Da Doo Ron Ron

三連休三日目。

昨日はちょっとへこむような展開だったんだが、結局何かできるわけでもないので、金曜日に続いて、JR東海のさわやかウォーキングに参加することにした。

e0242504_19134699.jpg本日のお題は、「一宮の古社・名刹の巡礼と織物に触れる」という尻切れトンボ的なタイトル。

スタート地点は東海道本線稲沢駅。

例によって、老々男女がぞろぞろと降りてくる。

e0242504_19205034.jpgどうもメインの出口と反対側っぽいと思ったら、昔はここに操車場があったそうだ。

今は、マンションやらショッピングモールやらが立ち並んで、近代的な街並みで、ジョギングコースも整備されているようだが、そこを埋め尽くして歩く我々。
ときどきジモティーがジョギング姿や自転車で通っていたが、迷惑千万という顔でした。

e0242504_19234139.jpgそして、今回のコースはひたすら線路際を歩く。東海道本線だから、通るのはほとんど通勤電車で、ときたま特急しらさぎとかひだが通るけど、よほどのマニアでないとつらい道程でした。

e0242504_19265005.jpg3kmほど歩いたところで、やっと東海道線と別れを告げ、最初のチェックポイント多加木公園を目指す。

今回もぐーたらハロウィンくんをつれてきたので、最初のビューポイントに着いたところで記念撮影。

e0242504_19315331.jpg多加木公園には水が流れていて、それなりの景観でした。

そこから2kmほど歩いて、次のビューポイント妙興寺へ。

e0242504_19351654.jpg今日のコースのここまでのもやもやぶりから、今日は期待できないかなあと思っていたんだが、この妙興寺は結構立派なお寺でした。

まず立派な山門があり、本堂もなかなかの建物。

e0242504_19375337.jpg本堂では仏様の特別公開をやっていたけど、混んでそうだし、仏様にはさほど興味がないので、庭を見てました。

本堂の周囲は苔マニアにはたまらない苔庭でしたし、そのまま進んで行くと、つつじも咲いていて、なかなかのお寺でした。

ここが今日の売りの「古刹」ってことなんでしょうけど、これはOKだなあ。

そのあとは、一宮市博物館とか、彦田公園とかビューポイントがあったらしいんだけど、気づかずに通過してしまうぐらいのインパクト。

e0242504_19525577.jpg次のビューポイントは、ゴールの尾張一宮駅にもほど近いリテイル(繊維マーケット)。

たぶん歴史のある建物なんだろうけど、由来がわからず、展示物も毛織の反物などが置かれているだけで、仕事で浅草橋で何度も見ている光景だったので、パス。

e0242504_19550385.jpgゴールには近づいたが、ウォーキングコースはわざと遠回りをして、本町商店街へ。

この手の商店街ってどこも苦戦してるんだけど、わりと空き店舗も少なくて頑張ってる。
e0242504_19591774.jpg季節柄こいのぼりが飾られてました。

商店街を歩いていると、おばちゃんたちを中心に行列を作っている。

大したものじゃないだろうスルーしようとしたが、何かもらえるようなので、並んでみた。

e0242504_20025621.jpg配られていたのは箱ティッシュとポン菓子→

ほかにも奥の席で飲み物もふるまわれていたようだが、おばちゃんだらけだったのでパス。

e0242504_20162351.jpgそのまま本町商店街のアーケードを抜けると、正面に真清田(「ますみだ」って読むんですね)神社が現れる。

今回のウォーキングのメインひとつだが、背景の深い森を従えて、なかなか荘厳な佇まいだ。

e0242504_20290249.jpgせっかくなので、ちゃんとお参りしました。
いろいろありますんで、ご利益があるといいのですが。

真清田神社をあとにして、あとはゴールの尾張一宮駅に向かうのみ。

e0242504_20502966.jpg10.7kmのコース設定でしたが、2時間ほどで歩きました。
これでさわやかウォーキングは10回目のゴールとなりました。

家に帰り、午後からスポーツクラブへ行き、筋トレをして、ランニングマシンを歩き、だいぶ体重を落とせました。

e0242504_20513590.jpgここでこらえればいいんだけど、三連休で結構まじめに運動したので、今日ぐらいご褒美OKかなということで、夜は家飲み。

e0242504_20545726.jpg明日の弁当のおかず含みでソーセージと焼売を作り、それをつまみつつ、缶(第三の)ビールをいただく。

弁当用にミニトマトも買ってたんだけど、くまモンマーク入りの熊本産だったので、即買いました。
がんばろう熊本!

e0242504_20573054.jpg晩御飯と缶ビール1本をひとしきりいただいた後、3月に鯵ケ沢で買ってきた安東水軍の残りをいただく。

2合ぐらいしか残っていなかったから、深酒にならずちょうどよかったかな。

e0242504_21001978.jpg手前に写ってるつまみは、かみさんお手製の海苔の佃煮にわさびを混ぜたもの。

せっかく三日続けて運動して、やせたのにガッツリ系のつまみではまずかろうということで、考えて作ったんだけど、組み合わせ的に鉄板だろうと思ってましたけど、日本酒との相性は抜群でした。

そんな三連休を終えて、明日は谷間の出勤です。

《What's The Title?》

e0242504_18582107.jpgShaun Cassidy/Shaun Cassidy

今回ウォーキングに行くにあたって、天気も良かったんで春らしい曲のプレイリストをプレイしながら歩いたんだけど、そんななかで、この三日間でよく聴いた曲ということで、Shaun Cassidyの"Da Doo Ron Ron"。
なんかウキウキする曲で春にぴったりですよね。
あのThe Partridge Familyのリードボーカルで一世を風靡したDavid Cassidyの異母弟ということで鳴り物入りのデビューだったわけですが、この曲で見事全米No.1に輝きました。
1977年には、ほかにもAndy Gibb、Debby Booneという七光りトリオがNo.1ヒットを飛ばし大活躍した年でした。
そのShaun Cassidyですけど、なぜか日本ではファーストシングルは「素敵なモーニングガール」で、アルバムジャケットも差し替えられてました。
この頃、日本独自のシングルカットってよくあって、1977年にもアバの「ザッツミー」とか、ローラーズの「恋のゲーム」とかはアメリカと違うシングルカットでも大ヒットしました。
"Da Doo Ron Ron"はCrystalsのヒット曲のカバーなんだけど、オリジナルのCrystalsの邦題が「ハイロンロン」というのはなんだかねえ。
「チャンタでいこう」に近いセンスだよなあ。

[PR]
by falling7813 | 2016-05-01 21:17 | Tokai | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