カテゴリ:diary( 310 )

三連休もあっという間に三日目。

土日ともに家からあまり離れずにすごして、ちょっともったいないなあということで、今日はかみさんとちょっくらお出かけ。

e0242504_18451953.jpg
行き先は池袋で、目的は手帳の調達。

いつもこの時期になると来年の手帳を売り出すんだけど、あまり遅くに行くと、かみさんが好きなデザインのものが売り切れてしまうものも出るので、なるべく早めに買いに行っている。

私は毎年東急ハンズ製の同じデザインの手帳を買っているし、品ぞろえが多いので、二人で東急ハンズへ。

私の東急ハンズ製の手帳は去年は東武百貨店のHands beで買ったんだけど、9月につぶれてしまったので、サンシャインのハンズまで行かないと買えない。

どっちにしてもかみさんの手帳は本家のハンズに行かないと見つからないから仕方ないか。

e0242504_18523906.jpg
手帳、カレンダーコーナーが特設されてすっかり年末モードに突入したハンズで、二人とも手帳をゲット。

私の手帳は今年はブルーとグレーの迷彩柄ですが、来年はシンプルにブルーにしました(っていうか今日は単色しかなかった)。

見本を見ると月ごとにわかりやすいように切れ込みが入ったインデックスが入るなどマイナーチェンジ。

お値段も1,900円+税で、また値上がりしたんじゃないかなあ。

e0242504_18572594.jpg
ハンズでほかにも買い物をして、お昼近くなったので、かみさんからずっとリクエストを受けていたTGI フライデーズへ。

実は去年の3月大阪のユニバーサルスタジオに泊りがけで行ったときに、夕食をここで食べたらかみさんが気に入ったんですよね。

e0242504_19034457.jpg
店内はいかにもアメリカンな内装にハロウィン飾り。

11時半ごろ入店したんでわりと空いてましたけど、30分もするとどんどん人が入ってきましたんで、タイミングはラッキーでした。

とくに中学生みたいな男女10人ぐらいの集団が後から入ってきましたけど、どう見てもマクドがお似合いの雰囲気でしたけど、ここはドリンクつけると2,000円前後になるんだが、お値段的に折り合ったのかなあ。

かみさんはアボカドベーコンバーガー、私はチキンフィンガーBLTをそれぞれ注文し、バカでかいアメリカンサイズのグラスでお替り自由のソフトドリンクをつけて、私はペプシNEXからのアイスコーヒー。

かみさんがバーガーをカットしてくれとオーダーしたら、両方ともカットされてきたので、半分ずつシェアしました。

e0242504_19154215.jpg
ハンバーガーは5日前に横須賀で食べたばかりだったので、私は違うタイプにしたんですけど、横須賀のバーガーと比べてもそれほど劣らない味だったので(バンズが横須賀の方がおいしかった)、かみさんは喜んでいたのでOKだ。

TGI フライデーズは、お会計もテーブルでやるアメリカ方式で、チップを渡さなきゃいけないかなって思っちゃいますね。

がっつりアメリカンフードを食べて満腹になったところで、娘どもに何かお菓子でも買って帰ろうかということになったんだけど、さすがに洋モノはもういいかなって気分だったんで、東武で和菓子を買いました。

なかなか秋らしいデザインですよね→

家には2時過ぎに着いたので、一休みしてからスポーツクラブへ。

先週後半の三日間で4㎏超の酒+ハンバーガー太りから、ようやくこの二日で1.6㎏戻したところなのに、今日は1皿で1,000カロリーをはるかに超えそうなのを食べちゃったからなあ。

e0242504_19245305.jpg
スポーツクラブではランニングマシンを10kmほど傾斜をつけて歩いて、今日のハンバーガーはチャラにしたぐらいの体重に収めてきました。

家に帰り、夕食。

ハンバーガーの腹持ちは抜群で、運動してきても全然腹は減らず。

夕食を終えて、和菓子タイム。

私は左の写真のハロウィンくんを選びました。
まあ私の化身みたいなものですからね。
見かけどおりかぼちゃあんをベースにした和菓子でした。

ちゅうことで三連休はあっさり終わり、明日から仕事だなあ。

テンション上げていきますかね。

《What's The Title?》

e0242504_18423673.jpg
Eye Of The Tiger/Survivor

今日のランチはどっぷりとアメリカンテイストでしたんで、なんとなくこの曲がタイトルに浮かびました。
"Poor Man's Son"という情けないタイトルのスマッシュヒットだけだったSurvivorでしたが、「ロッキー3」に"Eye Of The Tiger"が使われたことで、大した曲じゃないのにNo.1を獲得。
その勢いで、"American Heartbeat"もTop20ヒットになっちゃいました。
どっちも大したことなかったけど、その後にヒットさせた”High On You"とか”I Can't Hold Back"なんかはなかなかよくできた曲だと思うので、それなりに実力はあるバンドなんだと思います。
”American Heartbeat"で思い出すのは、ちょうど日本ではTVドラマ「スチュワーデス物語」が放送されている頃で、あの教官役の風間杜夫がドラマの中でこの曲をカバーして歌ってたんですよね。
♪踊ろよハートビート♪とか♪100℃でハートビート♪みたいな歌詞だったと思いますけど、テーマソングの麻倉未稀の「フラッシュダンス」の完成度には遠く及ばないトホホなカバーでした。

[PR]
今週は月・火と連続して会社で飲み会。
しかもどっちもダブルヘッダーになってしまい、今朝はしっかりと酒太り。
今月は低めの体重で推移していたんだが、ここ二日で2㎏近く増えて、今月の最高体重をあっさり更新。

