ってきたのに歓迎会もないのか」とことあるごとに文句を言っていたら、ついに娘どもが企画してくれた。

場所は3年前に一度家族で来た池袋のシュラスコ屋

前にも書いたとおり、シュラスコにはなじみがある我が家。
娘どもも大好きということで、ここを選んだようだ。

e0242504_19001208.jpg
5時半に娘2号の予約で店に入る。
なんかうれしい。

夜のコースで、ランチと比べるとシュラスコの種類も多いし、サイドメニューも充実しているようだ。

e0242504_19021265.jpg
あっという間に肉の皿はいっぱいになるほどいろいろな種類のシュラスコが来て、がっつり肉をいただく。

e0242504_19051404.jpg
3年前に来た時は肉を運んでくる外人さんがあまり日本語で話さなかったんだが、今回は外人さんも「豚のスペアリブいかがですか」とか普通に日本語で話しかけるので、あたふたしながら身振り手振りのリアクションはせずに済んだ。

3年の間にいろいろクレームがあったのか、慣れたのか、どうなんだろう?

e0242504_19083286.jpg
肉をひととおりいただき(牛肉のサーロインが一番うまかったですね)、サイドメニューでもブラジル料理のしょっぱくて肉の味がするぜんざいフェイジョアータ(写真左)などもいただき、デザートでアイスまで食べてハイカロリーな宴でした。

娘プロデュースでしたけど、支払いは私。

やむなし。

そんな感じで華々しくスタートした三連休ですけど、暑い日が続くということで、あとは特段の予定なし。

日曜日は娘二人は出かけて、かみさんと二人が残るいつもの休日。

私は髪が伸びていたので床屋へ行き、図書館へ行って、昼食後スポーツクラブへ行くといういつものパターン。

先週の飲み会ウイークと土曜日のシュラスコで体重が高止まっているので、体重を減らすためにランニングマシンで、13km弱走り、3kmちょっと歩いて、大量に汗を出す。

おかげで今朝の体重は前日から2kg減。

e0242504_19241448.jpg
今日も特に予定はなく、午前中にスポーツクラブへ行って、軽い筋トレとウォーキング。

真夏日を記録した猛暑の中、家に帰って昼食すると、スポーツクラブの疲れも重なりお昼寝。

ちなみに二日連続で幼稚園生みたいだ。

なぜか娘二人も出かけず、夜も全員揃うということで、池袋東武で夕食の買い出し。

e0242504_19264666.jpg
4時から5時のタイムサービスの時間を狙って行って、娘どもの好物のローストビーフをメインに、あれこれと買い、在庫の豊盃をあけていただきました。

まいう~

しかし、家族と一緒だったので、豊盃は1合ほどしか飲めずに片づけられてしまい、ちょっと不完全燃焼気味だけど、まあ明日から仕事だし、明日も飲み会だから仕方ないかな。

明日からもがんばりますかね。

《What's The Title?》

e0242504_18515138.jpg
Beverly Hills Cop Original Soundtrack/Various Artists

三連休中連日の猛暑で、梅雨はどこへやら、ついに真夏のスイッチが入っちゃったかなあということろで、タイトルは故Glenn Freyの"The Heat Is On"。
言わずと知れたEaglesの中心メンバーとして一世を風靡したGlenn Freyですけど、ソロではEaglesのさわやかサウンドは封印し、なんかちょっとソウルっぽいけどふにゃっとしたサウンドで、イマイチウケずに終わってしまっていたところに、このサントラ。
主演のエディーマーフィー人気にも便乗し、クズのようなこの曲が大ヒットして、結局Kenny Loggins同様のサントラシンガー化して、「マイアミバイス」では俳優デビューまでしちゃいました。
EaglesのGlennが好きだった私にとっては複雑な展開でしたが、今となってはそんな彼もあの世の住人ということで、寂しい限りです。

