カテゴリ:food( 17 )

もうすぐ私の誕生日。

そうはいっても平日にはスケジュールがなかなか合わないので、今日家族が誕生会を開いてくれた。

e0242504_07045264.jpg
場所は江古田のCaffe Blu(右の写真の階段を上って2F)。

最近ランチで利用したところで、まだ夜使ったことないし、今日雨が降るのは予報でもわかっていたので、あまり歩かなくてもいいところということで、店の希望の一つとしてリクエストしていたのだ。

一度夜混んでいて入れなかったことがあるので、予約していたんだが、我々が行ったときは満席の人気ぶりでした。

e0242504_21495818.jpg
初めてのディナーだが、同じイタリアンでも何度か行っている桜台のカッパと違い、コースはないので一品ずつ頼まないといけない。

とりあえず、前菜の盛り合わせ(写真左)を人数分オーダーし、一人ずつメインメニューをオーダー。

e0242504_21532596.jpg
ちょっと待たされて前菜が登場。
でも、どれも凝っていてまいう~。

メインメニューを頼むときに、それぞれのメニューの値段のところが、「2,000/3,900」といった書かれ方をしていて、どういう意味か尋ねたら、左がハーフで、右がレギュラーだそうだ。
ハーフじゃ足りないだろうと思ってレギュラーを頼んだんだけど、レギュラーだと結構量が多くて、一人で食べるのはつらそうなので、結局四等分してみんなでシェア。

一人で食べるんならハーフで十分だったけど、オーダーの時に教えてほしかったなあ。

e0242504_21565520.jpg
メイン料理は、魚のソテー、アクアパッツァ(写真右上)、豚肉のビスク煮込み(写真左)と来るが、それぞれ中20分ぐらい間をおいてくるので、気が短いかみさんは徐々に機嫌が悪くなる。

それぞれの料理はおいしいんだけど、席数に比べると厨房の処理能力がついて行けてないのかなあ。

e0242504_22013265.jpg
メインのラストとなったのは馬肉のロースト(写真右)で、粒マスタードをフィーチャーした赤ワインソースがおいしいし、馬肉も柔らかくて、これもハイレベルだったんだが、店に入ってから2時間近く経過しちゃってました。

4人以上だと事前に予約できるパーティーメニューもあるので、そっちの方がよかったのかと思いましたけど、待ち時間に完全にキレてしまったかみさん的にはディナーのリピートはなさそうだなあ。

e0242504_22062538.jpg
メインディッシュにはとくにパンもライスもついてないんだけど、それも教えてくれなかったけど、レギュラーのメインを4皿食べたんで十分満腹になりました。

お酒も乾杯のビールからスパークリングワイン、白ワインと飲んだしなあ。

味的には満足なんだけど、サービスが追い付いてない感じが残念。

結局たっぷり2時間かけたディナーを終えて帰宅。

そしたら、家族みんなからバースデープレゼントをもらいました。

e0242504_22091110.jpg
ひとつは地ビール。

小樽麦酒とエチゴビール。
地ビールは値段が高いのでなかなか自分では買わないので、うれしい限り。

さすがに今日は満腹で飲めないので、近いうちに試してみたいなあ。

e0242504_22120513.jpg
そのほかにもスポーツタオルやらハワイアングッズをもらいました。

どれも実際使えるものばかりなので、さっそく使わせてもらいます。

単身赴任中は、タイミングよく誕生日の近辺に帰宅できるとも限らないので、去年みたいにうまく家族と祝える年ばかりとは限らなくて、寂しい思いもしてきたので、家にいるとこういうのは素直にうれしいですね。

東京に帰ってきて、仕事の内容自体はおもしろくないし、いろいろトラブルもあって大変なんだけど、こういういい思いをすると、それも仕方ないと納得できちゃいますね。

《What's The Title?》

e0242504_22192823.jpg
Greatest Hits/B.J. Thomas

ちゅうことで、今日は雨にぬれてもハッピーでしたので、タイトルは「雨にぬれても」。
1976年に洋楽を聴き始めた私ですが、1970年にヒットしたこの曲のメロディはあすがに聴いたことがありました。
記憶にあるのは、ピンポンパンのおねえさん(たぶん酒井ゆきえおねえさん)が、傘を持って踊りながら、♪雨にぬれても平気です~♪と歌っていたのを思い出します。
いかにもBurt Bacharachらしい弾むようなポップなメロディにB.J. Thomasのちょっとハスキーな声が見事にマッチして、1970年代最初の全米No.1に輝く記念すべきヒットとなったのもうなずける名曲ですけど、もともとはほかの人に書いた曲をカバーしたそうで、我が家にもBacharach御用達のDionne Warwickが歌ってるバージョンがあります。
でもやっぱB.J. Thomasが一番マッチしているように聴こえるのは不思議なもんです。