そして、今日は最後の夏休み。
いろいろあって、延び延びになっていたのがやっと今日に落ち着いた。

e0242504_18235492.jpg
しかし、家族と事前に調整する間もなく、半ば義務的に決めてしまったので、せっかく休んでも私一人。

酒太り+一人で行動しなきゃいかんとなれば、どこか散歩するかということになり、8時半ごろ家を出て、池袋からスタート。

最近iPhoneのミュージックプレイヤーがダメになってるので、iPod nanoくんを持ってきて、秋のプレイリストをかけながら歩いていく。

e0242504_18260870.jpg
今日の目的地は文京区。

池袋から東へ歩き、都電の線路を渡って、有楽町線をトレースするようなルートで護国寺へ。

e0242504_18290090.jpg
護国寺から不忍通りへはいるプランなんだが、そういえば駅名にもなっている護国寺って前は何度も通ってるけど、はいったことがなかったので、門の中にも入ってみました。
まあ普通のお寺ですね。

護国寺から不忍通りを歩いていく。
不忍通りって環状の道路で、護国寺からはまず北へ進んでいく。

e0242504_18333071.jpg
地名で行くと、大塚、千石、本駒込といったあたりを通る。

文京区はJRの駅がないんですよね。

不忍通りを歩いてると、途中で地下鉄は有楽町線、丸の内線、三田線と交差しますが、このあたりの不忍通りに沿った地下鉄はないので、バスが頻繁に来て、お年寄りを中心に利用客もいるみたい。

e0242504_18382251.jpg
しばらく歩いて次のチェックポイント六義園に到着。

何度か来たことはあるんだけど、ここの庭は好きなので、入場料300円を支払って入場。

曇ってしまったのは残念だが、やっぱいい庭だなあ。

e0242504_18420035.jpg
しっかり1周して、景色を堪能しました。
外人さんもたくさん来てました。
これは外人にはウケるだろうなあ。

10時過ぎに六義園を出て、また不忍通りを進む。

それまで北上していた通りが、だんだん東へカーブして行って、やがて南下して、動坂を過ぎると千駄木に入る。

e0242504_18481335.jpg
いわゆる谷根千ってやつです。

実はこのへんのエリアは上野の職場にいる頃担当していたことがって、50回以上は上野から自転車で来ていたんですよね。

今回不忍通りを選んだのは、その懐かしいエリアを久しぶりに見たいという理由でした。

e0242504_18511608.jpg
不忍通りはすっかりU字にターンして、千駄木から根津方面は南北の通りになり、下には地下鉄千代田線が走ってます。

ここで不忍通りから少し東へそれて小さな通りを散策したりしつつ、よみせ通りから谷中銀座へ。

e0242504_18544308.jpg
驚いたのは観光客にウケそうなこじゃれた店が増えていたこと。

e0242504_18570194.jpg
私が知っていた谷中銀座は安そうな庶民的なお店が並んでいて、下町情緒たっぷりだったんですけど、すっかり観光地化していて、それなりに下町情緒は残ってはいますが、しゃれた雑貨やスイーツを売る店も多くなっていて、外人さんもたくさん来てました。

なんかおもしろそうなものがあったら買おうかと思ってたけど、ちょっと波長が合わないなあ。

地ビールとか日本酒の店頭売りとかかなり魅かれたんだけど、昨日まで飲んだくれていたので、今日は自重して、ランチへ向かう。

e0242504_19013868.jpg
ランチは千駄木の中華天外天

ここは仕事で来ていた頃からのお気に入りで、当時は不忍通り沿いにお店があったんだが、今は通りから西へ入ったところに移ってました。

e0242504_19040739.jpg
ここは四川料理がおいしいので、1,600円の麻婆豆腐セットをオーダー。
大辛、中辛、普通と辛さが3段階から選べるんだけど、中辛でも十分辛かったですね。
でもやっぱうまいし、麻婆豆腐のボリュームも大満足。

e0242504_19080142.jpg
辛い麻婆のあとのデザートの杏仁豆腐がまたうまいんだよなあ。

決してお安くはないんだけど、ランチのお客さんは結構来てたし、予約の電話もバンバンかかってきてたので、健在なのはうれしい限りだ。

東京にいる間にまた食べに来たいなあ。

e0242504_19103857.jpg
食後は不忍通りを南下。

慣れ親しんだ道ですけど、お店はだいぶ入れ替わっちゃいましたね。
担当してたのは20年ぐらい前だから当たり前か。

次は根津のランドマーク根津神社。

e0242504_19122613.jpg
ここの売りはつつじなので、完全にシーズンオフですけど、結構観光客がいましたあ。
谷根千は人気の観光地なんですね。

根津神社からまた不忍通りへ戻り、南下して、池之端を通り、不忍池を左手に見ながら、地下鉄湯島駅の方へ。

e0242504_19170872.jpg
ここで不忍通りと別れを告げ、春日通りの坂を上る。不忍通りの西側もそうですけど、文京区は坂が多くて、自転車で回るときは、一度坂を上ったら、坂の上の用事はまとめて済ますようにスケジューリングしてました。
それでも何度も坂を上り下りして、スーツのズボンの消耗が早かったなあ。

e0242504_19183982.jpg
坂の途中でよく仕事で行った湯島ハイタウンを右手に見つつ、左手に現れた湯島天神に立ち寄る。

学問の神様として有名なところですが、うちも娘2号がここで七五三参りをしました。

その後受験前など何度かお参りに来て、そのご利益もあってか、うちの超天然の娘2号は今のところ受験無敗だ。

e0242504_19231540.jpg
こりゃありがたいということで、今日しっかりお礼参りをしておきました。

湯島天神から本郷三丁目駅まで歩いて本日のお散歩は終了です。

途中地下鉄の駅はたくさんあったんですけど、定期が使える駅まで歩いて交通費をかけないというのが今日のプランのポイントでした。

この散歩でだいたい22,000歩ほど歩いているので、距離にすると15~6kmぐらいですかね。

このあと風呂もかねて練馬のティップネスに行ったんですが、それも定期のある新桜台から歩いて往復したので、今日の歩数は3万歩超え。

いい運動になった!