[PR]
by falling7813 | 2017-07-17 19:37 | food | Comments(0)
超有酸素な土曜日を終え、一夜明け日曜日。

e0242504_16422988.jpgたくらみを実現するために、まずお買い物。
いつも行ってるマックスバリュではなく、なんとなく今日は、メッツ大曽根のヤマナカに行くことにした。

そしたら、いろいろ安売りしていたんで、ラッキーだったかも。

e0242504_16433702.jpg買い物が済んだら、ちょこっとたくらみの下準備をして、スポーツクラブへ。
日曜日は筋トレの日でしたが、今日でスポクラ3連投になるせいか、ちょっとバテ気味で、筋トレはどうにかこなしたが、その後の有酸素はウォーキング70分がやっと。

家に帰って、たくらみを実行。

e0242504_16454442.jpgそれはすき焼き!

夜に食べると太るの必至なので、あえてランチにして、ほかのスケジュールを調整したのだ。

いつも丸明で肉を買っていて、たまには牛肉買ってすき焼きやりたいとずっと思っていて、そろそろ年末だし、一度やっておこうと今日にした。

そしたら11月29日はいい肉の日だそうで、何たる偶然。

ちなみに、肉は昨日の大治自転車ツアーの帰りに丸明で買っておきました。
結構いい値段のする和牛です。

名古屋ですき焼きをするのは初めてだが、今までは台所のガスコンロでやっていて食べづらかった。

でも、夏に娘どもが来た時に、すき焼きにも対応できるようにと買った電気グリル鍋がある。

e0242504_16552100.jpg我が家の砂糖の在庫がだぶついているので、わりしたを使わず、まず、ねぎと牛肉を焼いて、しょうゆ、砂糖、酒で味付けしていく。

牛肉以外の材料は、白菜、春菊、ねぎ、えのき、焼き豆腐、しらたきというラインナップ。

e0242504_16592374.jpg第三のビールのロング缶を飲みながらいただいたが、まいう~。
さすがに丸明の牛肉もうまい。

ランチ中に今日がGeorge Harrisonの命日だと知り、食事のBGMはGeorge祭。

ビールの後、赤ワインに変えようかと思っていたが、意外にがっつり食ってしまい、ロング缶1本でアルコールは終了。

案の定食材も買いすぎで、食べきれなかったので、残った食材は全部煮込んで、明日以降弁当などに使う予定。

e0242504_17034211.jpg実はすき焼きと並行して、洗濯もしていたので、残った材料を煮込んでいる間に、室内干しに干す。
3日続けて、スポーツクラブに行ったので、スポーツウェアの洗濯がたまっていたのだ。

e0242504_17093950.jpg最近朝冷え込むようになり、今朝あたりは室内も15℃を切りちょっと肌寒かったが、すき焼きをやったおかげで、室内の気温も17℃を超え、最近室内に避難させているハイビスカスが花を咲かせました。

これで3日間の運動で痩せた分をだいぶ戻しちゃいましたけど、たまには食べないと元気出ないしね。

《What's The Title?》

e0242504_16353955.jpgExtra Texture/George Harrison

別のタイトルを考えていたんですが(もろわかりですが)、今日はGeorgeの命日ということで、内容とは関係ない「ギターは泣いてる」。
実はGeorgeが亡くなった2001年の今日は、大阪の職場でカラオケに行っていて、先輩のSさんと後輩のWくんが、何も知らずに見事なハモりで"While My Guitar Gently Weeps"を歌って、家に帰ったら、Gerogeが亡くなったことを知ったのを今でも覚えてます。
ちゅうことで命日の思い出である"While My Guitar Gently Weeps"もどきの「ギターは泣いてる」をタイトルにしたわけです。
Georgeって曲を量産できるタイプでないようで、この曲や"Here Comes The Moon"みたいに過去に作った曲を下敷きにして作った曲がありますよね。
このアルバムでは、中学1年生かと思われるような単純な歌詞の"You"もあったりして、かなり曲作りにテンパってたんですかねえ。

