The Road That Never Ends

この週末は天気が悪いという予報だったので、どこへも出かけないことにして、家事やら、図書館やら、スポーツクラブやらで土曜日を過ごしたんだが、日曜日も結局雨は降らないようなので、久しぶりに外を走ってみることにした。
札幌の週間予報はよくはずれる。

e0242504_13262710.jpg夏の北海道は夜明けが早い。

朝イチで走ってしまおうと、5時前に出撃。

弘前で買ってアップルマラソン10kmをいっしょに完走した長距離走の相棒、柄はイマイチ好きではないんだけど、形が私の足にフィットするジョギングシューズの歌舞伎くんと五本指靴下を装着(指写っちゃってすいません↑)。

e0242504_13174094.jpg目指すは豊平川のサイクリングロード。
家の近くの幌平橋そばから河原へ降りる。

川上の方向に走り始めるが、思ったより足が重い。
札幌で走るのは初めてだが、スポーツクラブ通いで体は絞れてるし、週に3回ぐらいランニングマシンで走ってるし、昨日はマシンで10km走ったんで、ある程度走れるだろうと思ったんだが、やっぱりランニングマシンと実際走るのでは、使う筋肉が違うんだろう。

e0242504_13381155.jpg昨日のスポーツクラブ疲れもあるんだろうけど、へろへろになりながら走っていくと、4kmほどで、サイクリングロードは川を渡る。
しかもサイクリングロード専用の橋(←久しぶりに携帯で撮影したんで、また指が写っちゃいました。申し訳ないです<(_ _)>)。
北広島のサイクリングロードでも感じたことだが、ここのサイクリングロードも半年ぐらいしか使わないだろうけど、札幌市は金持ちだなあ。

e0242504_13475695.jpg5kmほどで真駒内付近に到着。
公園の中に入り、そろそろサイクリングロードも終わりかと思ったら、公園の中を通り抜け、川沿いにずっと続いていく。

e0242504_13534823.jpgそのあと住宅街やら車道横やらを通るが、なかなか終わらず、せめて道が終わるまでと走り続けていると50分弱走ったところで、大きな交差点に突き当たった。

ついにここで終点かと思ったら、ここから支笏湖に向かうどう見ても無謀なサイクリングロード(といいつつ挑戦したいと思っているんですが)につながっているそうだ。

e0242504_13575069.jpg支笏湖へはここから30km以上あるからさすがに無理なので、ここでターン。
あとで距離を測ったら、幌平橋から8.5kmありましたんで、50分弱で走ってますから平均時速は10kmを超えていたということで、走るペースとしては悪くなかったようだ。
スポーツクラブに通って体力はついているということかもしれない。

家までウォーキングで帰って、朝食をとり、洗濯をした後、スポーツクラブのプールへ。
たっぷり汗をかいた状態で申し訳ないけど、プール前にシャワーを入念に浴びたので勘弁。

e0242504_1484243.jpgプールでクールダウンを兼ねてウォーキングと平泳ぎをして、風呂に入って、昼には家へ。

昼食に、前から気になっていた近所のラーメン屋福来軒に立ち寄る。

昭和っぽい古い建物で、カウンターだけの狭い店だが、結構お客さんは入ってるし、店の中には有名人の色紙もたくさん飾ってある。

12時ちょっと前だったが、カウンターはほぼ満席。
メニューは、みそ、しょうゆ、塩ラーメン各700円と大盛、トッピング以外は、ごはんとビールのみというほんとにラーメン専門店。

店に冷房はなく、夏にラーメンを食べるにはつらい環境だ。

e0242504_14235542.jpg札幌なんで、みそラーメンを注文。

普段はラーメンはとんこつ一本やりなので、みそラーメンは久しぶりだが、見た目ほどしょっぱくないし、もやしがたっぷりはいっているのがスープの味とちょうどいいバランスで、人気があるのもわかる気がしますね。

ただ、好き嫌いでいえば、とんこつの方が好きだな。
家族とか来てリクエストがあれば連れて行くけど、ひとりではもう行かないかな。

《What's The Title?》

e0242504_13183095.jpgMelelana/Keali'i Reichel

今日走ったサイクリングロードがなかなか終わらなかったんで、このタイトルにしました。
Keali'i Reichelは最近お気に入りのアーティストです。
ハワイのアーティストの音楽って癒されるんですけど、彼はアメリカのヒット曲のカバーもやってたりして、古い言葉でいえば、クロスオーバーな魅力があります。
"The Road That Never Ends"はアメリカンポップス調のバラードで、それでいてハワイアンの柔らかさがあって、絶妙のバランスです。
[PR]
by falling7813 | 2013-07-07 16:07 | diary | Comments(0)