[PR]
by falling7813 | 2017-10-28 22:29 | food | Comments(2)
昨日は娘2号の誕生会をした。

9月生まれなんだが、当事者の娘2号が忙しくてなかなかスケジュールが合わず、ずーっと延び延びになっていて、やっと昨日の夜家族全員がそろうということで、10日以上遅れて月をまたいでの誕生会。

e0242504_05202010.jpg
会場は娘2号のリクエストで、江古田の軍鶏料理屋軍鶏八

我が家では安定した人気店で、過去にもブログに登場してます

私は生、かみさんは梅酒、娘1号は日本酒楯野川ひやおろし、娘2号はゆず酒で乾杯。

誕生会だから好きに頼んでいいということにして、軍鶏料理をいろいろオーダー。

e0242504_05205850.jpg
まずはここの名物でもある軍鶏肉の刺身の三点盛り。

写真の左からささみ、ムネ肉、モモ肉の三点で、どれも鮮度抜群でまいう~。
とくにモモ肉は軍鶏だけあって筋肉質で、脂っぽくなくて、歯ごたえ抜群です。

e0242504_05234585.jpg
次はたたき。

軽くあぶったモモ肉に玉ねぎと万能ねぎを合わせて、キョーレツに辛いもみじおろしをかけた上からポン酢をかけたもの。

さっぱりといただけるんですけど、もみじおろしがめちゃ辛いので、辛いものが苦手な娘1号はよけて食べてます。

e0242504_05303751.jpg
次は天ぷら。
これは見たまんま普通の天ぷらなんですけど、肉がうまいんでシンプルにうまくて、我が家では人気商品です。

もう2~3個乗ってたんだけど、写真を撮る前につままれてしまいました。

奥にあるように、塩かおろしポン酢でいただきますが、我が家はシンプルに塩派が多いですね。

e0242504_05313214.jpg
つづいては、軍鶏ときのこのホイル焼き。

これはきょうのおすすめメニューに載っていたもので、季節もののメニューなんでしょうね。

エリンギやえのきにも軍鶏の味がしみ込んでいてこれもまいう~。

ホイルの上に出ている肉汁をすすりたかったなあ。

e0242504_05360963.jpg
そして、軍鶏の味をシンプルに楽しめる焼き鳥。

肉の味を楽しむために当然の塩焼きで、右上に載っているのはお好みでつけるみそです。

昨日はほかのお客さんもがっつり食べていたので出てくるのに時間がかかって、メインアクトのタイミングで出てきましたが、十分にメインが務まる存在感です。

左から、正肉、かわ、ねぎま、ソリ、ソデが2本ずつ。

ちなみに、軍鶏の焼き鳥は数量限定のようで、昨日も我々が食べ終わった後、5種類のうち2~3種類が売り切れになってました。

e0242504_05404989.jpg
昨日はさらに締めに軍鶏丼の特上まで頼みました。

特上って初めて頼んだんだけど、軍鶏とごぼうに卵がかかってて、ごはんにもよく軍鶏だしがしみていて絶品でした。

でも、以前はメニューに親子丼があって、これもおいしかったんだが、なくなっちゃったのかなあ。

これ以外にも、秋刀魚と本睦の刺身や野菜コロッケ、カマンベールチーズフライなんかも食べちゃったし、私は、とりあえず生からハイボール、中々のロックときて、娘が飲みきれなかった日本酒の残りもいただいちゃったので、かなりハイカロリーだったけど、まあよかろう。

e0242504_05502752.jpg
みんなほろ酔い気分で外に出て、娘2号からは、誕生日以降何度かショートケーキや好物のビアードパパのシュークリームを買ってきてたので、バースデーケーキはいらないと言われてたんだけど、帰りに日芸そばのケーキ屋さんアンデルセンに寄ってみるかという話になる。

e0242504_05535002.jpg
8時の閉店間際だったので、あまりケーキは残ってなかったけど、たまたま5号のデコレーションケーキがあったので、家でハピバースデーのセレモニーもやりました。

ちゅうことで、家に帰って家族でデコレーションケーキを4分の1ずつ。

さらにカロリーオンになっちゃったけど、娘もご満悦だったのでOKだ。

《What's The Title?》

e0242504_05100336.jpg
Two Places At The Same Time/Ray Parker Jr. & Raydio

ちゅうことで、タイトルはやっとパーティの時間になったということで、Raydioの「パーティーナウ」。
このアルバムからはタイトル曲である「誓いのセイムタイム」が日米でファーストシングルになったんだけど、それまでのヒット曲と違いスローなのが災いしたのかイマイチヒットせずで、日本ではこの「パーティーナウ」の方がヒットしました。
当時はまだディスコが健在な時代でしたんで、日本ではこういうシンプルなディスコチューンの方がウケたんでしょうね。
サビメロの繰り返しが多くて、中身のない曲だなあというのが私の感想ですけど、ディスコではかえってそういう方が需要があるんでしょうね。