[PR]
by falling7813 | 2015-11-29 17:18 | food | Comments(0)
今日は火曜日の祝日。

スポーツクラブが定休日だし、雪の中遠出する元気もないので、とりあえず家中心に過ごす。

12月に入り、年内にやらなきゃいけないと思っていた3つの懸案事項のうち、年賀状とトイレ掃除は済ませたので、残りの1つにとりかかる。

それは札幌にあるパソコンの音楽ファイルのバックアップ。

e0242504_17390403.jpg私のiTunesの音楽ファイルはいろいろなパソコンで取り込んでいて、札幌のパソコンと東京の家にある赤いパソコンにコピーをとってメインに保存しているんだが、突然東京の家で赤いパソコンが娘1号の使用機になってしまい、これからどうなるか不安な状態になってきたので、札幌のパソコンのバックアップをとっておいた方がよさそうな雲行き。

ちゅうことで、東京の家からバックアップ用に使っていた外付けのハードディスクを持ってきて、3時間ほどかけてバックアップをとった。

ノートパソコンも突然死したりするからなあ。

当面の懸案が全部片付いたところで、12月に入ってからやろうと思っていた自分の慰労会を今日のランチでやることにした。

e0242504_17552192.jpg外は雪が積もっていて、あまり遠くには行く気がせず、近場でサンマルクにしようか迷ったんだが、回転寿司まつりやに決定。

いつ見ても混んでいるので、開店の11時に行ったら、待たずに座れたが、11時半を過ぎるころには満席になってたからまだまだ人気あるみたいだ。

e0242504_18010118.jpg今日は自分へのご褒美なので、いつもより高い皿でも食べようかと思ってきた。

とりあえず回っている皿の中から、しめさば(写真左:税別160円)、はまち(写真右下:税別248円)、ねぎはまちとろ軍艦(税別128円)をいただく。

どれもまいう~

e0242504_18070289.jpgそのうち、お客も増えてきて、あまりいいネタも流れてこなくなってきたので、注文しようかとメニューを見る。

メニューを見て、まずおいしそうな三点盛りに目が留まる。

注文しようかと写真の脇を見ると名前が「ブルースリー」

え!?

よくよく見ると、さば、いわし、さんまの青物三点盛りだった。
ちなみに1皿税別248円。

e0242504_18145701.jpgネタ的にはちょっと魅かれたけど、あまりにべたなネーミングでちょっと恥ずかしくなったし、さばはすでに食べていたので、さんま(写真左)といわし(各税別160円)をそれぞれ1皿ずつ注文。

青物ではさんまが一番まいう~でした。

結局10皿いただいて満腹でフィニッシュ。
お会計は税込み1,685円でした。

コスパではトリトンには及ばないけど、高級グルメ回転寿司のなごやか亭とか根室花まるよりはいいですね。

なんといっても家から近いのが便利でよい。

e0242504_18253587.jpg帰りはプラプラ買い物しながら帰りましたが、今日は、雪景色だけど、日差しもあって、日なたではそんなに寒さは感じなくて、のんびりお散歩でいいご褒美になりました。
午後は富士山駅伝を見ながらまったり。

夕食の時にワインでも飲もうかと思ったけど、体調がイマイチな感じもするので、やめておく。

明日会社だからねえ。

《What's The Title?》

e0242504_17351699.jpgEnter The Dragon/Lalo Schifrin

まつりやの「ブルースリー」のネーミングが衝撃的だったので、タイトルは「燃えよドラゴンのテーマ」。
これ、日本では流行りましたよね。
「アチャー」「アチョアチョ」とかいうブルースリーの奇声がフィーチャーされた曲ですけど、それだけに一度聴いたら忘れられないインパクトがありました。
Lalo Schihrinといえば、「スパイ大作戦」も彼の作品ですから、テーマ音楽の世界では巨匠ですよね。

[PR]
by falling7813 | 2014-12-23 18:37 | food | Comments(0)
3連休を利用して東京に帰ってきました。

金曜日の夜の飛行機で帰ってきたんだが、東京にはあちこちに変な格好した大人が。
あとでニュースを見たら、ハロウィーンで渋谷がたいへんなことになっていたそうだ。
札幌でもコドモが仮装したのは見かけたが、そもそも祭の趣旨もわからずに大人がああなるのはいかがなものだろう?

