カテゴリ:book( 4 )

久しぶりに本のネタを。

e0242504_19531674.jpg
まずは前回のエントリでも触れましたけど、私としては初めて読むノーベル文学賞作家の作品カズオ イシグロの「わたしを離さないで」。

ネタバレは申し訳ないので詳しくは書けないけど、ある特殊な境遇にある主人公とその仲間が織りなす物語。

その境遇が話の中で徐々に明かされていき、話の語り手である主人公キャシーの煮え切らない性格や、物語に登場する彼女の友人わがままなルースと癇癪もちのトミーをはじめとした仲間の欠陥のある人間性も彼らの境遇のせいかなあと思わせたりする奥深さはあるんだけど、SNSにも散々書きましたが、とにかく話がくどい。

彼らが暮らし教育を受けたヘールシャムというところのエピソードをこれだけ大量に盛らなくても話としては成立すると思うけどなあ。

そういうウダウダした語りしかできないキャシーの異常さを引き立たせる演出だったらそれはそれですごいんだけど、単純に本として読むと苦痛でしかなかったですね。

まあ、全体に流れる彼らの境遇に関するストーリーにはうならせるものがあるので、私の好みとしては村上春樹よりははるかにましですけどね。

e0242504_20043999.jpg
でも驚くのはこの小説を日本でテレビドラマ化したということ。

全く見ていないので何とも言えませんけど、左のジャケットを見る限り、左からトミー、キャシー、ルースということになると思うので、あのウダウダした世界を描いちゃったんですかねえ。

ちょっと怖いもの見たさで見たい気もしますが。

てな具合で、挫折しそうになりながら、結局あまり得るところもなく「わたしを離さないで」を水曜の夜までに読み終えて、次に読んだのが有川 浩の「阪急電車」。

e0242504_20152106.jpg
有川 浩は何冊か読んでいて、「空の中」とか「塩の街」とかなかなか面白い作品もあるし、作者で図書館で選んだ本だ。
ちなみに字面からてっきり男の人だと思い込んでたんだけど、女性なんですよね。
「ハガレン」の作者と同じで、最近のペンネームは難しい。

それはさておき、映画化されたのも知っていた。
でも子役を芦田愛菜がやったというのを聞いたぐらいで、あまり興味もなく、図書館で見て初めて有川 浩だから興味を持ったという程度だ。

関西に住んだ経験もあるので、阪急電車には思い出もある。
関西では山の手を走る一番上品な私鉄で、高槻に住んでいた頃京都に通勤するのに使っていた。
京都市内では四条通の地下を走っていて、中心部を通って便利でいいんだが、当時終電が11時半で、遅くまで飲んだときはJRで帰らざるを得なかったなあ。

タイトルを見て、勝手に慣れ親しんだ阪急京都線を想像したんだが、舞台は宝塚と西宮北口を結ぶ阪急今津線。

阪急の中ではマイナーな路線だが、2回乗ったことがある。

1回は門戸厄神。

ちょうど大阪に勤務していた頃、初めての単身赴任で初めての管理職。
いろいろハードなことも多かったんだが、厄年を迎える頃に体にもいろいろ異変が出てしまった。
厄年って根拠あるんだなあと痛感して、地元の人に、関西で厄除けってどこかを尋ねたら、勧められたのが門戸厄神だった。

ちゃんとお金を納めて本殿で祈祷してもらいました。

もう1回は甲東園。

関西学院大の最寄り駅で、会社の後輩が大学のチャペルで結婚式を挙げたんで、甲東園から坂道を上った覚えがあります。

小説の方は、宝塚から西宮北口に向かう間の電車の中で繰り広げられるドラマが描かれてるんだけど、それぞれの駅間でおこるドラマの短編集かと思ったら、それぞれの登場人物が微妙に絡み合っていて、一つの流れができている。

e0242504_20322854.jpg
どの登場人物も見事にキャラが立ってて、おもしろくて、「わたしを離さないで」とは比べ物にならないスピードで、ほぼ一日で読み終わりました。