《What's The Title?》

e0242504_19292831.jpg
Blue/Double

タイトルは今日聞きながら歩いていた秋のプレイリストからDoubleの”The Captain Of Her Heart"。
アーティスト名は「ダブル」ではなく、「ドゥーブル」でしたよね。
1986年の一発ヒットでしたけど、透明感のあるピアノサウンドと美しいメロディはすごく印象に残っていて、結構好きで今でもヘビロテで、秋とか夜とかにしんみりと聴きたくなる曲ですね。

[PR]
台風によってもたらされた日曜日の雨。
夜にかけてさらに激しくなって、風も強くなり、台風モード。

夜中になると強風で窓の外ですごい音がして、その音で何度も目が覚める。
3時台には、私だけでなく、かみさんも目覚めたようで、起きた二人でちょっと会話。
かみさんはあっさり二度寝したが、私は何となく寝付けず、そのまま起きて、パソコンを見ながらだらだら。

e0242504_15280587.jpg
そのうち夜も明けてきて、風はまだ強いが、天気は回復したようだ。

日曜日はほとんど外に出られなかったので、散歩に出かける。

空が高い。
秋の空だ。

e0242504_15283924.jpg長時間雨が降ったんで、石神井川はどうなったかと気になったんだが、いつもよりは水量は多かったけど、特に問題なし。

いい天気なので、そのまま北上し、いつもジョギングなどでお世話になってる城北中央公園や中学生の頃悪さをすると入れられると恐れられていた練馬鑑別所を通り過ぎ、板橋区方面へ。

e0242504_15314366.jpg
そのうち東武東上線に到達し、上板橋駅を超えてさらに北へ。
環七沿いは歩いたことがあるけど、上板橋あたりは初めて。
道が広くて、意外とちゃんとした町だ。

しばらく北へ歩くと女子大が出現。
青山女子短大がつぶれるご時世で、こういう立地で大丈夫かと心配にりつつ、さらに北へ。

e0242504_15323667.jpg
イオンやら温泉やらを通り過ぎると、池のある公園。
見次公園というらしい。
池の周りの周回道路をお年寄りがたくさん歩いているのはどこも同じだなあ。

e0242504_15335653.jpg
公園を過ぎて、凸版印刷の工場の横を通り過ぎ、中山道に突き当たったところで折り返し、往復で2時間ちょっとの散歩。
昨日とチャラだな。

朝食後、スポーツクラブでみっちりトレーニング。
筋トレの後、マシンを9kmほど歩く。

さっきの散歩に加えると20kmぐらいの距離になるかな。

なぜかめちゃ混んでた。
こんなにいい天気なのにね。

昼食後はちょっと休憩して、図書館に行き、夕食は土曜恒例の夕食が流れてしまったので、今日決行し、昨日のアニバーサリー+娘にちょっとめでたいことがあったのでそのお祝い。

e0242504_19004841.jpg
最初イタリアンにしようかと言ってたが、明日から仕事だし、開店時間が早い方がいいと中華に変更。

練馬の本店に二度行っておいしかった唐苑の江古田店をセレクト。

e0242504_19032407.jpg
開店時間の5時近くに行ったんだが、すでに1組来客があり、30分ほどでほぼ満席の人気ぶりでした。

名物の黒酢酢豚やら餃子やら小籠包、台湾風唐揚げなど、あれこれつまみつつビールがまいう~。

締めには担々麺やらチャーハンなどをいただき満腹になりました。

練馬店に比べるとメニューが少ないのと、名物の黒酢酢豚の食感が違うのがちょっとビミョーでした。

e0242504_19070839.jpg
家に帰る途中、江古田ゆうゆうロードを通っていたら、いつも閉まっていることが多いバレーという洋菓子屋が珍しく開いていた。

スコーンやパウンドケーキなどを購入したんだが、なぜか我々が買ってると、あとからあとからお客が来て、我々の後ろに3人も並んじゃいました。

今まで謎の店だったけど、人気あるのかなあ。
ちょっと楽しみだ。

《What's The Title?》

e0242504_15174232.jpg
Cafe Bleu/The Style Council

タイトルは夕食に選んだ店にちなんでこのアルバムを選ぼうと思って、下書きでセットしていたのですが、話が変わってしまったので、同じアルバムから”My Ever Changing Moods"にしました。
The Jam解散後、デビューシングル”Speak Like A Child"から快進撃を続けていたThe Style Coucilが遂に発表したデビューアルバム。
シングルでもジャズっぽいアプローチはみせてましたけど、ここまでジャズるか?と私は正直疑問でした。
どの曲もしぶーくアレンジされていて、大人向きといえば大人向きだけど、もともとニューウェーブの人だったのに、付け焼刃感もあって、このアルバムはあまり好きになれず、まだCDは持ってません。
”My Ever Changing Moods"もシングルでは軽快な曲なのですが、ここではCafe Bleuバージョンになっていて、ジャズっぽいアレンジになってます。
今なら気に入るかなあ?

