A Lover's Concerto

世にいうシルバーウイーク。
私も東京の家に帰ってきた。

しかし、金土は都内某所でがっつり仕事。
おかげで名古屋ー東京間の交通費は会社持ちになるんだが、金土の仕事がなしになるのとどっちがいいかと言われれば、仕事がなくて交通費自腹のほうがいい。

e0242504_19354855.jpgそんなわけで、私のシルバーウイークは、20日日曜日からスタート。
まずは、図書館に行って、予約していたCD等を借りる。

今回の目玉は、Jazzのオムニバスに入ってるSarah Vaughnの”A Lover's Concerto"。
最近の空耳アワーの中で出色の名作だと思うんだが、早速聞いてみたらちゃんと聞こえる。
空耳としても、曲としても名作だなあ。

e0242504_19381513.jpg日曜昼はかみさんがいないので、娘2人を連れて桜台のイタリアンでランチ。

ネットで調べた結果、生パスタが評判らしいオステリアカッパというお店に決定。

↑の写真のオードブルをはじめ、どの料理もめっちゃまいう~で大満足でした。

e0242504_19395445.jpg明けて、21日月曜日。

いろいろ話をしていたら、娘2人とジョギングに行こうという話になり、いつもの城北中央公園へ。

e0242504_19415130.jpgいつもは公園内の1500mほどのジョギングコースを走るんだが、娘どもがそこまでは無理だというので、陸上競技場の1周500mのジョギング用トラック(写真右)を走ることに。

なんか、娘と一緒に走るなんて幸せ。
結局、私は20周、娘1号は6周、娘2号は11周という結果になったけど、なんかうれしかった。

月曜日の昼からは娘2号の誕パで、池袋へ。

誕生日はもうちょっと先なんだが、スケジュールが合わないのでやむなし。

e0242504_19444254.jpg行き先は、娘2号のリクエストでサンシャインプリンスホテルのバイキングレストランバイエルン

事前にネット予約したんだが、混んでいるようで、ランチは1時半の回しか空いてなかった。

e0242504_19510662.jpgバイエルンは2013年12月以来で、久しぶりだったけど、内装がきれいになっていたし、料理のレベルも上がっていたように思えました。

シルバーウイークど真ん中でサンシャインシティや池袋はめちゃ混んでたけど、バイエルンの1時半の回はそれほど混んでなくて、ゆったり食べられた。

今後はこの時間帯が狙い目かも。

バイキングということで、4人とも意地汚く腹いっぱい食べてフィニッシュ。

ちょっと行動するには辛い状態だったけど、敬老の日ということで、そのあと久しぶりに私の実家に4人で訪問して、じじばば孝行しました。

e0242504_19550179.jpg巷はハロウィンが近いということで、いろいろグッズが売られているが、娘1号から私にハロウィンのかぼちゃが寝そべってるフィギュアのプレゼント。

この寝そべってるフィギュアは好きで、だるまバージョンを買って玄関に飾っていたんだが、そのハロウィンバージョン。

さっそくだるまのとなりに飾りましたけど、ハロウィンは私の誕生日で、このだらけ具合が私と共通してるし、このフィギュアってまさに私の化身のように思えます。

ちゅうことで、さっそくブログのメイン画像をこのフィギュアにしました。

なんかうれしいことがいろいろあったシルバーウイーク前半でした。

《What's The Title?》

e0242504_11505348.jpgPop Artistry/Sarah Vaughn

タイトルは図書館でCDを借りるきっかけになったSarah Vaughnの”A Lover's Concerto"。
もともとはバッハが作曲したメヌエットをアレンジして歌詞をつけてポップスに仕立てたもので、アメリカではThe Toysのバージョンがヒットしましたが、日本ではこのSarahのバージョンがヒットし、その後もCMに使われたりしています。
落ち着いた低音のボーカルが格調高いメロディにマッチしていて、日本でヒットするのも頷ける名アレンジですよね。
今聴いてもevergreenな感じがする曲ですね。
♪金粉してるよ はげてんのに~♪

[PR]
by falling7813 | 2015-09-21 20:06 | coming home | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