映画の方も気になって、アマゾンで調べたらプライムビデオにはいっていたので、昨日夜更かしして見ちゃいました。

原作を先に読んだ印象からすると、中谷美紀の翔子はないかな。

彼氏を寝取られた相手の結婚式に乗り込むというストーリーで、原作では花嫁を食ってしまう美人という設定なんだけど、あのメイクではなあ。

夏ばっばこと宮本信子は当たり役で存在感ありましたけど、原作よりも活躍しちゃいました。

割と原作に忠実だったけど、はしょった部分もあり、やっぱ原作の方がよかったかな。

てな感じの2冊+αでした。

《What's The Title?》

e0242504_20385793.jpg
If It's Love/Keiko Lee

ということで、タイトルはノーベル文学賞作家に敬意を表して、「わたしを離さないで」の原題"Never Let Me Go"。
実際話の中で描かれているのも50年代に歌われた"Never Let Me Go"という曲で、そのカセットにまつわるストーリーもいくつかあります(それで本の表紙がカセットなんでしょうね。)。
必ずしもそれがこの物語の本質をついてるというわけではないと感じますけど。
で、たまたま私が持っている音源で同じタイトルはこの曲だけということでタイトルにしましたが、Keiko Leeのこの曲が同じ曲かもわからないわけです。
Keiko Leeに関しては、残念ながらどういう人かもわからない状態ですけど、コマーシャルで聴いた"We Will Rock You"を静かに歌うカバーが独特で興味を持ったという流れです。
今では何枚かのアルバムの音源がありますけど、独特のアルトボイスでしっとりとした歌声は秋の夜長にはぴったりで、わりと気に入ってます。

[PR]
by falling7813 | 2017-12-01 20:48 | book | Comments(0)
練馬の家のパソコンをいじっていたら、2004年11月からやっていた昔のブログに載せていた読んだ本のデータベースが見つかった。

実は今のブログでも右下に本が表示されているんだが、あれは私が読んだ本で、一応各本に対するコメントと5点満点の点数を入力している。
どうやったらコメントと点数が表示されるかはいまだに知らないんだがorz

e0242504_21113211.jpgちゅうことで、昔のブログと今のブログのデータがあるので、それを合体させたら、2005年から2014年までの10年間に私が読んだ本の全貌がわかった。

まず10年間で読んだ本は延べ659冊で、平均すると1ヶ月に5.5冊ペース。

二度読みもあるので、重複を除くと、637作品で、作者数は323人にのぼる。

e0242504_21144275.jpg10年という期間では、年によって読むペースも全然違ってて、2005年63冊、2006年153冊(最高)、2007年86冊、2008年12冊(最低)、2009年77冊、2010年84冊、2011年25冊、2012年24冊、2013年77冊、2014年48冊となる。

少ない年は、熊本(2007年8月~2009年7月)や弘前(2011年4月~2013年3月)にいた年で、通勤は歩き主体だし、図書館を使ってなかったし、飲み会も多かったしと思い当たるふしはたくさんある。

読んだ回数が多い作者は((  )内は平均点です)、

e0242504_20594479.jpg1 内田 康夫      58(3.21)
2 宮部 みゆき     29(4.07)
3 奥田 英朗      21(3.81)
  藤沢 周平      21(3.71)
5 真保 裕一      15(3.40)
6 さくら ももこ    13(3.15)
  池波 正太郎     13(3.46)
  誉田 哲也      13(3.69)
9 高杉 良       10(2.80)
  野村 克也      10(3.30)

といった並びになる。

3冊以上読んだ作者で、評価の平均点が高いTop5は((  )内は読んだ延べ作品数です)、

e0242504_21020345.jpg1 真山 仁    4.29(7)
2 木村 元彦   4.25(4)
3 重松 清    4.17(6)
4 宮部 みゆき  4.07(29)
5 宇江佐 真理  4.00(4)
  司馬 遼太郎  4.00(4)
  石田 衣良   4.00(4)

e0242504_21333558.jpg堂々2位になった木村元彦って名前だけ見てすぐには思い出せなかったんだが、オシムとかストイコビッチなんかの本を書いてる人でした。