[PR]
ここのところブログでの愚痴のタネになっている仕事の泥沼もようやく出口が見えてきた。

ちゅうことで、仕事が動きそうにない15日(金)に8月にぶっ飛んだ夏休みを入れる。

そんな金曜日。
仕事が一段落したので、10月の三連休にかみさんと旅行でもするかと、平日で空いていると思われた池袋のJTBに出かけたんだが、なんと有閑マダムのみなさまで大混雑。
窓口であれこれ相談していてうるさいし(最初から行き先ぐらい決めて来いよ!)、時間はかかるしで・・・
1時間近く待たされた挙句に、旅行しようと思っていた某地方都市はホテルが満杯だそうだ。
なんだかなあ。

e0242504_15082696.jpg
当てが外れて、しょうがないのでかみさんに頼まれていた夕食と、朝食用のパンなどを調達。
パンは、いつの間にか池袋にできていて気になっていた浅野屋のパンを買ってみる。

値段は高いが味は良かったです。

土曜日はスポーツクラブでみっちりトレーニングしたのは良かったが、家に帰ってから腹の具合が悪くなり早寝。

一夜明けて、実は、今日は我が家にとっては記念日なんだが、今までも娘2号の誕生日が近くて影が薄くなりがち。

このブログでも過去を振り返ってみたが、とくにコメントしてることもなかったし、この日を目当てに帰ってることもなかった。

先週突然それに気づいて、休みだし、記念にどこかで食事でもしようかと打診したけど、天気最悪だと難色を示されていたんだが、予報どおり台風の影響で朝からがっつり雨。

e0242504_15164536.jpg
それでもせっかくだからピザでも頼むかといつものドミノピザでネットオーダーをしたんだが、オーダーしても注文確認のメールが来ない。
ネット上の注文履歴にも表示されないので、仕方なくもう一度同じものをオーダー。

e0242504_15204707.jpg
雨は降っているが、我が家としてはお持ち帰りで1個タダ(BOGO)の路線は外したくないので、私が取りに行く。

店に着くと、ネットのオーダーはダブルで入っていたようで、事情を説明したら、4個のピザ引き取りは避けられた。
残ったピザは捨てるのかなあ。
お昼時だからまかないになるのかなあ。

実は昨日あたりから、パソコンでlast.fmはシンクロしなくなるし、このブログのパーツであるライフログ(右下にある本の履歴が出てるヤツです)は使えなくなるし、ネットではトラブル続き。

雨はどんどんひどくなる一方なので、スポーツクラブへ行く気にもならないなあ。

なんか天気同様にすっきりしない連休の日々。

《What's The Title?》

e0242504_15013841.jpg
East Of The Sun West Of The Moon/a~ha

泣きっ面に雨って感じの連休の日々なのでタイトルは"Crying In The Rain"にしました。
ほんとはオリジナルのEverly Brothersにしようかと思ったんだけど、収録されてるアルバムが見つからなかったんで、カバーのa~haで。
オリジナルも切ない感じの曲ですが、a~haのバージョンはさらにしっとりと落ち着いたバージョンになってます。
ノルウェー出身ということと"Take On Me"の斬新なPVで話題になったa~haですけど、その後も007のテーマとか”Stay On These Roads"とかなかなかいい仕事してたと思うんですけど、アメリカではTop40ヒットは2曲で終わっちゃいました。
全体的にイギリスっぽい湿っぽい曲が多かったのがアメリカでの敗因ですかね。
アマゾンを見るとけっこうアルバムも出しているようなので、息の長い活動をしてるんですかねえ。



[PR]
先週は仕事が一段落して、ぽっかりスケジュールが空いたんで、上田日帰り旅行という大ネタを火曜日に入れた。

夜10時半に帰ってきて、翌日は疲れを抱えたままで普通に出勤し、翌木曜日は年に一度の健康診断ということで、あれこれ検査がmustのおじさんは水曜夜9時から断食。

木曜日はいつものようにバリウムを飲んだんだが、例によって緩下剤を飲んだけど、あっさり腹の中から出て行ってくれず、腹に違和感を感じたままなので、スポーツクラブにも行けず。

金曜日にはバリウムさんは出て行ってくれたようで、木曜にサボった分、スポーツクラブへ行って軽く有酸素運動。

土曜日は午前中に視野検査を予約していたので、小竹向原の眼科へ。
視野検査も4回目ぐらいになるので、慣れてきたけど、何度やっても目は疲れて、涙がぽろぽろ出てくる。
結局なんだかんだで診察で1時間ぐらいかかったけど、人気店の名古屋の眼科は半日がかりだったので、それに比べればめちゃスムーズ。

e0242504_05051382.jpg
眼科が終わって、昼食を調達しようと、久しぶりに千川方面へ散歩。

従前から気になっていたパン屋にはいってランチを買ってみたら、うちの家族はすでにお試し済みで、味も割と平凡な感じ。

午後スポーツクラブへ行き、フルメニューのトレーニングをやって、夜は土曜日恒例の外食。

e0242504_05140189.jpg
娘2号のリクエストで、10年ぶりぐらいの安楽亭。

正直焼肉を食べる気分じゃなかったけど、しゃあない。
なんだか以前行っていた頃に比べると肉の質が落ちた感じがするなあ。

日曜日はちょっと用事があって、かみさんと娘2号を伴って、西東京市の実家へ。

これもいつものパターンで池袋東武で昼食を調達して行ったんだが、いつも美濃吉などの和食弁当を買っていくことが多いので、趣向を変えて洋風の惣菜盛り合わせとパン+デザートはタルトという組み合わせ。