[PR]
by falling7813 | 2017-10-08 06:07 | food | Comments(0)
郵便受けにチラシが入っていた。

e0242504_16004332.jpg
江古田北口商店街による「きたぐちフェスタ」。

我が家では江古田ゆうゆうロードのナイトバザールにはたまに行ったりするんだが、今まで「きたぐちフェスタ」とやらには行ったことがない。

でも第43回と書いてあるので、それなりに歴史はあるみたいだ。

午前中にスポーツクラブに行って、午後からかみさんと娘2号を連れて行ってみた。

e0242504_16050364.jpg
いろいろな屋台が出ていて、しかも屋台業者じゃなくて、地元のお店がテントを張って出していて好感が持てる感じ。

ちらしを見て、生ビールと焼き鳥、マグロフライなどを狙っていたんだが、車がすれ違えそうにない狭い通りに密集して屋台が出されているので、どこもかしこも混雑していて、酒の肴を物色するような雰囲気ではない。

ビールを買っても、つまみと一緒に飲み食いするスペースはないわな。

e0242504_16082126.jpg
企画倒れ的な感じになってきたので、この通りに面しているイタリアンのCaffe Bluに二人を誘う。

このCaffe Bluは一度かみさんとランチに来たことがあって、なかなかよかったし、今や食べログでも高得点を獲得しているんだが、それだけに混んでいて、先週もランチに来たけど、はいれなかった。

e0242504_16125239.jpg
今日もイベントで混んでるかなと思ったら、ちょっとだけ空席があり、運よく入店できた。

店にはThe Style Councilの"Cafe Bleu"のLPジャケットも飾られ、ご覧のとおり落ち着いた内装なんだが(さっきまでここにもおばさん軍団がいた)、運悪く、おばさんの団体が3組もいて、でかい声でしゃべっていて店の雰囲気はぶち壊し状態。

e0242504_16164745.jpg
それにもめげず、かみさんと娘2号は、カルパッチョとパスタ、コーヒーのAコース1,350円を、私は前菜、パスタ、デザート、コーヒーのBコース2,200円をオーダー。

前菜は左の写真のような感じで、いろいろなものが味わえて楽しい。

e0242504_16184457.jpg
そして、パスタは2種類から選べるんだけど、私はタラのペペロンチーノ(写真右)にしました。

お試し済みでしたけど、味はまいう~で、ちょっとお高めだけど、いい感じのイタリアンです。

屋台で昼食をすますつもりだったのが、ちょっと散財しちゃいましたけど、いつもは忙しい娘2号と一緒だったし、こういうランチもたまにはよかろう。

《What's The Title?》

e0242504_15174232.jpg
Cafe Bleu/The Style Council

店にこのジャケットが飾ってあったし、たぶんこのアルバムにちなんだ店名だろうということで、タイトルはアルバム"Cafe Bleu"から、それっぽいタイトルの"Blue Cafe"にしました。
ジャズが苦手な私にとっては、このアルバムは正直しんどいんですよね。
Paul Wellerは何をとち狂ってしまったんだろうと当時は思いました。
タイトルにした”Blue Cafe"もつまらん曲だったという記憶しかありません。
なにしろLPは買いましたが、CDで買い直していないので、この音源とはご無沙汰なんですよね。
意外と歳をとって波長が合うかもしれないから、今度図書館ででも借りてみるかな。


[PR]
by falling7813 | 2017-10-01 16:28 | food | Comments(0)
8月の終わりごろ、仕事の泥沼で、疲れるわ、ストレスがたまりまくるわの毎日で、会社では極力明るく振舞っていたのだが、そうそうカラ元気も続かないので、家に帰ってきたら、心のままに、どよーんと落ち込んでいた。

すると、当然、周りの家族は心配するわけで、ありがたいことにやさしくしてくれるし、土曜日に慰労会をしてくれるという話になった。

e0242504_07045306.jpg
行き先は娘どもの好みを反映して、江古田の酒場留

一度入ろうとして断られたことがあるそれなりに人気のある店のようだ。

去年の5月に家族で行って以来で、店内完全禁煙というのが、タバコ嫌いの娘1号の好みに合ったようだ。

e0242504_07134576.jpg
実は前日会社で飲んだアルコールが多少残留している感じで、あまり生ビールをガンガンいける体調ではなさそうなので、まずはサッポロビール派として、なかなかお目にかかれないサッポロラガーを注文。

