There's A Kind Of Hush

火曜日はスポーツクラブが休み。

e0242504_20003060.jpg仕事は大過なく終わったし、天気もいいので、ぷらぷらと歩いて帰ることにする。

駅前にはビアガーデンがオープンしていて、ちょっと心魅かれるものがあったけど、ここで飲むと家まで遠いのでちょっと我慢。

長袖のワイシャツだと多少汗ばむような気候だが、そんなに湿度が高くないので、外を歩くのも苦にならない。

e0242504_20040131.jpgただ、やたら信号に引っかかるのがねえ。
そのへんが地下歩行空間の人気につながってるようだ。

大通公園に着いたところで、ちょいと東へ。

去年行った大通のビアガーデンは7月18日オープンだそうだ。

大通公園の真下の地下街オーロラタウンに入り、お買い物。

e0242504_20090053.jpg6月のYOSAKOIソーランのときに行って空振りした沖縄のショップ札幌わしたショップへ。

お目当ては、ケンミンSHOWで紹介されていたコンビーフハッシュ。
6月に行ったときは放送直後で売り切れていたんだが、今日は大量においてあった。

e0242504_20131671.jpg私の大嫌いな名古屋の味噌煮込みうどんでもうまいといって食べる番組なので、はずす危険性もないわけではないから、70gの小さい袋を2袋だけ購入。

その後は、大通からすすきの、中島公園経由で、クリーニング屋へ寄って徒歩帰宅。

せっかく買ったので、さっそく夕食に使ってみる。
とはいっても、1時間弱歩いて疲れた状態でちゃんとした料理を作る気力はないので、ご飯の上にたまごとコンビーフハッシュを乗せてレンジでチン。

e0242504_20173710.jpg卵かけごはんとチャーハンの中間みたいな食べ物でしたが、思ったよりコンビーフハッシュがしょっぱくなくて、薄味仕立てになりました。

味は普通にコンビーフっぽい感じ。

次は王道のオムレツか、キャベツの炒めものにでもしてみるかな。

e0242504_20205150.jpg食事の時に缶ビールを飲んで勢いがついたので、もらい物の米焼酎を水割りでいただく。

金曜日に飲み屋でもらった味噌をつまみに飲む。
戦国時代のような飲み方だな。

こうして火曜日にはアルコールなどのカロリーで体重を戻してしまうことが多いんだが、まあやむなしだな。

《What's The Title?》

e0242504_19555114.jpg

A Kind Of Hush/Carpenters

念願のコンビーフハッシュが手に入ったのでタイトルは"There's A Kind Of Hush"。
Carpentersお得意のカバーバージョンで、オリジナルはHerman's Hermitsですが、アメリカではいよいよセールスが陰ってしまい、ファーストシングルとしてTop10を逃すという負け戦になってしまいました。
"Please Mr. Postman"あたりとクオリティは変わらないと思いますけど、そろそろ飽きられてきたということなんでしょうか。
日本のファンはまだまだ見捨てず、この曲に続き、「青春の輝き」、「悲しき慕情」がヒットし、とくに「青春の輝き」は野島伸司のお気に入りだったのか、ドラマで使われリバイバルしたわけですが、アメリカでは次作でさらにセールスを下げ、日本でもABBAに人気を食われ始め、カレンの死という悲しい結末に向かってしまいます。



[PR]
by falling7813 | 2014-07-15 20:32 | diary | Comments(0)