The King Is Half Undressed

年末年始の休暇で東京の家に帰ってきた。

今回は29日の朝に名古屋を出て、3日の夜遅くに名古屋に戻る5泊6日のホリデーだ。

しかし、今年最後の出勤だった28日に打ち上げで飲んだら、飲みすぎてしまい、帰りの電車で新守山までオーバーランし、しかも降りたら反対側のホームに行って戻らなきゃいけないこともしばらくわからず、帰りが大幅に遅れてしまうポンコツぶり。

おかげで、早起きには自信のある私が、大曽根発6:13には乗らなきゃいけなかったのに、5:55に目覚めるという寝坊で、アタフタとした帰宅になってしまった。

e0242504_18141013.jpgそんな1日目を終え、今日は娘2人はそれぞれ予定ありだが、私とかみさんはヒマということで、かみさんのリクエストでスカイツリー周辺へ出かけることにした。

10時ごろ家を出て、11時過ぎにソラマチに到着。

すでに結構な人出なので、昼食は混雑必至と予想し、まずは昼食をすることに。

e0242504_18193850.jpg協議の結果、ソラマチ6Fの九州料理うまやの楽屋(写真左)へ。
おいしかったけど、ちょっと値段が高かったですね。

でも、食べてる途中で満席になり、ウェイティングが出てましたんで、食べるタイミングは大成功でした。

e0242504_18284022.jpg昼食も済んだところで、かみさんのリクエストですみだ水族館へ。

正直なところ、私はあまり興味がなかったんだけど、こればっかりは仕方ない。

e0242504_18292451.jpgちょうど蜷川実花とクラゲのコラボというのをやっていて、クラゲの水槽に蜷川実花プロデュースの色鮮やかな映像を映し出すもので、かみさんはそれに魅かれてたわけなんだが、実際見てみると上や右の写真のような感じで、なかなかきれいで、かみさんの反応はすこぶる良好でした。

e0242504_18332346.jpgそれ以外には、やたらとでかいペンギンの水槽があり、ペンギンがゆったりと泳いでました。
そのわりにすぐ隣のオットセイの水槽は狭くてオットセイが超過密状態で高速で泳いで傷だらけになっていて気の毒でした。

e0242504_18390642.jpgほかにもいろいろ魚の展示はあって、やたらとチンアナゴがたくさんいたり(写真右)、様々な金魚が展示されいたりと、それなりに特徴的ではありましたが、面積もそれほど広くないし、魚の種類も限られているので、鳥羽水族館には遠く及ばないし、サンシャインや八景島よりもしょぼい印象を持ちました。

まあ、かみさんは素直に喜んでいたのでOKですけどね。

水族館で結構なお金を使ったし、スカイツリーの方は外国人客で混雑してそうなのでパスして、そのあとソラマチを再度散策して、娘どもへの土産を買ってスカイツリー周辺の観光は終了。

e0242504_18470606.jpgお次は浅草。
今日は天気は良かったけど風が強くて寒かったので、東武に乗る。

仲見世から浅草寺にかけては予想どおり外国人でごった返してました。

e0242504_18483438.jpg浅草寺の境内からスカイツリーを眺めつつ、お参りを済ませる。

そのあとさらに北へ進み、今回の浅草観光の最大の目玉であるマスコミなどで有名な抹茶ジェラートを目指したんだが、なんと休み。

e0242504_18554311.jpg落胆するかみさんに、善後策として舟和でのティータイムを提案。

ここの喫茶室は何度も行っているからはずさない。

e0242504_18585751.jpgかみさんは抹茶ジェラートのリベンジで、抹茶づくしの抹茶ソフトクリームあんみつ(写真左)、私はクリームあんみつ(バニラ&つぶあん)(写真右)をいただきました。

外が寒かったので、暖房のきいた店内でいただくスイーツは格別でした。

このあとあれこれ買い物して本日の東京見物終了。

いよいよ今年も残すところあと1日だ。

《What's The Title?》

e0242504_18060357.jpgBellybutton/Jellyfish

今日はすみだ水族館のクラゲがウケたので、タイトルはJellyfishの”The King Is Half Undressed"。
完全に私の守備範囲外のアーティストですが、友人がいいというので聴いてみたら、結構好きなサウンドでした。
BadfingerやWingsの曲をカバーしてたりするなどに象徴されるThe Beatlesっぽいポップなサウンドで、私の波長にぴったり合うんですよね。
この”The King Is Half Undressed"は、私が音源を持っているベスト盤の1曲目に入っていて、ポップで分かりやすい曲です。


[PR]
by falling7813 | 2016-12-30 19:10 | coming home | Comments(0)