e0242504_07161341.jpg
かみさんは赤ワイン、娘1号は獺祭、娘2号はフローズンレモンサワー(写真右)を注文し、宴がスタート。

いろいろつまみを頼んで、みんなでシェアしながら、飲んでるとだんだん気持ちよくなってくる。

金曜日に仕事の泥沼は山場を越えたので、気分も明るくなり、楽しいお酒。

e0242504_07242852.jpg
サッポロラガーの中瓶を飲み干すと、私の方もエンジンがかかってきて、二敗目からは日本酒を注文。

ここ酒場留では、日本酒もワイングラスで提供される。
ワインがメインのお店なので、いろいろな形のグラスを使うより効率的なのかもしれない。

あれこれ飲み食いしたところで、酒に弱いかみさんがだいぶ酔っぱらってきたので、お会計。
e0242504_07365989.jpg

店を出たところで、娘1号が二次会に行ってもいいよと提案。
実は、前回酒場留に行ったときに、娘1号と二人で二次会に行って、私はめちゃ喜んだのだ。

前回同様、酒場留のすぐ近くで、我が家が何度も行っているつまみはうまいが値段は高い山下家を目指すことにした。

e0242504_07391709.jpg
ところが、ここでしたたかに酔っぱらっていたかみさんも二次会に行くと言い出し、結局4人で山下家へ行き、二次会スタート。

私と娘1号は日本酒、かみさんは梅酒のソーダ割、娘2号はあらごしみかん酒で二次会スタート。

e0242504_07454559.jpg
二次会では、山下家のうまいつまみを食べながら、しっぽり飲むかと思っていたんだが、4人なのでにぎやかな宴になり、かみさんは酒場留には揚げ物メニューがなかったのを不満に思っていたので、カキフライを注文するなど、それなりにつまみも頼む。

20分ほど飲み、カキフライも来たあたりで、さらに酔いが回ったかみさんが帰りたいって言いだす。

飲めないかみさんとしては、酒場留で赤ワインとカクテル、山下家で梅酒を飲んでるから限界だよなあ。

駄々っ子のように「帰って寝たい」を繰り返すかみさん。

結局、娘2号がどうしても食べたいと言っていた豚の角煮を一口食べたところで、かみさんを連れて帰る。

e0242504_07493182.jpg
結局前回同様、私と娘1号の二人だけ残る。

なんとなくそこから飲み続けるって雰囲気でもなく、残ってるお酒とつまみを平らげたところで撤収となりました。

山下家にいた時間は1時間ほどで、酒場留よりはるかに短かったんだが、お会計はほぼ同じで、2軒はしごでお財布的には結構なダメージとなりました。

私の慰労会だけど支払うのは私だ。

帰り道。
小腹が空いたので、スーパーかコンビニに寄ろうと提案したが、酒でカロリーとりすぎだと娘1号に否決されました。

いろいろモヤモヤするポイントも多かった慰労会でしたが、たっぷり癒されたので、pricelessですね。

《What's The Title?》

e0242504_08075384.jpg
Please Please Me/The Beatles

今回は私を喜ばせる企画でしたので、タイトルは"Please Please Me"。
ビートルズは私にとってはすべて後づけの世界なんですけど、あとからつらつら聴いてみると、デビュー曲の"Love Me Do"ってめちゃ凡庸ですけど、明らかにこの曲から世界が変わってますよね。
段違いのクオリティで、イギリスで初の大ヒットになったのもうなずけますよね。
とくにJohnが♪Come On♪と歌って、コーラスがかぶさるとこなんか鳥肌もんのカッコ良さだと思います。
こういう引き出しを持ってたのに、なんでデビュー曲は"Love Me Do"だったんですかねえ。




