Weekend In New England

2月15日昼。
ケータイにメールが入る。

青森県鯵ケ沢町のMさんからだ。

e0242504_22351179.jpg鯵ケ沢町といえば、弘前勤務の時に地酒安東水軍を飲む会に入会させていただいた。

その後札幌に行った後も誘っていただいて、なんとか2013年2014年と年1回ペースで参加し続けた。

Mさんには名古屋に転勤になったこともお知らせしたんだが、その後は毎月ではないものの、金曜とか土日とか行きやすそうな開催日の案内はもらっていた。
でも、思いのほかスケジュールが立て込んでしまい、名古屋に来てからはずっと欠席の返事。

そんななか久しぶりの案内では、3月12日土曜日夜の開催。

その日なら空いている。

その日家に帰ってからいろいろ調べたら、名古屋から青森に行く飛行機も行きなら安いチケットがある。

「行きます」と返事をした。

そのあと、かみさんの気まぐれで3月頭に大枚をはたいてUSJに行くことになったわ、直前に体調は崩すわと想定外の出来事が続いて、お財布的にも健康的にもハードな状況で当日を迎えた。

体調不良で早寝したせいで、やたら早起きし、家を6時前に出て、県営名古屋空港へ向かう。
名古屋ー青森便はFDAが運航していて、セントレアではなく、昔の名古屋空港から出ているのだ。

e0242504_15010780.jpg我が家の最寄り駅大曽根から電車で2駅+バス20分弱で便利。
ちなみに名古屋駅からも高速バスで20分ほどなので、セントレアより便利なんですけどね。
自衛隊との兼ね合いかなあ?

e0242504_15025471.jpg初めて行った県営名古屋空港は、昔よりもターミナルを縮小したようで、国際空港の面影はなく、札幌の丘珠空港みたいなローカル感たっぷりでした。

FDAは80人乗りくらいの小さな飛行機でしたけど、席はゆったりしてたし、なぜかクロワッサンのサービスもあり、快適なフライトでした。

e0242504_15033347.jpg雪景色の青森空港からバスで弘前へ。

弘前についたら予想どおり雪はなし。

e0242504_15050295.jpg鯵ヶ沢へ向かう五能線は本数が少ないので、待ち時間に勝手知ったる弘前をうろうろ。

待ち時間は2時間半ほどあるので、まずは土手町方面へ。

目的は弘前の名酒豊盃。

e0242504_15062891.jpg宅配とかカード払いが面倒なさそうだということで、デパート中三へ行ったが、品薄のようで、豊盃は一人1本までと制限付きだったので、パスして、こういう時に頼りになる柳田酒店へ。
e0242504_15074774.jpgさすがの品揃えで、宅配をお願いして、まずは最大のミッションはクリア。

そのまま鍛冶町を通り、一時廃止が発表されて撤回された弘南鉄道大鰐線の無事を見届け、ヒロロへ。

e0242504_15083003.jpgここは私が住んでた頃は、ジョッパルという名前で、もともとダイエーが入居していたショッピングビルの廃墟で、弘前最大の不良債権と言われたんだが、私が出てすぐに新たな資本で復活したのだ。

e0242504_15115056.jpg去年の3月一昨年の夏の過去2回弘前に来て見るチャンスがあったが生かせず、待望の初入店。

最初1Fのファッションフロアにはあまり人がいなくて心配したが、食品スーパーや100均が入るB1やフードコートのある4Fはそこそこ盛況で一安心。
がんばって東京資本のテナントを入れてるが、近所にあるイトーヨーカドーとか、駅の反対側だけど、テイストが似ているさくら野なんかは食われてるのかなあ?

e0242504_15124710.jpg歩いたせいもあって、少しお腹もすいてきたので、ランチを調達しに虹のマートへ。
ここは八戸の八食センターのような市場なんだが、内陸の弘前だけど、漁港のある鯵ヶ沢などが近いので、なかなかクオリティが高い。

e0242504_15132756.jpg先日ケンミンSHOWでも話題になったイカメンチ(110円)と海鮮丼(550円)を購入。
これまた勝手知ったる弘前駅のベンチでいただきました。

e0242504_15141179.jpgイカメンチは一個買いしたら袋に入れるといういかにも津軽的な荒っぽさだつたが、まだ温かくてまいうーでした。

2時間弱の散策で、結構建物の中にもいたんだが、とにかく寒い。
知らないわけじゃないので、服は結構着込んできたが、荷物になるからと手袋を持ってこなかったのは失敗。
昼でも素手ではしびれるようなのに、夜はどうなっちゃうんだろう。

