White Christmas

今日はクリスマスイブ。

といっても、弘前でひとり。
しかも、三連休に合わせるように猛烈なクリスマス寒波が到来し、吹雪模様で、Bing Crosbyほかが夢見たホワイトクリスマス。

朝一番で床屋に行ったんだが、BGMがわりに流れていた地元のFMのDJが、「ホワイトクリスマスはうれしいけど、白すぎ」と、いいえて妙なコメント。

e0242504_1718772.jpg←こんなですからね。

前回のエントリで、弘前にクリスマスらしいところはないと言ってしまったんだが、弘前公園の近くの教会とか市役所の近くはイルミネーションがそこそこきれいでした。

多少ましになったら見に行こうかと思ったけど、今日も真冬日だし、断続的に吹雪ということで、床屋のあとユニバースに買い物に行って、あとはひたすら家イブ。

今日の夕食は、同じ社宅の独身の後輩くんちで、クリスマスパーティーと称して飲んだくれてきます。
弘前は、独身者にとってチャンスが少ないので、イブでおやじと部屋飲みというのもかわいそうだけどなあ。

そして、明日の朝もどかんと雪が積もって、雪かきから一日が始まることでしょう。

そんなイブ

《What's The Title?》

e0242504_1761615.jpgWhite Christmas/Bing Crosby

ほんとに融ける心配など全くないたっぷりの積雪のホワイトクリスマスになりましたんで、"White Christmas"の大御所Bing Crosby先生にご出馬いただきました。
このアルバムは、クリスマスになるとよく聴くのですが、ほんとに古典です。
"White Christmas"は我が家のiTunesには、16人ほどのバージョンが入っていますが、そのなかで一番好きとは言いませんけど、老舗の貫録というか、落ち着きを感じるバージョンですね。とらやの羊羹って感じかな。
古いわりにイントロが凝っていて、なんかわくわくします。
[PR]
by falling7813 | 2011-12-24 17:33 | diary | Comments(0)