カテゴリ:diary( 284 )

今日は休みをもらって東京に帰ってきました。

このネタは弘前でアップしようと思ったんだけど、時間がなかったのと、弘前の家のパソコンが4年前に買った安物で、重くて時間がかかってしまい、今日まで持ち越しになってしまいました。

写真は弘前に置いてきてしまったので、弘前に戻ったらアップしますね。

e0242504_626677.jpgさて、今月は5月に続いて遠征&飲み会が多い月だ。

8日(水)を皮切りに、9・14・16(ダブルヘッダー)・17・18・20・21・22・24とすでに10日にわたって、11の外部とのアウェーの飲み会をこなした。
この間に回った市町村数は、5市4町1村。弘前市内の飲み会も何度かあった。

2次会を1回と数えるともっと回数は増える。
例えば、18日(金)は、結局4軒つき合わされ、家に帰ったときは2時を回っていて、翌土曜日はほぼ棒に振った。

来週からは、週2回ペースになるので一段落だが、酒太りまっしぐら。

いよいよ雪が降り始めて(今日も青森は雪で、雪靴を履いて帰ってきました)、ジョギングもできなくなってきたから、体重がやばいなあ。
  
《What's The Title?》

e0242504_22555896.jpgNight After Night/U.K.

ちゅうことで、タイトルは毎晩のように飲み会なので、"Night After Night"。
U.K.はメジャーなプログレバンドにいた人たちで結成されたスーパーグループで、リードボーカルがJohn Wettonということで、Asiaと似ているんだけど、Asiaほどポップ路線を徹底できなかったために、日本ではそこそこ話題になりましたが、米英ではあまりヒットしませんでした。
このアルバムは、2枚のスタジオアルバムに続いて出されたライブアルバムで、なんと日本でのライブが録音されています。
"Night After Night"は、スタジオ盤未収録の新曲で、なかなか魅力的なんですが、3人グループになってしまったので、ライブでの音の薄さは避けられず、ちょっと物足りない仕上がりになっています。
結局U.K.はスタジオ盤は2枚しか出さなかったので、この曲のスタジオバージョンはないはずです。残念だなあ。
[PR]
今日から4日間東京で仕事ということで、また東京の家に帰ってきてます。

前回は金曜日に仕事が終わってから直に帰ってきたんだが、今回は、土曜の早朝に家を出た。
どっちにしろ、door to doorで6時間かかるんだが、いろいろな点を比べてみると土曜の方が楽かな?
もっとも今回弘前を6時前に出る電車に乗ってしまったが、もう1本ぐらい(といっても1時間ぐらい違うんだが)遅く出てもいいな。

土曜日は娘2号の手芸用品の買い物につきあい、日曜日は家族で夕食をとろうとバーミヤンへ行ったんだが、練馬区から出ていない。

弘前暮らしは半年になり、東京に帰ってくるのは3回目だが、そのたびに人の多さに驚く。
弘前ではイベントでもない限り、人ごみというものは発生しないんだが、東京は日常の出来事。
どこの駅でも、ものすごい数の人が動いているんだが、暗黙のルールで人の流れができている。東京にいる頃は、普通にその流れの一部になっていたんだが、今はなかなかその流れに乗れない私。

まあ電車やバスの時刻を調べなくても、駅やバス停に行けば待たずに乗れるというのは快適だけどね。

今日は、仕事が始まるのが午後からなので、池袋あたりで来年の手帳を探そうかと思っている。弘前ではTSUTAYAぐらいしかないのでねえ。

人に酔わないようにせねば。

《What's The Title?》

e0242504_615053.jpgThe Capitol Years 65/77/Glen Campbell

ちゅうことで、タイトルは私そのまんまで、「カントリーボーイ」。
この歌では、田舎=テネシー州として歌われてますんで、アメリカではそういう扱いなんでしょうね。そういえば、Dave Logginsの"Please Come To Boston"でもそうですね。
このベストアルバムは、最初の黄金期と75年に大ブレイクしてからの両方の時代を含んでいるスグレモノのようで、最大のヒット曲"Rhinestone Cowboy"がライブだったり、彼の全キャリアをカバーしているようで76~78年のヒットは漏れが多かったりして、チャートマニアにはちょっと残念な選曲になってます。
たぶん彼の曲で日本で一番ヒットしたのは、コカコーラのCMソング「カミングホーム」だと思うんですが、あれが、日本のみのヒットと知ったときには驚きました。
[PR]
今日から10月。
元のブログを契約していたプロバイダーとの契約は9月いっぱいで終了した。
朝イチで見たら、元のブログは生きていたので、プロバイダー契約が切れてもしばらくは大丈夫なのかと思ったんだが、さっき見たら閉鎖されていた。
7年間のいろいろな出来事を書いてきただけに、なくなるとさびしいが、それを承知でかみさんのプロバイダー変更を了解したんだから、今さら嘆いていてもはじまらない。
  
