A Song For You

今日は更新する予定ではなかったんだが、想定外の事態が起きてしまったんで。

e0242504_2118478.jpg私愛用のiPod nanoくんの調子がかなり悪いのだ。

再生は普通にできるんだが、パソコンにつなぐとエラーメッセージが出てしまい、iTunesとシンクロできない。
e0242504_22235920.jpgここ1週間ぐらい、パソコンにつなぐと3回に1回ぐらいはこのメッセージが出ていたけど、何回かつないでればシンクロできていたんだが、昨日からエラー続きで、リセットしたりしていろいろ試したんだが、まったくダメ。

仕方なく、昨日はシンクロをあきらめて、旅行用に使っているコンセントからの充電器で一晩充電したんだが、今朝見たら、バッテリーが満タンになっていない。

シンクロだけでなく、充電もできなくなったか・・・
そうなると、今バッテリーに残ってる電気を使い切ったらご臨終だ。

このiPodを見ていて、つい最近、旭山動物園で、新しい展示室に入った途端に足を滑らせて水に落ち、えさを食べなくなり、老衰で亡くなったカバのザブコを思い出した。

e0242504_22304313.jpg今日も充電してるけど、明日朝よみがえるかなあ?
私にとって、iPodは絶対の必需品なので、よみがえらなければ、買い替えすることになる。

思えば、このiPodは、私にとっては2台目だ。

1台目は、ポールのチケットでもお世話になったVandebiltさんに中古品を安く譲ってもらった。
白黒のディスプレーの白金カイロタイプだ。

それが熊本にいるときにだめになったんで、ベスト電器で買ったのが、このnanoくんだ。
それから5年ほど人生を共にしてきた。

熊本の35℃を超えるきょーれつな夏も経験してるし、弘前では零下7~8℃も味わっていて、彼にとっては過酷だっただろうなあ。

彼との思い出を語りだしたら、どんだけでも書いてしまうし、そもそもこのブログより付き合いが長いわけですからねえ。

なんとか立ち直ってほしいんだがなあ。

《What's The Title?》

e0242504_21583783.jpgA Song For You/Carpenters

nanoくんがヘタするとご臨終かもという状態になって思い出したのが、この曲でした。
とくにラストの方の、♪When my life is over, remember when we were together♪のフレーズが浮かんで、ちょっと涙目です。
この曲、Ray Charlesとか作者のLeon Russellも歌っていて、それぞれいい味出してるんだけど、やっぱカレンの歌声が一番切ないです。
たしかカレンが亡くなった時に、Top40で当然追悼コーナーが設けられて、最後に流れたのがこの曲だったと思います。今聴いてもこのフレーズは泣けます。
で、このアルバムもすばらしいですよ。捨て曲なし。いろいろなタイプの曲がちりばめられていて、カレンの変幻自在のボーカルが楽しめます。
しかし、こんな素晴らしい歌が歌えるのに、私生活はボロボロだったというのは信じられないですね。
[PR]
by falling7813 | 2013-12-02 22:47 | diary | Comments(0)

ブログ歴8年目でこちらに引っ越してきました。コメントはフリーですが、ブログ内容と無関係と思われるものは削除することがありますので、悪しからず


by falling7813
プロフィールを見る
画像一覧