Surf's Up

火曜日のThe Beach Boysのライブは、やはり大きなインパクトを残し、それ以来The Beach Boysがらみのプレイリストを作り、iPodもiTunesもThe Beach Boys主体のローテーションで、思いっきり余韻に浸ってる。

おかげでLast fm.はThe Beach Boysの再生回数が急増で、どんどんランクアップして、このペースなら年間1位という勢い。

そんなThe Beach Boys ウイークとなった今週だが、昨日は年度末の送別会。
ダブルヘッダーなんで、また記憶がなくなっちゃうかと恐れていたんだが、2軒目の店が異常にサービスが悪く、飲み放題なのに全然注文に対応しなくて、2時間いたけど3杯しか飲まず、おかげで今日のダメージは軽め。

今日は会社の休暇制度でお休み。
ほんとは紋別に流氷を見に行った翌日にとる予定だったのが、不測の事態で今日にずれこんだ。

e0242504_20152387.jpgまだまだ冬だった札幌だが、ほんとにThe Beach Boysが春を運んできたようで、雪は降らないし、毎日10℃を超える日が続いて、道の雪もどんどん融けてきた。

今日も「イチオシ!モーニング」で14℃まで気温が上がるといっていたので、朝から布団と洗濯物をを外干し。
e0242504_20261493.jpgたぶん11月以来じゃないかなあ。

2週続けての3連休だが、まだ寒くてどこも行くところもないので、まずは念入りに掃除機をかけて、大雑把にしか作っていなかったTwitterのアカウントに写真をはったり、コメントを入れたり。

録画していた「タモリ倶楽部」、「怒り新党」、「ケンミンショー」を見て、2時前に外出するんで、ベランダの洗濯物を見たら、まだ冷たくて全然乾いてない。
まだまだ春ってわけではないかな。

外出は、まずクリーニング。
今月までダウンが半額セール中なので(北海道で3月中にダウンを見切るのはつらいけど、全国統一のセールなのかな)、この冬ヘビロテだったダウンジャケットを思い切って出した。
冬が戻らないことを祈るばかりだ。

つづいて、いつものスポーツクラブ。
平日の午後でがらがらの中のんびりやろうかと思ったら、激混み。
私が平日いつも利用する夜7時前後より確実に混んでいる。
客の8割ぐらいが爺さんで、2割弱がおばちゃんで、若い人はほとんどいない。
ランニングマシンもほぼフル稼働で、風呂もめちゃ混んでいて、老人ホームに迷い込んだ気分。

火曜日のThe Beach Boysも爺さんだったから、今週は爺さんウィークだな。

《What's The Title?》

e0242504_22374326.jpgSurf's Up/The Beach Boys

タイトルは今週ヘビロテのThe Beach Boysの中から、今の気分に合わせて"Surf's Up"。
前回のエントリにも書きましたが、1970年代に入り、Brianもぶっこわれたままで、人気も下火だった頃のアルバムで、そのタイトル曲ですけど、1960年代終わりの彼らのような難解な曲調なんですけど、わりとまとまりがあって、哀愁があふれていて、何か聴いてるとじわじわ心にしみる曲で、結構好きだったりします。
まあ、この曲こそライブではやらんでしょうけど。

[PR]
by falling7813 | 2014-03-28 20:44 | diary | Comments(0)