それはさておき、ハロウィーンは私の誕生日でもある。
家に帰ったら家族からプレゼントをもらった。
こういうのは素直に嬉しかったりする。

e0242504_09424944.jpg翌日は、バイトや部活で忙しい娘どもも昼なら空いてるということで、池袋でランチ。

知らなかったんだが、東口の区役所そばにWACCAというビルができたそうで、そこのシュラスコ屋へ。

昔笹塚に住んでいたことがあって、東京バモラにシュラスコ屋があり、近所だったんで何度か食べたことがある。
e0242504_09543697.jpgネットで調べたら、東京バモラは滅びてしまったようでちと寂しいな。

で、池麩のシュラスコ屋だが、ランチでも3300円という強気の価格設定(ちなみに夜は6000円!)でややひるんだが、娘どもにはウケがいいのは見えていたし、たまの家族での食事だからよかろう。

e0242504_09561059.jpg混むと嫌なので開店時間の11時に行ったんだが、並びはしなかったが、予約客が多くて結構盛況だ。

シュラスコは剣に刺して焼いた肉をナイフで切り分けてもらっていただくブラジル料理なんだが、ここの店は肉を持ってくる人が全員外人。
見た感じ全員がブラジル人とは思えないけど、ディズニーランド的なこだわりを感じる。
このへんのこだわりがお値段にはね返ってるのかな。

e0242504_09581532.jpg外人はみんなカタコトの日本語をしゃべるんだが、外人の波状攻撃で、こちらがテンバッてしまい、「No thank you」と英語で返したり、妙な手振りをしたり、プチ海外を味わえる。
これが狙いか?

シュラスコは肉に塩をして焼いただけのシンプルな料理なんで、ハズレは少なかろうと読んだんだが、案の定のまいうーで、家族のウケも抜群。
休日ランチでは、サーロイン、ヒレ、スペアリブ、ランプ、こぶ肉、ガーリックステーキなどの牛肉やポークスペアリブ、ラム、ソーセージ、鶏肉、なぜか鶏のハツ(これは完全にやきとり)に焼きパイナップルなど、全14種類あり、パイナップル以外の13種類たべましたが、バラエティーにとんでてよかったですね。

シュラスコは食べホで、それ以外にサラダ、パン、ライス、スープ、ブラジル料理の塩ぜんざい(名前何だっけ?)も食べホ、ソフトドリンクも飲みホ(東京バモラもそうだったけど)
肉をおいしくたらふく食べられるんで、コスパはまずまずだと思いますね。
ビールは高かったな。

家族ともども満足して、ハンズ、ABCマート、東武デパートであれこれ家族の買い物に付き合い、激しく散財する一日になったけど、たまの家族との休日だからねえ。

《What's The Title?》

e0242504_09453679.jpgA Night On The Town/Rod Stewart

肉でもなんでもそうですけど、最初の1切れが一番うまいっすよね。
これを経済学では限界効用逓減の法則っていうんだが、タイトルは"The First Cut Is The Deepest"。
アメリカのヒットチャートで初めてヒットさせたのはRod Stewartですが、もともとはCat Stevensの作品。
アルバムから「今夜きめよう」を大ヒットさせた後のセカンドシングルでしたけど、それほどハデではない曲なので、スマッシュヒットで終わりましたが、聴くほどに味が出る曲ではあります。
しかし邦題の「さびしき丘」っていうのはどうなんでしょう?
のちにSheryl Crowもカバーしましたが、やはり渋めな路線は継続していましたね。