この人をはじめ、図書館でたまたま手に取って面白かったという本は多いですね。

e0242504_21371923.jpg奥田英朗、真山仁なんかも図書館でたまたま読んだ本がおもしろくてハマった作家だもんなあ。

宇江佐真理とか石田衣良も図書館で借りた本がはずれなしのオール4点ということで、5位にランクインとなりました。

新たなごひいき作家に出会うには図書館の存在は欠かせないですね。

上の2つのランキングからも、必ずしもよく読む作家と平均点の高い作家はイコールではないんだけど、宮部みゆきは29冊読んで平均点が4点以上というのはすごい。
たしかに今まで読んできて、はずれ少ないもんなあ。

ちなみにワースト3は、

e0242504_21195896.jpg1 西村 京太郎  1.50(4)
2 村上 春樹   1.67(3)
3 テリー伊藤   2.00(3)

といったメンバーで、ワーストワンの西村京太郎は、「伊豆下賀茂で死んだ女」「特急「しなの21号」殺人事件」が2点、「湖西線12×4の謎」「五能線の女」が1点と惨憺たる評価ですが、鉄道のトリックに凝るのはいいんだけど、犯人を割り出す経過なんかがいい加減でミステリーとしてはいかがなものかと思えるので、ちょっと私には評価できないですね。

e0242504_21515422.jpg村上春樹については過去にコメントしたとおりで、ちょっと生理的に無理かもしれません。

札幌に来てから、中央図書館に行っているので、本を読むペースは回復基調ですが、通勤は徒歩なんで、本を読む時間としては、会社の昼休みか旅行中ぐらい。

今、平日にスポーツクラブに行ったときは、帰ってきてすぐ寝ると眠りが浅くなるというし、パソコンいじりも脳を覚醒させてしまい、やはり深い睡眠にはよくないそうなので、寝る前に本を読むことにするかな。

などと、このデータを見ながら考えたりしました。

《What's The Title?》

e0242504_20493201.jpgPunch The Clock/Elvis Costello & The Attractions

タイトルは本に関係ある曲ということで、Elvis Costelloの記念すべき初Top40ヒットにしました。
私の知る限り、本を読むことをテーマにした曲って、なかなか思い浮かばないんですよね。
ミュージシャンって読書嫌いなのかなあ?
Costelloさんのこの曲ですけど、淡々としてますけど、聴きこむと味が出てくる曲ですよね。
ただ第一印象が地味なんで、単純なアメリカン人には理解できなくて、アメリカではそれほど大きなヒットにはなりませんでした。
当時のイギリスの皇太子夫妻をパロッたようなプロモでしたよね。

[PR]
by falling7813 | 2015-01-13 06:05 | book | Comments(2)
私にとって、未知の作家で、謎の作家である村上春樹。

世間的には次のノーベル文学賞候補という人もいるんだが、私が読んだ「カンガルー日和」「ノルウェイの森」はそれそれ微妙で、5点満点の採点でもせいぜい2点どまり。

この人は合わないのかなあと思いつつ、あまりにも世間とズレるのもつらいから、もう少し読んでから判断しようと、もう1冊図書館で借りて読んでみる。

e0242504_22525767.jpgその本は「アフターダーク」

終電が終わった後の真夜中の街で繰り広げられるいろいろな人々の出会いを中心に描かれていて、読んでいる間は設定がおもしろくて、読み進めていく。

少なくとも、今までに読んだ2作よりも読みごたえがある。

それぞれの登場人物の輪郭が徐々にはっきりしていって、興味を持たせる展開になってきた。

そして、話はエンディングを迎えるわけだが…

ええええ?

「ノルウェイの森」でも思ったことだが、ストーリー的なものを全部ぶっとばして、終わっちゃうことが文学的なんですかねえ?