e0242504_15150073.jpgそんな弘前滞在を終え、五能線で鯵ヶ沢へ。

ここからのんびりローカル線の旅かと思ったら、突然うるさいおばはんたちが乗ってきて、弁当を肴にりんごジュースを飲みながら大騒ぎ。

最初津軽のおばはんにも変なのがいるんだなあと思ったら、どうも言語が津軽弁ではない。
ここまで外国人が出張ってきたか。
五所川原で降りてくれてほっとしたが、とにかくうるさかった。

e0242504_15152643.jpg名古屋の家を出てから8時間半ほどで、本日のお宿鯵ヶ沢の水軍の宿に着いた。

チェックインを済ませ、ちょこっと買い物に出て、宿自慢の温泉につかりスタンバイ。

e0242504_15162847.jpg宿を出ると夕景の岩木山がきれでした。

今日の安東水軍の会は、新酒の宴の会場で行われる。

e0242504_15183035.jpg駅前の会場に行くと懐かしい顔があり、すぐに打ち解け、さっそく安東水軍の新酒をいただく。
おとといよりはマシになっていたが、本調子には程遠く、コップ3杯ほどで飲めなくなる。

e0242504_15193517.jpg宴はエグザイルのそっくりさんショー、抽選会に、鯵ヶ沢一番のスターであるわさおまで登場し(そういえば「志村どうぶつ園」の取材も来てました)、大盛り上がり。
私も一番遠くから来たということで、壇上で酒宴男優賞をもらっちゃいました。

2時間で酒宴は終わり、宿に戻って二次会になったが、ひたすら水を飲んでしのぎ、9時半には部屋へ引きあげ、即死。

e0242504_15215410.jpg何度か目覚めた後、翌朝風呂の始まる5時に起きて朝風呂。
乗る列車が早いので、朝食も6時半に早めてもらう。
いつものあっさりした朝食メニューだが、今の体調には心地よい。

帰りは東京経由で新幹線で帰る。
理由の1つ目は安い飛行機チケットがなかったこと。

e0242504_15231037.jpg2つ目の理由はホワイトデー。
2月に東京帰ったときに、かみさんと娘ふたりは律儀にチョコくれたのでね。
品物は名古屋駅の高島屋で買ったんだが、もっとかさばらないのにすればよかった。

e0242504_15214122.jpg朝7:28の五能線に乗り、奥羽本線に乗り換えて2時間ほどかけて新青森へ。
こうしてみると鯵ヶ沢が不便であることをあらためて感じる。

e0242504_15280962.jpg間もなく終着駅でなくなる新青森から久しぶりの東北新幹線はやぶさ。
相変わらずすごいスピードですっ飛ばし、700kmほどを2時間40分ほどで大宮着。

大宮から赤羽に行ってバスという弘前単身赴任の時の常道ルートで家に帰り、しばしの休憩。

e0242504_15302417.jpg子供たちへのホワイトデーのブツはなかなかウケましたが、その場で一気食いw

ちゅうことで、今はしばしまったりしていますが、今夜名古屋に帰るというハードスケジュールなのでした。

まだ今日の旅程の3分の1は残ってるんだなあorz

《What's The Title?》

e0242504_04154069.jpgThis One's For You/Barry Manilow

北国での週末の話ですので、思いついたタイトルが"Weekend In New England"。
まあ、北国でもNew Englandと青森じゃだいぶイメージ違いますけどね。
ちゅうことで、Barry先生が一番ノッていたのがこのアルバムでしょうね。
一般的にいうと最高傑作と言っていいんじゃないですかね。
このアルバムでは、あとからシングルカットする曲ほどヒットするという不思議なパターンでしたが、シングルカットした曲は私にとってはどれも名曲でヘビロテです。
セカンドシングルのこの曲は、なぜか日本でシングルカットされるときに邦題が「ニューイングランドの週末」から「恋のウイークエンド」に変えられて、曲の雰囲気を台無しにしたと顰蹙を買いましたが、ロマンチックなワルツは、Barry先生ファンにとっては不朽の名曲です。

[PR]
by falling7813 | 2016-03-13 15:31 | Tsugaru | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