[PR]
by falling7813 | 2017-09-03 08:13 | food | Comments(0)
梅雨が明け、学校が夏休みに突入した週末。

e0242504_15075239.jpg
土曜日は、午前中いつものように図書館へ行き、読み終わった本を返し、左の写真のようなラインナップを借りてきた。

先週水曜日に、2004年11月に前のブログを始めて以降に読んだ本のデータベースを更新してみたんだが、もうすぐ延べの冊数が800に達する。

とくに4月に東京に復帰してからの読書はハイペースで、4月6冊、5月7冊、6月はなんと10冊、7月もすでに9冊だ。

名古屋の時は月2~3冊のペースだったので、ずいぶんペースアップしてる。
やっぱ通勤時間が長いからかなあ。

午後にはスポーツクラブへ行って、フルメニューの筋トレ。

e0242504_15152681.jpg
家に帰り、土曜恒例になりつつある夜の外食。
昨日もかみさんとふたり。

暑かったので近場のちから亭へ。
4月の東京復帰以来早くも3回目。
もうお得意さんだな。

e0242504_15173762.jpg
みっちりトレーニングしたのともろもろのご褒美にエビスビールをいただく。

運動の後のビールは至福だなあ。

かみさんはチーズときのこのリゾット、私はポークジンジャーを頼んだのだが、私のは売り切れで、ポークアラカルトに変更。

e0242504_15201156.jpg
バルサミコソースのポークソテーをメインに野菜類がいろいろあって楽しめるメニューで、まいう~でした。

かみさんが映画を見に行きたいと言っていたので、帰って調べてみたが、かみさん希望の4Dは席数が限られていて、とりあえず日曜の分は手ごろなのはなし。

e0242504_15270859.jpg
ちゅことで、日曜もいつもの日曜日。

かみさんがフルーツなどを盛り合わせた朝食。
こういうのは、単身中には絶対にないので、うれしい限り。

昼は珍しく全員がそろうので、ピザをオーダー。

e0242504_15295238.jpg
ネットで注文して、スポーツクラブの帰りに受け取って、1枚がタダ。

昼から缶(第三の)ビールをあけていただきました。

さすがに一食でLサイズ2枚は完食できないので、今日の夜も残ったピザだな。

そんな感じで、週末にはいろいろなものを食べて英気を養って、明日からの仕事に向かいます。

先週末にトラブルが発生して憂鬱極まりないんだが、サラリーマンだから逃げられないのでねえ。

《What's The Title?》

e0242504_15025326.jpg
Summertime Blues/Eddie Cochran

明日からのことを考えるとちょっと憂鬱なので、タイトルは”Summertime Blues"。
すっかりスタンダードになっていて、我が家にもBlue CheerとThe Whoそして王様のバージョンがありますが、オリジナルに敬意を表してEddie Cochranで。
いわゆるロカビリー時代の人なんで、その後のカバーバージョンに比べるとアコースティックでのんびりした感じはありますが、そのキャッチーナリフとメロディーはカバーバージョンを含めてヒットするのもうなずけますね。
歌詞は情けないものがありますけどね。
つける薬ない夏の憂鬱

[PR]
by falling7813 | 2017-07-23 15:51 | food | Comments(0)
この週末はうれしい3連休。

e0242504_18534137.jpg
しかも土曜日には家族が私の歓迎会を開いてくれた。

単身赴任中は、家に帰ると何かと理由をつけて家族で外食をしたんだが、東京に戻ってからはなかなか全員の都合がつかなくて、みんなで外食というのがなかなかできず、「せっかく帰ってきたのに歓迎会もないのか」とことあるごとに文句を言っていたら、ついに娘どもが企画してくれた。

場所は3年前に一度家族で来た池袋のシュラスコ屋

前にも書いたとおり、シュラスコにはなじみがある我が家。
娘どもも大好きということで、ここを選んだようだ。

e0242504_19001208.jpg
5時半に娘2号の予約で店に入る。
なんかうれしい。

夜のコースで、ランチと比べるとシュラスコの種類も多いし、サイドメニューも充実しているようだ。

e0242504_19021265.jpg
あっという間に肉の皿はいっぱいになるほどいろいろな種類のシュラスコが来て、がっつり肉をいただく。

e0242504_19051404.jpg
3年前に来た時は肉を運んでくる外人さんがあまり日本語で話さなかったんだが、今回は外人さんも「豚のスペアリブいかがですか」とか普通に日本語で話しかけるので、あたふたしながら身振り手振りのリアクションはせずに済んだ。

3年の間にいろいろクレームがあったのか、慣れたのか、どうなんだろう?

e0242504_19083286.jpg
肉をひととおりいただき(牛肉のサーロインが一番うまかったですね)、サイドメニューでもブラジル料理のしょっぱくて肉の味がするぜんざいフェイジョアータ(写真左)などもいただき、デザートでアイスまで食べてハイカロリーな宴でした。

娘プロデュースでしたけど、支払いは私。

やむなし。

そんな感じで華々しくスタートした三連休ですけど、暑い日が続くということで、あとは特段の予定なし。

日曜日は娘二人は出かけて、かみさんと二人が残るいつもの休日。

私は髪が伸びていたので床屋へ行き、図書館へ行って、昼食後スポーツクラブへ行くといういつものパターン。

先週の飲み会ウイークと土曜日のシュラスコで体重が高止まっているので、体重を減らすためにランニングマシンで、13km弱走り、3kmちょっと歩いて、大量に汗を出す。

おかげで今朝の体重は前日から2kg減。

e0242504_19241448.jpg
今日も特に予定はなく、午前中にスポーツクラブへ行って、軽い筋トレとウォーキング。

真夏日を記録した猛暑の中、家に帰って昼食すると、スポーツクラブの疲れも重なりお昼寝。

ちなみに二日連続で幼稚園生みたいだ。

なぜか娘二人も出かけず、夜も全員揃うということで、池袋東武で夕食の買い出し。

e0242504_19264666.jpg
4時から5時のタイムサービスの時間を狙って行って、娘どもの好物のローストビーフをメインに、あれこれと買い、在庫の豊盃をあけていただきました。

まいう~

しかし、家族と一緒だったので、豊盃は1合ほどしか飲めずに片づけられてしまい、ちょっと不完全燃焼気味だけど、まあ明日から仕事だし、明日も飲み会だから仕方ないかな。

明日からもがんばりますかね。

《What's The Title?》

e0242504_18515138.jpg
Beverly Hills Cop Original Soundtrack/Various Artists

三連休中連日の猛暑で、梅雨はどこへやら、ついに真夏のスイッチが入っちゃったかなあということろで、タイトルは故Glenn Freyの"The Heat Is On"。
言わずと知れたEaglesの中心メンバーとして一世を風靡したGlenn Freyですけど、ソロではEaglesのさわやかサウンドは封印し、なんかちょっとソウルっぽいけどふにゃっとしたサウンドで、イマイチウケずに終わってしまっていたところに、このサントラ。
主演のエディーマーフィー人気にも便乗し、クズのようなこの曲が大ヒットして、結局Kenny Loggins同様のサントラシンガー化して、「マイアミバイス」では俳優デビューまでしちゃいました。
EaglesのGlennが好きだった私にとっては複雑な展開でしたが、今となってはそんな彼もあの世の住人ということで、寂しい限りです。