すると、こういうメニューならワインを飲もうかということになり、まずはビールからの赤ワイン。

さすがにビールオンリーよりは酔っぱらってしまい、家に帰っても何度も眠気が襲い、何もやる気が起きず、モヤモヤした感じ。

月曜日からの仕事では、あれこれ懸案があり、昼間はバタバタしつつ、日曜日は飲んだくれでサボったので、月・火と夜は真面目にスポーツクラブへ。

以上が、ここ1週間の出来事と、ブログの更新が延びちゃった言い訳でした。

《What's The Title?》

e0242504_05270342.jpg
Are You Experienced?/Jimi Hendrix

ここのところモヤモヤした日々が続いて、ブログ更新をサボってしまったので、タイトルは"Purple Haze"。
Jimi Hendrixは私が洋楽を聴き始めたころにはすでに亡くなっていたので、私にとってはあとづけで知った人ですけど、この”Purple Haze"のイントロのギターリフはAMラジオなんかでもよくオンエアされてて、かなり早い段階で耳なじみがありました。
ということで、そのリフが「紫のけむり」なる曲のイントロであることも演奏している人がJimi Hendrix、日本では通称ジミヘンと呼ばれていることもわりと早く知っていたと思います。
Jimi Hendrixってギターサウンド的には革命的で、時代を作って、のちのロックシーンに影響を与えたのは間違いないけど、歌は普通ですよね。
この”Purple Haze"もイントロではワクワクさせるものがあるんだけど、歌が始まるとなんかモサくて、普通の曲になっちゃいますよね。
これならインストの方がよかったんじゃないかなあ。


[PR]
日曜の朝。

前日に家族と飲みに行って、アルコールが入っていたせいか、10時前に寝たにもかかわらず、二度寝ではあるが、6時半まで寝るという早起きの私としては異例の朝寝。

むっくりと起き出し、A型らしく今日は何をしようと考え、いろいろと用事が溜まってきたので、午前中に池袋でそれらを片付けて、午後スポーツクラブに行くかなと計画を立てる。

8時前に起きてきたかみさんにその話をして、9時半ぐらいに出かけるかなと思っていると、9時前に珍しく家の固定電話が鳴る。

電話に出たかみさんが神妙に話をしている。

我が家が全責任を負っているわけではないが、無関係でもない空き家のお隣の方から、庭の草が伸び放題だし、庭の木にアメリカシロヒトリがついて困っていると苦情が入ったとのこと。

かみさんは関係者に電話をして、結局自分で片づけに行くことにしたようだ。

あいにく娘ども二人はすでに先約がある。

私も今日の予定を宣言したばかりだが、別に今日mustの話でもないし、どこまでの惨状かわからない中、かみさんひとりに対応させるのも気が引けたので、予定をキャンセルし、処理班に志願する。

e0242504_19111370.jpg
10時に地元の農協に行って、園芸相談のおじさんにアメリカシロヒトリ対策の殺虫剤を教えてもらい、あわせて除草剤も買って、地下鉄+東上線で現地に向かう。

駅前の100円ショップとドラッグストアで、殺虫剤散布用の霧吹き、ゴミ袋、水、ゴム手袋などを調達し、現地へ。

11時過ぎに現地へ着いてみると、たしかに木や雑草が生い茂り、近所から苦情が出ても仕方ない状態。

早速作業を始めるが、虫が多いのと枝切りばさみが必要ということで、私が駅前に戻り、虫よけスプレーとはさみをさらに購入して、二人で作業。

e0242504_19191395.jpg
帽子を持ってくるのを忘れたかみさんに、名古屋で買った私のウォーキング用帽子を貸し出す。

そのうち近所のおばさま方が代わるがわるやってきて、話しかける。
だいたい我々の親と同世代のようで、まだ近所のコミュニティは失われていないようだ。

作業は主に木の枝を切る私と草取りをするかみさんの分担。

暑い中、虫よけスプレーをつけても寄ってくる虫と戦いながら作業を進めていく。

アメリカシロヒトリはどこにいるんだろうと思いつつ、ある程度剪定と草取りを終えたところで、農協で教えてもらった殺虫剤を霧吹きで散布し、地面に除草剤をまいて終了。

剪定した枝やとった草でゴミ袋が7~8袋できた。
ご近所さんによると、ゴミ捨ては明日らしいが、専用のゴミ捨て場ではなく、決められた場所の道路に捨てるということで、今日のうちにおいておくのは難しそうだ。
結局、かみさんが月曜にごみを捨てに来ることにして作業を終了。
11時過ぎから2時半過ぎまでの3時間半ほどの作業でした。

さきほど代わるがわる見に来られたご近所さんに無断で帰るのもまずかろうと、ご近所に挨拶して撤収。

e0242504_19311908.jpg
駅前で遅い昼食。食べたことがなかった餃子の満州にはいってみた。

餃子はまあまあだったけど、私の好物の天津飯はいまいちだったなあ。

やっぱ王将の方が上というのが私の感想です。

そんなにハードに運動したわけではなかったけど、真昼の太陽に照らされての作業で、どーんと疲れてしまい、帰ってきてからスポーツクラブへは行きましたが、トレーニングする気力はなく、恥ずかしながら、風呂に入っただけで終わりました。

