Ticket To Ride

それは7月のこと。

ある業界の方との懇談会で、たいめいけんの社長のように真っ黒に日焼けしていてその業界っぽくないNさんと話をしたときに、「なにかスポーツされてるんですか?」と質問したことからすべてが始まった。

ゴルフかなあと思った質問の答えは意外にもソフトボール。
そこからいろいろ話が盛り上がって、うちの職場と練習試合を行うこになり、9月にボコボコにやられた。

7月の懇談会の時に、その業界のソフトボール大会が10月15日にあるという話を聞いて、一応手帳にメモはしておいたんだが、酔った時のヨタ話で終わるかなあと思っていたら、10月の初めに正式にご案内をいただいた。

実は15日には、JRさわやかウォーキングで、「関ケ原合戦史跡めぐり」という一番行きたい企画があったんだが、身から出たサビであり、あきらめるしかあるまい。

場所は各務原総合運動公園だそうで、最寄駅からも歩いて30分以上かかる立地で、いっしょに誘われたK2さんやMちゃんが車で行こうと誘ってくれたんだが、金曜日まで飲み会4連投、しかも金曜日が一番ヘビーなやつで、強烈な二日酔いになるのは必至ということで、安全を期して電車で行くことにしたが、正解だった。

で、土曜日に各務原にJRで行き、日曜日はどこかへさわやかウォーキングへ行こうと思ったら、日曜日にやってるのは、大阪と下呂と静岡の由比。

一番近場だと下呂だが、8月に行ったばかり

e0242504_03530022.jpgそこで、あるチケットを買って、由比へ行くことにした。
そのチケットとは、秋の乗り放題パスというやつで、3日間JRの普通列車が乗り放題で、7,710円というお値段。

こういうチケット発売すると、五能線の中で出会ったような鉄道マニアなら、ものすごい距離を乗っちゃうんだろうけど、とりあえず土曜日、日曜日の行程ならペイはできる。

e0242504_03541587.jpg土曜日はヘビーな二日酔いを引きずりつつ、予定の6:23で大曾根を出て、2回乗り換えて、1時間ほどで那加駅に到着。

e0242504_07212024.jpg30分以上歩いて運動公園に行き、雲一つない青空の下全く日陰がないところでソフトボールを観戦し、1時前にNさんにご挨拶して撤収。

家に帰ったら、顔とか首とか手とかめちゃ日焼けしてました。

グランドの近くでみんなでアユ料理を食べて、Mちゃんの車で大曾根まで帰ってきた。

ほんとはどこかでJRに乗って乗り放題パスのお得感を味わいたかったんだが、家に帰ってニュースを見たら、この時間帯にはJR東海道本線が事故で不通になっていた。
Mちゃんサンキューでした。

e0242504_19362238.jpgそして日曜日。

4時に目覚ましをかけていたんだが、3時半に目が覚め、土曜日の「よしもと新喜劇」の録画を見ながら朝食&支度。

5時過ぎに家を出て、夜明け前の大曽根駅へ。

e0242504_19374607.jpg大曾根駅の始発電車に乗り、さわやかウォーキングのスタート地点富士川駅を目指す。

5;23の名古屋行に乗ったんだが、そこそこお客がいる。

e0242504_19394999.jpgその後、大曾根→金山→豊橋→静岡(写真右)→富士川と4本の各駅停車を乗り継いで、4時間以上かけて到着。

e0242504_19430335.jpgさすがに豊橋あたりまではお仲間はいなかったけど、浜松を過ぎたあたりからそれっぽい人が乗ってきて、静岡を出る電車は座れないほどのウォーキング客。

静岡県でもさわやかウォーキングは人気のようだ。

富士川駅ではどっとお客が降りて、例によってお年寄りが多いので、トイレには長蛇の列。

駅をスタートすると、まず今日のコースは富士川の河川敷を目指す。

e0242504_19470055.jpgすると、おおこれは絶景!

富士川って名前だけあって、富士山がばっちり見えます。

いつも新幹線から見てるけど、見えても一瞬ですぐトンネルとか障害物で見えなくなっちゃうので、ゆっくり見られるのは素直にうれしいねえ。

e0242504_19490684.jpg天気もいいし、これが見られただけでも来た甲斐があったってもんだ。

今日のコース名は、「歴史街道散策と由比街道まつり」

e0242504_19535537.jpgということで、富士川の河川敷で絶景に感動した後は、しばらく町中を歩いて、東海道の蒲原宿を目指す。

宿場の入り口はなぜか水力発電所。

e0242504_20055770.jpgそして宿場に入ったけど、一部古い建物が残ってるが、よく見ないと宿場町ってわからない。

有名な妻籠とか、それほど有名じゃないけどさわやかウォーキングで行った亀山の関宿なんかに比べると、宿場としては見どころが少ないですかねえ。

e0242504_20095216.jpg蒲原宿の付近では、静岡らしくみかんを売ってるところもありましたけど、先週行った清須よりも高くて、ちょっと食指が動きませんでした。