[PR]
by falling7813 | 2014-11-04 10:04 | food | Comments(0)
今日はいよいよ札幌に戻る。

e0242504_12293220.jpg家族とはスケジュールが噛み合わない毎日だったが、今日も娘2号は学校、かみさんは友だちとランチ。
就活中の娘1号は珍しく昼ぐらいまでは空いているというので、ランチの約束を取り付ける。

とりあえず、朝イチで昨日空振りした散髪。
e0242504_12345195.jpg2ヶ月半ぶりにさっぱりした。

昨日とは打って変わって朝からいい天気で、外を歩いていても気持ちがいい。

ランチは江古田界隈では評判の洋食屋KITCHEN OBASAN

e0242504_12394496.jpg一旦家に帰ってちょっとまったりしてから娘と出かける。

私以外は何度か行っているようだが、私は2回目か3回目。

11時のオープンに合わせて行ったから一番乗りだったが、30分ぐらいの間に10人ぐらいお客さんが来たので、人気の程はうかがえる。

e0242504_12452551.jpg女子大生に人気のお店のようで、私たちのあと二組は女子大生二人組で、内装もそれっぽくおしゃれだし、人気メニューのオムライスには量を少なくしたコムライスがある。

江古田には3つも大学がありますからね。

e0242504_12502856.jpg注文は、娘1号はグリルチキンとミニオムレツの盛り合わせ(写真右:990円)、私はオムカレー(写真左下:990円)。

前に来た時は、フライの盛り合わせか何かを頼んで、テーブルに私の好きな醤油がなかったのであまりいい印象がなかったんだが、オムカレーはまいう~。

e0242504_12542640.jpgネットによればオムハヤシが人気のようなんだが、なんとなくカレーを食べたい気分との合わせ技でオムカレーにしたんだが、ごはんがちゃんとカレー味になっているし、卵はふわとろだし、カレーも適度にスパイシーでコクのあるカレーだ。
量も十分で(それでコムカレーがあるわけだ)、これは満足のいく品だ。

夕食に来るとなんとなく一品料理だと寂しいので定食系のオーダーをしがちだが、ここはメニューに一品の料理が多いのはそっちのほうが自信があるということかもしれない。

久しぶりに娘1号とのんびり話せたし、最後にちょっとポイント挽回の東京の休日でした。

《What's The Title?》

e0242504_12332777.jpgSweet Baby James/James Taylor

今日の空、そして最後にちょっといい思いをした私の気分を反映して、タイトルは"Sunny Skies"。
James Taylor初めてのヒットアルバムですが、当初はあのビートルズのアップルレコード所属で、精神的に不安定だったとかいう話を聞いた覚えがありますが、このアルバムを聴く限り、そんな印象は全然感じないですね。
この"Sunny Skies"は、のちの彼らしいほんわかと力の抜けた局長で、柔らかい陽ざしが合いそうな曲です。
[PR]
by falling7813 | 2014-07-08 13:06 | food | Comments(0)
今回の東京の休日は今日で終了。

16時の飛行機で札幌に戻ってきました。

この土日で家族で食事でもと思っていたんだが、土曜は娘どもとスケジュールが合わず、今日のランチで実行することにした。

e0242504_21235130.jpg羽田空港に向かうには大江戸線新江古田駅からだと乗り換え1回で便利なので、江古田駅南側で物色し、かみさんの発案で、今までちょっと気になっていたスペイン・モロッコ料理のアランダルースへ。