[PR]
by falling7813 | 2017-07-17 19:37 | food | Comments(0)
超有酸素な土曜日を終え、一夜明け日曜日。

e0242504_16422988.jpgたくらみを実現するために、まずお買い物。
いつも行ってるマックスバリュではなく、なんとなく今日は、メッツ大曽根のヤマナカに行くことにした。

そしたら、いろいろ安売りしていたんで、ラッキーだったかも。

e0242504_16433702.jpg買い物が済んだら、ちょこっとたくらみの下準備をして、スポーツクラブへ。
日曜日は筋トレの日でしたが、今日でスポクラ3連投になるせいか、ちょっとバテ気味で、筋トレはどうにかこなしたが、その後の有酸素はウォーキング70分がやっと。

家に帰って、たくらみを実行。

e0242504_16454442.jpgそれはすき焼き!

夜に食べると太るの必至なので、あえてランチにして、ほかのスケジュールを調整したのだ。

いつも丸明で肉を買っていて、たまには牛肉買ってすき焼きやりたいとずっと思っていて、そろそろ年末だし、一度やっておこうと今日にした。

そしたら11月29日はいい肉の日だそうで、何たる偶然。

ちなみに、肉は昨日の大治自転車ツアーの帰りに丸明で買っておきました。
結構いい値段のする和牛です。

名古屋ですき焼きをするのは初めてだが、今までは台所のガスコンロでやっていて食べづらかった。

でも、夏に娘どもが来た時に、すき焼きにも対応できるようにと買った電気グリル鍋がある。

e0242504_16552100.jpg我が家の砂糖の在庫がだぶついているので、わりしたを使わず、まず、ねぎと牛肉を焼いて、しょうゆ、砂糖、酒で味付けしていく。

牛肉以外の材料は、白菜、春菊、ねぎ、えのき、焼き豆腐、しらたきというラインナップ。

e0242504_16592374.jpg第三のビールのロング缶を飲みながらいただいたが、まいう~。
さすがに丸明の牛肉もうまい。

ランチ中に今日がGeorge Harrisonの命日だと知り、食事のBGMはGeorge祭。

ビールの後、赤ワインに変えようかと思っていたが、意外にがっつり食ってしまい、ロング缶1本でアルコールは終了。

案の定食材も買いすぎで、食べきれなかったので、残った食材は全部煮込んで、明日以降弁当などに使う予定。

e0242504_17034211.jpg実はすき焼きと並行して、洗濯もしていたので、残った材料を煮込んでいる間に、室内干しに干す。
3日続けて、スポーツクラブに行ったので、スポーツウェアの洗濯がたまっていたのだ。

e0242504_17093950.jpg最近朝冷え込むようになり、今朝あたりは室内も15℃を切りちょっと肌寒かったが、すき焼きをやったおかげで、室内の気温も17℃を超え、最近室内に避難させているハイビスカスが花を咲かせました。

これで3日間の運動で痩せた分をだいぶ戻しちゃいましたけど、たまには食べないと元気出ないしね。

《What's The Title?》

e0242504_16353955.jpgExtra Texture/George Harrison

別のタイトルを考えていたんですが(もろわかりですが)、今日はGeorgeの命日ということで、内容とは関係ない「ギターは泣いてる」。
実はGeorgeが亡くなった2001年の今日は、大阪の職場でカラオケに行っていて、先輩のSさんと後輩のWくんが、何も知らずに見事なハモりで"While My Guitar Gently Weeps"を歌って、家に帰ったら、Gerogeが亡くなったことを知ったのを今でも覚えてます。
ちゅうことで命日の思い出である"While My Guitar Gently Weeps"もどきの「ギターは泣いてる」をタイトルにしたわけです。
Georgeって曲を量産できるタイプでないようで、この曲や"Here Comes The Moon"みたいに過去に作った曲を下敷きにして作った曲がありますよね。
このアルバムでは、中学1年生かと思われるような単純な歌詞の"You"もあったりして、かなり曲作りにテンパってたんですかねえ。

[PR]
by falling7813 | 2015-11-29 17:18 | food | Comments(0)
今日は火曜日の祝日。

スポーツクラブが定休日だし、雪の中遠出する元気もないので、とりあえず家中心に過ごす。

12月に入り、年内にやらなきゃいけないと思っていた3つの懸案事項のうち、年賀状とトイレ掃除は済ませたので、残りの1つにとりかかる。

それは札幌にあるパソコンの音楽ファイルのバックアップ。

e0242504_17390403.jpg私のiTunesの音楽ファイルはいろいろなパソコンで取り込んでいて、札幌のパソコンと東京の家にある赤いパソコンにコピーをとってメインに保存しているんだが、突然東京の家で赤いパソコンが娘1号の使用機になってしまい、これからどうなるか不安な状態になってきたので、札幌のパソコンのバックアップをとっておいた方がよさそうな雲行き。