「アフターダーク」もいろいろ登場人物が出てきて、それぞれキャラが立っているんだがなあ。
途中までは及第点の話だったんだが、エンディングですべてぶち壊し。

もう1冊読んでみるべきか悩むところだなあ。

《What's The Title?》

e0242504_22412500.jpgAfter Dark/Andy Gibb

小説は、ジャズの曲からタイトルをとっているんだが、私の世代としては、"After Dark"といえばAndy Gibbですので、この曲をタイトルとしました。
このアルバムは、アメリカメジャーデビュー第三作ということで、それまでのメガヒット連発路線で頂点を極めていたのに、このアルバムはファーストシングルの"Desire"が4位どまりで、No.1を逃し、次のシングルでは魔性の女Oliviaと組んでしまい、12位止まりで、その後お決まりの下降線をたどって、人生の方でもボロボロになってしまい、若死してしまいました。
アルバムタイトルの"After Dark"はシングル向きではないけど、ほんわかしていてそれなりの聴き所のある曲ですが、なんといってもBee Geesそのまんまなので、ちょっと個性がないのと、Bee Geesがメガヒット連発でそろそろ飽きられていたのが、マイナスポイントですかねえ。

[PR]
by falling7813 | 2014-04-25 23:10 | book | Comments(2)
これで4日連続のエントリ。

私としては奇跡的なヘビロテだ。

それはさておき、みなさんは「いとみち」という本を知ってますか。

e0242504_1915053.jpg←これです。

「もしドラ」以来の外で読むには勇気がいる表紙だが、会社の人に借りてカバーがついていなかったのと、おもしろかったので、ついつい外でこの本を開いてしまった。

ドン引きされたかなあ。

実は会社の人に、津軽を舞台にした小説があると教えてもらい借りたんだが、思いっきり青森ローカルな小説だ。

物語の主人公は、「相馬いと」という名の高校1年生の女の子。

弘前の北隣にある北津軽郡板柳町に住んでいて、ばあちゃんに育てられたため、津軽弁の訛りがキョーレツで、口下手で人見知り。

そんな女の子が、メイド服を着てみたいのと人見知りを直したいがために、青森のメイド喫茶でバイトを始めたことから起こる騒動を描いている。

まずは、彼女の家のある板柳、高校のある弘前、友達が住む五所川原、藤崎、メイド喫茶のある(実際にあったかなあ?)青森と、すべての場所が現在の守備範囲で、情景が簡単に目に浮かんでしまう。

そして、いとがしゃべるキョーレツな津軽弁。見事な訛りで、ジモティが読んでも違和感ないみたい。
もっとも、ここまで訛りがキョーレツな高校生はいないという意見は強いようですがw

「わぁは、なんもね。かに」なんてセリフがガンガン出てくる。
ちなみにこれを標準語に訳すと「私は、何もない。ごめん」となります。

1年津軽にいるんで、これぐらいの言葉ならヒアリングはできるようになったんで、結構楽しく読めますが、全く対訳がないから知らない人にはつらいかなあ。
まあ、いと以外の登場人物はほとんど標準語でしゃべるので、ある程度文脈は読めると思います。

それから、いとのばあちゃんで三味線の名手ハツヱがVan Halenファンという無茶苦茶な設定。
77歳のばあさんが、"Hot For Teacher"はないと思うが・・・w

いとが高校1年で、娘2号と1つ違いでかなりかぶって、ついつい感情移入してしまうのも、おじさんには困ったものです。

そんなこんなで、私にとってはハマりすぎの感じがあるので、採点は甘くなりがちですけど、おススメです。

もし、読んでみて、津軽弁に意味がわからないフレーズがあれば翻訳しますよw

《What's The Title?》

e0242504_18592566.jpgVan Halen 2/Van Halen

この物語に登場する三味線弾きのばあちゃんの愛聴の曲として登場するので、この曲をタイトルにしました。
ちなみにこれを津軽弁にすると、「医者ば呼んでけろ」となります。
デビューアルバムで強烈な印象を残したVan Halenですけど、あまり曲作りには長けていないようで、このセカンドアルバムでは、ピンとくる曲は少なかったですね。
「医者ば呼んでけろ」もタイトルの繰り返しぐらいしか印象に残らなくて、インパクトのない曲だったですね。
4枚目のアルバムぐらいまでは、結局カバー曲の方ができがいいというのが定説だった気がします。
David Lee Rothもカバーの方が楽しそうだし。
[PR]
by falling7813 | 2012-04-17 19:40 | book | Comments(0)