←このビルの2Fです。

e0242504_21285199.jpg昼なのでランチタイムだったんだが、パエリヤとタジン料理のメニューがあるようだ。

ちゅうことで、私はきのこのパエリヤ(写真右)。
一面野菜に埋め尽くされてますが、なかにはちゃんと味が染みたきのことごはんがはいっていてまいう~。

e0242504_21304225.jpg娘1号はシーフードパエリヤ(写真左)。
見た目は私のやつとあまりかわらないんだが、えび、かに、貝などが入っていて、しっかりとシーフードの味が出ていて、きのことはまったく違った味で、こちらはこちらでまいう~でした。


e0242504_21363912.jpgかみさんはチョリソーのタジン(写真右)。
全品ランチにはサラダがつくんですが、タジンにはパン(バケット)がつきます。

さて、かみさんのやつですが、チョリソーがメインということで、トマトベースのソースなんですが、かなりスパイシーでした。

e0242504_21395791.jpg娘2号はいわしのタジン(写真右)。
表面をイワシが埋め尽くし、いわしの下には、ジャガイモや豆類などが敷かれていて、タジンごとオーブンで温めたそうで、イワシの味がしっかり野菜類にしみ込んでました。
ちなみにいわしの上に乗っているのはオリーブです。

こっちのタジンもトマトベースのソースのようです。

私の好みからいくと、パエリヤの方が好きですね。

どれも熱々の状態で出てきて、ちゃんととりわけ用の小皿も出してくれるので、みんなでいろいろなのを頼んで、食べると楽しいですね。

ランチコースにはドリンクもつくんですけど、ホットコーヒー、アイスコーヒー、モロッコティーから選べます。

e0242504_21450631.jpgモロッコティーというのは、甘いミントティーで、かみさんと娘1号が頼みましたが、食後にはすっきりしていいかも。

ランチメニューはどれも1,200~1,300円ぐらいで安くはないですけど、たまには珍しくていいかも。

ちゅうことで、江古田はなかなか奥が深いところです。

《What's The Title?》

e0242504_21144538.jpgJust Another Day In Paradise/Bertie Higgins

モロッコいえば、カサブランカということで、Bertie Higginsの"Casablanca"をタイトルにしました。
このアルバムからはアメリカでは"Key Largo"がヒットして、結局Top40ヒットはこれ1曲だけの一発屋になってしまったわけですが、日本では、"Casablanca"がシングルカットされて大ヒットして、"Key Largo"はB面でした。
日本では映画"Casablanca"の知名度が高いし、曲もマイナー調で日本人好みだし、そして、郷ひろみがカバーするという戦略がヒットの要因でしょうね。
郷ひろみはこれ以外にもいろいろ洋楽のカバーをやってますけど、西條秀樹も"Y.M.C.A."やら"Careless Whisper"をカバーしてたし、野口五郎は「愛がメラメラ」なんていう間抜けなカバーをやってた。
そういえば、野口五郎は"Knock On Wood"や”Woman In Love"+”Heartbreaker"(Dionne Waewick)みたいなのもやってたなあ。

[PR]
by falling7813 | 2014-05-25 21:56 | food | Comments(0)
今日は、いつもの土曜日とちょっと違う過ごし方。

いつもは、朝食→洗濯→掃除→買い物(2~3週に1回クリーニングを出す)→パスタとかで昼食→スポーツクラブで筋トレ→パスタとかで夕食といった流れなんだが、今日は掃除が終わったあと、先に昼食してスポーツクラブへ。

今週は水曜日飲み会でスポーツクラブへ行かなかったので、昨日行って筋トレしたので、今日はファイトアタックBEATと有酸素。

スポーツクラブの後直接買い物に行って一旦帰宅し、5時前になったらお出かけ。

e0242504_19285980.jpg今日の夕食は外食。

土日はたまに何かイベントを入れたいところだが、まだ寒くてどこへ行ってもつらいだけなので、今日はグルメがテーマ。

今まで北海道で外食ってチェーン店か回転寿司ぐらいしか行ってなくて、ちょっと違うものが食べたいと思っていたら、北海道新聞に家の近くの洋食屋が有名店だと書いてあったので、行ってみることにしたのだ。