東海道で蒲原の次の宿場は由比のようで、今回のウォーキングは、たぶん東海道を歩いて由比の宿場跡を目指すようです。

e0242504_20163380.jpgそして、由比宿のあたりに着いてびっくり。

すごい人出。

今までもお祭りとタイアップしてるケースはあったけど、ここまですごい人出と遭遇したのは初めてじゃないかなあ。

e0242504_20193607.jpg通りの両側に屋台が出ていて、宿場の雰囲気はわからないわ、道が狭いうえに、我々の順路と逆方向からもたくさん人がやってくるわで、歩きにくい。

挙句に我々と逆行する踊りの集団までやってきてウォーキングの人たちは大渋滞となってしまいました。

e0242504_20222502.jpgこれは完全に企画ミスじゃないかなあ。

同じ通りでも、祭の会場を抜けるとのんびり歩けるところだったので、ほかの日を選んだ方がベターだったな。

e0242504_20275507.jpgそしてこのウォーキング最後のチェックポイントは由比漁港。
この通りを南の方に折れて、東海道本線と国道をくぐるとあらわれます。

ちょうどお昼時だったし、何か昼食を調達できるところはないかと、探してみたら、漁協直売所に長蛇の列↓

e0242504_20335019.jpgさっきの由比宿でもサクラエビの試食にものすごい列ができてたけど、ウォーキングのお客さんのパワーには恐れ入ります。

今まではウォーキングのスタート時間の8:30前後か、それより前にスタートしてたけど、今日はスタート後1時間以上たったスタートだったので、お客も多かったのかなあ。

e0242504_20401600.jpgちゅうことで、ゴールの由比駅に向かう道で昼食を調達しようとしたけど、結局何もなく、11kmのウォーキングを終え、由比駅に到着。

昼食どうするか悩みながら、由比駅を出発。

e0242504_20470696.jpg帰りの行程では、由比から一駅の最初の乗換駅興津駅が待ち時間が11分で一番長いので、降りて物色したが、駅は無人で、何も食べ物は売っていない。

e0242504_21261315.jpg仕方なく駅の外に出て探したら、歩いて2分ぐらいのところに小さなスーパーがあったので、最初弁当か寿司を買おうとしたけど、このあと乗る電車はロングシートの可能性が高いので、食べやすいパンを選択。

時間がなかったので最前列にあったのをとって、たまたま半額セールだったので総額100円のランチ。

そんな感じで、帰りは由比→興津→浜松→豊橋→金山→大曾根と5本の乗り継ぎ。
豊橋→金山間は新快速だったので、行きよりは所要時間が短くて、4時間を切りましたけど、結局2時間ちょっとのウォーキングのために8時間以上電車に乗るという無謀な旅になってしまいました。

やっぱ、遠いところのウォーキングは無理があるなあ。

《What's The Title?》

e0242504_20092767.jpgHelp!/The Beatles

今回はJRで秋の乗り放題パスという企画ものの乗車券を入手して二日間旅をしましたんで、タイトルは「涙の乗車券」。
別に涙の旅ではなかったですけどね。
”Help!"の収録曲で見事にNo.1になったけど、私はそれほどの曲かなあって印象を持ってます。
Carpentersのデビュー曲でもあるんだけど、そっちのカバーもパッとしないしなあ。
でも、空耳で「静かな地域つらい。死んどけ」っていうネタは秀逸だよなあ。

[PR]
by falling7813 | 2016-10-16 21:08 | Tokai | Comments(2)
Commented by ニャロメ at 2016-10-18 21:25 x
私も五能線では隣のおじいさんに「携帯電話を貸してくれ」と頼まれ、貸してあげたら泊まっているホテルに電話をして「携帯電話を部屋に置いて出てしまったので、そのままにしておいてくれ」という意味不明の電話をかけてました。
そんなもの連泊の客の私物をどうこうするわけないだろ、と思いました。
帰りの隣の席はナンシー関みたいな体型のおばさんで、殆どの時間をデッキで仕事の電話をしていました。まあ、隣が空いていて助かりましたけど。
五能線って、変わった人が乗るのかな。
景色は絶景ですけどね
Commented by falling7813 at 2016-10-19 07:01
ニャロメさん

津軽の地元の方は言葉は難解ですが、純朴で温かい人が多いのですが、五能線に乗ってるのは、高校生とかお年寄りを除くと、ほとんど旅行者なのでいろんな人がいますよね。
しかもめちゃ不便な路線なので、かなりコアなもの好きが多いかも。
私が隣になった乗り鉄(http://falling13.exblog.jp/19080339/)はほんとにキョーレツでしたからねえ。
まあ、私もヘビーユーザーだったので、あまり他人のことは言えませんがw