それでも虫よけスプレーや殺虫剤で汚れた体を洗い流せてすっきりしたので、今日のお風呂会員はありだな。

それにしても、ここのところ想定外のことが起こるなあ。

《What's The Title?》

e0242504_19360426.jpg
The Fame Monster/Lady Gaga

今日は降ってわいたアメリカシロヒトリ騒動で、蛾が主役ですので、♪ガーガーウララーガガーウララー♪の掛け声が印象的なこの曲をタイトルにしました。
Lady Gagaって過激な行動で世間の目を引いてますけど、音楽的にはわりとありだと私は思っていて、意外と70~80年代耳の人にも受け入れられるメロディアスな面、ポップな面があると思いますね。
この”Bad Romance"ま掛け声のところはいかにも今風ですけど、メロディのところはわりとメロディアスで、そのあたりが結構好きで、ヘビロテで聴いてます。

[PR]
7月から苦しめられてきた二発の時限爆弾

いろいろなところに迷惑をかけ、いろいろな人からの罵声や叱責や嫌味を浴び、いろいろな資料を作らされ、いろいろな先に説明に行って頭を下げた。

とくに忘れもしない8月14日に二発目の爆弾が爆発してからは、その爆風はすさまじくて、正直なところ、仕事をやめようかとか、今の部署から異動させてもらい地方へ行こうかとか思うほど落ち込んだ日もあった。

時限爆弾の原因を作ってしまったグループのリーダーYさん。

時限爆弾が爆発した日は、運悪く二度とも夏休み中で東京を離れていたんだが、二度とも休みを中断して東京に戻る羽目になった。

その後、私と一緒に事後対応にあたり、同様につらい目にあってきて、最近は明らかに疲れが顔に出て、つまらないミスを多発するようになってきた。

そりゃそうだわなあ。

そんな金曜日。

社内的にも、社外的にも大きな山場を迎えた。

こういうネガティブな話なので、勝利して終わる話ではないんだが、山場を何とか終わり、やっと泥沼の底から浮上する方向に向かってきたとか、長い長いトンネルの出口の光が見えてきたというか、そんな感じ。

これまで連日遅くまで対応に当たってきたYさんやそのグループのみなさんも私のところにお礼とお詫びを言いに来て、早く帰っていった。

これまでいろいろ怒られて、そのたびに当事者である彼らにそのままぶつけたくなるのをグッと我慢して、ずっとストレスとして貯め込んできた。

でも、昨日彼らの顔を見てると、そうしてよかったと思う。

e0242504_06434369.jpg
昨日の夜は、うちの部署の別のグループの飲み会。

かなり前から昨日やると決まっていて、爆弾処理の状況によってはしんどい酒になるかなあと思っていたんだが、かなり気が楽になった状況で迎えることができた。

さすがに、記憶が飛ぶほど無茶な飲み方をするまではできなかったけど(それはそれで別のダメージがあってよくないわけだが)、二軒はしごして、ビールからハイボール、赤ワイン、ホッピーときて、最後は前任地に敬意を表して、知多ハイボールで締めた。

一緒に飲んだみなさんは爆弾には関係ないので、気楽にバカ話をしながら飲めて、水曜の友人飲み会に続いて癒されて、のしかかっていたストレスを軽くすることができました。

まだ事後処理が続くので、気を抜くことはできないけど、明けない夜はないという言葉を実感した一日でした。

《What's The Title?》

e0242504_07024761.jpg
Last Safe Place/Le Roux

長い長いトンネルの中で出口を探してさまようような日々でしたので、このタイトルにしました。
1982年のヒットでしたけど、当時結構好きでヘビロテでした。
アマゾンで左のジャケットを見た時ぴんと来なかったけど、こんなジャケットだったかなあ。
当時はこのLe Rouxをはじめ、Greg GuidryとかRobbie PattonとかSilver Condor、Sneakerなどちょっといい感じのアダコンの一発屋が多かったなあ。
今みんなどうしてるんでしょうねえ。

[PR]
私はスポーツクラブや外でジョギング、ウォーキングする時にiPod nanoを使っている。

もともと外で音楽を聴くときには常に愛用していて、携帯電話をiPhoneにかえた時に、通勤用やスポーツ以外の外出用はiPhoneにかえて、出番が減ったという流れだ。

今のiPod nanoはたしか弘前で買ったので、5~6年経っているんだが、最近ニュースでアップルがiPod nanoの生産をやめるという記事を見て、実際にもうホームページにも載っていない。

残っているのはiPod touchだけで、あれだったらiPhoneと大きさはほとんど変わらず、nanoに慣れているとスポーツで使うには邪魔くさい。

それをTwitterでぼやいたら、Twitterでもフォローしあっている学生時代からの友人のVandebiltさんから、中古品でよければ譲っていただけるというありがたいお話。

最初は送ってくれるということだったけど、東京に戻ったのに、まだ一度も会っていなくて、早く会いたいと思っていたので、会いたいと連絡したら、同じく学生時代からの友人で、Twitter、Facebook仲間でもあるニャロメさん、HiFiさんにも声をかけてもらい、久しぶりの再会となった。

Vandebiltさんとは、彼が仕事で名古屋に来た時に何度か会い、たぶん去年の8月以来、ニャロメさんとは、去年2月に会って以来1年半ぶり、HiFiさんともその時に会う予定だったんだが、彼が風邪をひいてしまって会えずに終わり、たぶん10年以上あってないはずだ。