e0242504_19321656.jpg店の名は「グリル ラパン」

1983年オープンだそうだ。

いわゆる洋食屋さんで、ステーキ、ハンバーグ、カツレツ、シチューなどの一品物のほか、オムライス、ハヤシライス、パスタなどの食事ものもやっている。

夜の部がオープンする5時過ぎに行ったんだが、先客もいたし、店内20席ほどが5時半ごろにはほぼ埋まる人気。

e0242504_19360636.jpgメニューを見たら迷ってしまったが、ネットで調べるとシチューがおいしいと書いてあったので、牛ほほ肉のシチュー(1,290円)にパンセット《250円)をつけていただく。

ほほ肉はナイフも歯も必要ないほど軟らかく煮こまれていたんだが、ソースは普通だなあ。

混んでいたので一人客はカウンター席だったんだが、カウンターから見える厨房に思いっきりハインツのデミソースの缶が置いてあった。

たぶん加工してるんだろうけど、元ネタは見せちゃいかんよなあ。

ほかの人が頼んでたカツレツとかオムライスとかの方がよさそうに見えたけどどうなんでしょうねえ。

味やコスパが大満足とまではいかず、ちょっともやもやを残したディナーを終え、もう一つ今日夕方外出する目的だったクリーニング屋に先週出した洗濯物を取りに行って帰宅。
いい天気だったが、風が強くて寒かったなあ。

e0242504_19480900.jpgもやもや解消のために、家に帰ってから、ブラックニッカで一杯。

札幌に来て工場見学以来、すっかりニッカ党だ。

それに、ブラックニッカは4合瓶で700円前後で買えるんだけど、ロックでも十分飲める味で、他社に比べるとコスパがいい。

e0242504_20003910.jpg明日も午前中からスポーツクラブに行くつもりなので、アルコールが残りすぎると困るから、途中から、これまた北海道名物のガラナにチェンジ。

珍しいんで買ったんだけど、思いのほか甘かったのと、カロリーが高かったんでなかなか飲まずに今日まで在庫になってた。

洋食+ウイスキー+ガラナのカロリーでまた体重増えそうだけど、明日もカロリー消費するからいいかな。

《What's The Title?》

e0242504_20071979.jpgBuilding The Perfect Beast/Don Henley

夕暮れにグリルに行ったんで、タイトルは"Sunset Grill"。
Don Henleyが初めてソロで出したのが「ジョニーの青春」で、ソロアルバムが♪だけどジョニーは字が読めない♪(実はわりと好きなんだが)と「汚い洗濯屋」(こっちは嫌い)で大丈夫かと思ってましたけど、このセカンドアルバムはだいぶまともになりましたよね。
"Sunset Grill"はシングルカットされましたけど、それほどの曲じゃない印象があります。
やっぱこのアルバムは"The Boys Of Summer"に尽きるよなあ。

[PR]
by falling7813 | 2014-04-12 20:16 | food | Comments(2)
31日(水)は、娘1号滞在5日目。

月末ということで、いろいろと仕事があり休めず、娘には留守番をさせ、出勤。
前日居酒屋で気まずくなったので、いい冷却期間だったかも。

朝の天気予報では一日雨ということだったので、どこへ行ってもおもしろくなかっただろうと自分を納得させていたんだが、予報ははずれ、雨は4時ごろパラパラときた程度。

夕方、天気を見ながら、娘とメールのやり取りをして、夕食は回転寿司トリトンに決定。
滞在5日目にして、4回目の回転寿司。
でも、今まで地道に下見してきた甲斐があったってもんだ。

