The Waiting

今、東京の家にいます。

なぜ、こんな時間に起きてるかといえば、週5日塾か習い事に行っている娘2号が、勉強するんで早起きしたいと、思いっきりでかい音で目覚ましを鳴らしたから。

頭はぼーっとしているが、お年寄りは朝目覚めるとなかなか眠れない。
まあ、新幹線で眠ればいいや。

昨日は、ちょっと重めの仕事で東京へ。

仕事自体は、午後3時から1時間ほどの予定なんだが、一旦1時間前までに出頭せよという指示。
弘前駅を9時前に出れば間に合うんだが、万が一事故などで遅れたらまずい仕事なので、念のため1本前の新幹線にしたんで、弘前駅は7:29

いつもは、大宮で降りる東北新幹線だが、今日は初めて東京駅まで完走。

e0242504_4293424.jpg新青森からの乗車時間は3時間半ほどで、iPodで気分を盛り上げつつ、読みかけの内田康夫の「若狭殺人事件」を読み終わり、弘前の職場の後輩がくれた「ソウルケイジ」を読み始めたり、居眠りしたりで定刻に東京駅に到着。

熊本にいたときもそうだったが、田舎暮らしをしていると、東京の人の多さにはとにかく圧倒されるばかり。

とりあえず出頭時間まで時間があるので、近くで昼食にしようと八重洲口から改札を出たが、12時過ぎということもあり、地下街の飲食店はどこも満杯。長蛇の列のところもたくさんある。

たまにすいているところもあるが、昼食で1,000円前後というのは、田舎の低物価に慣れた私には異常に高く映る。

いつも会社で昼休みに見ている「ヒルナンデス!」で見たカルビーのアンテナショップでおみやげでもと思ったら、入店までに長蛇の列で、お話にならない。

八重洲から地上に出て、食べるところを物色。

松屋東京チカラめしなどのファーストフード系でお安くまとめようかと思ったが、どこもカウンターの周りをサラリーマンが取り囲み、外まで行列がはみ出ているので断念し、裏通りのチェーン系居酒屋で、天ぷらうどん+ねぎとろ丼定食680円で手を打つ。

人が多いとランチするのも大変だ。

荷物も重いし、行くところもないので、ちょっと早いが、1時ちょっとすぎに会社に着く。

玄関のところで、同様に出頭してきた同期のIくんにバッタリ。
彼の情報では、スケジュールが遅れがちで、あまり早く出頭しても待ち時間が長くなるだけという話だったが、ヒマなら「ソウルケイジ」でも読んどきゃいいやということで、出頭場所へ向かう。

Iくんの情報は当たっていた。

出頭場所の担当者に最初に言われたのが、1時間遅れという話だったんだが、結局私の出番が来たのは、16:50!
待ち時間は、4時間弱。

待ちが長ければ本でも読んで待ってようかと思ったんだが、周囲の人が来るべき出番のために予習をしているので、はばかられ、仕方なく、知り合いと世間話をしたり、予習をしたりで時間をつぶす。

結局出番は1時間ほどで大過なく終了したわけだが、重めの仕事だったので、待ってる間それなりにプレッシャーもあったりしてなんか疲れた。

《What's The Title?》

e0242504_49361.jpgHard Promises/Tom Petty & The Heartbreakers

タイトルはそのまま"The Waiting"。
ややワンパターンな感じはしましたけど、この頃のTom Pettyってストレートにロックしていてかっこよかったですよね。
楽器はあくまでもギターとオルガンで文句あっかみたいな感じで。
次のアルバムから、シンセっぽい音が入りだしたりして、徐々に幅が広がっていきますけど、角がとれてつまんなくなっていった感じもします。
"The Waiting"はThe Byrdsかと思わせるイントロがキモですね。歌が始まるとちょっと尻すぼみ感はありますが、勢いはあるので押し切っちゃってます。
[PR]
by falling7813 | 2012-05-17 05:07 | diary | Comments(4)
Commented by ニャロメ at 2012-05-17 15:38 x
お疲れ様です。
移動と待ち時間が殆ど、という仕事、たまにありますよね。
でも行かなきゃどうしようもない、なんて奴。
移動の間は本でも読めばよいのですが、現場に行くと、そういう気にもなれず、ひたすらボーっと順番を待つしかない・・・

ひょっとすると、もう青森に帰る途中なんでしょうか。
つかの間の東京、いかがだったでしょうか。
「ソウルケイジ」こそドラマの「ストロベリーナイト」の原作ですよね(「ストロベリーナイト」を原作とするドラマは、同じキャストでスペシャルですでに放映済み)。
青森でも視聴が可能になったとのこと、最終回に向かって益々緊迫した展開になりますよ。
お楽しみに。
今シーズンのドラマはほぼ壊滅状態。唯一「リーガルハイ」がなかなかた面白い程度ですね。もっともフジ系列ですから、青森ではやっていないのでしょうが。
Commented by the boss 2004 at 2012-05-18 06:25 x
ニャロメさん ありがとうございます。

ほんと、待ってる間はたまらんかったです。
とりあえず無事に終わってよかったですけど。

「ソウルケイジ」は往復の新幹線で読み終わりましたが、なかなかの力作ですね。
原作を読むと姫川と菊田の配役は微妙に違う感じがしますが、原作の雰囲気はうまく表現されているドラマという気はします。

これからが楽しみです。

「リーガルハイ」は当然青森では放送されてません。

昨日、久しぶりに東京の家で、「めざまし」→「とくダネ」を見ました。
テーマミュージックが、「あの娘にアタック」になってたんですね。
Commented by ニャロメ at 2012-05-18 12:19 x
>テーマミュージックが、「あの娘にアタック」になってたんですね。

4月からなんですよ。
この間も小学生の集団登校の列に車が突っ込んだ、というトップニュースの前に「あの娘にアタック」がかかって、ちょっとどうかな、と思いました。
その前はベリンダ・カーライルだし、その前はエルビス・コステロ。
明らかに我々と同年代のディレクターなんだろうけど・・・
Commented by the boss 2004 at 2012-05-19 21:49 x
「あの娘にアタック」は4月からでした。
たしかに、亀山のあの事故のときに「あの娘にアタック」はないなあ。

たしか"Invisible Touch"や"Shout To The Top"も使われていたような気がします。

いずれにしても同世代説は当たってそうですな。