ちゅうことで、東京の家からバックアップ用に使っていた外付けのハードディスクを持ってきて、3時間ほどかけてバックアップをとった。

ノートパソコンも突然死したりするからなあ。

当面の懸案が全部片付いたところで、12月に入ってからやろうと思っていた自分の慰労会を今日のランチでやることにした。

e0242504_17552192.jpg外は雪が積もっていて、あまり遠くには行く気がせず、近場でサンマルクにしようか迷ったんだが、回転寿司まつりやに決定。

いつ見ても混んでいるので、開店の11時に行ったら、待たずに座れたが、11時半を過ぎるころには満席になってたからまだまだ人気あるみたいだ。

e0242504_18010118.jpg今日は自分へのご褒美なので、いつもより高い皿でも食べようかと思ってきた。

とりあえず回っている皿の中から、しめさば(写真左:税別160円)、はまち(写真右下:税別248円)、ねぎはまちとろ軍艦(税別128円)をいただく。

どれもまいう~

e0242504_18070289.jpgそのうち、お客も増えてきて、あまりいいネタも流れてこなくなってきたので、注文しようかとメニューを見る。

メニューを見て、まずおいしそうな三点盛りに目が留まる。

注文しようかと写真の脇を見ると名前が「ブルースリー」

え!?

よくよく見ると、さば、いわし、さんまの青物三点盛りだった。
ちなみに1皿税別248円。

e0242504_18145701.jpgネタ的にはちょっと魅かれたけど、あまりにべたなネーミングでちょっと恥ずかしくなったし、さばはすでに食べていたので、さんま(写真左)といわし(各税別160円)をそれぞれ1皿ずつ注文。

青物ではさんまが一番まいう~でした。

結局10皿いただいて満腹でフィニッシュ。
お会計は税込み1,685円でした。

コスパではトリトンには及ばないけど、高級グルメ回転寿司のなごやか亭とか根室花まるよりはいいですね。

なんといっても家から近いのが便利でよい。

e0242504_18253587.jpg帰りはプラプラ買い物しながら帰りましたが、今日は、雪景色だけど、日差しもあって、日なたではそんなに寒さは感じなくて、のんびりお散歩でいいご褒美になりました。
午後は富士山駅伝を見ながらまったり。

夕食の時にワインでも飲もうかと思ったけど、体調がイマイチな感じもするので、やめておく。

明日会社だからねえ。

《What's The Title?》

e0242504_17351699.jpgEnter The Dragon/Lalo Schifrin

まつりやの「ブルースリー」のネーミングが衝撃的だったので、タイトルは「燃えよドラゴンのテーマ」。
これ、日本では流行りましたよね。
「アチャー」「アチョアチョ」とかいうブルースリーの奇声がフィーチャーされた曲ですけど、それだけに一度聴いたら忘れられないインパクトがありました。
Lalo Schihrinといえば、「スパイ大作戦」も彼の作品ですから、テーマ音楽の世界では巨匠ですよね。

[PR]
by falling7813 | 2014-12-23 18:37 | food | Comments(0)
3連休を利用して東京に帰ってきました。

金曜日の夜の飛行機で帰ってきたんだが、東京にはあちこちに変な格好した大人が。
あとでニュースを見たら、ハロウィーンで渋谷がたいへんなことになっていたそうだ。
札幌でもコドモが仮装したのは見かけたが、そもそも祭の趣旨もわからずに大人がああなるのはいかがなものだろう?

それはさておき、ハロウィーンは私の誕生日でもある。
家に帰ったら家族からプレゼントをもらった。
こういうのは素直に嬉しかったりする。

e0242504_09424944.jpg翌日は、バイトや部活で忙しい娘どもも昼なら空いてるということで、池袋でランチ。

知らなかったんだが、東口の区役所そばにWACCAというビルができたそうで、そこのシュラスコ屋へ。

昔笹塚に住んでいたことがあって、東京バモラにシュラスコ屋があり、近所だったんで何度か食べたことがある。
e0242504_09543697.jpgネットで調べたら、東京バモラは滅びてしまったようでちと寂しいな。

で、池麩のシュラスコ屋だが、ランチでも3300円という強気の価格設定(ちなみに夜は6000円!)でややひるんだが、娘どもにはウケがいいのは見えていたし、たまの家族での食事だからよかろう。

e0242504_09561059.jpg混むと嫌なので開店時間の11時に行ったんだが、並びはしなかったが、予約客が多くて結構盛況だ。

シュラスコは剣に刺して焼いた肉をナイフで切り分けてもらっていただくブラジル料理なんだが、ここの店は肉を持ってくる人が全員外人。
見た感じ全員がブラジル人とは思えないけど、ディズニーランド的なこだわりを感じる。
このへんのこだわりがお値段にはね返ってるのかな。

e0242504_09581532.jpg外人はみんなカタコトの日本語をしゃべるんだが、外人の波状攻撃で、こちらがテンバッてしまい、「No thank you」と英語で返したり、妙な手振りをしたり、プチ海外を味わえる。
これが狙いか?