最寄駅の南平岸までは地下鉄で行き、6時前に店に着いたんだが、人気店だけあって、ボックス席待ちの客は多数ウェイティング。
カウンター席には2席あきがあり、そこへ待ちなしで、するっと座れる。

e0242504_18143244.jpgせっかくだから北海道らしいものを食べたらと娘にすすめ、たらば、ずわい、花咲の蟹三点盛り560円をオーダー(写真左)。
北海道に来たからには、タラバガニを食べさせようとチャンスを狙っていたんだが、札幌市内で買おうとすると、半身で7,000円とかするし、小樽の堺町通りや三角市場で物色しようと思ったが、小樽では娘のマニアックぶりが爆発し、時間なし。
小樽の三角市場でも半身で5,000円とかしてたから、値段的にもつらかったので、ここで560円で食べられれば、御の字だ。

さっそく、すし好きのかみさんに三点盛りの写真をメールしたら、ムカつくとのお返事。

e0242504_1815776.jpg娘の初たらばの感想は超まいう~。
さすがに三点盛りをアンコールするのは気が引けたようだが、たらばほぐしの軍艦273円(写真右)をオーダーし、また食べてました。

e0242504_18191683.jpgそのほかに、たこのこ軍艦(126円)や生ホタテ(315円)など北海道らしいものを食べてましたけど、とくにまいか(136円)(写真右)の鮮度がよくて気に入ったようで、まいかだけで3皿食べてました。

私はといえば、サーモン(136円)(写真下)などコスパのいいお皿を中心に食べ、単価を下げてました。

e0242504_1821178.jpg結局娘も私も10皿ずつ食べ、お会計は4,000円。
高い皿を結構食べたわりに、単価200円で済むのが、安い皿も充実しているトリトンのよさなんですよねえ。
やっぱ総合力では、ここが一番だなあ。

店を出ると、まだ暗くはなっていなかったし、雨も降っていなかったので、腹ごなしを兼ねて、家まで3kmちょっとの道を二人で歩く。

結局4店舗めぐった北海道回転寿司の感想やら、北海道の思い出やらを語りつつ、途中に通る豊平川のうんちくもたれて、家路。
前日のわだかまりも完全に消えて、めでたし。

家に帰って、かみさんに、娘1号が初たらばに超まいう~だったと自慢のメールをしたら、すでに娘から喜びのメールがはいってたようで、「ありがとね」とお礼を言われてしまった。

e0242504_18225781.jpgそんな回転寿司三昧の娘1号の初北海道は、今日で幕を閉じ、娘曰く初夏の気候(っていうか、娘がいる間はずっと雨模様で梅雨みたいでしたが)の北海道から、真夏の東京へ帰っていきました。

単身赴任中、いつも思うことだけど、家族が来るといつもはさびしい家の中が妙ににぎやかになり、こちらのテンションも上がりまくるんだが、帰った後の寂しさへの落差もまた大きくて、家の中が妙に静かで広く感じます。

さて、スポーツクラブでも行って、娘がいる間に太った体を絞ってきますかね。

《What's The Title?》

e0242504_18103313.jpgCompletion Backwards Principle/Tubes

ちゅうことで、タイトルは娘が回転寿司ばかり食べたのにちなんで、そのまんまTubesの"Sushi Girl"。
Tubesってときどき「ミュージックライフ」のグラビアを飾っていてたり、宣伝のページに載っていたんで、その存在は知っていたんだけど、出ている記事といえば、派手で品のないステージパフォーマンスばかりでキワモノグループという認識でした。
ところが、このアルバムにも収録されている"Don't Want To Wait Anymore"が初めてのTop40ヒットになりましたけど、非常にまともで地味なバラードで、今までの認識とのギャップに驚かされたものです。
どんな顔して歌ってるのかなあ(今ならYou Tubeで探せばみられるかなあ)。
そして、タイトルの"Sushi Girl"ですけど、こっちの方がバンドのビジュアルの印象には近くて、サビのところで、♪Su-Su Sushi♪って元気に歌ってます。
でも、曲調は当時日本でヒットしてたAirplayみたいに洗練されたサウンドで、おしゃれなアルバムジャケットとそれなりにバランスはとれてますね。
[PR]
by falling7813 | 2013-08-01 18:27 | food | Comments(0)