仕事の泥沼は相変わらずで、ストレスフルな毎日で、昨日の5時間際にもキョーレツなダメ出しを食らい、かなりブルーになったところで、放課後になり、待ち合わせ場所のスタバに向かう。

e0242504_05010361.jpg
スタバには先にVanさんが来ていて、さっそくiPod nanoを超格安でお譲りいただいた。
左の写真で、左が今使っているヤツで、右がVanさんからだ。

思い起こせば、私がiPodを使い始めたのも、もとはと言えば、Vanさんに白金カイロに似たモノクロ画面のタイプを中古でお譲りいただいたのが始まりで、その後も別のタイプをお譲りいただいて、娘1号が愛用させていただいたりと、iPod、iTunesの世界にどっぷりはまるきっかけを作ってくれたありがたい導師さまだ。

e0242504_05073577.jpg
ほどなくニャロメさんとHiFiさんも到着し、雨も心配だったし、クーポンも持っていたので、同じビルの中の居酒屋へ。

仕事でがっつり凹んでいたので、みんなに愚痴を聞いてもらおうかとも思っていたんだが、結局懐かしい顔を見ていたら、そうはならず、あれこれ昔話やら、最近の皆さんの近況やら、共通の趣味である音楽の話やら、コドモの話やらあれこれ話に花が咲く。

e0242504_05135569.jpg
ちなみに、VanさんもHiFiさんもiTunesについては、私よりもはるかに前から使い始めている上級者なんだが、今は使い勝手が悪くて、あまり使っていないそうだ(HiFiさん写真使わせてもらいました→)。

しかも不思議なもので、お互いにSNSやblogで生活の断片は知っているので、私が酔っぱらった娘を救出に行った回については、娘と泊ってくるべきだったとご意見をいただくなど、話のきっかけは尽きない。

学生時代とは違った不思議な感覚だなあ。
学生の頃は携帯電話もなかったんだもんなあ。

結局、愚痴る間もなく、飲み会は終了しました。

水曜日だし、精神的なダメージありでスタートしたので、無茶飲みもせず、記憶を保ったまま無事に家に帰る。

だいたい酔っぱらって家に帰ると、ハイテンションで、娘に絡んだりして嫌がられるんだが、昨日は飲み会帰りとしてはかなりおとなしかったようで、家族には心配されてしまいました。

でも、いいタイミングで癒されたのは確かだ。
みなさん、またよろしくです。

《What's The Title?》

e0242504_04335112.jpg
The Poet And I/Frank Mills

iPodというミュージックボックスのおかげで久しぶりに友人たちに会えたので、タイトルは"Music Box Dancer"。
インストなので、作者にきかないと真相は謎ですけど、邦題が「愛のオルゴール」ですから、たしかオルゴールをモチーフにした曲でしたよね。
たしか映画音楽でもなんでもなかったと思うんですけど、ときどき何のタイアップもないインストもののヒットって出ますよね。
この曲のアメリカでのヒットには驚いたわけですけど、さらに驚いたのは、この曲に歌詞をつけて高田みづえが歌って、日本でそこそこヒットしたこと。
オルゴールっぽく同じメロディの繰り返しなので、心に残るっていうのはあるけど、不思議なヒットでした。
ちなみに私はこの曲よりも次にヒット(といってもTop40入りできずに討ち死にしましたが)"Peter Piper"の方が好きで、昨日も飲み会で話題になったiTunes Storeで買いました。

[PR]
やっと金曜日が終わったって感じだ。

7月から続く時限爆弾の処理。
二発目が爆発したことで、先週からさらに深い泥沼にはまり始めたわけだが、今週の水曜日に最大の山場を迎え、うまくいけばそこで底を打て出口へ向かって再浮上できるはずだったんだが、一応底は打ったけど、いろいろ宿題ももらってしまい、これ以上は沈まないかなあといった程度。

水曜日のランチの時に、底を打つから、木曜日に何事もなければ先週流れた休みをとろうと思ってるという話をしたんだけど、結局午後に宿題をもらってしまい、それもパー。

しかも水曜日はあちこちから怒られまくりでかなりの精神的ダメージ。

まあ、うちの部署でチョンボをしたのは事実だけど、こっちだってあれこれ対応して疲弊しているのに、死人に鞭打つようなことするかねえ。

こういうときに、自分が受けたダメージをほかに転嫁すれば私のストレスは減るんだが、それをしても組織的には何にもならないのはわかっているし、今はそういうのがハラスメントになりますからね。

ちゅうことで、我慢 after 我慢の水曜日はストレスフルで、家に帰る頃にはかなりへこんでました。

そうはいっても宿題もあるので、木、金は必死こいて宿題をやりました。

まあ、水曜夜よりは気分もましになってきたんだけど、月、金は帰りが遅くなったし、木曜日は気疲れということで、今週はスポーツクラブもサボりまくり。

まあ、気疲れしてるせいか、あまり運動してなくても体重も減る一方で、ダイエット的にはOKだが、筋肉は落ちてそうだなあ。

e0242504_21162246.jpg
今週になって暑さもぶり返してきたけど、昨日は疲労困憊&夕食の時ワインをちょっと飲んだおかげで、エアコンなしで快眠できた。

