Lovely Rita

今日は忙しかった。

e0242504_20235167.jpgまず、朝イチでクリーニング屋へ行って、その足でスポーツクラブへ。
オープンの時間に行くのは初めてだったが、開店前から結構な行列だ。

ジムの方も、あっという間にモルモットマシンが埋まり、10時からのエアロビは、大混雑。
しかも、平均年齢がめちゃ高い。
シニアパワーすげえ。

筋トレとモルモットマシンを1時間半で切り上げて、風呂入って、急いで帰宅。
なんで急いだかといえば、出かけるから。
先に出かけて、あとからスポーツクラブは行けそうにないので、朝がんばって行ったというわけです。

で、お出かけの目的地は、余市&小樽。
この組み合わせでは、娘が来た時に行っているし、それ以外にも1人で1回ずつ行っているんだが、ちょっと買い物があるのと雪景色を見てみたいという企画だ。

e0242504_2035573.jpg札幌を12時過ぎに出て、1時前に小樽へ。
まずは余市に向かうんだが、JRの便がないので、小樽からバス。

余市の目的地は、いつものウイスキー工場なんだが、このウイスキー工場を作った竹鶴さんとその奥さんリタさんのお話が、来年秋のNHK朝ドラになるそうだ。

じぇじぇじぇ!ですよ。

e0242504_20452522.jpgこの余市は、リタさんの故郷スコットランドに似ているということで、リタもお気に入りだったそうで、今でもリタロードという通りがあり、駅前にも記念碑があります。

朝ドラが決まって、ニュースでも町長とかが喜んでいたんで、盛り上がってるかと思ってきたんだが、まだ何もなしで、リタロードの碑も雪に埋もれてました。

e0242504_20522975.jpg3度目のウイスキー工場は、勝手知ったる何とやらで、庭のように歩いちゃいましたけど、今まで訪れた春、夏とは全く違う雪景色もなかなか素敵です。
この雪の中で、ウイスキーが熟成していくんですよね。

この雰囲気好きなんですよね。

e0242504_205773.jpgで、忘れちゃいけないのが、試飲。
決してこれだけが目当てではないんだが、余市の美しい風景を見ながら、鶴17年物(これ4合瓶で1万円近くするんですけど、めちゃまいう~)、シングルモルト10年物、アップルワインの3点セットを飲むのは至福ですねえ。

e0242504_2134394.jpg←5月に来たときは、外は桜だったんですよねえ。

三度目だし、今日は何も買うまいと思っていたんだが、この試飲のクオリティの高さとほどよい酔い加減に、ついつい何か買って帰らないと申し訳ない気分になってしまい、今日も余市蒸留所限定のブレンドウイスキーを買っちゃいました。

途中から雪まじりの冷たい雨が降って、ほとんどが屋外の見学コースを歩くのはちとつらかったですが、ここはpricelessだなあ。

e0242504_2195740.jpg帰りはJRで小樽へ。

まずは雪景色の小樽運河へ。
雪に彩られた姿もいいですねえ。

余市にいたころより雨が強くなってきたが、雪まじりなんで、傘をささずに、買い物しに堺町通りへ。
買い物の目的地は北一硝子。
e0242504_2116887.jpg予定どおり買い物を済ませて外へ出たら、外はすっかり真っ暗。

雨は相変わらずで、そのうち雪になるかと傘なしで歩いていたら、結構濡れてしまい、気温も下がって寒い。
しょうがないので、途中でルタオとか海産物屋とか、用もないのに入店して、暖をとりながら小樽駅方面に戻る。

e0242504_21203262.jpg途中北のウォール街といわれている金融街の残骸の残る通りで、元日銀小樽支店を撮影→
雪景色もなかなかオツだなあ。日本じゃないみたい。

そして、もう一度小樽運河へ。
ここの夜景も見ておきたかったんですよね。
e0242504_21243832.jpgその夜景がこれ→

これもいいなあ。

雨は相変わらずで、すっかり冷え切ってしまったけど、雪景色を訪ねる冬の旅も悪くないなあ。

家には7時ぐらいには帰ってきたんだけど、早く暗くなるせいか、かなり遅くなった感があって、スポーツクラブへ行く元気は残ってなかったんで、先に行っておいて正解でした。

《What's The Title?》

e0242504_20125591.jpgSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/The Beatles

タイトルは、余市活性化の期待がかかる来年秋の朝ドラのヒロインにちなみで、"Lovely Rita"。
世紀の名盤といわれる"Sgt. Pepper's..."ですけど、たしかに音作りは画期的で、サウンドは今でも色褪せないとは思いますが、曲の質が悪すぎる。
ほかのアルバムって、シングルになってなくても、きらりと光る曲が何曲もちりばめられてるんだけど、"Sgt. Pepper's...”は"A Day In The Life"ぐらいですもんね。
曲の魅力という点では、次の「ホワイトアルバム」にも負けてると思いますね。
で、タイトルに使った"Lovely Rita"ですけど、これもインパクトのない詰め物のような曲。
どうしちゃったんでしょうねえ。
[PR]
by falling7813 | 2013-11-30 21:36 | Hokkaido | Comments(0)