ちゅうことで、今日からここ一本でぼちぼちやっていこう。
  
10月の声を聞く前から、津軽はぐっと冷え込んですっかり秋モードで、半袖なんかもってのほかという気候になってきた。
  
そんななかで、今マイブームなのが焼き魚。
  
e0242504_17234722.jpg9月にはいって、しまほっけをガスコンロのグリルで焼いてみたら結構うまく焼けておいしかったんで(写真左)、もともと焼き魚好きなところに火がついて、次は塩サバにアタック。
1枚98円だから安いし、3枚買ってきて、金曜日からせっせと食べている。
  
そして、秋といえば、やっぱりさんま。
焼き魚の中でも一番好きなんですよねえ。

まだ塩サバの在庫はあったんだが、完全に火がついて止まらない状態になってしまい、今日昼前にわざわざスーパーに買いに行き、昼食でさっそくいただくことにした。
水揚げされる北海道が近いせいか、弘前で売っているさんまは鮮度が良くて安いようで、1本98円だったのでゴージャスに2本焼いちゃいました。
  
e0242504_17314884.jpgまいう~
ちょっと小ぶりかと思ったけど、そこそこ脂はのってたし、なんといっても鮮度がgoodで味も良かったっす。
ちなみに、ほっけとさんまの写真それぞれに似たようなサイドディッシュが写っていますが、どっちも肉野菜炒めです。

さんまは弘前に限るってか。
熊本も魚が豊富でおいしかったけど、さんまはこちらの方がよさそうだなあ。
  
てな感じの焼き魚パワーでいよいよ明日はアップルマラソン本番です。

《What's The Title?》

e0242504_17135872.jpgDon't Look Back/Boston
 
元のブログがあっさり閉鎖されたのは少なからずショックなんですが、うじうじしないという自分への励ましも込めてタイトルはBostonの”Don't Look Back"にしました。
Bostonについて語り始めると、それだけでエントリ1本書けるぐらい熱くなっちゃうわけですが、曲としての完成度はこの曲が一番じゃないかなあ。
まさに音宇宙という感じのギターサウンドで、この曲を上回るアレンジの曲ってそんなにないんじゃないですかね。
歌詞は致命的に稚拙ですけど(笑)
[PR]
前のブログが、もしかしたらログインできなくなってしまうかもしれないので、とりあえず、引越し先をここにしてみました。

あちこちの会社を見て比べてみようかと思ったけど、昨日帰りが遅かったし、今日は昼から激しい雨で気が滅入ってしまったので、以前に娘1号がブログを始めたいと言ったときに探し当てていたうちのひとつであるexciteにさっくりと決めました。

会社が変わったので、イマイチ使い勝手がわからないのですが、ぼちぼち慣れるしかないかな。
  
こちらに初めていらっしゃった方には、あらためてごあいさつします。

ここでは、falling7813というIDなのですが、HNは慣れ親しんだthe boss 2004でいこうかと思っています。よろしくです。

生まれは九州熊本で、今は、ケンミンショーの東 京一郎のように紙切れ一枚で全国を旅する生活を送っていて、前のブログでも、7年の間に、東京→熊本(単身)→東京と移り住み、今年の4月からは家族と離れて、青森県弘前に住んでます。

好きなものは、60~80年代の洋楽、阪神タイガース、ハワイ、九州などで、読書やジョギングなど雑多な趣味を広く浅くやっているので、多ジャンルの話を無節操に書いていこうと思っています。

そういうことで~

《What's The Title?》

e0242504_17221254.jpgIn Color/Cheap Trick
ここでは初投稿のごあいさつということで、タイトルはCheap Trickの"Hello There"。
2枚目のアルバムの収録曲ですが、なかなか元気があっていいですよね。このころは、アルバムの表ジャケに写ってるイケメン2人とコミカルな2人のアンバランスさが話題を呼んで、日本ではイケメン2人を中心に(とくにボーカルのロビン)アイドル的な人気になって、人気絶頂の武道館でのライブがアメリカでの人気に火をつけるという逆輸入のパターンになりました。
音楽的には軽めのロックなんで、Bay City RollersやBusterなどに慣れ親しんでいた日本の女の子にはちょうどよかったのかもしれません。
[PR]