今日も室温は32℃もあるんで、さっきエアコンをつけてエントリを書いてます。

仕事の泥沼は来週まで続くけど、木、金で宿題をやった分は前進しているのは確かなので、もうちっとがんばらなきゃなあ。

それと、休みの話をすると逃げてしまうので、とりあえずギリギリまで何も起こらないことを確認してから口にすることにしました。

何はともあれ、土日は何事も起こらないので、ゆっくり休みますかね。

《What's The Title?》

e0242504_20564924.jpg
Heart Like A Wheel/Linda Ronstadt

いつになったら休みがとれるのかわからない状況が続いているので、タイトルは「いつになったら愛されるのかしら」。
確かこの曲はNHK FMの「軽音楽をあなたに」の全米2位特集か何かで初めて聴いたような気がするが、よくこれで2位まで上がったなあという程度の評価です。
この頃はLindaもアーティストパワーがハンパなかったんでしょうね。
あとからEverly Brothersのカバーだと知って、オリジナルの方が好きなんですけど、LindaはLindaで昔のヒット曲をカバーしてスポットを当てたというところには功績はあるかもしれません。
オリジナルを超えた作品ってあまりないような気がするけど、歌はうまいので、"Blue Bayou"なんかあとから聴くと彼女のバージョンの良さもわかったりしますからね。

[PR]
我が家では8月から10月まで家族の誕生日が続く。

8月は娘1号。

今までは、誰かの誕生日がからめばできるだけ帰宅したいとは思っていたが、なかなかそうもいかないところもあり、微妙にずらして誕生会をやったり、私の誕生日は私抜きの「エア誕生日」として行われたりしてきた。

今や家にいるわけで、誰かの誕生会にも出席できちゃうわけだ。

そうはいっても、みなそれぞれスケジュールがあり、娘1号の誕生会は、ちょっと早いけど今日行うことになった。

実は金曜日の買い物も誕プレ。

e0242504_18334500.jpg
娘1号の希望で、誕生会は家でやることになり、かみさんはステーキ用の肉を、私はワインとケーキを調達することとなった。

まずケーキは、去年は高野にしたんだけど、今年は娘1号の好みを尊重して、地元の人気ケーキ店菓子工房こたけ

e0242504_18350215.jpg
土曜日に予約して、今日とりに行ったのがこれ→

ここのケーキはおいしいし、コスパもいいんですよね。
今日いただきましたけど、さすがにまいう~

ワインについては、思いついたのは今日。

メインが牛肉のステーキなので、赤ワインがいいかと思ったんだが、うちの赤ワインの在庫が切れていたのを知ったのが昨日の夜。

もっと早く気づいてれば、誕プレの関係で金、土と続けて池袋東武まで行ったので、買ってこられたのになあ。

ワインならスーパーでも売ってるけど、せっかくの誕生会だからちゃんとしたのを買おうと、今朝練馬駅前まで歩く。

e0242504_18431539.jpg
行先は松澤酒店

今まで何度も前を通っていて、日本酒を中心に品ぞろえがよさそうな店構えだ。

店構えに誘われて、何度か店内に入って、どんなお酒があるのか眺めたことがあり、ワインの品ぞろえも豊富だったのを覚えていたのだ。

実際買うつもりで入ってみると、1,000円以下のものから、1万円を超えるものまで、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、アメリカ、チリ、オーストラリアなど各地のワインが幅広くそろっている。

こうなると何の知識もない私には選ぶのが至難の業だ。

ワインに詳しい弟にアドバイスを聞いておけばよかったなあ。

e0242504_18485117.jpg
とりあえずワインごとに書かれている能書きを読んで、なんとなくフルーティーだとか、さわやかとか我が家の女性連中に合いそうな赤ワインということで、イタリアの「DUE」というワインを選びました。
やっぱイタリアワインの方が能書きの表現も軽いんですよね。

無事ワインを調達したところで、家に帰り、スポーツクラブでフルメニューのトレーニング。

最近体重が減り気味なので、2ヶ月ぶりに身体測定をやってもらったが、確かに体重は落ちていて、体脂肪が減少したのはいいんだが、筋肉も落ちてしまってるんで、評価は横這い。
たんぱく質食べなきゃなあ。

スポーツクラブから帰り、予約したケーキを取りに行って、日曜日ということで、翌日から仕事がある人たちに支障がないようにと、誕生会は夕方5時にスタート。

e0242504_18593680.jpg
かみさんが地元の肉屋で調達したステーキ肉はなかなかのクオリティでした。

問題の赤ワインですが、予想どおり軽めのテイストで飲みやすいと思ったんだけど、酒に弱くて、イマイチ酒の味がわからないかみさんが第一声で「渋い」と言ったもんだから、娘二人も右へ倣えで、渋いワインという評価になっちゃいました。

B型のかみさんってこういうときは気を使わずに思ったことを口にしちゃうからなあ。

赤ワインだからある程度渋みがあるのは当たり前だし、ブドウの甘い香りしておいしいし、肉の邪魔にもならないいいワインだったんだけどなあ。

ケーキは安定感抜群で大評判でしたけど、ワインの評価にはもやもやした私でした。

《What's The Title?》

e0242504_18241586.jpg
Careless/Stephen Bishop

今日酒屋に赤ワインを買いに行ったら、イタリアワインだけでも20種類以上はあったので、すごいなあということで、タイトルは”Little Italy"。
1977年にこのアルバムをリリースしたStephen Bishopですけど、ゲストミュージシャンが豪華ということで話題を呼んでました。
シングルもそこそこヒットしたし、その後もソングライターとして活躍しましたよね。
この"Little Italy"はシングル"On And On"のB面で、シングルしかもっていなかった私にとっては、貴重な彼の音源ということで、聴くこともそれなりにあったんだけど、当時はあまり心に残らなかったですね。
でもいい歳になって聴き直してみると、なかなかしゃれてるし、いい具合に力が抜けてさらりとしているのがオツな曲ですね。

[PR]