シュラスコは肉に塩をして焼いただけのシンプルな料理なんで、ハズレは少なかろうと読んだんだが、案の定のまいうーで、家族のウケも抜群。
休日ランチでは、サーロイン、ヒレ、スペアリブ、ランプ、こぶ肉、ガーリックステーキなどの牛肉やポークスペアリブ、ラム、ソーセージ、鶏肉、なぜか鶏のハツ(これは完全にやきとり)に焼きパイナップルなど、全14種類あり、パイナップル以外の13種類たべましたが、バラエティーにとんでてよかったですね。

シュラスコは食べホで、それ以外にサラダ、パン、ライス、スープ、ブラジル料理の塩ぜんざい(名前何だっけ?)も食べホ、ソフトドリンクも飲みホ(東京バモラもそうだったけど)
肉をおいしくたらふく食べられるんで、コスパはまずまずだと思いますね。
ビールは高かったな。

家族ともども満足して、ハンズ、ABCマート、東武デパートであれこれ家族の買い物に付き合い、激しく散財する一日になったけど、たまの家族との休日だからねえ。

《What's The Title?》

e0242504_09453679.jpgA Night On The Town/Rod Stewart

肉でもなんでもそうですけど、最初の1切れが一番うまいっすよね。
これを経済学では限界効用逓減の法則っていうんだが、タイトルは"The First Cut Is The Deepest"。
アメリカのヒットチャートで初めてヒットさせたのはRod Stewartですが、もともとはCat Stevensの作品。
アルバムから「今夜きめよう」を大ヒットさせた後のセカンドシングルでしたけど、それほどハデではない曲なので、スマッシュヒットで終わりましたが、聴くほどに味が出る曲ではあります。
しかし邦題の「さびしき丘」っていうのはどうなんでしょう?
のちにSheryl Crowもカバーしましたが、やはり渋めな路線は継続していましたね。


[PR]
by falling7813 | 2014-11-04 10:04 | food | Comments(0)
今日はいよいよ札幌に戻る。

e0242504_12293220.jpg家族とはスケジュールが噛み合わない毎日だったが、今日も娘2号は学校、かみさんは友だちとランチ。
就活中の娘1号は珍しく昼ぐらいまでは空いているというので、ランチの約束を取り付ける。

とりあえず、朝イチで昨日空振りした散髪。
e0242504_12345195.jpg2ヶ月半ぶりにさっぱりした。

昨日とは打って変わって朝からいい天気で、外を歩いていても気持ちがいい。

ランチは江古田界隈では評判の洋食屋KITCHEN OBASAN

e0242504_12394496.jpg一旦家に帰ってちょっとまったりしてから娘と出かける。

私以外は何度か行っているようだが、私は2回目か3回目。

11時のオープンに合わせて行ったから一番乗りだったが、30分ぐらいの間に10人ぐらいお客さんが来たので、人気の程はうかがえる。

e0242504_12452551.jpg女子大生に人気のお店のようで、私たちのあと二組は女子大生二人組で、内装もそれっぽくおしゃれだし、人気メニューのオムライスには量を少なくしたコムライスがある。

江古田には3つも大学がありますからね。

e0242504_12502856.jpg注文は、娘1号はグリルチキンとミニオムレツの盛り合わせ(写真右:990円)、私はオムカレー(写真左下:990円)。

前に来た時は、フライの盛り合わせか何かを頼んで、テーブルに私の好きな醤油がなかったのであまりいい印象がなかったんだが、オムカレーはまいう~。

e0242504_12542640.jpgネットによればオムハヤシが人気のようなんだが、なんとなくカレーを食べたい気分との合わせ技でオムカレーにしたんだが、ごはんがちゃんとカレー味になっているし、卵はふわとろだし、カレーも適度にスパイシーでコクのあるカレーだ。
量も十分で(それでコムカレーがあるわけだ)、これは満足のいく品だ。

夕食に来るとなんとなく一品料理だと寂しいので定食系のオーダーをしがちだが、ここはメニューに一品の料理が多いのはそっちのほうが自信があるということかもしれない。

久しぶりに娘1号とのんびり話せたし、最後にちょっとポイント挽回の東京の休日でした。

《What's The Title?》

e0242504_12332777.jpgSweet Baby James/James Taylor

今日の空、そして最後にちょっといい思いをした私の気分を反映して、タイトルは"Sunny Skies"。
James Taylor初めてのヒットアルバムですが、当初はあのビートルズのアップルレコード所属で、精神的に不安定だったとかいう話を聞いた覚えがありますが、このアルバムを聴く限り、そんな印象は全然感じないですね。
この"Sunny Skies"は、のちの彼らしいほんわかと力の抜けた局長で、柔らかい陽ざしが合いそうな曲です。
[PR]
by falling7813 | 2014-07-08 13:06 | food | Comments(0)